今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
子供撮り初心者に最適な一眼カメラ!オリンパスE-PM2+M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8
【今日の夕食】
 明日は、吹雪になる予報です。明日の食料が、少し心配です。Photo by 妻。
N2072387.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;90mm相当、F2.8、SS1/100、ISO500
★米飯

★マカロニグラタン風
 マカロニに、ミートソースとチーズを乗せて、オーブンで焼いたものです。数日前に作った手作りミートソースが、味がよくなじんでいて、とてもおいしかったです。

★4点盛りプレート
・自家製キムチ
・まぐろ角煮(三浦半島の土産)
・ほうれん草おひたし
・ひじき煮豆

★いよかん

妻の料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】子供撮り初心者に最適な一眼カメラ!オリンパスE-PM2+M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8
 今回は、私の使っている、子供撮りにピッタリのデジタル一眼カメラ(デジイチ)を紹介します。オリンパスのミラーレス「PEN mini、E-PM2」です。

★子供撮りにピッタリのミラーレスカメラ
 子供が生まれたのをキッカケに、新しいカメラを買おう、と考える方も多いのではないでしょうか。私も、その一人でした。昨年(2013年)の秋に、娘(2歳11ヶ月)の七五三を祝うタイミングで、新しいカメラを買いました。それまではコンパクトカメラを使っていたのですが、ワンランク上の画質で、娘の成長を記録したいと考えたからです。<画像はクリックで拡大します。>
MB190060az.jpg
 私が買ったのは、オリンパスのミラーレス一眼「PEN mini E-PM2」です。使うほどに感じるのですが、このカメラは「子供撮り」、特に赤ちゃん(0歳、1歳)~幼児(2歳、3歳くらい)の撮影にピッタリです。

 これから、赤ちゃんや幼児を撮るためにカメラを買おうとしている方には、次のセットをオススメします。
◎E-PM2と交換レンズのセット …計 約6万円
 と  のセット

※2014/8現在、E-PM2は在庫僅少で価格が高騰しています(底値2.6万円→現在4.0万円)。現在ならば、上級機のE-PL5のWズーム(現在3.8万円)がオススメです。


 ポイントは、カメラ本体「E-PM2」だけでなく、交換レンズ「45mmF1.8」を同時に購入することです。カメラ本体には、使いやすいズームレンズ(1~3倍)が付属しています。しかし、最初から交換レンズを買っておくと、初心者でも「別世界の写り」をはっきりと実感できます。
MB300431.jpg
 この記事に載っている写真はすべて、上のカメラ&レンズを使った作例です。子供の成長や、子供との思い出の時間を、印象深く、きれいな画質で残せます。一眼カメラは初めての私が使っても、コンパクトカメラとは「段違い」の写りです。このカメラとレンズを買ってから、写真を撮る楽しみが大きく増しました。(おかげで、ブログがカメラ記事ばかりになってしまいました。)
N1031203.jpg

 このカメラ「E-PM2」とレンズ「45mmF1.8」の組み合わせが、子供撮りにピッタリだと感じる理由は、次の2点です。
1.カメラ「E-PM2」 =高速なタッチシャッターで、動き回る子供に強い!
2.レンズ「45mmF1.8」=きれいなボケで、我が子が引き立つ!
 
 しかも、このカメラとレンズを組み合わせても、約6万円です。ほかのミラーレスや一眼レフを買おうとすると、カメラ本体だけで6万円くらいしてしまう場合も多いです。この価格で、便利な「タッチシャッター」と、交換レンズの「ハッとする写り」を手に入れられるのは、とってもオトクです。


★動く子供には「タッチシャッター」が、ダンゼン便利!
 今回オススメするカメラ「E-PM2」の一番の特長は、超高速な「タッチシャッター」が使えることです。液晶画面を見て、ピントを合わせたい場所にタッチすれば、瞬時にピントが合って、同時に撮影が完了します。下の動画の通り、E-PM2では、この動作が際立って高速です。


 娘は、もうすぐ3歳です。この時期の子供は、本当によく動きます。高級なカメラを買っても、動く子供にピッタリとピントが合わなければ、きれいな写真は撮れません。また、ピントが合っていたとしても、いつも子供が中央にいる写真(日の丸構図)ばかりでは、おもしろみにかけます。(この写真のみ、キットレンズを使用。)
N2012307.jpg
 この記事に載っている写真のほとんどは、タッチシャッターで撮影しています。元気に動き回る娘ですが、タッチシャッターのおかげで、ピントをしっかり合わせられました。娘を画面の思い通りの場所に配置できるので、風景とからめた撮影も簡単です。
MB021345.jpg
 画面を見ながらカメラの向きを調整して、ピントを合わせる場所にタッチするだけ! これが、新しい写真の撮り方です。ファインダーを覗く必要もないし、面倒なあの「半押し」も必要ありません。子供と遊びながら、撮りたいときに画面をタッチ。自然な姿勢で撮影できて、構図も自由自在です。
H2200_M9290459_201402080244025a6.jpg

子供撮りには、だんぜん「タッチシャッター」です! ファインダーで慎重なピント合わせが必要な一眼レフは、敷居が高いと思います。


★子供が引き立つ「単焦点レンズ」!
 初心者があこがれる写真とは、どんな写真でしょうか? 私の場合、背景がきれいにボケて、主役の娘が引き立つ写真を撮りたいと思っていました。そして、背景をきれいにボカすためには、腕ではなく、レンズの選択が重要なことを知りました。
H1600_MA200030_20140208025152284.jpg
 今回オススメする交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」は、初心者でも簡単にボケを得られる「単焦点レンズ」です。単焦点レンズとは、ズームができないレンズです。コンパクトカメラに慣れていると、ズームができないなんて不便と感じるかもしれません。確かに不便なのですが、不便さに勝る「写りの違い」があります。その違いは、デジタル一眼は初めての私でも、はっきりと感じることのできる違いでした。ボケ具合だけなら、「プロ並み」かもしれません。
MC010005.jpg
 カメラ本体に付いてきたレンズ(キットレンズ)での写りは、確かにきれいなのですが、コンデジとの違いを説明しにくいです。しかし、この交換レンズ45mmF1.8で撮った撮影は、背景が大きくボケて、主役が引き立ち、明らかに違う写りです。
H600_MA210243_20140208024642f9f.jpg
 そして、驚くべきことは、何も考えず、ただシャッターを切るだけで、この写りが得られる点です。タッチシャッターなので、ピントはほとんど失敗しません。初心者に優しいカメラとレンズの組み合わせです。

 初心者は、まずキットレンズでカメラに慣れてから、と言う人もいます。しかし、撮影対象が子供と決まっているのならば、迷わず交換レンズ45mmF1.8の購入をオススメします。初心者だからこそ、最初から、はっきりと写りの違う写真を撮りたいのです。このレンズを使えば、これまでにない「別世界の写り」を、体感できるはずです。これを入口にして、写真の楽しみを知ることになると思います。

せっかく一眼カメラを買うのだから、一緒に単焦点レンズを買いましょう! 子供撮りに適したレンズを使えば、我が子がずっと引き立ちます!


★予算・用途に応じて選べます
 最後に、価格について触れておきます。下の表は、現在のミラーレスと一眼レフの、比較的価格帯の低いもののリストです。
メーカー種別形式発売日
タッチ
シャッター
価格
オリンパスミラーレスE-PM22012/10◎超高速37,800
ミラーレスE-PL52012/10◎超高速40,556
パナソニックミラーレスGF6X2013/4◎超高速47,240
ソニーミラーレスNEX-3NL2013/3×なし28,370
ミラーレスNEX-5T2013/9○高速47,800
キャノンミラーレスEOS M2012/9△低速44,359
一眼レフEOS kiss X72013/4△低速63,026
※価格はアマゾンの新品価格、2014/2現在。レンズ1本または2本付きのうち、最安値のセット。

 こうして見ると、高速なタッチシャッターを備えたカメラでは、やはりオリンパスがお得です。オススメのE-PM2のほか、E-PL5も有力です。付属するレンズとの組合せで、次の4つの選択肢があります。
a)E-PM2 レンズキット    約3万円(アマゾン在庫切れ)
b)E-PM2 ダブルレンズキット 約4万円
c)E-PL5 レンズキット    約4万円
d)E-PL5 ダブルレンズキット 約5万円


※2014/8現在、E-PM2は在庫僅少で価格が高騰しています(底値2.6万円→現在4.0万円)。現在ならば、上級機のE-PL5のWズーム(現在3.8万円)がオススメです。

 いずれも、発売が2012/10で、発売から1年以上が経過しています。最新型に対して性能が劣るのでは、と心配になるかもしれませんが、大丈夫です。E-PM2やE-PL5のカメラの心臓部(センサーと画像処理エンジン)は、オリンパスの現行の上位機種E-PL6(約5万円)、E-P5(約9万円)、E-M5(約8万円)と、まったく同じなのです。画質を含めて、カメラの基本性能には心配いりません。

 カメラ本体E-PM2とE-PL5には、次の違いがあります。自分撮りならE-PL5、低価格ならE-PM2です。カメラの基本部分は同じなので、写真の画質は同じです。(詳細な比較は、→こちらの記事
・E-PM2:液晶画面が固定式。軽量で安価。
・E-PL5:液晶画面が傾斜・回転できる。自分撮りも可能。

 レンズは、1本付きのセットと、2本付きのセットがあります。レンズ2本付きを選べば、レンズを交換することで、最大10倍の望遠撮影が可能です。
・1本付き:倍率1~3倍のズームレンズが付属。
・2本付き:上に加えて、3~10倍のズームレンズが付属。

 私のオススメは、一番安価な「E-PM2」のレンズ1本のキットですが、これは在庫僅少らしく、入手先が限られています。もし、店頭で3万円程度で売っていれば、「買い」です。そうでなければ、E-PM2のダブルレンズキットが良いです。後から3~10倍のズームレンズを買おうとすると2~3万円しますので、予算に余裕があれば、お買い得です。
 いずれの選択肢を選ぶにせよ、おすすめレンズ「45mm F1.8」と合計して、最安値で6万円未満、最も高くても8万円未満に収まります。交換レンズは5万円以上することも珍しくありませんが、45mmF1.8は約2.5万円と、初心者でも手が届きやすい価格です。
 子育てには、いろいろとお金がかかりますので、カメラに回せる費用は限られています。限られているからこそ、カメラ本体はできる限り安く済ませて、子供撮りに適した交換レンズを買いたいところです。本当に、写りが違います。

オリンパスのミラーレスを選べば、費用を抑えながら、「タッチシャッター」と「ハッとする写りの交換レンズ」の恩恵を受けることができます。デジタル一眼の予算は、カメラ+レンズで計算して下さい!

(念のため記載しますが、カメラが決まると、使えるレンズが決まります。基本的に、別メーカーのカメラとレンズは組み合わせられません。オリンパスとパナソニックだけは、お互いにカメラとレンズを交換できます。)


★まとめ:子供撮りにピッタリ、おすすめのミラーレス!
 これから、赤ちゃんや幼児を撮るためにカメラを買おうとしている方には、次のセットをオススメします。
◎E-PM2と交換レンズのセット …計 約6万円
 と  のセット
※2014/8現在、E-PM2は在庫僅少で価格が高騰しています(底値2.6万円→現在4.0万円)。現在ならば、上級機のE-PL5のWズーム(現在3.8万円)がオススメです。


 このカメラ「E-PM2」とレンズ「45mmF1.8」を組み合わせれば、次のメリットを得られます。
1.カメラ「E-PM2」 =高速なタッチシャッターで、動き回る子供に強い!
2.レンズ「45mmF1.8」=きれいなボケで、我が子が引き立つ!
 
 予算6万円~で、子供撮りにピッタリなカメラを入手できます。我が子を撮る喜びを、ガッツリ堪能できますよ!
MC200464.jpg

※このカメラを買ってから、写真を撮ることが、本当に楽しくなりました。ちょっと敷居が高いと感じる「一眼カメラ」ですが、少しでも多くの方に(特に小さい子供を持つパパ・ママに)、この楽しみを経験してほしくて、今回の記事を書きました。ご質問などありましたら、お気軽にコメントください。初心者ですが、分かる範囲で回答したいと思います。


(追記 2014/2/8)
 価格ドットコムに書いたレビューへのリンクです。
★カメラ E-PM2
http://review.kakaku.com/review/K0000418155/ReviewCD=637023/#tab
★レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
http://review.kakaku.com/review/K0000268305/ReviewCD=636955/#tab

応援よろしくお願いします:
写真日記
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.