今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
SIKU SK1418: Claas Jaguar 960 forage harvester~ドイツ発ミニカー・ジク、飼料収穫機(コンバインではありません)
【今日の夕食】
 今日は家族で、実家を訪問しました。例によって、たらふくご馳走を頂いたので、夕食はそうめんです。
r20170805.jpg
★そうめん

★焼き鶏肉

★きゅうり、トマト

妻の料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】SIKU SK1418: Claas Jaguar 960 forage harvester~ドイツ発ミニカー・ジク、飼料収穫機(コンバインではありません)
 今回は、ドイツSieper社のミニカー「SIKU SUPER」の、No.1418「飼料収穫機」について書きます。

◎SIKUの関連記事
・SIKU FARMER 1/32 トラクター&インプリ一覧 →こちら
・SIKU FARMER 1/50 トラクター&インプリ一覧 →こちら
・SIKU SUPER(1/72) トラクター&インプリ一覧 →こちら
・SIKU FARMER 1/87 トラクター&インプリ一覧 →こちら



★またまた買ったよ!農業系ミニカー
 今回買ったのは、「SIKU SUPER」シリーズのNo.1418、「飼料収穫機(Forage harvester)」です。標準価格は734円(税込)ですが、今回Amazonで486円とディスカウントされていて、購入に至りました。
20170805z01.jpg

 この機械は、Claas(クラース)社のJaguar 960(ジャガー)という機種です。「フォレッジ・ハーベスター(フォーレージ・ハーベスター)」という、家畜用の飼料とする草(とうもろこしや小麦などの、飼葉(かいば)、干草)を、まとめて収穫・粉砕する、ダイナミックな農業機械です。コンバイン・ハーベスターと似ていますが、脱穀機能(粒と草を分離する機能)がなく、すべてまとめて粉砕します。下は実機の動画。

 ハーベスターについて、さらに詳細や、コンバイン・ハーベスターとの比較は、別記事に書いています。→こちら


 本品は「SIKU SUPER」シリーズで、ノンスケール(いわゆる「箱スケール」)です。全長がSIKU SUPERのトラクター(代表スケール1/72)と同程度になっており、本体は小ぶりです。後部には、SIKU SUPERやSIKU FARMER 1/87のインプリメント(トレーラーなど)を装着可能です。マニューバー(収穫物排出口)は、ボールジョイントで自在に可動。収穫カッター部は動きません。
20170805z11.jpg

 SIKU FARMER 1/87のトラクターと並べたところ。1/87は、SIKU SUPERのトラクター(1/72が多い)と比べて小ぶりですが、このハーベスターは1/87と比べても、まだ小ぶりでした。
20170805z21.jpg

 今回購入したClaasのハーベスターの正確なスケールは不明ですが、推察してみます。実機カタログでの寸法は、車幅が前輪3130~3490mm、後輪2920~3060mm(タイヤサイズで変化)。ミニカーは前輪29mm、後輪26mmです。したがって、推定スケールは1/110~1/120程度となります。

 トラクターと並べて、「収穫あそび」をしたかったのですが、少々スケールバランスが悪いですね。ちょっと残念でした。
20170805z22.jpg


↓↓↓ほかにもあります、我が家のおもちゃ!↓↓↓
omocha201612.jpg


この記事がインプレッシブでしたら、応援をお願いします:
写真日記
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑










Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.