今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
人気&実力、どっちが上?~ミラーレスvs一眼レフ
【今日の夕食】
 今日は、都合により妻は外泊です。久しぶりに、私の作った夕食です。
N2142805.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;90mm相当、F1.8、SS1/125、ISO200
★米飯

★すまし汁、麩・あおさ

★鯖カレーフライ
 生協の惣菜です。フライパンで焼くだけで、簡単でした。

★チキンナゲット、たこやき
 生協およびスーパーの冷凍品です。レンジで温めるだけで、簡単でした。

★ほうれん草白和え
 豆腐・すりごま・砂糖で、あえ衣を作りました。甘口でおいしいかったです。

私の久しぶりの料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】人気&実力、どっちが上?~ミラーレスvs一眼レフ
 昨年(2013年)9月に、初めての一眼レフ(ノンレフ)を買いました。それ以来、カメラへの関心が高まり、カメラについていろいろ調べています。

 今日は、レンズ交換式カメラの2方式、「ミラー付き一眼レフ」と「ミラーなし一眼レフ」の市場と技術動向について、書きます。


★ミラーレス=ミラーのない「一眼レフ」
 デジタルカメラは、「レンズ交換式カメラ」と「コンパクトカメラ」の、主に2ジャンルに大別されると言えそうです。「レンズ交換式カメラ」は、その名の通り、レンズが交換できるタイプです。カメラになじみのない人には、「一眼レフ」と言ったほうが分かりやすいかもしれません。対するコンパクトカメラは、レンズ交換ができません。レンズ交換ができなくても、数十倍のズームができる大型のカメラもありますが、これもコンパクトカメラに分類します。

 最近は、「一眼レフ」の分類に、変化があります。そもそもの呼称の由来である「レフ(reflex)」=「ミラー」を持たない一眼レフ、いわゆる「ミラーレスカメラ(ミラーレス一眼レフ、ノンレフレックス、レンズ交換式アドバンストカメラ、レンズ交換式プレミアムカメラ、小型デジタル一眼、などとも呼称されます)」が登場していることです。ミラーレスは、ミラー付きでは実現できないコンパクトさが特徴です。最初のミラーレス一眼は、2008年10月にパナソニックから登場したそうです[1]。
[1]パナソニック;GF5 デジタル一眼カタログ
http://panasonic.jp/catalog/ctlg/gf5/gf5.pdf#r=s&q=1st%20%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B9

※当ブログでは、素人的な観点から、旧来のミラー付き一眼レフと、ミラーレス一眼レフ(ノンレフレックス)を総称して、「一眼レフ」と呼ぶこととします。しかし、ミラーレスを「一眼レフ」と呼ぶと、「それは一眼レフではない」と怒り出す人がいるので、相手によっては使い分けるよう、注意が必要です。「ミラーレス」を「一眼レフ」と呼ぶことの妥当性については、→こちらの記事


★ミラーレスはミラー付きよりも人気か?
 ミラーレスは、最初の製品の発売から5年以上が経過しています。家電量販店のカメラ売り場を見ると、「ミラーレス」や「マイクロ一眼」などのコーナーが常設されており、すでに市場では一定のポジションを獲得しているようです。そして、カメラ売り場を歩いていると、旧来のミラー付き一眼レフよりも、ミラー付き一眼レフの売り場が活況のように感じます。では実際に、ミラーレスは、ミラー付きよりも人気があるのでしょうか?

 カメラ映像機器工業会(CIPA)の統計[2]によると、2013年(1~12月合計)のカメラの出荷台数は、以下の通りです。なお、この統計では、「ミラーレス」という項目はなく、「レンズ交換式カメラのうちのノンレフレックス(=ミラーなし)」となっています。レンズ交換式の「レンジファインダー」など、一般にミラーレスと呼ばれないカメラも含まれるので、多少の留意が必要です。
[2]CIPA;ホーム- [統計] デジタルカメラ
http://www.cipa.jp/stats/documents/j/d-2013.pdf

◎グローバル
出荷台数出荷額平均単価
コンパクトカメラ46百万台4900億円11000円
ミラー付き一眼レフ14百万台5600億円40000円
ミラーなし一眼レフ3百万台1200億円40000円
デジタルカメラ合計63百万台11700億円19000円
※ミラーなし一眼レフ=レンズ交換式ミラーレス、レンズ交換式レンジファインダー、カメラユニット交換式カメラ、を含む。
※平均単価は、出荷額÷出荷台数で計算。

◎日本国内
出荷台数出荷額平均単価
コンパクトカメラ5.6百万台700億円13000円
ミラー付き一眼レフ1.4百万台630億円45000円
ミラーなし一眼レフ0.9百万台310億円34000円
デジタルカメラ合計7.9百万台1640億円21000円
※ミラーなし一眼レフ=レンズ交換式ミラーレス、レンズ交換式レンジファインダー、カメラユニット交換式カメラ、を含む。
※平均単価は、出荷額÷出荷台数で計算。

 上の統計を見ると、世界市場では、ミラーなし一眼レフは、ミラー付きのわずか1/4~1/5程度しか販売されていません。レンズ交換式カメラのうち、ミラー付き一眼レフの占める割合は80%以上です。世界市場では、現時点でも旧来の一眼レフが圧倒的に強いようです。
 一方、日本市場では、ミラーなしがミラー付きの販売台数の60~70%にまで迫る勢いです。レンズ交換式カメラのうちのミラー付き一眼レフの占める割合は台数で60%、金額で70%です。台数ベースで見ると、ミラーなしの成長が著しいように思えます。

 しかし、ミラーレスが好調と言える国内市場でも、台数で見ても金額で見ても、やはり一眼レフの主役は、いまだ旧来の「ミラー付き」のようです。やはり、「一眼レフ=ミラー付き」という図式は、崩れていないと思われます。


★メーカーはミラー付き/なし、どちらを重視するか?
 そんな市場状況の中、カメラメーカー各社は、ミラー付き・ミラーなし一眼レフに、どのようなウェイトづけで臨んでいるのでしょうか。
 各社の動向を知るために、各社のミラー付き・ミラーなし一眼レフのラインナップを調べてみました。調査は、各社ホームページ[3]~[9]において、販売中の製品として示されている機種を列挙することで行いました。
[3]ニコンイメージング;製品情報
http://www.nikon-image.com/products/
[4]キャノン;一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ
http://cweb.canon.jp/eos/index.html
[5]リコーイメージング;製品
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/
[6]ソニー;デジタル一眼カメラα
http://www.sony.jp/ichigan/
[7]オリンパスイメージング;デジタル一眼レフカメラ/ミラーレス一眼カメラ
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/index.html
[8]パナソニック;デジタルカメラ ルミックス > Gシリーズ
http://panasonic.jp/dc/g_series/index.html
[9]富士フイルム;デジタルカメラ>X FUJIFILM
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/


★各社の機種一覧:「ミラー付き」一眼レフ
 まず、旧来の一眼レフ、「ミラー付き」のラインナップです。撮像素子(撮像センサー)のサイズごとに分けて、下表にまとめます。合計29機種がありました。
機種数中判フルサイズAPS-C4/3型
ニコン
NIKON
D4
Df
D800 / D800E
D610
D7100
D5300
D5200
D3300
D3200
キャノン
CANON
11EOS-1D
EOS 5D Mark III
EOS 6D
EOS 7D
EOS 70D
EOS 60D
EOS Kiss X7i
EOS Kiss X7
EOS Kiss X5
EOS Kiss X70
EOS Kiss X50
ペンタックス
(リコー)
PENTAX
(RICOH)
645DK-3
K-5II / K-5IIs
K-50
ソニー
SONY
α99α77
α65
α58
オリンパス
OLYMPUS
E-5

 「ミラー付き」一眼レフは、「光学ファインダー」や「ペンタプリズム」、「位相差AF」などの特殊な光学系が特徴です。このため、ミラー付きを製造できるメーカーは、多くありません。そして、それらのメーカーの中でも、ラインナップで他を圧倒しているのが、ニコンとキャノンです。こうした状況の中、ソニーやオリンパスは、ミラー付きからミラーなしへと、軸足をシフトしているように見えます。


★各社の機種一覧:「ミラーなし」一眼レフ
 そして、新しい構造の一眼レフ、「ミラーなし(ミラーレス、ノンレフレックス)」のラインナップです。撮像素子(撮像センサー)のサイズごとに分けています。合計36機種がありました。ミラー付きの29機種に勝る品揃えです。
機種数フルサイズAPS-C4/3型1型1/1.7型1/2.3型
ニコン
NIKON
NIKON1 J3
NIKON1 S1
NIKON1 V2
NIKON1 AW1
キャノン
CANON
EOS M
EOS M2
ペンタックス
(リコー)
PENTAX
(RICOH)
K-01Q7Q10
ソニー
SONY
α7R
α7
α6000
NEX-7
NEX-6
NEX-5T
α5000
オリンパス
OLYMPUS
E-M1
E-M5
E-M10
E-P5
E-P3
E-PL6
E-PL5
E-PM2
パナソニック
PANASONIC
GM1K
GH4
GH3
GX7
G6
GF6
富士フイルム
FUJI FILM
X-Pro1
X-T1
X-E2
X-E1
X-M1
X-A1

 「ミラーなし」一眼レフでは、「ミラー付き」一眼レフに比べて、多くのメーカーが製品をそろえています。(なお、パナソニック、富士フイルムも、かつてはミラー付き製品を作っていたようです。) このため、各社での競争や差別化も激しいと思われ、お得な価格で、自分に適した機種を手に入れやすいかもしれません。

 「ミラーなし」の市場の2大勢力と思えるのが、ソニーの「Eマウント」と、オリンパス&パナソニックの「マイクロフォーサーズ」陣営です。ソニーは、ミラーレス初となる「フルサイズ」センサー搭載機を発売しています。一方のオリンパス&パナソニックは、従来メーカーごと独自規格だったマウントの共通規格化(ユニバーサルマウント)を提唱することで、カメラ本体とレンズのラインナップが充実しています。また、ニコンの「NIKON 1」は「像面位相差AF」を早くから搭載して、ミラー付き一眼レフの「位相差AF」に匹敵するオートフォーカス速度を実現しているようで、存在感があります。


★最新技術なら「ミラーなし」一眼レフ
 旧来のミラー付き一眼レフは、デジタルになったとはいえ、フィルム時代から基本は変わらない、いわゆる「枯れた技術」をメインに活用した製品のようです。各社のホームページを見ても、基本技術は変わらず、AFエリア数の増大や、高精度化が、最近の課題になっているようです。
 一方のミラーレス機は、発売からまだ5年、まだまだ発展途上で、技術的な課題も多いと言えそうです。このため、各社が最新の技術を搭載し、モデルチェンジごとに機能が向上しています。個人的には、最近の注目技術は、オートフォーカス方式でしょうか。最近では各社が「像面位相差AF」を採用・改善しており、フォーカス速度は、いまやミラー付き一眼レフに匹敵するようです。ミラー付きも含めた全ての一眼レフの中でAF速度最速をうたっている製品もある[10]ほどです。しかも、ファインダーを覗かないライブビュー撮影(液晶画面を見ながらの撮影)でも、AF速度が落ちません。ミラー付きでは、ファインダーを使わないと、AF速度が落ちます。また、像面位相差AFでなく、コントラストAFでも、演算処理の工夫によって、飛躍的にAF速度を高めたミラーレスが開発中[11]とのことです。

 最新技術で進化を続けるミラーレス一眼、今後の動向に、注目です。

[10]ソニー;世界最速を誇る、圧倒的な高画質のミラーレス一眼カメラ α6000
http://store.sony.jp/Special/Camera/Ichigan-e/Ilce-6000/index.html
[11]パナソニック;空間認識技術(DFDテクノロジー)搭載によるAF性能の大幅進化 新開発 空間認識AF
http://panasonic.jp/dc/gh4/mobility.html


★まとめ
 レンズ交換式カメラ(一眼レフ)の2大カテゴリである、「ミラー付き一眼レフ」と、「ミラーなし一眼レフ」について、売上状況や、各社のラインナップを比較しました。
 売上も、技術の成熟度も、「ミラーなし」は、まだ旧来の「ミラー付き」一眼レフに、及ばない状況のようです。しかし、ミラーレスは進歩が激しい製品です。たとえば、以前はミラー付きの独断場だった「AF速度」では、ミラーレス機でありながら、ミラー付きを上回る製品もあります。
 「一眼レフ=ミラーなし」が当然となる日も、そう遠くないかもしれません。


応援をお願いします:
写真日記
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.