今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
傾斜地に立つ家、検討図と本物の外観・内観比較~3Dマイホームデザイナー12
【今日の夕食】
 今週も週末までたどりつき、ひと段落です。日曜日にやや重いイベントがありますが、それを過ぎれば、落ち着くことでしょう。
r20171110.jpg
★米飯

★かれい煮付け

★ゆで豚

★キムチ

妻の料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】傾斜地に立つ家、検討図と本物の外観・内観比較~3Dマイホームデザイナー12
 傾斜地に立つ新築住居の検討は、「マイホームデザイナー」で検討しました。「3Dマイホームデザイナー12(メガソフト)」です。ガイドブック付きで、約9000円でした。


 いろいろな変更を経て、初期の検討(→こちら)から、ずいぶん変わりました。ほぼ最終版(フェンスの検討をしていたときのもの)は、下のようになりました。
20171110z11.jpg 20171110z12.jpg

 そして、ホンモノの写真が、こちら。そっくりです! スゲェー!! あまりに似ているので、足場がとれたとき、「あれ?どこかで見た家だな」と感じるほどでした。
20171110z01.jpg 20171110z02.jpg

 この機会なので、内観も比較してみます。まずは、キッチンからの眺め。頭上には、吹き抜けが見えます。
20171110z31.jpg 20171110z21.jpg

 逆に、ダイニングからキッチンを見た画。間取り的には、うまく再現しているのですが、木のテキスチャの反映が不十分で、だいぶイメージは違います。
20171110z32.jpg 20171110z22.jpg

 階段から、ダイニングを見下ろしたところ。この写真は、けっこうな広角(35mmフィルム換算焦点距離17mm)なのですが、マイホームデザイナーも、けっこうな広角です(内観の標準は視野角80°≒換算26mm)。
20171110z44.jpg 20171110z27.jpg
 
 2階は、つくりつけの棚もモデリングしてみました。残念ながら、私の腕ではロフトは再現できず。(できなくはないようです。)
20171110z43.jpg 20171110z25.jpg


 このマイホームデザイナー、複数業者のプランの比較に始まり、外観や間取りの詳細検討や、庭の通路幅の確認など、いろいろな場面で役に立ちました。1000万円単位の家に対して、1万円のソフトがここまで役立つというのは、たいへん費用対効果に優れると思います。

この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑






猫背対策の椅子を買いました~ミヤタケ・プロポーションチェア
【今日の夕食】
 新しいテーブルでの食事は、落ち着きます。
r20171107_20171109054242173.jpg
★米飯

★煮豚、レタス

★キャベツサラダ

妻の料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】猫背対策の椅子を買いました~ミヤタケ・プロポーションチェア
 私は、猫背なので、妻に「姿勢が悪い」と、よく指摘されます。姿勢が悪いことは、万病のもとになるらしいと言われています。それで、猫背対策の本[1]も、買いました。
[1]小池義孝:ねこ背は治る! 知るだけで体が改善する「4つの意識」、自由国民社、2011


 上の本[1]で知ったのですが、床にひざ立ちになると、自然にねこ背がなおり、きれいな姿勢で座れます。この原理を活かしたかどうか分かりませんが、すねの部分にも座面を配置して、「姿勢が正しくなる」という椅子(ニーリングチェア;kneeling chair)が、販売されています。一例を挙げると、以下があります。
・イーサプライ:バランスチェア 約5500円
・宮武製作所(ミヤタケ):プロポーションチェア 約8000円
・サンワダイレクト:バランスチェア 約9000円
・山善(YAMAZEN):バランスチェア 約11000円
・レメックスジャパン(REMEX):ニーリングチェア 約15000円
・国新産業:バランススタディ 約24000円
・サカモトハウス:バランスチェア 約40000円



 いわゆる「本物」は、ノルウェー・バランスマネジメント社の発案である「balans(バランス)」という商品のようです。日本では、PMS社のブランド「サカモトハウス」[2]、国新産業[3]などが、ライセンスを受けて製造販売しているとのことです。さすがホンモノ、約2.5~4万円と、「お安くない」です。
[2]プロダクトマーケッティングサービス:バランスチェアのサカモトハウス
http://sakamotohouse.com/SHOP/142.html

[3]国新産業:balans-種類
https://www.balans-japan.com/--

★ミヤタケ・プロポーションチェアを購入!
 ということで、今回は「宮武製作所」の「プロポーションチェア」[4]を選択しました。選定ポイントは、価格と、木製である点です。色は、ブラウン、ブラック、レッド、ローズ、ブルー、ダークブラックの6色があります。
[4]宮武製作所:プロポーションチェア
http://miyatake-ss.jp/item/proportion.html


 赤色だけ、500円ほど安かったので、赤色を買いました。約7300円でした。組立式です。
20171107z01.jpg

 完成です。思ったよりも、チープな赤色でした。許容範囲ではあります。
20171107z02.jpg


★さっそく、子供の遊び道具になる
 クッションが2ヶ所にあるので、子供が2人座れます。もちろん、これは誤った座り方です。
20171107z10.jpg

 子供たちが集まって、さっそく遊び始めました。足の部分が車輪になっているので、転がして遊びますが…
20171107z11.jpg

 ギギギー!と音がして、新築の「無垢床」に、キズが付いてしまいました。妻は、今にも発狂しそうです。彼女は、「ムク床ノイローゼ」に、なりかけています。
20171107z21.jpg

 キズの原因は、車輪のエッジにあるようでした。車輪はプラスチック製で、エッジ部分にバリが残っています。これを、カッターナイフで除去して、面取りをしてあげました。ひとまず、これで大丈夫でしょう。
20171107z22.jpg 20171107z23.jpg


★猫背は解消されたか?
 ようやく、私が座るときが来ました。まずは、普通のイスから試します。左が、姿勢を意識したとき。右が、ダレてきたときです。妻が言うほど、猫背かしらん。
20171107z56.jpg 20171107z57.jpg

 そして、今回購入したプロポーションチェア。意識していると左のように、なかなか良い姿勢です。時間が経ってダレてくると、右のようになります。ダレてきても、普通のイスで姿勢を意識したときと同じくらいの姿勢が保てているようです。
20171107z51.jpg 20171107z52.jpg

 ひとまず、「効果あり」と言えそうです。実は、あまり期待していなかったのですが、なかなか良い買い物だったかもしれません。



この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記



omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑






ミラー・オン・シックイカベ~鏡(姿見)を自前で取り付けました
【今日の夕食】
 今日は、みんな大好き!ギョウウウーザです。
r20171107.jpg
★米飯

★手作りギョウザ
 妻と娘6歳に加え、今日は長男3歳も作りました。普通ギョーザと、チーズ入りギョーザの2種類あります。

妻の料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】ミラー・オン・シックイカベ~鏡(姿見)を自前で取り付けました
 今回は、自宅の漆喰壁に、自分で鏡を取り付けた作業内容について書きます。
I tried to attach a mirror on the wall of my house, which is made of Japanese Sikkui, a soil-like material. It was not so hard to work for me. Though I have taken a little fault, I 'm satisfied with the result. Now I can see myself in the mirror everyday!

 先日、鏡(姿見)の取付に挑戦しました。「村松鏡店」という、楽天市場の通販で購入しました。サイズは1200mm×300mm、厚さ5mmで、約8200円でした。取り付け用の金具、両面テープ、ボンドを含む価格です。
20171106z41.jpg

 自分で取り付ける方法(DIY)は、以下サイトを参考にしました。金具と両面テープを併用する方法です。

[1]村松鏡店:ミラリス - ミラーの取付方
https://www.rakuten.ne.jp/gold/muramatsu-kagami/order_guide.html

[2]オーカベガラス:鏡の販売.com - 鏡の施工方法③(大型鏡の施工方法)
http://www.e-kagami.com/torituke03.html


 今回、取付を行う壁は、石膏ボードに漆喰が塗られた壁です。この面の石膏ボードの下には、全面に下地(木材)が入っているとのことです(大工さんに確認)。まずは、金具を、木ねじで固定します。
20171106z01.jpg

 水準器で、水平を確認しながら固定しました。しかし、少しだけ右が高くなってしまったようです。(このズレが、後で鏡の傾きに効くことになります。後述)
20171106z02.jpg

 両面テープを貼る部分に、接着剤(セメダイン、ゴム系速乾ボンドG10)を塗ります。これは、下地を強化する意味があるようです。なお、上サイト[2]によれば、今回の鏡は5kg程度なので、金具だけでも大丈夫なようです。なお、本来は、接着剤を塗るときに、石膏ボードを露出させる(壁紙の場合、壁紙を剥がす)のが良いようなのですが、漆喰は厚みがあり(1mm以上?)、剥がすのが大変なので、そのままボンドを塗りました。金具も使っているので、大丈夫だろうと判断しました。
20171106z11.jpg

 接着剤が乾いたら(数分後)、両面テープを取り付けました。 まだ、表側のシールは剥がしません。
20171106z12.jpg

 上側の金具を固定します。一度、鏡を乗せてみて、上端の位置に線を引いて、金具の位置を合わせました。しかし、鏡を外してから確認すると、なぜか、横方向にずれています。下の金具は、左の柱から90mmの位置に取り付けたのに、上の金具は90mmより小さい位置になっている。そこで、90mmの位置になるように、横方向にずらして、穴を開けました。(後で、このずらしは不要だったことが判明します。後述)
20171106z21.jpg

 電動ドリルで石膏ボードの厚さ(10mm弱)まで穴をあけてから、木ねじで金具を固定します。木ねじは、手動のねじ回し(普通のドライバー)で取り付けました。
20171106z22.jpg

 上の金具も固定が完了しました。上の金具は、完全に締め付けず、上下にスライドできる状態になっています。上の金具を上方にずらいした状態で、鏡を取り付け、金具を戻せば、完成です。
20171106z31.jpg

 見事、完成しました! 微妙に左に傾いているのですが、気にならない程度です。
20171106z41.jpg


 少しだけ気になるのが、金具の位置のズレです。下側の金具は、左右均等なのですが…
20171106z50.jpg

 上の金具は、右にずれています。これは、金具の位置でなく、鏡が左に倒れている(下の金具が、右側が少し高い位置にあったため)のが原因です。上の金具の左右方向の位置は、柱からの寸法ではなく、現合で決めるべきでした。
20171106z51.jpg

 ともあれ、立派な姿見が取り付けられて、満足です。


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑










Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.