FC2ブログ
今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
子供3人撮りレンズ、どっちを選ぶ?オリンパス17mmF1.8 vs パナソニック15mmF1.7~マイクロフォーサーズ単焦点レンズ徹底比較
【今日の夕食】
 風邪なのか、咳が長引いています。夕飯は、私の担当です。
r20180218.jpg
★米飯

★ソーセージ、サラダ

★キムチ

応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】子供3人撮りレンズ、どっちを選ぶ?オリンパス17mmF1.8 vs パナソニック15mmF1.7~マイクロフォーサーズ単焦点レンズ徹底比較
 マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼レフで、子供撮り(娘7歳、長男3歳、次男1歳)を楽しんでいます。使用カメラ機種は、オリンパスPEN mini E-PM2、パナソニックLUMIX GX-7です。
 先日から、愛用の標準ズーム「パナ12-32mm」の、手ブレ補正の調子がよくありません。これを機に、広角の単焦点レンズの購入を検討しています。現在所有している単焦点レンズは、パナ25mmF1.7、オリ45mmF1.8の2本ですが、子供3人となると、もう少し広角のレンズが使いやすいからです。(子供1人⇒45mmF1.8、子供2人⇒25mmF1.7。詳しくは→こちらの記事
 そこで、以前の記事(→こちら)で、マイクロフォーサーズの広角単焦点レンズの比較を行いました。

 検討の結果、以下の2レンズを候補にしています。
・オリ17mmF1.8:Olympus M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
・パナライカ15mmF1.7:Panasonic Leica DG Summilux 15mm F1.7 ASPH


<メーカーホームページ>
[1]オリ17mmF1.8:https://olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/17_18/
[2]パナ15mmF1.7:http://panasonic.jp/dc/lens/products/leica_dg_summilux_15.html

 そこで今回は、オリ17mmF1.8とパナ15mmF1.7について、詳細を比較した結果をまとめておきます。


(追記)2018/9/4
 さんざん悩んだ末に、オリンパスの17mmF1.8レンズを買いました。子供撮りレビューは、→こちらの記事。
20180902z02.jpg

kodomo01.jpg
↑↑↑私が「ミラーレス」を選んだ決め手は、画像をクリック!↑↑↑



★甲乙つけがたい2レンズ!スペック表で比較
 メーカーのスペック表(仕様表)をベースに、外部評価データ[3]を加えて、両レンズを比較しました。参考のために、当方所有のパナ25mmF1.7も並べました。
 
オリ
17mmF1.8
パナライカ
15mmF1.7
(参考)
パナ25mmF1.7
メーカーオリンパスパナソニックパナソニック
発売日2012/122014/52015/10
定価64,000円76,000円40,000円
初値価格45,000円54,000円28,000円
現在価格
(中古)
43,000円
(35,000円)
40,000円
(40,000円)
17,000円
(14,000円)
銀、黒銀、黒銀、黒
有効径
mm
9.48.814.7
AF方式MSC
ねじ
240fps
ねじ
240fps
ピントリングあり
スナップ機構付
ありあり
絞りリングなしあり
※オリ機は非対応
なし
シャープネス
pix相当
★900万★1500万★800万
有効F値★2★2★2
歪み★2.1%★2.7%★1.2%
周辺減光★-1.0EV★-1.1EV★-1.4EV
色収差★20mic★10mic★19mic
レンズ構成7群9枚6群9枚7群8枚
絞り羽根円形7枚円形7枚円形7枚
フィルタ径
mm
Φ46Φ46Φ46
寸法
mm
Φ58xL36Φ58xL36Φ61xL52
フード別売
LH-48B
4,700円
同梱同梱
※価格は税込、1000円単位丸め。初値価格は価格ドットコム。現在価格・中古価格はアマゾン。2018/2現在。
※有効径は実焦点距離÷F値で算出。
※★印は非メーカー公称値。DXOマーク[3]による。
[3]DXO MARK:Panasonic Leica DG Summilux 15mm F1.7 ASPH vs Olympus M.ZUIKO DIGITAL 17mm f1.8 vs Panasonic LUMIX G 25mm F1.7 ASPH.
https://www.dxomark.com/Lenses/Compare/Side-by-side/Panasonic-Leica-DG-Summilux-15mm-F17-ASPH-on-Olympus-OM-D-E-M1-Mark-II-versus-Olympus-MZUIKO-DIGITAL-17mm-F18-on-Olympus-OM-D-E-M1-Mark-II-versus-Panasonic-LUMIX-G-25mm-F17-ASPH-on-Olympus-OM-D-E-M1-Mark-II__1345_1136_1112_1136_1596_1136

◎17mmF1.8の「スナップショットフォーカス機構」
 オリ17mmF1.8とパナライカ15mmF1.7の、外観上の最も顕著な違いが、ギミック部分だと思います。17mmF1.8は、フォーカスリングを手前に動かすことで、あらかじめ設定したフォーカス距離にワンタッチに合わせられる「スナップショットフォーカス機構」を有しています。
 子供撮りの場合、子供の全身を写すための子供までの距離は、あらかじめ分かっています。そこで、この機構を利用すれば、AFを気にせず、シャッターボタンを一気に全押しするだけで撮影が可能になるかもしれません。「両手を使わないと難しい」というタッチシャッターの欠点を、解消できる可能性があります。(ある程度絞ることが前提となりそうですが。)
 ただし懸念点として、意図せずリング部分が動いてしまい、フォーカスがマニュアルに変わってしまう点があります。

◎15mmF1.7の「絞りリング」
 パナライカ15mmF1.7のギミックは、「絞りリング」です。ただ、残念なことに、この絞りリングは、オリンパス機では動作しないようです。パナソニック機では使えますが、私の常時使用する「キッズモード(電源ONでタッチシャッターが使える)」で使えるかどうか、確認できていません。もし使えるとすれば、「キッズモードで絞りを調整する」という懸案事項が解消されて、かなり有効に思えます。ここは要チェックポイント・二重マルです。
 懸念点は、意図せず絞りリングが回ってしまい、絞りが変わってしまうことでしょうか。

◎AF速度
 私の子供撮りでは、AF速度、特にオリ機でのタッチシャッターのレスポンスが、ミッションクリティカルとなっています(パナ機はAFが速い傾向なので、あまり心配していない)。AF速度の優劣については、店頭での現品確認や、ネット情報収集などを行っています。パナライカ15mmF1.7は、オリ機ではパナ機よりもAF速度が落ちるらしい、とも言われているのですが、現品で確認していないので、なんとも言えません。
 17mmF1.8については、先日オリンパスプラザで確認し(→こちらの記事)、所有カメラPM2との組合せで、「非常に速い」ことを確認できました。状況によって(例えば、暗いなど)、AF速度は変わり得ますので、安心はできませんが、現状では17mmF1.8が一歩リードです。

◎解像力、収差など
 DXOスコア[3]によると、解像度、色収差の小ささとも、パナライカ15mmF1.7が優れます。解像度については、パナライカの点数が高い(1500万画素相当)ですが、現有パナ25mmF1.7(800万画素相当)でも十分と感じていることから、17mmF1.8(900万画素相当)でも、不満は感じないと思います。逆に、あまりカリカリに解像すると、人物撮りには不適では、との懸念もあります。
 色収差については、マイクロフォーサーズ(1600万画素)の画素ピッチは4micですので、17mmF1.8の色収差20micは、約5ピクセルに相当します(最大画素数で撮影の場合)。ただ、25mmF1.7が同レベルの色収差で、あまり気になったことがないので、許容できるレベルだと思います。
 反面、17mmF1.8は、歪曲の面では僅かに優れているようです。標準ズームで撮影している場合、端っこのほうに顔があると歪んだ感じに見えることがあったので、歪曲の小さいレンズが好ましく思えます。ただ、両者の差はわずかで、かつ、どちらもそこそこ大きい歪曲なので、実用上の大差はないかもしれません。

◎画角の違い
 そして大事なのが、この2つのレンズ、換算30mmと34mmと、画角が異なっていることに注意が必要です。子供撮りの場合、顔をとりますから、広角になるほど、遠近感(パースペクティブ)が強調されて、歪んだイメージになってしまいます。この点で、あまり広角でない34mmがよいかもしれません。

◎価格
 そして、最重要ポイント。価格です。新品価格は17mmF1.8:4.3万円、15mmF1.7:4.0万円。中古では逆転して、17mmF1.8:3.5万円、15mmF1.7:4.0万円となります。15mmF1.7は、中古のタマ数が少ないようです。
 中古で5000円の差となりますが、17mmF1.8はフード別売り(約5000円)、15mmF1.7はフード同梱、という点には注意が必要です。小型レンズの利点を活かすには、フードは不要かとも思いつつ、運用面でやっぱりフードが欲しい!となった場合を考えると、同レベルの価格、と見るのが安全でしょう。


★さて、どちらを買うか?
  以上の情報をもとに、意思決定を行います。結果をまとめます。
 オリ17mmF1.8パナライカ15mmF1.7
価格
新品:4.3万円
中古:3.5万円
フード:0.5万円

新品:4.0万円
中古:4.0万円
フード:同梱
AF速度
PM2と組合せ:良好

PM2と組合せ:不明
パナ機と組合せ:良好
オリ機ではAF劣る情報あり
ギミック
スナップショット機構が
子供撮りに便利か?

絞りリングがパナ機の
キッズモードに使えるか?
解像度
DXO:900万画素相当
DXO:色収差20mic

DXO:1500万画素相当
DXO:色収差10mic
画角
換算34mm
DXO:歪曲2.1%

換算30mm
DXO:歪曲2.7%
印象
メカニカルな外観

パナソニックが好き
ライカ銘が素敵


 まさに、「甲乙つけがたい」結果です。AFの安心感と、スナップフォーカスが面白そうな点、外観の好みから、17mmF1.8が、一歩リードです。パナライカの値引き率が著しく(定価の約半額)、判断を難しくしているのです。


(追記)2018/9/4
 さんざん悩んだ末に、オリンパスの17mmF1.8レンズを買いました。子供撮りレビューは、→こちらの記事。
20180902z02.jpg


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑










Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.