今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
マイクロフォーサーズ「単焦点レンズ」一覧比較表
【今日の夕食】
 暖かくなりました。日中の室内は、汗をかくくらいの陽気でした。
N2283056.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;90mm相当、F2.8、SS1/100、ISO320
★米飯

★フライドフィッシュ、レタス
 温めるだけの、生協惣菜です。お手軽です。

★五目ひじき煮

★4点盛りプレート
・自家製キムチ
・豆腐
・牛すじ煮
・りんご

妻の料理を応援して下さい:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ


【今日のおじさん】マイクロフォーサーズ「単焦点レンズ」一覧比較表

 今回は、マイクロフォーサーズの単焦点レンズについて、商品一覧リストを作りました。


★マイクロフォーサーズのレンズメーカー
 マイクロフォーサーズ規格の公認メーカーは、主に次があります。カメラを販売しているメーカーに加えて、いわゆる「レンズ専業メーカー」も含まれます。
メーカー主要シリーズ特徴
オリンパス(OLYMPUS)M.ZUIKO DIGITAL種類が豊富
パナソニック(Panasonic)LUMIX、LEICA種類が豊富
シグマ(SIGMA)DN単焦点
フォクトレンダー(Voigtlander)
(コシナ Cosina)
NOKTON大口径(F0.95)単焦点
ケンコー・トキナー
(Kenko Tokina)
Tokina Reflexミラー望遠単焦点
興和(コーワ、KOWA)PROMINAR単焦点
※非公認メーカー、銀一、SLR、RISING、レンズベビーなどの、特殊なレンズ(トイレンズ、ピンホールレンズなど)もあります。こうした「へんてこレンズ」は、別の記事(→こちら)にまとめました。

 マイクロフォーサーズのレンズに関する情報は、各レンズメーカーのサイト[1]-[6]で参照できます。また、マイクロフォーサーズのサイト[7]では、すべての公認メーカーのレンズを一覧できて、とても便利です。
[1]オリンパス;交換レンズ
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/index.html#lens
[2]パナソニック;交換レンズ
http://panasonic.jp/dc/lens/index.html
[3]シグマ;
http://www.sigma-photo.co.jp/
[4]コシナ;フォクトレンダー
http://www.cosina.co.jp/seihin/voigt/v-lens/micro-ft/index.html
[5]ケンコー・トキナー;カメラ用交換レンズ
http://www.kenko-tokina.co.jp/imaging/eq/camera-lens/
[6]興和;KOWA PROMINAR
http://www.kowa-prominar.ne.jp/
[7]オリンパスイメージング;マイクロフォーサーズ 製品紹介-レンズ
http://www.four-thirds.org/jp/microft/lense.html


★単焦点レンズのリスト
 マイクロフォーサーズのレンズ一覧表は、以前も記事に書きました(→こちら)。その後、半年ほどが経過して、ラインナップも増えました。そこで今回は、単焦点レンズに限って、再び製品の一覧表をまとめました。下表のとおりです。

 表中、fは実焦点距離[mm]です。35ミリ換算焦点距離f35=2×fで計算できます。また、ボケの程度を把握する便のために、口径を表示しました(ボケ量はレンズ口径に比例します→こちらの記事)。口径(レンズ直径、レンズ有効径)は、実焦点距離÷開放F値で算出しました。


◎広角 焦点距離8~19mm (35mm換算16~38mm)
レンズ名AFOSf
mm
開放
F値
口径
mm
価格
LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5×83.52.375,300
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT××8.52.83.099,800
KOWA PROMINAR 12mm F1.8MFT?×121.86.72014年
夏予定
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0×1226.072,000
LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH×142.55.639,800
LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH×151.78.860,460
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8×172.86.122,500
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8×171.89.446,000
NOKTON 17.5mm F0.95××17.50.9518.4107,800
SIGMA 19mm F2.8 DN×192.86.818,600



◎標準付近 焦点距離20~30mm (35mm換算40~60mm)
レンズ名AFOSf
mm
開放
F値
口径
mm
価格
LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH×201.711.834,800
LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH×201.711.839,100
M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8×251.813.935,280
LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH×251.417.954,900
KOWA PROMINAR 25mm F1.8 MFT?×251.813.92014年
夏予定
NOKTON 25mm F0.95××250.9526.372,600
NOKTON 25mm F0.95 Type II××250.9526.398,000
SIGMA 30mm F2.8 DN×302.810.718,200



◎望遠 焦点距離40~500mm (35mm換算80~1000mm)
レンズ名AFOSf
mm
開放
F値
口径
mm
価格
NOKTON 42.5mm F0.95××42.50.9544.7110,800
LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
ASPH. POWER OIS
42.51.235.4168,000
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8×451.825.027,500
LEICA DG MACRO-ELMARIT
45mm/F2.8 ASPH/MEGA OIS
452.816.174,200
SIGMA 60mm F2.8 DN×602.821.419,800
M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro×602.821.446,100
M.ZUIKO DIGITAL 75mm F1.8×751.841.789,600
Tokina Reflex 300mm F6.3 MF Macro××3006.347.630,700
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 PRO×300475.02015年
以降予定
KF-M400MFT 400mm F8××400850.020,900
PROMINAR 500mm F5.6 FL
(350mm F4, 850mm F9.6に換装可)
××5005.689.3223,200
※AF:○=オートフォーカスあり、×=マニュアルフォーカスのみ
※OS:○=レンズ内手ブレ補正あり、×=レンズ内手ブレ補正なし
※価格はヨドバシドットコム、2014/2現在の税込み価格
※表のほかに、オリンパスの「ボディキャップレンズ」やパナソニックの「3D撮影レンズ」、上述した各メーカーの特殊レンズ、などがありますが、今回は割愛しています。


★代表的なレンズの紹介
 上の表を見ると、各社が、さまざまな焦点距離(画角)のレンズを用意しています。特徴のある製品を、ピックアップしてみます。


◎本命か!? オリンパス「高画質単焦点レンズシリーズ」
 マイクロフォーサーズの提唱者、オリンパスは、F2.0以下の「明るい」単焦点レンズを、12mm,17mm,25mm,45mm,75mmの5種類も用意しています。いずれも、写りには定評があるようです。難点は、別売りフードが高価(3000円~6000円)なことでしょうか。


 私が持っている唯一の交換レンズは、「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」です。こども撮りに最適です。今は、このレンズだけあれば十分です。(このレンズの作例は→こちら


◎リーズナブルな「シグマ」のレンズ
 価格がリーズナブルな単焦点レンズをそろえているのが、シグマです。樹脂をガラス表面に非球面形状に形成して作る「ハイブリッド非球面レンズ」技術が、低価格化のポイントかもしれません。
 シグマは、キャノンやニコンの一眼レフの互換レンズメーカーとして、有名です。しかし、マイクロフォーサーズでは、単焦点3本だけです。今後のラインナップ充実に期待したいところです。



◎被写体に寄れる「マクロレンズ」
 小さな被写体、花や昆虫などを大きく写したいならば、「マクロレンズ」です。45mm,60mmの2種類があります。どちらも、最大撮影倍率は1倍です。約17mm×13mmの範囲を、画面いっぱいに写せます。パナソニックは手ぶれ補正搭載です。


 なお、マクロレンズは、ピントの合う範囲が広い(近くまで寄れる)以外は、ふつうの単焦点レンズと同じです。無限遠にもピントが合うので、普通の写真用にも使えます。望遠よりの焦点距離なので、ポートレートに向いているかもしれません。


◎小型なのに超望遠「ミラーレンズ」
 遠くの被写体を大きく写すのが、望遠レンズです。野鳥などの撮影に好適です。フルサイズの一眼レフに望遠鏡のようなレンズを取り付け、三脚に固定して撮影する姿を、公園などでよく見かけます。マイクロフォーサーズだと、レンズが小型で、機材の準備が楽になりそうです。特に、ミラーを使った反射型レンズ(Reflex光学系)は、焦点距離のわりにレンズが大幅に小型です。作例が[8]にあります。ドーナツ型の点ボケが、おもしろいです。(マニュアルフォーカスです。)

[8]Impress Watch;デジカメウォッチ 2012/8/22
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20120822_554339.html


◎フォクトレンダーの「F0.95」
 ひときわ異彩を放つのが、コシナ社の「フォクトレンダー」ブランドのレンズです。これらは、いまどき「マニュアルフォーカス」です。つまり、AF(オートフォーカス)に対応していません。しかし、開放F値は、なんと「0.95」です。実物を持ってみると、とても重く、ガラスと鋼の塊のように感じます。明らかに使いにくそうですが、個性的ゆえにファンも多いレンズのようです。17.5mm,25mm,42.5mmの3種類あります。
 最近発売された25mmの「Type II」は、絞りリングのクリック音をオフにできるそうです(動画時の配慮らしい)。

※上の表には書きませんでしたが、アマゾンで検索すると、「なんちゃってノクトン」らしき「Mitakon(ミタコン)」が見つかりました。35mm、F0.95です[9]。香港のメーカーのようです。実力不明。上のアマゾンのリンクの一番右はミタコンなので、注意して下さい。

[9]MXCamera;Mitakon
http://mxcamera.com/mitakon/en/


◎マイクロフォーサーズ、新規参入メーカーに期待!
 「コーワ(KOWA、興和)」は、2014年2月に、マイクロフォーサーズ規格に賛同しました[7]。そして2014年夏に、新製品の発売を予定しています。ホームページ[6]によると、「PROMINAR」ブランドで8.5mm、12mm、25mmのレンズが発売されるようです。オートフォーカス対応かどうかは、わかりません(上の表では「?」としました)。
 コーワとともに、「ケンコープロフェッショナルイメージング」、「トミーテック」も、規格賛同したそうです。今後、マイクロフォーサーズ製品のますますの充実が期待されます。一眼レフの高倍率ズームの「タムロン」も来てくれると、たいへん嬉しいのですが(と思っていたら先日、製品が発表されました。2014/10/8追記)。



★単焦点レンズに向くカメラは
 マイクロフォーサーズの単焦点レンズのうち、パナソニックのマクロレンズ(45mmF2.8)を除いて、手ぶれ補正機構を内蔵していません。このため、望遠寄りの単焦点レンズでは、手ぶれの発生が心配になります。
 ミラーレスカメラでは、液晶画面での撮影(ライブビュー撮影)が通常のため、手ぶれが起きやすいです。このため、電子ファインダーがない場合で、望遠寄りのレンズ(焦点距離25mm超え)を使う場合は、カメラ本体側に手ぶれ補正を内蔵した機種(ボディ内手ぶれ補正)が望ましいと思います。
 オリンパスのカメラすべてと、パナソニックの一部機種(GX7)が、ボディ内手ぶれ補正を持っています。

 私のカメラ、オリンパスの「PEN mini, E-PM2」も、ボディ内手ぶれ補正です。焦点距離45mmの単焦点レンズを常用していますが、手ぶれが気になったことはありません。


★まとめ
 マイクロフォーサーズ用のレンズをまとめました。レンズ選びは楽しいですが、どれも高価なので、買うことはできません。このリストが役に立った!という方がいらっしゃいましたら、お礼にレンズを買ってくれませんか。


(追記)2014/3/30
 パナソニック NOCTICRON 42.5mm F1.2 を追加しました。超高級レンズ!

(追記)2014/8/31
 パナソニック LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 を追加しました。

(追記)2014/10/9
 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 を更新しました。マニュアルフォーカスのようです。KOWAの2014夏発売予定の残り2本は、まだ発売されていないようです。

応援よろしくお願いします:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.