今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

kodomo01.jpg
↑↑↑私が「ミラーレス」を選んだ決め手は、画像をクリック!↑↑↑
「トマトには砂糖」って正気ですか?~思い出の味を再現!
【今日の夕食】
 今日はスマホ風に、縦位置で撮ってみました。
C9280046.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;EFL.90mm、F3.5、SS1/125、ISO1600
★米飯

★みそ汁、わかめ

★カラスがれい味醂干し
 カラスがれいは苦手なのですが、これは脂がしつこくなく、美味でした。

おじさん料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】「トマトには砂糖」って正気ですか?~思い出の味を再現!
 私が子供の頃、トマトには砂糖がタップリとかけられていました。今日は、その味を再現しましたよ! 
C9280045.jpg

 トマトの皮は、すっかり剥いてしまうのがポイントです。懐かしい味でしたが、妻と娘(5歳)には、すこぶる不評でした。子供は喜ぶと思ったのですが…

 妻コメント「ウゲゲー。」
 娘コメント「ムーンー。」
 (息子は手をつけませんでした。)

 私は、悪くないと思うのですが…

 トマトには「塩」(または、そのまま)が無難ですね。これも、食育!

 ネット情報によると、「トマト+砂糖」の地域が存在するようです。私の出身は、神奈川県高座郡ですが、砂糖エリアなのでしょうか。

応援をお願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト




「ママには一眼レフ」って正気ですか?~子連れ・ファインダー撮影にチャレンジ!(キヤノンEOS Kiss X7/X8i)
【今日の夕食】
 今週で、育児休業は終了となります。おじさん料理も、今週で、しばらく見納めですよ!
B9267245.jpg
OLYMPUS E-PL6+LGV12-32mmF3.5-5.6、EFL50mm、F5.6、SS1/20、ISO1600;iAuto
★米飯

★みそ汁、ほうれん草・いんげん・わかめ

★ニラ豚肉炒め
 皿をすべて別用途に使っていたため、フライパンのまま出しました。

★じゃがいも

おじさん料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】「ママには一眼レフ」って正気ですか?~子連れ・ファインダー撮影にチャレンジ!(キヤノンEOS Kiss X7/X8i)
 今回は、「子連れでの一眼レフ撮影」に挑戦してみます。一眼レフと言えば「光学ファインダー」。私に、うまく使いこなせるでしょうか?


★子連れでの写真撮影、「一眼レフ」って使えるの?
 子供を撮るために、一眼カメラを新調する方も多いようです。一眼カメラには、以下2種類があります。
 ・従来型一眼レフ(ミラー付き):ファインダー撮影が得意。
 ・ミラーレス一眼レフ(ノンレフ):液晶画面撮影が得意。
 ※一眼レフとミラーレスの決定的な違い=「液晶画面撮影の快適さ」については、→こちらの記事
P1010513a.jpg

 私の場合、一眼レフとミラーレスを所有していますが、ミラーレスでの撮影がほとんどです。大人1人で子供(1人~2人)を連れての外出も多いためです。子供の面倒を見ながら、ファインダーで撮るのは不可能だと感じています。液晶画面でなければ、実用的でないのです。

 しかし、子供撮りカメラに、一眼レフが好ましい、と宣伝するサイトがあります(例えば[1])。「ママには一眼レフカメラ」ですと。本当でしょうか? 本当にそれで良いの??
[1]キヤノン:ママには一眼レフカメラ(EOS Kiss X8i)
http://cweb.canon.jp/eos/special/kisssp/index.html


 そこで、「子連れ一眼」こと私が、このたび「一眼レフ(従来型=ミラー付き)」の「ファインダー撮影」に挑戦してみました。使ったのは、ニコンD200という一眼レフです。ご覧の通り、赤ちゃん(息子0歳)を抱っこした状態で、撮影にチャレンジします。(息子の協力に感謝します。)
20160926z01.jpg

 一眼レフは、液晶画面で撮影(ライブビュー撮影)しようとすると、ピントが合うのが非常に遅くなります。このため、子供のような動く対象を撮る場合、「ファインダー専用機」となるのです。この事実を知らず、一眼レフを買ってしまう人が少なくないようです。一眼レフを買ったら、必ず、ファインダーを使ってくださいね!! (なお、今回使ったD200は10年前のカメラなので、液晶画面での撮影が不可能です。)
※上述サイト[1]には、液晶画面をタッチで操作できるのが魅力(x8i)、と書かれています。確かに、x8iの液晶撮影は、一眼レフにしてはAF(オートフォーカス=自動ピント合わせ)が高速です。しかし、「マイクロフォーサーズ」などの最近のミラーレスと比べると、数段劣る性能です。やはり、ファインダーでないと、子供は撮れないと思います。


★レッツ・トライ! 子連れファインダー撮影!!
 我が家は、子供が3人(娘5歳、息子2歳&0歳)います。今後、子供3人を、私1人で連れて歩く機会も増えるでしょう。赤ちゃんを抱っこした状態で、動く子供を撮れるものか。そんな状況を想定して、一眼レフでファインダー撮りをしました。

 ええ!これ、どうやって構えればいいんじゃぃ! ほんとうに、子連れで一眼レフ使っている人なんて、いるのかしらん?
20160926z11.jpg


 それから、子供撮りだと、「縦位置」での撮影も多いですよね。(私の場合、80%は縦位置です。)

 うーん、ムリ、ムリ! 子供連れでは、ファインダーなんて使えないよ!!
 20160926z12.jpg

 実は、上の状態は、バッテリーグリップを使っているので、「まだマシ」なのです。バッテリーグリップがないとなると… こんなことになっちゃいました! シャッターを押すのがやっと、キュウクツすぎますね。(赤ちゃんの頭をカメラで強打しそうで、危険でもあります。)
  20160926z15a.jpg

 …まあ、ちょっと今回は、極端な例だったかもしれません。ただ、大人1人で子供(特に複数人)を連れて歩くと、荷物が多かったり、何かと世話が必要だったり、突然「抱っこ」を要求されたりと、かなり似たような状況になることも多いわけです。そんなとき、いちいちファインダー覗いて撮影なんて、やっていられないのサ!(実際に1人で子供を連れて歩く機会の多い人には、共感いただけると思います。)


★「子連れ一眼」にはミラーレスが一番!
 というわけで、いつものミラーレスに戻りました。「秘技!!『片手タッチシャッター』!!」ファインダーを使うのに比べて、手の位置が低いので、赤ちゃんを抱っこしながらでも、それほど苦労せずに撮ることができました。
20160926z21.jpg

 縦位置でも、まったく同じように、撮れるんですよねぇ。液晶画面を使って、「普通に撮れる」幸せを噛みしめながら。
20160926z22.jpg


 結論。大人1人で子供2~3人を連れる「子連れ一眼」には、一眼レフはムリです。ミラーレスにしておくのが、ゼッタイ幸せですよ!!

 マイクロフォーサーズのミラーレスは、子供の「チョコマカ」に対応しやすいのも魅力です。詳しくは、→こちらの記事。
 一眼レフは、激しいスポーツをどうしても失敗なく撮りたい場合に、ご選択ください。(→こちらの記事。大人が2人以上いないと、ダメですよ!)


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記





私がカメラに使ったお金・2016年9月~初一眼レフ購入から3年、出費はいくら?
【今日の夕食】
 今日もヨシケイ、自分で選んでは買わないような、立派な厚切り肉です。
B9247143.jpg
OLYMPUS E-PL6+LGV12-32mmF3.5-5.6、EFL34mm、F4.0、SS1/125、ISO2500
★米飯

★みそ汁、こまつな・わかめ・麩

★豚肉ステーキ、きのこソース

★キムチ


育休おじさんの料理を、応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】私がカメラに使ったお金・2016年9月~初一眼レフ購入から3年、出費はいくら?
 カメラ関連の出費をチェックしておきます。前回のチェックは、2015年11月でした(→こちらの記事)。

 2013年9月に、初めての一眼レフ(ノンレフ)・オリンパスPEN mini PM2を買ってから、2016年9月で丸3年となります。この間のカメラ出費は、下表の通りです。
出費20160925

 費目ごとの出費は、以下の通りです。
・カメラ本体: 69,000円
・レンズ  : 86,000円
・その他  : 67,000円
◎合計   :223,000円


 10万円レンズ(F2.8通しズーム→こちらの記事)の購入を見送るなど、出費を抑えてきたつもりでした。ところが、前回調査から10ヶ月で、5万円も使っています。この状況を見ると、私はとても「ライトユーザー」とは言えないように思ってしまいます。

 時系列でグラフにすると、以下のようになります。ピコピコとした突出した出費が止まりません。PL6本体(中古1.0万円)、単焦点25mmレンズ(新古1.6万円)、三脚(1.0万円)など、値の張るものを複数個買ってしまったためです。
出費20160925G

 結局、PM2を買ってから3年間、年平均7.4万円の出費です。ペースが落ちていません。

 ただ、必要と思われる機材は、おおむね揃ったようにも感じています。あと試してみたいものといえば、外付けフラッシュ(2.5万円→こちらの記事)と、空間認識AF搭載カメラ(4.5万円→こちらの記事)くらいでしょうか。ああ、高級コンデジもありました(5.0万円→こちらの記事)。あれれ、ぜんぜん出費が減りそうにないではないですか。

 今後も、おこづかいを貯めつつ、ちょっとずつ、試していきたいと思います。
 

おじさんの応援をお願いします:
写真日記


(補足)
 10万円レンズの購入を見送ることで、買えた日用品を列挙しておきます。
・充電式掃除機  :2.6万円
・電動ハブラシ  :1.2万円
・草刈機     :1.0万円
・かき氷器    :0.4万円
・抱き枕2個   :2.2万円
・間取り検討ソフト:0.9万円
◎合計:8.3万円

 限られた費用を、どこに投資するかは、重要ですね。今後の出費マネジメントの、参考のために。











Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.