今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
精巧な歯車ギミック!「UGEARS」商品一覧リスト~ウクライナ発・メカニカルな木製DIYキット
【今日の夕食】
 ついに、サッカーのワールドカップ2018が開幕しました! 徹夜の観戦に備えるのならば、牛肉を食べずには、いられません。
r20180616.jpg
★米飯

★牛肉ステーキ

★じゃがいも

妻の料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】精巧な歯車ギミック!「UGEARS」商品一覧リスト~ウクライナ発・メカニカルな木製DIYキット
 今回は、ウクライナ発のメカニカルな木製組み立てキット、「UGEARS(ユーギアーズ)」について書きます。


★メカニカルな木製キット「UGEAR」
 ここ1年ほど、トラクター関連のミニアチュア・カー(ミニカー)を集めてきました。この分野は、海外で人気があるようで、SIKU(ジク→こちら)、BRUDER(ブルーダー→こちら)、Schleich(シュライヒ→こちら)など、魅力的なアイテムが多数あります。

 そしてリサーチを継続する中、面白い商品が見つかりました。東ヨーロッパ・ウクライナのメーカー「Ukrainian Gears」の、「UGEARS(ユーギアーズ)」という商品です[1][2]。歯車などのメカニカルなギミックが多用されており、機械系エンジニアの心をくすぐります。レーザーカットされた木製の板を、自分で組み立てるキット(木製3Dパズル)です。輪ゴムを使った動力源を内蔵しており、電池を使わずに自走します。歯車の動きもカッコウよく、素晴らしい!

[1]Ukrainian Gears:UGEARS 
https://ugearsmodels.com/
[2]ウイグルス日本のおもちゃ: 
https://ugears.co.jp/

 UGEARSには、トラクターのほかにも、自動車、電車、小物入れ、さらには楽器まで、豊富な種類がそろっています。いずれも、組み立てで楽しめて、組み立て後も遊べるという、2度おいしいアイテムなのです。今回は、これら「UGEARS」の商品一覧を、リストにまとめました。アマゾンへのリンク付なので、レビューやクチコミの確認にも役立つはずです。


★車から楽器まで!~「UGEAR」商品リスト
 「UGEARS(ユーギアーズ)」の「Mechanical Models(メカニカルモデル)」シリーズを、以下のカテゴリに分けて、商品リストを作りました。31商品あります。
1)農機:トラクター、コンバインなど
2)自動車:乗用車、トラックなど
3)電車・汽車:蒸気機関車、電車など
4)馬車:馬車
5)メカニック:エンジン、ロボットなど
6)ツール:楽器、銃など
7)ボックス:小物入れ、金庫など
8)歯車ギミック:ルーレット、タイマーなど

 リストには、日本版ホームページ[2]掲載の価格と、パーツ数(海外ホームページ[1])も示しました。この種の海外製のホビーは、品薄や並行輸入ゆえの価格差が激しいことが多く、ディスカウントかプレミアム価格か、判断に迷うことが多いです。購入判断の際、大いに役立つ情報だと思います。


◎農機
 最初は、トラクターやコンバインなど、農機シリーズです。


 トラクターは、小型ながら内部のメカの動きを観察できる、スマートなデザイン。トレーラーと組み合わせれば、さらに楽しみが広がります。コンバイン・ハーベスターは、前部のリールの動きがカッコウイイです。いずれも「輪ゴム動力(rubber-band engine)」を内蔵しており、自走が可能です。
・Tractor、トラクター:97parts、4880円
・Tractor's Trailer、トレーラー:68parts、3480円
・Combine、コンバイン・ハーベスター:154parts、5880円



◎自動車
 クラッシックな乗用車と、各種トラックがあります。


 自動車系のラインナップは、たいへん豊富です。乗用車として、オープンカーが2種類。いずれも、ステアリングとハンドルの連動、エンジン内部のシリンダーの動きの再現など、芸が細かい。前進・後退・ニュートラルの切り替えも可能。
・U-9 Grand Prix Car、U-9 グランプリカー:348parts、7880円
・Roadster VM-01、ロードスター:437parts、---円


 ダンプトラックは、単品とオプションがあります。オプションには、タンク、はしご、トレーラー(台車)の3種類がセットされており、ダンプトラックの荷台部分を組み替えて遊べます。ダンプ荷台(ティッパー)の代わりに、タンクまたははしごを備えたセットもあります。
・Truck UGM-11、ダンプトラック:420parts、12000円
・Set of Additions for UGM-11、トラック用オプション:322parts、9880円
・Tanker、タンクローリー:594parts、13800円
・Fire Truck、消防車(はしご車):537parts、13800円


 新製品として、バイクや大型トラックもあります。ただ、これらはまだ、Amazonでは取扱いがないようです。残念!
・Bike VM-02、バイク:189parts、---円
・Heavy Boy Truck VM-03、大型トラック:541parts、---円
・Trailer for Heavy Boy Truck、トレーラー:138parts、---円


◎電車・汽車
 電車・汽車のシリーズは、駅や踏切などの、オプション・セットも豊富です。


 蒸気機関車は、UGEARSならではのメカニカルな動きを堪能できる大型商品です。小型電車のトラム&レールは、ゴム動力での駆動のほか、レールを傾斜させて重力で稼働することもできます。トラム&街は、駅や歩道橋などがセットになって、楽しいジオラマ遊びができます。
・Locomotive、蒸気機関車:443parts、12000円 
・Tram on Rails、トラム&レール:154parts、5980円
・Tram Line Mechanical Town、トラム&街:284parts、5980円


 踏切や駅など、世界が広がるオプションもあります。
・Rails、レール&踏切:200parts、5280円
・Railway Platform、駅:196parts、9880円



◎馬車
 メカニカルな感じの馬が、独特の雰囲気です。


 馬車シリーズは2種類。日本版ホームページには、商品が見つかりませんでした。
・Stage Coach、駅馬車:248parts、---円
・Royal Carriage、豪華馬車:290parts、---円



◎メカニック
 UGEARSならではの、メカっぽい感じを活かした、クレーンやロボットが揃います。


 風船エンジンは、風船の空気の力で駆動する小型メカニックです。マニュピレータクレーンとロボット工場は、いずれも複数アイテムからなる、ボリュームのあるセットです。レバーでアーム先端の操作ができるクレーン、各関節が可動するロボットなど、まさに楽しさが爆発しそうな雰囲気です。
・Pneumatic Engine、風船エンジン:81parts、3480円
・Rail Mounted Manipulator、マニピュレータークレーン:356parts、6280円
・Robot Factory、ロボット工場:598parts、12000円



◎ツール&ゲーム
 パズルやモデルガン、なんと楽器まで! さまざまな遊びに使える、ツールやゲームです。


 注目は、やはりハーディーガーディー。ハンドルを回しながらボタンを押すと、バイオリンのような音を奏でるそうです。フレックスキューブは、自由に形を変えられるパズルのようなアイテム。モデルガンと投石機&タワーは、実際に輪ゴムや弾を撃つことができます。
・Hurdy-Gurdy、ハーディガーディー(楽器):292parts、12800円
・Flexi-Cubus、フレックスキューブ(パズル):144parts、---円
・Wolf-01 Handgun、輪ゴム式モデルガン:62parts、---円
・Archballista-Tower、投石器&タワー:292parts、---円



◎ボックス
 歯車を使った「からくり」を組み込んだ、小物入れの類が、充実しています。


 宝箱、ダイヤル式金庫、錠前は、小物を入れた後に、ロックする機構を備えています。ダイヤル式金庫は、ダイヤルの音を聞きながら、金庫破りゲームができるとかできないとか。
・Treasure Box、宝箱:190parts、7880円
・Safe、ダイヤル式金庫:179parts、8180円
・Combination Lock、ダイヤル式錠前:34parts、3280円


 からくりで開閉する、小物入れの類です。箱型と、花型の2種類。
・Mechanical Box -etui、からくりボックス:61parts、4880円
・Mechanical Flower -etui、からくりフラワー:101parts、5280円



◎歯車ギミック
 歯車を組み合わせた時計など、比較的シンプルなアイテムです。ギヤの回転の様子が、よく観察できます。


 日付を指定すると曜日が分かる日付ナビ、次にやることを決めるルーレット、歯車仕掛けで色々な登場人物が画面に現れるシアター、1~20分までの時間を設定できるタイマー、があります。
・Date Navigator、日付ナビゲーター:24parts、1180円
・Dynamometer、ルーレット:48parts、3480円
・Theater、シアター:70parts、5380円
・Timer for 20 min、20分タイマー:107parts、5800円



★組立は簡単?
 UGEARSは、木製の組み立てキットです。ベニヤのような板(plywood board)に、CNC(Computer Numerical Controled;数値制御式)レーザカット加工でパーツの輪郭が彫られており、これを取り外して、組み立てていきます。ホームページ[1][2]によると、はめ込み式で、接着剤は不要とされます。ただし、YouTubeの組立説明動画やクチコミ情報を見ると、多少の工具や道具と、技術と根気が必要そうです。具体的には、
・道具:デザインナイフ、紙やすり、ろうそく(摺動部に塗る)
・技術:小さなパーツが折れないように外す、穴に合うように棒を削る、など
・根気:組み立てに時間を要する(例:Grand Prix Carは目安6~7時間)


 クチコミを見ると、「穴に軸が入らない!」というような意見もありました。レーザカットとはいえ、木製組立キットですので、「すりあわせ」は欠かせません。注意して扱わないと、折れたり割れたりするリスクもあります。まして海外製ですので、そのまま組み立てれば成立する、というものではない、という覚悟が必要でしょう。多少の工作の経験がないと、「がっかりする」結果になるかもしれませんので、要注意です。

 繊細なパーツも多いので、小さな子供(小学校低学年以下)には、向かないと思います。おそらく、大人が作って、子供に自慢する、という商品なのでしょう。というのが、当方の印象です。逆に言えば、工作好きの大人にとっては、じっくりと取り組むことができる、なかなか優れた趣味のアイテムだと感じます。

 木製でありながら、メカニカルなギミックを楽しめる「UGEAR・Mechanical Model」。機械好きの心をくすぐり、たいへん魅力的なシリーズです! ぜひ欲しいのですが、たくさんの種類があるので、じっくりと検討したいと思います。


(補足)類似製品
 「UGEARS」に似た、木製の組立式トラクターが、いくつかあります。
 中国「Robotime(ロボタイム)」の「LK401 Tractor」は、金属シャフトと金属ばねを使用しており、堅牢な印象です[3]。「WoodTrick(ウッドトリック)」はUGEARSと同じウクライナ企業ですが、あまり情報がありません[4]。
[3]Robotime: Mechanical Model - 3D Puzzle Movement
https://www.robotimeonline.com/products/3d-puzzle-movement-assembled-wooden-tractor-lk401

[4]Wood Trick:
http://woodtrick.kz/




この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑






子供と遊べる家具!~デンマーク「ボブルス(Bobles)」一覧リスト、類似品はある?
【今日の夕食】
 今日は、妻と子供たちは、野外炊事でした。私が夕食当番です。
r20180609.jpg
★米飯

★ぶり照り焼き

★ハッシュドポテト、レスティ風
 スライサーを使って、じゃがいもを細切りにしました。スイスのじゃがいも料理、Roesti(レスティ、ロスティ)風です。

おじさん料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】子供と遊べる家具!~デンマーク「ボブルス(Bobles)」一覧リスト、類似品はある?
 今回は、デンマーク発の「遊べる家具」シリーズ、「ボブルス(Bobles)」について書きます。


★遊べる家具「ボブルス」
 先日、羽田空港で、面白い品物を見つけました。「ボブルス(Bobles)」という大型の玩具です。硬質な発泡スチロールのような素材(硬質EVA、強化スポンジ)を積層した製品で、イスや踏み台のようにして使います。デンマーク発の商品で、日本ではボーネルンドが扱っているようです[1][2]。
[1]Bobles
https://bobles.com/
[2]ボーネルンド:ボブルス・遊べる家具シリーズ
http://ec.bornelund.co.jp/shop/pages/campaign_bobles.aspx
20180609z01.jpg

 いろいろな種類があります。ゆらゆらと揺れる遊具のようにも使える「ゾウ」、踏み台やイスのように使える「ワニ」などなど。
20180609z02.jpg 20180609z03.jpg

 いろいろな使い方ができるので、我が家にもぜひ1個ほしい!と思ってしまうのでした。
20180609z04.jpg


★ボブルス、製品一覧リスト
 遊べる家具・ボブルスには、いろいろな種類があって、乗ったり、揺れたり、跳んだり、体を使って遊べます。子供と楽しい時間を過ごすために、たいへん有用そうです。以下、商品一覧リストを作ってみました。
 


◎ボブルス・チキン
 チキン(chiken)は、ボブルスの中で最小サイズです。赤ちゃんから、遊べそうです。




◎ボブルス・ゾウ
 人気No.1とされる、ゾウ(elephant)です。ひっくり返して使うと、ゆりかごのように使えます。楽しそう!




◎ボブルス・ワニ
 ワニ(crocodile)は、踏み台のように使えます。一番上まで登って、ジャンプ!




◎ボブルス・アリクイ
 アリクイ(anteater)は、4パーツからなる大型商品です。積み重ねたり、並べたり、いろいろな遊び方ができそうです。
 ※Amazon通販では、リンクが見つかりませんでした。



◎ボブルス・サカナ
 シンプルなフォルムのサカナ(fish)。踏み台にしたり、イスにしたり、家具としての使い道が広そう。




◎ボブルス・イモムシ
 イモムシ(worm)は、単純な円筒に見えますが、底面が凸になっていて、ゆらゆら揺れます。ごろごろ転がしても楽しい!




◎ボブルス・ドーナッツ
 ドーナッツ(donuts、ドーナツ)は、他の商品と違って、空気をいれてふくらませるタイプです。バウンス・ボールのようですが、薄型でよりコンパクト!




★類似品:エムール・バランスアニマルズ
 ボブルスの難点は、いずれの商品も、目玉がとびでるほど高い!ことです。並行輸入などで安く売っていたり、廉価版や類似品があるといいのですが、なかなか見つかりません。
 ひとつ見つかったのが、「エムール・バランスアニマルズ」という製品です。「うさぎとくま」、「ひつじのぼうや」などがあるようです。メーカーホームページは、見つかりませんでした。それなりに、高いのですねえ。



この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑






ミラーレス一眼レフ、私の作例写真集:2018年5月(オリンパスE-M10mark3で子供撮り)
【今日の夕食】
 今日は、妻と娘7歳が不在なので、男ども3人(私、長男4歳、次男1歳)での食事です。
r20180602.jpg
★耳たぶパスタ(オレッキエッテ)、手作りミートソース
 妻の手作りミートソースの在庫が役立ちました。モッチリした食感です。

★ニョッキ、チーズソース(レトルト)
 こちらはレトルトのソースですが、子供たちには、こちらが人気がありました。

男の料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】 ミラーレス一眼レフ、私の作例写真集:2018年5月(オリンパスE-M10mark3で子供撮り)
 約4年半前(2013年9月)に初めての一眼レフ(ミラーレス=ノンレフ)を買ってから、ほぼ毎日、写真を撮っています。主な撮影対象は、子供たち(7歳娘、4歳長男、1歳次男)です。

 今回は、2018年5月の「よく撮れたと思う写真」を並べます。自分の思った通りに撮れたと思う写真や、何らかの新しい知見を得られた写真などを、選んでいます。
 5月の撮影枚数は、なんと444枚(整理一巡後)。月間の平均枚数200枚に対して、驚くべき枚数です。新カメラE-M10markIIIを買ったのと、ゴールデンウィーク等の外出、長男4歳の誕生日などが重なり、記録的に増えてしまいました。整理が大変です。


◎使用機材
・カメラ:
 ①オリンパス ミラーレス一眼レフ OM-D E-M10 mark3

・レンズ:
 ①オリンパス 標準ズーム M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R
 ②オリンパス 単焦点 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
 ③パナソニック 望遠ズーム LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm F4.0-5.6 ASPH. POWER O.I.S.

・その他:
 ①オリンパス フラッシュ FL-LM3

★これまでの「私の作例写真集」は、→こちら


★1.お兄ちゃんになりました!
 今月で4歳になる長男。今年から幼稚園(年少)に入って、日に日に「自分でできること」が増えていきます。
 新カメラE-M10markIII(購入レビューは→こちらの記事)に、定番レンズ45mmF1.8を合わせて撮りました。あいかわらずの45mmレンズの切れ味のお蔭で、バッグを片手に、颯爽とした雰囲気で撮れました。長男、カッコウイイじゃん!

<画像はクリックで拡大します(3Mサイズ)>
20180602z01.jpg
OLYMPUS M10mk3+MZD45mmF1.8; EFL90mm、F1.8、SS1/2000、ISO200

 同じく45mmレンズで。ツツジの垣根のトンネルに身を隠す長男。光が強く、全体にフレアがかっているのですが、それが葉っぱに覆われた雰囲気を強調して、よい具合に仕上がりました。
20180602z02.jpg
OLYMPUS M10mk3+MZD45mmF1.8; EFL90mm、F2.8、SS1/125、ISO640;EV+0.7


★2.ファインダー+望遠レンズ撮影!
 新カメラM10mark3には、ファインダーが付いています。C-AFの性能テストを兼ねて、望遠レンズ+ファインダー撮影に挑戦しました。望遠レンズを出すのは、昨年の運動会以来、半年ぶりです。小さい子供が相手だと、なかなか出番がありませんよね…。
 まずは7歳娘から。草ずもう用の草を摘んで、こちらに走ってくるところを撮りました。C-AFの連写で追いながら撮って、ピントが合うのはだいたい半分くらい。思ったよりは使えそうです、というテスト写真。難点は、AFLボタンが隅っこにあって、親指AFが、はなはだ押しにくいことです。
20180602z11.jpg
OLYMPUS M10mk3+LGXV45-175mmF4.0-5.6; EFL90mm、F4.0、SS1/1250、ISO200

 同様に、1歳の次男。同じ1歳でも、娘や長男に比べると、だいぶ活発です。動きを予測できません。この写真は、C-AFで撮ってみましたが、通常通りタッチシャッターで撮ったほうが、成功率が高いと感じました。何より私はヘボなので、ファインダー撮りだと、日の丸構図ばかりになってしまい、それでは不満なのです。
20180602z12.jpg
OLYMPUS M10mk3+LGXV45-175mmF4.0-5.6; EFL190mm、F5.3、SS1/640、ISO200


★3.室内写真がパワーアップ!
 M10mark3と合わせて、コンパクトなフラッシュ「FL-LM3」を買いました。扱いやすい小サイズながら、上下左右にバウンス可能なスグレモノです(購入レビューは→こちらの記事)。
 まずは、室内で追いかけっこをする、娘7歳&次男1歳。絞り優先オートで撮っています。シャッタースピード1/100は、こうした動きを表現するのにちょうど良いスピードに感じます。
20180602z21.jpg
OLYMPUS M10mk3+MZD14-42mmF3.5-5.6+FL-LM3; EFL42mm、F4.1、SS1/100、ISO200

 同じく室内で、最近わんぱく度が増してきた長男4歳。ノーストロボですと、ISO3200程度になってしまうのですが、ストロボLM3を使うとISO感度が200まで下げられて、階調が豊かに表現されるようです(ISOが高すぎると、彩度が下がるように感じる)。このストロボのおかげで、室内でも自然な印象の写真を撮りやすくなった気がします。
20180602z22.jpg
OLYMPUS M10mk3+MZD14-42mmF3.5-5.6+FL-LM3; EFL28mm、F3.5、SS1/100、ISO250


★5.オート撮影を使いこなせ!
 M10mark3になって、ぜひ使いこなしたいのが「オート撮影」です。そのいちばんの基本が「iAuto」です。富士山の遊園地「ぐりんぱ」で、「おもしろ自転車」に乗る娘7歳を、追いながら撮ったら、流し撮り風になりました。鮮やかな発色で、楽しげな雰囲気が出ています。いいじゃない、これ!
20180602z31.jpg
OLYMPUS M10mk3+MZD14-42mmF3.5-5.6; EFL64mm、F5.6、SS1/100、ISO200

 下の写真は「ふわふわドーム」で遊ぶ娘7歳&長男4歳です。ドームが白いので、「シーンモード」の「ビーチ&スノー」を使ってみました。自動的に露出補正が+0.3されて、白色を白く、撮ることができるようです。
 これまでの私は、ほとんど「Aモード(絞り優先オート)」専門で、オートモードを試すこと・使いこなすことから逃げていたといえます。どんなシーンで、どのモードを選べば、最適な写真を撮れるのか? 「いかに楽に撮るか」を極めるために、そんな立場から研究するのも、面白い方針だと思いました。(同じ理由で、タッチシャッターでなく「顔認識」を上手に活かして撮る方法も、練習したいと思っています。)
20180602z32.jpg
OLYMPUS M10mk3+MZD14-42mmF3.5-5.6; EFL80mm、F10、SS1/250、ISO200;EV+0.3


★6.自分も写したいのです
 子供撮りがメインとはいえ、アルバム作りを考慮すると、自分が写っていないと、とても寂しい思いをします。下は、妻に撮ってもらった写真です。
 4人並んではいるものの、あからさまに嫌がっている娘7歳と、ガチャガチャで得たミニカーが気になっている長男4歳、状況を把握できていない次男1歳と、まとまりがない感じが、素直に写真に現れていますね。
20180602z50.jpg
OLYMPUS M10mk3+MZD14-42mmF3.5-5.6; EFL58mm、F5.6、SS1/400、ISO200

 最後に、おじさんソロ写真です。何をやっているかというと、右手は真上まで上がるけれど、左手はここより上に動かないんだ(痛くて)、という写真です。いわゆる「四十肩」です。何の役に立つのか分かりませんが、10年後に振り返ってみると、素敵な思い出になりそうな予感がします。
20180602z51.jpg
OLYMPUS M10mk3+LGXV45-175mmF4.0-5.6; EFL90mm、F4.0、SS1/400、ISO100


 新品カメラを手にとり、撮影に楽しむ私ですが、ところ構わず撮っていたところ、「カメラを向けるのは銃口を向けるのと同じ」と、妻に注意されました。なるほど、そりゃあそうだ、ちげえねえ、ちげえねえ。
 彼女がいるから、私は生きていけるのです。楽しい「子供撮り」の陰で、支えてくれているたくさんの人たちがいることを、私は、決して忘れないようにしたい。

おじさん写真に、応援をお願いします:
写真日記
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑










Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.