FC2ブログ
今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
フタ付きゴミ箱(リンク式)の構造と修理手順
 過去の人気記事をリ・メイクして皆様に提供する「今日のおじさん・アンコール」。今回は、足踏みペダルでフタが開くタイプのゴミ箱の修理を試みた記事です。初出2012/5/20。


【今日のおじさん・アンコール】 フタ付きゴミ箱(リンク式)を修理しました。
 娘(1歳3ヶ月)のオムツ用のゴミ箱が、壊れてしまいました。このゴミ箱は、もともとは、2年ほど前に、普通のゴミ箱として、買ったものです。
 足元のペダルを踏むと、フタが開くタイプのゴミ箱です。手を使わずに開けられるので、オムツのような汚物を取り扱うときには、重宝します。
20120520z1.jpg


★ゴミ箱の構造を調べる
 しばらく前から、ペダルを踏んでも、フタが開かなくなってしまいました。少し不便ですが、フタを手で開けて、使っていました。
 裏面です。ペダルとゴミ箱本体との固定が、外れてしまったようです。
20120520z2.jpg
 このゴミ箱の構造です。リンク機構になっています。ペダルを踏むと、フタが開く構造です。構造としては、単純です。
20120520z01.jpg
 上の図で、ペダルを固定する軸受(穴)の部分が、外れてしまったようです。本体のリブに、軸受(穴)が設置されているのですが、このリブが変形して外側に広がってしまい、軸受としての機能を果たさなくなっています。
20120520z3.jpg
 このゴミ箱本体の材質は、ポリプロピレンと書かれています。当方のイメージですが、ポリプロピレンは、寸法の経時変化が大きいように感じます。長く使ってくると、形状がゆがんできて、今回のような故障をもたらすことがあるようです。


★ゴミ箱を修理
 故障の原因が分かったので、修理をします。いろいろな修理方法が考えられます。今回は、ゆがんだリブを矯正して、軸受がペダルにきちんとはまるように、修理をしてみます。
 100円ショップで、下の3つを買ってきました。
 ・取付金具
 ・金折隅金
 ・ボルト・ナットセット
20120520z4.jpg
 パーツを、下の写真のように組み合わせて、矯正ジグ(冶具、治具)を作ります。
20120520z5.jpg
 このジグで、リブを外側から押し付けて、軸受がペダルの軸にはまるようにします。ボルトを締めこんで、リブを押し付ける構造です。(部品の都合で、ボルトが十字穴付きボルトです。六角ボルトであれば、もっと簡単に締めこめたと思います。)
20120520z6.jpg
 完成です。ペダルの軸が、きちんと軸受にはまりました。
20120520z7.jpg
 ペダルを踏むと、フタが開くようになりました。これで、「手ぶらでオムツ捨て」が可能になります。
20120520z8.jpg

 今回の修理の、利点と欠点です。
●利点:
 ・安価である。300円。
 ・特別な工具が不要。ドライバー、ペンチ、スパナを使用。
 ・ゴミ箱本体への加工が不要なので、本体を破損するおそれがない。

●欠点:
 ・ボルトで締め付けただけなので、外れやすい・緩みやすいかも。

 応急処置なので、また不具合が出るかもしれません。そのときには、不具合箇所を改善したいと思います。


(追記) 2018/11/8
 その後しばらく使っていたところ、ジグが外れてしまいました。ところが、ジグが外れた状態でも、きちんとペダルでフタが開くようになっていました。ジグで押さえ続けていたことによって、ペダルを固定する部分のゆがみが矯正されて、正常な状態に戻ったのだと思います。意図していなかった、嬉しい誤算、と言えます。


ランキング参加中:

子育てパパ ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑






ミラーレス一眼レフ、私の作例写真集:2018年10月(オリンパスE-M10mark3+17mmF1.8で子供撮り)
 5年前(2013年9月)に初めての一眼レフ(ミラーレス=ノンレフ)を買ってから、ほぼ毎日、写真を撮っています。主な撮影対象は、子供たち(7歳娘、4歳長男、2歳次男)です。

 今回は、2018年10月の「よく撮れたと思う写真」を並べます。自分の思った通りに撮れたと思う写真や、何らかの新しい知見を得られた写真などを、選んでいます。
 10月の撮影枚数は、446枚でした(整理一巡後)。月間の平均枚数が200枚に対して、約2倍の収穫です。娘7歳と長男4歳の運動会のほか、ひらつか囲碁祭り、東京ドームのルパパトショーなど、イベントが目白押しでした。


◎使用機材
・カメラ:
 ①オリンパス ミラーレス一眼レフ OM-D E-M10 mark3
 ②オリンパス ミラーレス一眼レフ PEN mini E-PM2

・レンズ:
 ①オリンパス 広角単焦点 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
 ②オリンパス 中望遠単焦点 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
 ③パナソニック 望遠ズーム LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.

★これまでの「私の作例写真集」は、→こちら


★1.秋は行楽シーズン!
 秋と言えば、運動会やおでかけなど、イベントでてんこ盛りです。我が家も例外ではなく、毎週のように、イベントがありました。
 まずは「ルパパトショー」。娘7歳と長男4歳を連れて、東京ドームシティまで行きましたよ!私ひとりで面倒を見切れるか、心配だったのですが、約1時間の電車もまったく問題なく、長男が「抱っこ」になることもなく、子供たちの成長を感じた1日でした。
 写真は、スーパー戦隊ランドの宣伝看板に見入る子供たち。奥には舞台となった「シアター・ジー・ロッソ」が見えるように撮りました。こちらを向いた記念写真は、はしゃぎ回って撮らせてくれないので、これでガマン。
<画像はクリックで拡大します(3Mサイズ)>
201810bst21.jpg
OLYMPUS PM2+MZD17mmF1.8; EFL34mm、F1.8、SS1/320、ISO320

 そして10月には、娘7歳(小2)と長男4歳(年小)の運動会もありました。
 娘の小学校の運動会は、昼食は子供は教室で食べる方式で、すこし寂しかったです。長男4歳と次男2歳も、退屈気味です。退屈そうな1枚が撮れましたよ。
201810bst01.jpg
OLYMPUS PM2+MZD17mmF1.8; EFL34mm、F4.0、SS1/250、ISO320

 そして、運動会の成果写真について。今年は、M10mark3+パナ45-175をメインカメラ、PM2+オリ17mmF1.8をサブカメラで臨みました。結果は、娘のほうは、徒競走で娘を見失い(事前に走る順番とコースを知らされていたのですが、誤って記憶していた)、あまり良い成果は得られませんでした。ただ、前回よりは、娘を見失うことが少なかったように思います。
 一方、息子のほうは、会場が狭く、少人数であったこともあり、撮りやすかったです。また、息子が出場しない演技のいくつかでは、「写真係」を担当し、まずまずの成果をあげることができました。やはり運動会は場所とり、「どこで撮るか」が、最も重要だと感じました。それから、ファインダー付きのカメラは、撮影にガッツリ専念できるので、やはり「他人の子供撮り」に最適でした。(プライバシーが気になるので、残念ながら、写真は掲載できません。)


★2.秋は囲碁シーズン!?
 我が家の最近の関心といえば、「囲碁」です。先日は、湘南・平塚市で開催された「囲碁まつり2018」にも行ってきました(→こちらの記事)。娘7歳が特に熱心で、簡易的な「9路盤」で、家族と遊んでいます。
 写真は、次男2歳に、囲碁を指導しているところ。「ここにこうやって打つんだよ」などと、丁寧に説明しているように見えます。
201810bst31.jpg
OLYMPUS PM2+MZD17mmF1.8; EFL34mm、F2.8、SS1/250、ISO3200
 
 次は、非常に似た写真ですが、長男が石を置いているところです。微妙な動作の違いなのですが、今度は娘が指導していることよりも、「次男が自分で石を打てる」ことが強調されます。「写真」は、瞬間を切り取るので、ほんの少しの違いで、文脈が変わって見えるので、不思議で、おもしろいですね。
201810bst32.jpg
OLYMPUS PM2+MZD17mmF1.8; EFL34mm、F2.8、SS1/250、ISO3200


★3.フレームinフレーム
 最後に、我が家の日常から。2階の吹き抜けから、1階で寝ている長男を撮りました。「梁(はり)」が、フレーム(額)のように見えて、面白い構図です。
201810bst50.jpg
OLYMPUS PM2+MZD17mmF1.8; EFL34mm、F1.8、SS1/250、ISO800

 傾斜補正をかけました。写真のフレームと、梁の平行をきちんと決めると、もっと良くなりますね。外で撮るときも、地面は水平、建物は垂直、を心がけるようになりました。水平って、大事! (E-M10mark3を含め、最近のミラーレスカメラは、ファインダーでも確認できるデジタル水準器が付いていて、すこぶる便利です。)
201810bst50a.jpg
OLYMPUS PM2+MZD17mmF1.8; EFL34mm、F1.8、SS1/250、ISO800;傾斜補正


 10月はよい陽気で、お出かけに最高でした。しかしこのところ、急に寒くなって、子供たちの体調の崩れも感じつつあります。健康に過ごせるように、善処します。(たいてい私が最初に崩れます。)


おじさん写真に、応援をお願いします:
写真日記
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑






囲碁・1000面打ちに参加しました~第23回湘南ひらつか囲碁まつり2018
 神奈川県・平塚市で開催された「囲碁まつり」に行きました。


★平塚は「囲碁のまち」だった!
 私の住む神奈川県には、七夕で有名な「平塚市」があります。その平塚が、なんと「囲碁のまち」であることが判明しました。毎年、「囲碁祭り」なるものが開催されているそうなのです[1]。その昔、「木谷道場(きたにどうじょう)」という囲碁養成所が、平塚にあったそうです。

[1]平塚市まちづくり財団:第23回湘南ひらつか囲碁まつり
http://www.hiratsukazaidan.jp/igo_event.shtml

 娘7歳は、今年(2018年)の8月に、旅行先のホテルにあった囲碁を試してから、熱心に囲碁を研究しています。私は、10年以上前に囲碁に関心を持ったことがあり、PC用の囲碁ソフトを持っていました。そして妻は、これを機会に少年漫画「ヒカルの碁」を古本屋で買いこみ、家族そろって囲碁に夢中なのです。
 そんなわけで、「当然のなりゆき」とばかりに、この「囲碁まつり」を見に行くこととなりました。平塚市は、私たちの住む藤沢市から、すぐ近くなのです。


★ずらりと並ぶ碁盤!「1000面打ち」に参加!
 「第23回湘南ひらつか囲碁まつり2018」の目玉は、プロの棋士が50人以上集まり、1000人を相手に同時に囲碁を打つ「1000面打ち」です。(正確には、500人相手を2セット繰り返すようです。) 見て下さい、このずらりと並んだ碁盤!
20181028z01_2018102807462467d.jpg

 事前申し込みが800人、当日飛び入り参加が200人とのこと。またとない機会ですので、私と娘7歳は、飛び入り参加することにしました。人数があふれた場合は抽選とのことですが、例年、それほど混むことはなく、ほぼ確実に打てるそうです。ただ、11時に受け付けを行い、開始は15時から(2回目)のため、待ち時間が長いです。(参加料は大人1000円、子供は無料です。)
20181028z03_20181028074625bf0.jpg

 そうして、プロ棋士の方たちがやってきました!いよいよ、1000面打ちの開始です!(1回目は13:00から)
20181028z04_20181028074627526.jpg

 私と娘7歳は、2回目(15:00から)の組でした。1人のプロが、5~6名を相手にするようです。
20181028z05.jpg

 私たちの相手は、神田英 九段でした。私と娘は、もちろん九子置き。そしてもちろん、やすやすと負けましたよ! 私も娘も、家族以外の人と打つのは初めてだったので、たいへん新鮮でした。ありがとうございました。
20181028z06.jpg

 そして、1000面打ちの参加者は、抽選会もできます。一等は、ハマグリの碁石だそうです。欲しかったのですが、私たちにはティッシュでした。
20181028z31_20181028074636650.jpg



★待ち時間も囲碁ざんまい!
 1000面打ちの待ち時間が長いのですが、同時に囲碁イベントが複数開催されており、退屈せず楽しめます。娘7歳は、「七路盤(ななろばん)」の大会に参加しました(飛び入りで)。子供から大人まで、有段者から初心者まで、いろいろな人が参加していました。レベルの近い参加者を組み合わせてくれるようで、娘も3人を相手に、3勝3敗の成績をおさめられました。私としては、「ヒカルの碁」で見た、「囲碁タイマー」が興味深かったです。
20181028z21_20181028074634942.jpg


 そうして、個人指導してくれるブースもありました。相手は、院生の方なのでしょうか。13路盤で、多人数を同時に相手をしてくださいました。お昼ご飯の時間も惜しんで、たいへん熱心に指導してくださり、ありがたいことです。
20181028z11_20181028074631b69.jpg


★感激!石倉昇先生に会えた!
 そして今回のもうひとつの目玉でしょうか、石倉昇九段の、実演・囲碁教室です。私は、石倉昇先生の名の入ったPC囲碁ソフトを所有しており、なんとも感慨深いです。「ナナメにご用心!!」
20181028z50.jpg

 これに刺激を受けて、最近は、石倉先生の囲碁書籍に読み入っています。「ヒカルの碁」の絵が入った、初級向け囲碁本です。
20181028z51.jpg


 そんなこんなで、親子そろって囲碁を満喫した1日でした。


応援をお願いします:
写真日記

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑










Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.