今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
能護寺のアジサイ
【今日の料理】 2011/6/30 夕食
 妻が,自動車学校の卒業試験に合格しました.おめでとう,妻.結局,一度も試験に落ちることなく,ストレートで卒業できました.残すは,明日の本試験(学科)だけです.運転免許があると,行動範囲が広がります.妻は,いろいろと行きたい場所を考えているようで,楽しそうです.
CIMG2507.jpg
★米飯,十穀入り

★みそ汁,なす・かぶ

★かつお刺身
 妻のリクエストで,刺身です.今日は,かつおが,比較的買いやすい値段でした.ねぎ・しそ・しょうがと,ポン酢しょうゆで頂きました.

★蒸し野菜,もやし・人参・しめじ
 ビタクラフト(五層鍋)で,無水調理です.最近は,焦がさずにできるようになりました.失敗しないポイントは,キッチンタイマーを使うことです.

★トマト


料理の応援,お願いします→人気ブログランキングへ(男の料理)
人気ブログランキングへ

育児の応援,お願いします→(パパ育児)
FC2 Blog Ranking


【今週の散歩】 能護寺のアジサイ
 今週の日曜日(2011/6/26)に,熊谷市妻沼(めぬま)の「能護寺(のうごじ)」に行きました.能護寺は,「アジサイ寺」として親しまれている寺で,800株以上のアジサイが咲くとのことです[1].能護寺のアジサイは,例年,6月中旬~7月上旬が見頃だそうです.
[1]熊谷市HP;観光・イベント情報-能護寺
 http://www.city.kumagaya.lg.jp/kanko/midokoro/nogoji.html

 妻と娘(4.5ヶ月)を連れて,自動車で能護寺に向かいました.運転に自信のない私が,まず気にかけるのが,駐車場です.ここの駐車場は,20台ぶんくらいでしたが,満車に近い状態でした.仕方なく,左右に自動車が止まっているスペースに,前向き駐車しました.
 駐車スペースは,白線で仕切られていましたが,私の小型自動車(パッソ,1000cc)でも,あまり余裕がありませんでした.左右の自動車とキチキチで,片側からしか降りられません.赤ちゃんを連れていると,扉を大きく開ける必要があるので,狭い駐車場は不便です.

 本堂です.ちょうど,アジサイのシーズンで,日曜日でしたので,観光客と思われる方々が,たくさん訪れていました.とはいえ,熊谷のことですので,鎌倉の寺社のような行列は,できません.拝観料は,大人1人=300円でした.
 20110630z1.jpg
 アジサイです.例年ならば,見頃のはずですが,この2日前に,熊谷では39.8℃を記録しています.暑さにやられてしまったのか,だいぶ,しなびてしまっていました.少しでも雨が降れば,ちょっとは元気が出たと思うのですが,残念です.
20110630z4.jpg
20110630z7.jpg
 建屋の近くの,鉢植えのものは,日陰だったためか,多少ながら元気でした.
20110630z5.jpg
20110630z6.jpg
 寺の奥は,広場のようになっています.一面に,アジサイが植わっています.向うに,鐘楼が見えます.ここが,一番の撮影ポイントのようです.
20110630z3.jpg
 「虚空蔵堂」です.「丑・寅生まれの守り本尊で智恵と福徳を授ける虚空蔵菩薩」が,まつられているとのことです[1].傍らには,「丑寅年守本尊・虚空蔵菩薩 ご利益 知恵・幸運」,「ご真言 のうぼう あきやしや きゃらばや おんありきや まりぼりそわか」と,書かれていました.寅年の私は,この通りに唱えて,ご利益を仰ぎました.
 20110630z2.jpg
 妻は,アジサイが好きです.「アジサイ寺」ということで,期待をして行ったのですが,今年は天候が悪かったようです.妻は,しおれたアジサイと,しおれた夫に囲まれる結果となりました.


「育休おじさん,しおれていますね.アジサイの真似ですか.」
「いいえ.ただの猫背です.」 元気をください,さあクリック.
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑






哺乳ビンの換えどきは?~哺乳ビン飲み比べ実験
【今日の料理】 2011/6/29 夕食
 一昨日,昨日と,携帯電話機から記事を入力しました.今日,久しぶりにPCから記事を見たのですが,驚きました.料理の写真が,小さいこと,小さいこと.
 携帯電話機は,画像を取り扱うと相当の金額がかかります.そこで私の場合,携帯電話機のブラウザは,画像を表示しない設定にしているのです(なにせ,我が家は貧乏ですから).このため,自分がアップした画像がどんなものか分からない,という弊害が出てしまいました.
 熊谷に戻ったので,今日から質素な料理に戻ります.料理が質素なぶん,昨日よりも写真を大きくしてお届けします.
CIMG2505.jpg
★米飯,十穀入り

★みそ汁,なす

★ごま豆腐
 茅ヶ崎駅のラスカ1F,「鎌倉小町」で購入しました.ちょっとお高いですが,そのぶん美味でした.

★納豆

★宗家キムチ

★トマト

★浅漬け,きゅうり・かぶ

料理の応援,お願いします→人気ブログランキングへ(男の料理)
人気ブログランキングへ

育児の応援,お願いします→(パパ育児)
FC2 Blog Ranking

【今日の料理工学】 哺乳ビンの換えどきは?~哺乳ビン飲み比べ実験
 我が家では,母乳と粉ミルクを混合して与える,「混合育児(混合栄養)」を実施しています.
 粉ミルクといえば,哺乳ビンです.市場には,非常に多くの種類の哺乳ビンが存在します.哺乳ビンを選ぶだけで,1ヶ月くらいは悩んで過ごせると思うほどです.

 哺乳ビン選びで重要な点のひとつが,吸い口(乳首)の選定です.適した吸い口を選ばないと,飲むスピードが速すぎるor遅すぎる,という,問題が発生します.このため,哺乳ビンメーカーによっては,赤ちゃんの月齢ごとに,異なる吸い口を用意しています[1].
[1]ピジョンHP;ピジョン商品情報
 http://pigeon.info/products/

 例えば,「ピジョン」の哺乳ビン「母乳実感」では,次の4種類の吸い口を用意しているようです[1].これらの吸い口には,①推奨月齢,②飲む速度の目安,が記載されています.サイズが大きいほど,ミルクが出る穴のサイズが大きいようです.
 ・SSサイズ:新生児~, 50mL/約10min
 ・Sサイズ :1ヶ月~,100mL/約10min
 ・Mサイズ :3ヶ月~,150mL/約10min
 ・Lサイズ :6ヶ月~,200mL/約10min

 飲むスピードは,赤ちゃんによって,個人差があると思われます.このため,メーカーの推奨月齢通りの吸い口を用いても,適正な速さで飲めない可能性があります.したがって,吸い口は,月齢ではなく,個々の赤ちゃんのミルクを飲むスピードによって,選択するべきだと考えられます.

 1回に飲む量の目安は,粉ミルクのパッケージに記載されています[2].これによると,
 ・新生児~:80~120mL
 ・1ヶ月~:160~200mL
 ・3ヶ月~:200~220mL
 ・6ヶ月~:200~220mL
 ※5ヶ月以降は,離乳食の進み具合によって加減.
[2]森永ドライミルクはぐくみ 製品記載事項

 飲む量の目安[mL]÷飲む速度の目安[mL/min]で,飲む時間の目安[min]を計算できます.飲む時間の目安は,おおむね次のようになります(計算結果を,適宜丸めた).
 ・SSサイズ:新生児~,約20min
 ・Sサイズ :1ヶ月~,約20min
 ・Mサイズ :3ヶ月~,約15min
 ・Lサイズ :6ヶ月~,約10min

 この結果から,赤ちゃんが,ミルクを10~20minで飲み終わるならば,適正な吸い口を使っていると言えそうです.逆に,飲む時間が短いor長いときは,吸い口の買い換えが必要と思われます.

 さて,我が家の娘(4.5ヶ月)では,どうでしょうか.実際に,試してみます.


★実験方法

 図1の,4種類の吸い口で比較しました.
<図1> 
z20110629z1.jpg
 左から,
 a)チュチュベビー,フリーサイズ
 b)ピジョン母乳実感,SSサイズ
 c)ピジョン母乳実感,Mサイズ
 d)ピジョンKタイプ,Sサイズ

 a)のチュチュベビーは,月齢によるサイズ変更が不要,とのことです[3].
[3]ジェクスHP;商品一覧
 http://chuchubaby.jp/products/milk/silicon/index.html

 例によって,我が家の娘に,実験に協力してもらいます.
 ・性別:女性
 ・月齢:3~4ヶ月(実験時の月齢)
 
 実験条件は,以下の通りです.
 ・ミルクの種類:森永ドライミルク はぐくみ
 ・ミルクの量 :100~200mL
 3~4ヶ月では,パッケージに記載されたミルク量の目安は,200mLです.しかし,我が家では混合育児のため,母乳のぶんだけミルクを減らします.このため,その時々によって,ミルクの量を変えています.

 実験方法は,次の通りです.
 ・a)~d)の吸い口をセットした哺乳ビンで,ミルクを与える.
 ・飲み開始と同時に,ストップウォッチで測定を開始する.
 ・娘の様子を見ながら,適宜休憩を入れる.休憩中は,ストップウォッチを止める.
 ・休憩時には,それまでに飲んだミルクの量と,経過時間を記録しておく.
 ・飲み終わったら,ストップウォッチを止めて,経過時間を記録する.
 ・各吸い口で,何回か実験を行った.
 
 ミルクを飲む娘の様子を,図2に示します.
<図2>
z20110629z3.jpg


★実験結果

 では,実験結果を示します.
 図3は,飲んだ時間と飲んだ量の関係です.横軸に飲んだ時間[min],縦軸に飲んだ量[mL](=[cc])をとっています.同一グラフ中の異なる色の点は,異なる日にとったデータを示します.
<図3>
a)チュチュベビー,フリーサイズ
z20110629z2a.jpg
b)ピジョン母乳実感,SSサイズ
z20110629z2b.jpg
c)ピジョン母乳実感,Mサイズ
z20110629z2c.jpg
d)ピジョンKタイプ,Sサイズ
z20110629z2d.jpg
 この結果から,各吸い口を用いたときの,飲むスピードは,以下のようになっていました.
 a)チュチュベビー,フリーサイズ:100mL/ 7min =140mL/10min
 b)ピジョン母乳実感,SSサイズ:100mL/ 6min =150mL/10min
 c)ピジョン母乳実感,Mサイズ :100mL/ 3min =300mL/10min
 d)ピジョンKタイプ,Sサイズ :100mL/11min = 90mL/10min

 先の検討によると,目安量200mLを飲む時間が,10~20minだと適当ということでした.200mLを飲む時間に換算すると,次のような結果になります.
 a)チュチュベビー,フリーサイズ:200mL/14min …ちょうどよい
 b)ピジョン母乳実感,SSサイズ:200mL/12min …ちょうどよい
 c)ピジョン母乳実感,Mサイズ :200mL/ 6min …早すぎる
 d)ピジョンKタイプ,Sサイズ :200mL/22min …遅すぎる

 この結果から,我が家の娘に関しては,a)かb)の吸い口が,適当であると言えます.

 a)のチュチュベビーは,吸う力に合わせて適量が出るためサイズ変更不要,という宣伝文句でした.実際,ちょうど良い量が出ていました.ただし,ほかの月齢で試していないので,偶然かもしれません.
 ピジョン母乳実感では,メーカーの推奨では,3~4ヶ月ではc)のMサイズが良い,とのことでした.しかし,我が家の娘は,まだa)のSSサイズで良い,となります.娘は,よほど吸う力が強いのでしょう.
 ピジョンKタイプは,触感が気に入らないのか,娘があまり飲みたがりません.出が悪いのか,相性が悪いのか,分かりません.他の吸い口に比べて,著しく飲むスピードが遅い結果でした.

 以上のように,ミルクを飲むスピードには,個人差が大きそうです.吸い口を買い換えるときは,メーカーの推奨月齢は,あまりアテにならないかもしれません.ミルクを飲むのに時間がかかる(目安:ミルク缶記載の1回量を飲むのに20min以上)ようになったら,サイズの大きい吸い口に変えるのが,妥当と思われます.


は,ミルクの温度変化を調べる実験です.


【今回の結論】
 哺乳ビンのミルクを飲むスピードには,個人差があるようです.
 サイズの大きい吸い口(乳首)に買い換える時期は,月齢でなく,飲む時間を目安とするのが適当と思われます.具体的には,ミルク1回に20分以上かかったら,吸い口のサイズアップが望ましいと考えられます.


「育休おじさん,ヒマさ加減が泣かせるね」と思ったら,同情クリックお願いします.
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑






デジタルTVチューナーは売り切れでした

今日は、昨日に続けて実家に泊まりです。妻は娘(4.5ヶ月)を連れて、以前の仕事仲間とランチに行きました。その間、私は、地上デジタルTVのチューナーを探しに。我が家は、まだアナログです。
最安値の3980円のチューナーは、売り切れでした。品薄なのか、安価なものは、どれも売り切れでした。我が家は貧乏なので、4千円以上は、とても出せません。夢がふくらむデジタルTVは、まだまだ見られそうにありません。

本日も母の手料理です。父の手料理もあります。
★米飯
★グラタン
良い味です。「缶詰めのホワイトソースが便利」というワンポイントを頂きました。
★いんげんコンビーフ炒め
父が作りました。オリジナルレシピとのこと。いんげんとコンビーフは、良く合います。
★わかめ
★冷や奴

(追記)2011/7/15
この後,チューナーを買いました.4470円でした.
詳しくは,こちら
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑






今日は実家です

今日は、妻と娘(4.5ヶ月)と神奈川県の実家に泊まります。私の生まれ育った場所です。海が近いためか、熊谷に比べて湿気が高い気がします。
娘は、慣れない場所に興奮しているようで、なかなか寝ません。
今日は、携帯電話からの作文です。

★米飯
★みそ汁
★しめさば
★浅漬け
★ポテトサラダ
私の母の手料理です。妻は、久しぶりにきちんとした味付けの食事だったと、満足していました。(私の料理は、離乳食なみの薄味ですので)

今日の料理工学は、お休みします。
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑






ポリオの予防接種をどうするか?
【今日の料理】 2011/6/26 夕食
 今日は,自動車で,妻と娘(4.5ヶ月)と出かけました.駐車場に自動車を停めたのですが,さあ帰ろうというときに,トラブルが発生.キーが回らず,エンジンがかからないのです.車内に常備の説明書をめくりましたが,要領を得ません.仕方なく,販売店の方に電話をかけました.
 「見てみないと分からないので,伺います.」との返答です.さて,これは大変なことになった,と思いました.小雨も降り始め,娘も一緒です.このまま動かないかもしれない,どうやって帰ろうか,と考えていたところに,販売店の方が到着です.
 ハンドルをコリコリッとやると,すぐにエンジンがかかりました.あれれ?

 どうやら,盗難防止のため,ハンドルロック機能というものが,付いていたようです.ハンドルを回しながら,キーを回すと,ロックが解除されるそうです.ああ,良かった良かった.

 …電話で言ってくれれば,すぐに解決したような気がしますが.
CIMG2454.jpg
★米飯,十穀入り

★みそ汁,なす・油揚げ

★あじ干物

★宗家キムチ

★トマト

料理の応援,お願いします→人気ブログランキングへ(男の料理)
人気ブログランキングへ

育児の応援,お願いします→(パパ育児)
FC2 Blog Ranking


【今週の育児】 ポリオの予防接種をどうするか?
 今日は,離乳食教室の話の予定でしたが,妻の強い要望で,予防接種の話です.
 娘(4.5ヶ月)は,いろいろな予防接種を受ける必要があります.これまで,3種混合(DPT),BCG,Hib,肺炎球菌,を受けてきました.近々,「ポリオ」を受けるのですが,調べてみると,現状の予防接種には,問題がありそうなのです.

★ポリオとは,どんな病気か?[1]
 ポリオ(急性灰白髄炎)は,「小児まひ」とも呼ばれます.体内に入ったポリオウイルスが,主に腸内で増殖し,発症するとのことです.感染すると,以下の症状が現れるそうです.
 ・感染者の100人に5~10人が発症し,熱・頭痛・嘔吐などが現れる.
 ・感染者の1000~2000人に1人,手足のマヒが発生.一部の人では,マヒが永久に残る.

 日本では,1950~1960年頃に流行したそうです[2].1961年に生ワクチンが導入され,接種を開始.そして1972年以降,野生の強毒ポリオウイルスは常在しないとのことです.2000年には,WHOが日本での根絶宣言を出したそうです.ただし,ワクチンによる発症や,2次感染は,まだ存在しています.

[1]予防接種ガイドライン等検討委員会;予防接種と子どもの健康 2011年度版,予防接種リサーチセンター

[2]日本ポリオ研究所HP;
 http://www.jpri.or.jp/

★ポリオのワクチンの種類
 ポリオのワクチンには,次の2種類があります.
 a)生ワクチン  (OPV,Oral Poliovirus Vaccine)
 b)不活化ワクチン(IPV,Inactivated Poliovirus Vaccine)
 ポリオウイルスには,Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ種の3種類があるそうです.いずれのワクチンとも,これら3種を混合したもののようです.日本では,a)の生ワクチンだけが認可されています.

 それぞれのワクチンの詳細です.

a)生ワクチン(OPV,Oral Poliovirus Vaccine)
 生ワクチンは,ポリオウイルスのうち,麻痺を起こさない毒性の弱いウイルスだけを取り出して,培養したものらしいです.「セービン株」という種類のポリオウイルスが,用いられているそうです[2].1963年に,「セービンワクチン」が米国で使用されたのが,はじまりのようです[2].
 生ワクチンは,注射でなく,口から飲みます(経口接種).接種時期は,生後3ヶ月~1.5才の間に,2回を推奨されています[1].
 毒性が弱いといっても,①毒性がゼロではない,②体内などで変異して毒性を獲得する可能性がある,という問題があります.このために,ワクチン接種後に,接種した本人が,ポリオを発症する例があるそうです.
 また,生ワクチンのウイルスは,約1ヶ月に渡り,便から排出されるそうです.このため,便から口にウイルスが入ると,周囲の人間も,感染する可能性があります(2次感染)[1].この2次感染を減らすために,地域ごとに,集団接種が行われることが多いそうです.私の暮らす熊谷市では,ポリオワクチンは個別接種ですが、受けられる時期が決まっています.
 ワクチン接種に起因する感染の頻度は,日本では,以下の程度だそうです[1].頻度は低いですが,発症した場合は重症になるので,とても無視できません.
 ・接種486万回に1例,接種した本人にマヒが発生.
 ・接種789万回に1例,本人以外に2次感染が発生.

b)不活化ワクチン(IPV,Inactivated Poliovirus Vaccine)
 不活化ワクチンは,毒性の強いポリオウイルスを,ホルマリンで処理して無害化したものらしいです.無害ですが,免疫を作る効果は,生ワクチンと同様に得られるようです.ポリオワクチンとしての歴史は,生ワクチンよりも少し早く,1955年に「ソークワクチン」として米国で使用開始されています[2].
 不活化ワクチンは,注射です.接種時期は,国では定められていません.例えば,①3ヶ月以降に3回,②1年後に1回,③6歳以降に何回か,の3セットを行うという例示があります[4].
 不活化ワクチンは,毒性がないので,マヒの発生の危険がありません.この安全性が重視されたためか,日本以外の先進国では,不活化ワクチンを使用するのが普通のようです[3].しかし,日本では,不活化ワクチンが認可されていません.製造もされていないようです.いくつかの病院では,輸入品を接種できるようです[4]. 
[3]ポリオの会HP;
 http://www5b.biglobe.ne.jp/~polio/index.html
 http://www5b.biglobe.ne.jp/polio/archive/20101012map.pdf
[4]すずひろクリニックHP;
 http://suzuhiro-clinic.jp/vaccine.html

 両ワクチンを比較すると,マヒの発生の危険がない,不活化ワクチンが,優れているように思えます.また,時系列を見ても,不活性ワクチンのほうが,古い歴史を持ちます.それなのに,なぜ,日本では,生ワクチンを使っているのでしょうか.
 これは,日本で,1950~60年頃に,ポリオが流行したときの対処に関係しているように思えます.このときは,ワクチンとして,生ワクチンを使用したのです[2].その理由は,生ワクチンは比較的安価で,接種が簡単(口から飲む)だったためと思われます.そのときの実績を踏まえて,生ワクチンを使い続けていたのかもしれません.
 
★今後,どうなるか?
 生ワクチンは,マヒの危険があり,日本以外の先進国では使用されていないようです.厚生労働省では,2012年から,不活化ワクチンを導入する方針のようです[3](現状の3種混合に追加され,4種混合となるようです).不活化ワクチンの接種時期は,現状では定められていないようですが,導入後には明示されると思われます.
 厚生労働省のHPを見ましたが,明確な情報は見当たりませんでした.(以下の[5]が,それらしいですが,はっきりしません.これによると,日本で開発中の不活化ワクチンは,毒性の低いセービンワクチンのウイルスを使用したものになる可能性がありそうです[5].)
[5]厚生労働省HP;
 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001eq5c.html

 さて,我が娘(4.5ヶ月)です.これだけ調べてみると,生ワクチンを接種するのが,怖くなってしまいました.しかし,現状で不活化ワクチンを接種できる病院は,少ないようなのです.不活化ワクチンを接種する方向で,引き続き検討中です.

(補足) 2011/6/27
 両ワクチンの利点と欠点を,まとめておきます.

a)生ワクチン
 利点:
 ・ポリオの感染を防げる.
 ・国で認可されている.
 ・自治体で接種できる.
 ・料金がかからない.
 ・接種回数が少ない(約1.5歳までに2回).
 ・注射が不要(口から飲む).

 欠点:
 ・マヒの危険がある.
 ・2次感染の危険がある.

b)不活化ワクチン
 利点:
 ・ポリオの感染を防げる.
 ・マヒの危険がない.
 ・2次感染の危険がない.

 欠点:
 ・国で認可されていない.
 ・接種時期が,国で定められていない.
 ・接種できる病院が限られる.
 ・料金がかかる.(約5000円/回×4回以上)
 ・接種回数が多い(約1.5歳までに4回+以降追加)
 ・注射が必要.

 なお,両ワクチンとも接種しないと,以下の問題が生じます.
 ・将来,ポリオが再流行したときに,感染の危険がある.
 ・生ワクチンを接種した同世代の赤ちゃんから,感染の危険がある.
 したがって,両ワクチンとも接種しないという選択は,できません.


待ちに待った応援タイムだ! さあ,クリック,クリック,クリック!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑










Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.