今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
子供撮りカメラ、どっちを選ぶ?E-M10Mark III vs E-M5Mark II~オリンパス・ミラーレス一眼レフOM-D徹底比較
【今日の夕食】
 電車通勤になってから、はや3ヶ月。夕食を、家族でとれなくなったのが、残念です。
r20180217.jpg

妻の料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】子供撮りカメラ、どっちを選ぶ?E-M10mark III vs E-M5mark II~オリンパス・ミラーレス一眼レフOM-D徹底比較
 今回は、オリンパスのミラーレス一眼レフ「OM-D E-M10 mark 3」と、「OM-D E-M5 mark 2」を比較します。
 最新機種(2017年9月発売)のE-M10mark3は「ママ・パパ向け」を前面に押し出した入門機。対するE-M5mark2は、防塵防滴が魅力のワンランク上の機種ですが、2015年2月の発売から3年が経過し、そろそろモデルチェンジかもしれません。そして両者は、現在(2018年2月)、ほぼ同じ価格(ボディのみ:7万円強)となっています。


★お買い得になりました!オリンパスの中級機種・E-M5mark II!
 オリンパスのマイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼レフを、子供撮り(娘6歳、長男3歳、次男1歳)に愛用しています(使用カメラ:PEN mini E-PM2)。2013年9月に購入した、このカメラとの付き合いも、はや4年半となります。そろそろ、新しい機種が欲しくなりませんか?、という時期なのです。

 最近気になっているのが、オリンパスの最新機種、「OM-D・E-M10markⅢ」です。「ママ・パパ向け」を前面に押し出した、入門機です。先代のE-M10mkⅡで気になっていた、レスポンスの微妙な遅さ(PM2と比べると、タッチシャッターの撮影完了までに、ほんの少し「ためらい」があるように感じる)が解消されて、キビキビとした反応が好印象です。「ついに、理想のカメラが来た!」と感じました。
 ところが、店頭で試用していると、隣に上位機種である「OM-D・E-M5markⅡ」があることに気が付きました。見ると、なんと、E-M10mkⅢと、価格がほぼ同じ!(7万円強=ポイント値引きを含む) 約3年前のリリース機種といえ、いまだM5シリーズでは最新の型式です。こっち買ったほうが、オトクなんじゃないか?と思ってしまいました。M5mkⅡの発売当初価格は約11万円。ずいぶん安くなったのですね。

 そんな背景から、今回は、E-M10markⅢと、E-M5markⅡを、比較してみます。

◎E-M10 mark III
 ボディのみか、EZダブルズームキット(レンズ①+②)の2択となります。
①M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
②M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R

[1]オリンパス:ミラーレス一眼 OM-D E-M10 mk III
https://olympus-imaging.jp/product/dslr/em10mk3/index.html

◎E-M5 mark II
ボディのみ、12-50mm EZ レンズキット(レンズ③)、14-150mmⅡレンズキット(レンズ④)、12-40mmF2.8レンズキット(レンズ⑤)、の4種類です。ボディは防塵防滴で、同梱レンズも防塵防滴となっています。※12-50キットは、販売終了しているようです。
③M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3EZ
④M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 Ⅱ
⑤M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

[2]オリンパス:ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M5 mk II
https://olympus-imaging.jp/product/dslr/em5mk2/index.html


kodomo01.jpg
↑↑↑私が「ミラーレス」を選んだ決め手は、画像をクリック!↑↑↑



★スペック表の比較:やっぱり上位機種、E-M5markIIが優位!
 まずは、スペック表を比較してみます。ウスズミ(緑色)が、優れている点、または差異が大きい点です。
機種OM-D
E-M5 mark II
OM-D
E-M10 mark III
メーカーオリンパスオリンパス
発売年月2015年2月2017年9月
初値価格112,000円
(ボディのみ)
79,000円
(ボディのみ)
中古価格59,000円なし
撮像
センサー
17.3x13.0mm
1600万画素
超音波防塵
17.3x13.0mm
1600万画素
超音波防塵
画像処理
エンジン
TruePic VIITruePic VIII
手ブレ
補正
5軸
5.0段
5軸
4.0段
液晶画面
3.0型
104万画素
バリアングル
3.0型
104万画素
上下チルト
電子
ファインダ
236万画素
視度調整-4~+2
236万画素OLED
視度調整-4~+2
オート
フォーカス
コントラスト式
81エリア
コントラスト式
121エリア
AF速度★0.137s★0.140s
ISO感度
100~25600
★DXOスコア896
100~25600
★DXOスコアなし
シャッター
スピード
メカ:1/8000~
電子:あり
メカ:1/4000~
電子:1/16000~
電子先幕:1/320~
フラッシュ
外付(同梱)
バウンス可
GN=12.9
(ISO200)
内蔵
バウンス不可
GN=8.2
(ISO200)
デジタル
水準器
ありあり
WiFiありあり
起動時間★0.8s★1.0s
サイズ124x85x45122x84x50
重量470g410g
電池
BLN-1
7.6V 1220mAh
撮影枚数310枚
BLS-50
7.2V 1210mAh
撮影枚数330枚
付属ソフトOlympus ViewerOlympus Viewer
その他防塵・防滴仕様---

※価格は初値:価格ドットコム。中古:アマゾン、2018年2月時点。1000円単位丸め。税込。
※寸法は1mm単位丸め。重量はバッテリー含む、レンズ除く。10g単位丸め。
※★印はメーカー非公式の値。
※ISO感度の★DXOスコアは、DXOmark調査結果[3]。数値が高いほど高ISOの画質が良好とされる。
[3]DXOmark:
https://www.dxomk.com/
※★AF速度(シングルAF)、★起動時間は、Imaging Resource[4]。
[4]Imaging Resource:Camera reviews
http://www.imaging-resource.com/


◎スペック表に見る差異
 スペック表を見る限り、「ものすごく大きい差異」は、感じられません。あえて言えば、目立った差異として、以下があります。
・画像処理エンジン:M5mk2のTruePic VIIが、M10mk3ではVIIIにバージョンアップ。
・モニター:M5mk2は、バリアングル。M10mk3はチルト。
・シャッタースピード:M5mk2は、1/8000の高速シャッター。
・フラッシュ:M5mk2は外付け(バウンス可)、M10mk3は内蔵。
・電池:M5mk2はBLN-1。
・防塵防滴:M5mk2は、防塵防滴。

 個人的には、M5mk2の外付けフラッシュ(FL-LM3)がバウンスできる点は、嬉しいです。しかもこの小型フラッシュは、上下だけでなく、左右にも首振りしますので、縦位置撮影にも好適! 難点としては、外付けなので、使用機会が減りそうなところです。また、防塵防滴も魅力的なポイントです。子供撮りだと、砂場や水場での撮影機会も多いのです。
 そして、気になるサイズですが、あまり変わらないようです。幅は1~2mm、M5mk2が大きく、厚みは5mm小さい。重さの差は60gで(15%増し)、大きく気になるレベルではなさそうです。(というか、意外と重いのがM10mk3)
 スペック表に載らない、ソフトウェア的な部分にも、相違があります。M10mk3はソフト面の機能カットが目立つのですが(詳しくは→こちらの記事)、M5mk2はさすが上位機種、フル機能搭載で、いろいろ楽しめそうです。M10mk3になく、M5mk2にある、具体的な注目機能は以下です。
・ファインダースタイル:ファインダー内の情報表示を画像外にも設定可
・ファームアップの随時バージョンアップ:現在、ver.3.0まで配信され、機能が向上(ただ、発売から3年が経過しており、今後のファームアップは期待薄かもしれません)。M10では、これまでこうした機能向上のためのファームアップ配信はありません。
 スペック上の懸念点としては、M5mk2は、電池(バッテリー)がPM2と異なることです。M10mk3なら共用できるので、予備バッテリーの融通が便利です。利便性の上で、けっこう大きい差異だと感じます。

 スペックを全体的に見ると、画像処理エンジンのバージョンを除いて、E-M5mk2に、分がありそうです。
 

★店頭で試してみて:レスポンスのモッサリ感が気になる!
 スペックだけ見ると差異はそれほど大きく思えないのですが、店頭で現品を触ってみると、印象はかなり異なります。ひとことで言うと、M5mkIIは、高級感があります。発売当初の価格で比較すれば、3万円の価格差(1.4倍)があるので、当然といえば当然です。具体的に、M5mkIIに高級感を感じる点は以下。
・ボディのエッジのシャープさや、ダイヤルのローレット加工などの、金属的な質感。
・ボタンがたくさんついている。
・シャッターの動作音が静か。(ストン、という感じ)
・M5mkIIのファインダーは、見やすい。(チカチカ感が少ない感じ)

 ただ、残念ながら、良い点ばかりではありませんでした。1点、とても気になる点があります。それは、タッチシャッターのときの、撮影完了までに感じる、ほんのわずかな「ためらい」です。この点、最新機種のE-M10mk3は、TruePic VIIIの効果なのか、サクサクとしたレスポンスです。実に快適に、タッチシャッターが決まります。

 生粋の「タッチシャッタラー」である私には、どうしても、これは懸念点として残ってしまいました。とってもとっても、いいカメラなのに、カッコウイイカメラなのに、今がお買い得チャンス!なのに、残念で仕方がありません。

 というわけで、購入まであと一歩と迫ったオリンパスのミラーレス一眼レフ「OM-D E-M5 mark II」ですが、「これでは買えない」という結論となりました。 (店頭に何回か足を運び、いよいよ本当に買ってしまう勢いだったのですが、これに7万円出すのはどうか、と冷静に判断することができました。)

 もし、私が、次の人生で、「ファインダーで撮る人」に生まれ変わったのならば、このカメラを買うかもしれませんね。


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記

kodomo01.jpg
↑↑↑私が「ミラーレス」を選んだ決め手は、画像をクリック!↑↑↑

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑










Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.