今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
プリウスは省エネか?…総コストを比較すると
【今日の料理】 2011/7/8 夕食
 今日は,娘(4.9ヶ月)の5ヶ月健診でした.自治体によっては,4ヶ月健診のところもあるそうですが,熊谷市では,生後約5ヶ月で健診があります.内容は,体重・身長の測定と,問診(育児相談)でした.娘は,体重8kg,身長66.8cmで,同じ年頃の中では大きい部類です.すくすくと育っているようです.
CIMG2640.jpg
★米飯

★煮びたし,がんも・なす

★野菜スープ,じゃがいも・人参・牛肉
 圧力鍋,加圧3分.離乳食の練習メニューです.まず,じゃがいも・人参を,ごく薄いコンソメスープで煮ます.離乳食の際には,じゃがいも・人参を取り出して裏ごし後,スープで延ばす計画です(今回は実行せず).その後,牛肉を入れて,大人が食べられる味に仕上げました.

★蒸し野菜,もやし・こまつな

★枝豆

料理の応援,お願いします→人気ブログランキングへ(男の料理)
人気ブログランキングへ

育児の応援,お願いします→(パパ育児)
FC2 Blog Ranking

【今日の料理工学】 プリウスは省エネか?…総コストを比較すると
 「省エネ」や「省資源」が,流行しているように思えます.残念ながら,私は省エネ・省資源を率先して行う気は,あまりありません.しかし,この省エネや省資源(いわゆるエコ)というものに,興味はあります.
 今回は,「省エネ」で話題の自動車「プリウス」の,省エネ・省資源度を調べてみます.

 トヨタ社の自動車「プリウス」は,内燃機関(エンジン)と電動機(モータ)を併用することで,燃費を大幅(例えば1.5倍)に向上しています.このため,使用中に消費するエネルギーという観点では,内燃機関のみを備えた自動車よりも,省エネであることは確実です.
 しかしながら,プリウスは,従来の自動車に比べて,モータや電池などの部品が,余計に必要です.これらの部品には,高価な資源(磁石,電池などの材料として)が使われています.また,部品点数が増えるぶん,製造には余計にエネルギーがかかっているはずです.省エネ・省資源度を評価するためには,これらの初期に投入した資源・エネルギーを,勘案しなければなりません.

 省エネ・省資源の度合いを評価する指標は,いろいろなものがあると思います.今回は,もっとも単純で扱いやすいということで,「コスト(価格)」を,省エネ・省資源の指標とします.価格は,製造・流通・販売・使用の各段階で投入したエネルギー・資源を,全て反映していると考えられるからです.
 今回は,自動車にかかるコストを,次の2つに分けてみます.(実際には,このほか税金や整備点検などのコストがかかりますが,これらは無視します.)
 ・車両本体価格
 ・燃料費(ガソリン代)
 プリウスでは,車両本体価格はやや高いですが,燃料費が安くなるはずです.このため,長期間使用するほど,省エネ・省資源の効果が高まると期待されます.


★比較方法 
 プリウスの省エネ・省資源の度合いを評価するために,次の3車種で,かかるコストを比較することにしました.
 a)プリウス
 b)カローラ アクシオ
 c)パッソ
 b)は,プリウスと,車両サイズおよびエンジン出力がほぼ同等のものとして,選定しました.c)は,私が所有している車です.コンパクトカーの代表として,選定しました.

 各自動車のスペックは,次の通りです[1].
a)トヨタ・プリウス
 ・タイプ :セダン
 ・グレード:L
 ・車両重量:1310kg
 ・サイズ :全長4460mm×全幅1745mm×全高1490mm
 ・排気量 :1800cc(エンジン)
 ・最高出力:73kW(エンジン)
 ・最大トルク:142Nm(エンジン)
 ・燃費  :38km/L(10・15モード)
 ・本体価格:205万円(定価)

b)トヨタ・カローラ アクシオ
 ・タイプ :セダン
 ・グレード:1.5X,2WD,CVT
 ・車両重量:1405kg
 ・サイズ :全長4410mm×全幅1695mm×全高1460mm
 ・排気量 :1500cc
 ・最高出力:81kW
 ・最大トルク:140Nm
 ・燃費  :20km/L(10・15モード)
 ・本体価格:144万円(定価)

c)トヨタ・パッソ
 ・タイプ :2BOX
 ・グレード:1.0X,2WD,CVT
 ・車両重量:910kg
 ・サイズ :全長3640mm×全幅1665mm×全高1535mm
 ・排気量 :1000cc
 ・最高出力:73kW
 ・最大トルク:142Nm
 ・燃費  :22.5km/L(10・15モード)
 ・本体価格:109万円(定価)

[1]トヨタHP;カーラインナップ
 http://toyota.jp/carlineup/index.html

 走行距離L[km]まで走行するのにかかるコストCt[円]は,次式で計算できます.
 Ct=Ca+L×g÷n
 ここで,
 ・Ca:車両本体価格[円]
 ・n :燃費[km/L]
 ・g :ガソリン単価[円/L]

 ガソリン単価は,149円/L(2011/7/3時点,近所のガソリンスタンドのレギュラーガソリンの価格)で,走行の全期間に渡り不変としました.


★比較結果
 3車種での,コストの比較結果を,図1に示します.横軸は走行距離[万km],縦軸はコストです.
<図1>
20110708z1.jpg
 この結果から,以下のことが分かります.
 ・約20万km走行すると,プリウスはカローラよりもコストが低くなる.
 ・約40万km走行すると,プリウスはパッソよりもコストが低くなる.

 つまり,プリウスで省エネ・省資源と主張するためには,約20万kmは,走行しなければならなさそうです.自動車の寿命が10年とすると,年間2万kmの走行です.これは,かなりの走行距離ではないでしょうか.保険会社のHPなどを参考にすると,年間の走行距離は,以下が目安のようです.
 ・たまに近所に出かける:年間 3000km
 ・休日だけよく出かける:年間 7000km
 ・たまに遠出する   :年間11000km
 こうして見ると,どの車を選ぶかという以前に,年間2万kmも走行する行為が,省エネ・省資源に反しているような気もします.
 
 以上のように,カローラやパッソを相手にしてしまうと,さすがのプリウスでも,必ずしも「省エネ・省資源」とは言えそうにありません.これは,車両本体価格の差(すなわち,車両本体の提供に要するエネルギーと資源の差)が大きすぎたためと考えられます.比較対象が,プリウスと同価格の自動車であれば,プリウスが有利なのは,間違いありません.

 年間2万km以下の使い方であれば,省エネ・省資源を目指すならば,プリウスでなく,コンパクトカーや軽自動車を選ぶのが,妥当と思われます.
 ただし,タクシーなどの業務用車両では,年間走行距離が10万kmに及ぶ場合もあるようです(複数のネット情報から).こうした業務用の用途では,プリウスを選ぶことが,省エネ・省資源につながりそうです.
 プリウスが省エネ・省資源かどうかは,用途によって結論が変わると言えそうです.


(補足)
 世の中の全員が,コンパクトカーを選ぶと,省エネ・省資源の社会を実現できるでしょうか?…そう単純ではなさそうです.文献[2]では,以下のような指摘がなされています.
 ・燃費が2倍よくなれば,それだけ気軽に自動車を使える.
 ・したがって,自動車1台あたりの走行距離が増え,自動車の台数も増える.
 ・結果的に,エネルギー・資源の総消費量は,燃費向上前と大差なくなる.
[2]武田邦彦(中部大学);ハイブリッドカーは「エコカー」か?
 http://takedanet.com/2009/07/post_2032.html
 以前,ガソリン価格が高騰したときに,自動車の運転をなるべく控える,という現象が見られました.この現象の逆を考えると,上の指摘は,もっともらしく思えます.省エネ・省資源というのは,部分でなく全体で決まるので,とても難しいものだと感じます.


【今回の結論】
 年間走行距離が目安2万km以下のときは,プリウスよりも,普及仕様の自動車(カローラなど)や,コンパクトカー・軽自動車を選んだほうが,省エネ・省資源には有効そうです.
 年間走行距離が目安2万kmを超えると,プリウスの省エネ・省資源効果が現れそうです.


育休おじさんは貧乏なので,自動的に「省エネ・省資源」(低出費)の暮らしになります.
応援して下さると嬉しいですが,お金を頂けると,もっと嬉しいです.
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する


おお、確かにプリウス作る事自体は省エネではなさそうですよね。
こんな考察力を身につけたいです…というか、毎日こうやってるから磨かれるんですね。反省です。
娘さん大きいですね!ウチの息子は9.2ヶ月で現在8.7kg、70cm位です。
(でもネット上の知り合いに8ヶ月で11kg超という巨漢男子がいます)
ブルース | URL | 2011/07/09/Sat 01:01 [編集]
>ブルース さん
 こんにちは.
 この記事を書いたあと,妻がプリウス推進派(?)であることが判明しました.妻によると「タクシーなどではプリウスを使ったほうが省エネなのだから,プリウスをもっと賞賛すべし」とのことです.
 娘は,最近,ますます重くなりました.それでも成長曲線では上位10%くらいなので,まだまだ上がいるようです.
マツジョン | URL | 2011/07/09/Sat 15:46 [編集]



トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.