今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
我が家の節電アクション~娘の健康が第一!
【今日の料理】 2011/7/6 夕食
 最近,毎日のように朝方だけ発熱していた娘(4.8ヶ月)ですが,今日は平熱でした.妻がネットで調べたところ,「夏季熱」ではないか?というのが,妻の結論です.夏季熱は,夏の高気温に,赤ちゃんの体温調整が間に合わないために生じるそうです[1].朝から午前中に発熱し,午後になると熱が下がる,という症状が,娘と一致しています.
 文献[1]によると,夏季熱は,「水分を十分に与え,冷房などで部屋の温度を調節すれば直ります.」とのこと.また,「近年,クーラー普及の影響で,夏季熱はとても少なくなっているようです.」と書いてあります.我が家は貧乏でケチなので,これまでクーラー(エアコン)を入れていませんでした.昨晩から,エアコンを入れました.この効果なのか,今日の娘は平熱です.ケチで迷惑をかけました,娘.
[1]赤ちゃんnet;夏季熱
 http://www.aka-chan.net/010fever/04011817.html
CIMG2607.jpg
★米飯

★みそ汁

★かつおたたき
 今日は,かつおたたきが100g=98円と,格安でした.サクで買ったので,切り方が厚めです.ポン酢しょうゆで頂きました.

★蒸しじゃがいもコンビーフ炒め
 じゃがいもを圧力鍋で3分蒸した後,コンビーフと炒めました.妻から「蒸し加減が丁度良い」とほめられました.

★蒸し野菜,もやし・玉ねぎ・人参


料理の応援,お願いします→人気ブログランキングへ(男の料理)
人気ブログランキングへ

育児の応援,お願いします→(パパ育児)
FC2 Blog Ranking


【今日の料理工学】 我が家の節電アクション~娘の健康が第一!
 東京電力管内では,今年の夏は大幅な電力不足が予想されるとのことです[2].特に,平日9時~20時は,使用電力がピークに達するそうです.このため,経済産業省などでは,家庭にも,15%削減を目標とした節電を,呼びかけているようです[2].
[2]経済産業省;家庭向け節電サイト
 http://seikatsu.setsuden.go.jp
 文献[2]によれば,在宅世帯の日中の平均的消費電力は,約1200W(14時)とのことです.15%削減とすると,約1000Wに減らせばよい,ということになります.
 我が家では,普段,自分のうちが,どれくらいの電力を消費しているのか,あまり考えていませんでした.そこで,この機会に,我が家の消費電力量と,節電アクションについて,検討してみます.
 

★検討方法
 次の手順で,我が家の消費電力量を算出します.
 )手持ちの電気機器を,列挙する.
 )各電気機器の消費電力[W]を調べる(機器の表示,説明書など).
 )次の4つの時間帯ごとに,各機器の稼動時間[hr]を推定する(概算推定値).
  ・時間帯1:午前 3時~午前 9時
  ・時間帯2:午前 9時~午後15時
  ・時間帯3:午後15時~午後21時
  ・時間帯4:午後21時~午前 3時
 )電気機器ごと,時間帯ごとに,消費電力量[Wh]を計算する.
  消費電力量[Wh]=消費電力[W]×稼動時間[hr]
 )時間帯ごとに,消費電力量[Wh]を合算する.
 )全時間帯を合算して,1日の総消費電力量[Wh]を計算する.


★検討結果
 我が家の電気機器は,大きく,次の5つのカテゴリに分けられます.
 ・照明:蛍光灯,電球,など
 ・料理:冷蔵庫,電気ポット,など
 ・空調:エアコン,空気清浄機,など
 ・PC:パソコン,TVチューナ,など
 ・家事:洗濯機,ガス湯沸し器(の電装部),など
 ※我が家の場合,TV受信専用機(いわゆる普通のテレビ)は所有していません.

 各電気機器の消費電力を調べた後,稼働率を推定した結果を,下表1に示します.
<表1>
20110706z1.jpg
 各電機機器の消費電力は,基本的には,機器本体または説明書に表示されている「消費電力」としました.ただし,以下は例外です.
 ・冷蔵庫と電気ポットでは,機器記載の「年間消費電力量」から換算した.
 ・洗濯機(乾燥時)では,説明書記載の「1回の運転での消費電力量」から換算した.

 消費電力×稼働時間によって,時間帯ごとの消費電力量を計算した結果を,下表2に示します.
<表2>
20110706z2.jpg
 この結果,我が家の時間帯ごとの消費電力量は,以下のようになりました.
 ・時間帯1( 3~ 9時):4100Wh
 ・時間帯2( 9~15時):4800Wh
 ・時間帯3(15~21時):5300Wh
 ・時間帯4(21~ 3時):5300Wh
 ・総量:20000Wh/day
 
 平均消費電力で表すと,次のようになります.
 ・時間帯1( 3~ 9時):690W
 ・時間帯2( 9~15時):800W
 ・時間帯3(15~21時):890W
 ・時間帯4(21~ 3時):890W
 ・全時間帯平均:820W

 時間帯ごとに,電気機器カテゴリごとの平均消費電力をまとめました(図1).
<図1>
20110706z3.jpg
 この結果から,以下のことが分かりました.
 ・総消費電力のうち,エアコンの消費電力が,約半分を占める.
 ・洗濯機の乾燥,炊飯器も,消費電力が多い.
 ただ,エアコンは,説明書の消費電力で稼働率80%としています.我が家の場合,設定温度が28℃~30℃と高めなので,実際には,これほど電力を消費しないかもしれません.

 我が家の消費電力を,文献[2]の節電目標と比べてみました.
 ・我が家では,平均家庭の節電目標値(1200Wの15%削減≒1000W)を,下回っている.
 ・ただし,洗濯機の乾燥を日中に稼動させると,節電目標値を超えてしまう.

 さて,このペースで,1ヶ月間電力を使うと,消費電力量は,20000Wh/day×30days=600kWh,となります.
 これに対して,昨年(2010年)7~9月の,我が家の消費電力は,以下の通りでした(電力会社からの請求書より).
 ・7月:295kWh
 ・8月:251kWh
 ・9月:282kWh
 昨年の実績に比べると,上述の消費電力量の推定値は,約2倍になっています.これほどの差が開いた原因として,次が挙げられます.
 ・昨年は,夫婦共働きだったので,家を空けている時間が長かった.
 ・昨年は,娘がいなかったので,エアコンをほとんど使わなかった.
 ・昨年は,夫婦とも料理をしなかったので,炊飯器をほとんど使わなかった.
 今年は,ほとんど常に夫婦と娘が在宅し,毎日自炊をします.したがって,昨年よりも消費電力が増すのは,やむを得ないことと考えられます.


★我が家の節電アクション 
 以上の結果をもとに,我が家の節電アクションを決めてみました.
 ・我が家では,特に節電アクションは実施しない.
 ・ただし,洗濯機の乾燥は,電力需要ピーク(平日9時~20時)を避ける.

 節電アクションを上のように決めた理由は,次の通りです. 
 ・我が家の消費電力は,平均家庭の節電目標値を下回っている.
  昨年とは生活環境が異なるので,「昨年比15%節電」を目標にはできない.
 ・節電よりも,娘の体調管理を優先したいので,エアコンを常時稼動したい.
  エアコンをケチると「夏季熱」や「熱中症」の危険がある.
 ・電力需要ピーク以外には,電力不足を避ける観点では,節電の意味が薄い.
  お金の節約という観点では意味があるが,今回の節電呼びかけとは別の話.


【今回の結論】
 節電は大事ですが,毎日の暮らし(特に,健康管理)も大事です.
 無理に節電をする必要は,ないかもしれません.消費電力の多い機器を,電力需要ピーク(平日9時~20時)を避けて使う工夫をするだけで,十分な場合がありそうです.


「え,これだけ長々と説明したあげく,節電しないの?」
と思った方は,今日の応援はナシにしても構いません…
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

http://www.aka-chan.net/010fever/04011817.html
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する


節電の意味
そうそう、節電より健康管理のほうが大事だと思います。
特に乳幼児のいる家庭では。
最近やたら放射性物質云々の報道が多いですが、
数年後にガンになる可能性が1%増えるリスクより
過度な節電により重度の熱中症で命を落とすリスクのほうが
よっぽど問題視されるべきだと考えます。

今必要なのはピーク時の節電であって
それ以外の節電まで強要されるような雰囲気のある
昨今の風潮には違和感を感じています。
かずひと | URL | 2011/07/08/Fri 17:09 [編集]
>かずひと さん
 はい.昨日,娘の5ヶ月健診でしたが,保健師の方からも「赤ちゃんのいる家は,節電なんて無視してエアコン付けっ放しにするべき.」との意見を頂きました.
 ケチな我が家では,毎年エアコンをできるだけ付けずに我慢するのですが,今年はエアコンを消さないように我慢するつもりです.

マツジョン | URL | 2011/07/09/Sat 15:31 [編集]



トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.