今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
エノシマトレジャー2014、「使命1」の攻略ヒント(ネタバレ)
【今日の夕食】
 今日は、妻と娘(3歳1か月)は、お友達と公園遊びです。
 夕食は、久しぶりに私が料理しました。
N3153577.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;90mm相当、F3.5、SS1/100、ISO640
★米飯、カレー
 圧力鍋調理です。じゃがいもを丸ごと入れました。

★みそ汁、わかめ・大根

★りんご

応援よろしくお願いします:
写真日記



【今日のおじさん】エノシマトレジャー2014、「使命1」の攻略ヒント(ネタバレ)
 神奈川県藤沢市では、2014/2/8~3/31の間、「エノシマトレジャー2014 ~救世の箱と意思を継ぐ者~」が開催されています[1]。おととしと昨年に続いて今年も、エノシマトレジャー(通称エノトレ)を楽しみました。
 ★昨年の記事は   →こちら
 ★おととしの記事は →こちら

[1]RUSH JAPAN;タカラッシュ エノシマトレジャー
http://www.takarush.jp/promo/fujisawa/


 開催期間があと半月ほどなので、あえてネタばらし記事を書きます。どうしても解けない場合、すぐに終わらせたい場合、3歳の娘が「だっこ&おんぶ」を要求して困り果てた場合(私のことです)、などなど、ヒント集(寸止め解答集)としてご活用ください。

 「使命1」と「使命2」がありますが、今回は使命1について書きます。

 使命2は、→こちらの記事

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 これから取り組もうとしている方は、
 見ないように注意してください。
 自力で探したほうが、何倍も楽しめます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 たいへんよくできた宝探しイベントです。内容を味わいつくし、遊びつくすために、この記事を書きました。イベント開催者の皆様に、感謝します。


★使命1:「騎士の証」を手に入れよ!
 エノシマトレジャーは、「宝の地図」と呼ばれるパンフレットに記された手がかりをもとに、実際に江の島周辺で宝探しをする、「リアル宝探し」イベントです。参加無料です。
N2123009.jpg

 今回のエノシマトレジャーでは、地図に「創生の剣」「導きの盾」「真実の仮面」の3つのアイテムが添付されています。ミシン目があるので、簡単に切り取れて、とても便利です。よくできています。このアイテムは、宝探しの間に使います。なくさないように、大事に持っていないといけません。
a1.jpg


★謎1:創生の剣
 使命1は、すべて江の島の島内で見つかります。そして、謎1~謎3の順に探すのが、オススメです。結果的に、歩く距離を減らせます。

 江の島といえば、「江島神社」が有名です。この神社は、「辺津宮(へづのみや)」、「中津宮(なかつのみや)」、「奥津宮(おくつのみや)」の3つの神社からなります。そして、奥津宮をさらに越えた奥にあるのが、「龍宮」です。洞窟のようなほこらと、龍の像が見えます。地図にある、「洞窟の上に坐す龍」と、関係があるのでしょうか。
n1a.jpg

 そして、「龍が見つめる階段」とは? また、辿り着いた先には、「天より吊るされし綱」があるといいますが、これは何を示すのでしょうか?
n1b.jpg

 ちなみに下の写真は、龍宮から脇に入った道の先にある、「龍恋の鐘」です。この地には、「天女と五頭龍」の伝説があります。五頭龍は、子供をいけにえにとる悪龍でしたが、江の島とともに現れた天女に惚れて、悪行を改めた、と言われています(現地の解説板より)。そしてこの鐘は、永遠の愛を祈念するための鐘、ということのようです。 
n1c.jpg

 鐘の周囲を探しますが、手がかりは見つかりそうにありません。あらためて「使命1」の地図を見ることにします。すると、今いる地点のあたりに、灰色で、下半分だけ書かれた文字のようなものが、地図に書かれていました。この地図の上に「『創生の剣』を納めたとき、探し物のありかが分かる。」というのでしょうか。

 そういえば、地図に添付されていたアイテム「創生の剣」には、灰色で、上半分だけ書かれた文字のようなものがありました。地図の文字と、剣の文字。どういった関連性があるのでしょう。謎です。
n1d.jpg

 どうにか地図と剣の謎を解くと、探し物のありかを示すキーワードが浮かび上がりました。そして、周囲を探すと、こんな「石碑(セキヒ)」がありました。
n1e.jpg

 そして、「謎1の手がかり」を見つけることができました。
n1fa.jpg


★謎2:導きの盾
 江の島は、アップダウンが激しいので、お年寄りや子供には、奥まで進むのは、なかなか大変です。しかし、そんな方々のために、とても助かる設備があるのです。それが有料エスカレーター、通称「エスカー」です。「江島神社」の入口横から、乗ることができます。大人350円、幼児(小学生未満)は無料でした。
n2a.jpg
 今回、私は3歳の娘と一緒でしたが、エスカーはたいへん便利でした。このエスカーは、江の島の地形に合わせて、3つに分割されています。ただし、登り専用で、下りはありません。いわば、エスカーとは「人々を助ける三匹の登り龍」と言えなくもなさそうです。そして、乗り場を「尾」とすれば、降り場は「頭」、といったところでしょうか。
n2b.jpgn2c.jpg
 ちなみに下の写真は、2番目のエスカーの乗り場です。さて、「第二の龍の尾」とは、いったいどこでしょう?
n2e.jpg

 話は変わりますが、謎解きを思い返してみます。「謎2」の暗号には、「『導きの盾』を方位陣に重ねよ」とあります。方位陣とは、使命1の地図の右下にある、円状の図形に違いありません。円のまわりには、龍、うさぎ、猪、鶏、蛇など、さまざまな動物が書かれています。

 暗号のとおり、「第二の龍の尾に、龍を向け」ます。そして、「うさぎと三を合わせる」ように、導きの盾を回転させてみます。すると、盾の△マークが、左のほうを向きました。つまり、左に歩け、ということでしょうか?
n2f.jpg

 謎解きと関係あるかどうかはノーコメントですが、この周囲にあるものを、撮影しておきました。順に、石碑、三つの三角、緑の屋根の館、です。
n2g.jpg
n2h.jpg
n2i.jpg

 そして、探し物が見つかりました。「丸太」というのか「切り株」というのか、そんなところにありました。(娘が発見しました。)
n2j.jpg


★謎3:真実の仮面
 江の島周辺には、3つの灯台があるようです。江の島中央の「シーキャンドル」と、南緑地の灯台、それから江の島の入り口付近、藤沢市観光センターの近くにある灯台です。そして、3つの灯台を結ぶ三角形の中心あたりに、あまり有名でない観光スポットがあるようです。下の写真は、その遠景です。
n3a.jpg
 その名を、「聖天島(しょうてんじま)」と言います。説明書きによると、もとは海に浮かぶ二つの岩からなる島だった、とのことです。1964年の東京オリンピックで、ヨット競技会場となった江の島は、海が埋め立てられました。このときに、上部だけが丘のように残って、現在のような形になったそうです。このような由来をもつ聖天島は、いわば「陸にありながら島」である、といえるかもしれません。
n3b.jpg

 ところで、「謎3」の手がかりですが、これは「真実の仮面」が関係します。使命1の地図の左下には、「戦士の詩(うた)」と題された、暗号のような文字が記載されています。偶然なのかどうなのか、真実の仮面には、V字の溝が切ってあり、ここから向こう側をのぞくことができます。戦士の詩に真実の仮面をかぶせてみると、部分的に文字が見えます。これは、いったいどんな意味があるのでしょうか。
n3c.jpg
 いっぽうで、戦士の詩の左下に示された、星印の1~3も気になります。よもや、1、2、3の順に仮面をずらしながら読め、ということではあるまいな。いやいや、まさか、まさかです。

 それはそれとして、聖天島の前には、掲示用の板があります。屋根がついていますね。えっ?、「屋根の裏側」が気になりますか? なぜ、そんなところを気にするのでしょう。
n3d.jpg

 そんなこんなで、「謎3の手がかり」を見つけることができました。
n3e.jpg


★「騎士の証」のありか
 こうして、謎1~謎3の手がかりを、見つけることができました。

 あとは、謎1~謎3の手がかりにしたがって、「騎士の証」のありかを突き止めるだけです。得られた手がかりを、確認します。

 ・謎1:■と■で■を作れ
 ・謎2:■を■の■に重ねよ
 ・謎3:■を■に■度回した先にある■へ行き■を見よ
  ※■はフセ字です(一文字とは限りません)。

 これらのキーワードをよく読めば、騎士の証のありかが、きっと分かるはずです。


 ところで、地図に付属したアイテムですが、まだ使うのでしょうか。謎1~3のキーワードも分かったし、もう捨ててしまってよいのかしら?
 盾をよく見ると、細いスリットが開いています。しかし、このスリット、結局なにに使うのだろうか。よくわからないので、下のように、剣を盾のスリットに通して、「『鍵』みたいに見えるでしょう」という遊びを考えてみました。おもしろいでしょう。
kb.jpg

 この鍵を、地図に重ねてみても、なかなか面白い。鍵の形に似た図形が、地図には2か所ありました。どちらかと言えば、地図の中央の灯台に重ねたほうが、すわりが良さそうに見えます。
kd.jpg

 そして、鍵と言えば、「グルリと回す」のが、人の常でしょう。下の写真では、右に回してみました(間違った使い方です、ご注意ください)。
ke.jpg
 こうしてみると、剣の先が矢印になって、どこかの方角を示しているようにも見えるので、不思議です。
 ちなみに剣を左に回した場合、剣の先をたどっていくと、ピンク色(マゼンダ)の「ダイヤ」マークに着きます。これは、女性センターの先の灯台の近く、「南緑地」のあたりになるのでしょうか?。


 などと遊んでいる場合ではなく、宝探しです。

 実は私、現地では、謎1~謎3の手がかりをあまり読まずに、思い込みで「重ねる場所」と「回す方向」を決めてしまっていました。このために、江の島を登ったり降りたり、3回も場所を間違えました。おかげで娘(3歳)は根をあげて、ずっと「だっこ&おんぶ」になり、大変な目に合いました。

 ちなみに私の間違いは、次の3回です。
 1)■を重ねる場所を間違えた。海の中に重ねた。(重なりそうに見えるところ、ありますよね。たとえば下の写真のように。)
 2)1)と同じだが、もう1個の場所(ピンク色のほう)に行った。
 3)重ねる場所は正しいが、■を回す方向を間違えた。
kc.jpg

 なお、上の間違い1をやると、「残念」宝箱を見つけることができます。これはこれで、達成感がありました(あるのか?)。
ki.jpg

 下は、ウロウロした証拠写真です。大人1人(+幼児1人)で行ったのに、エスカー券が2枚あります。はい、2回登りました。
eno_xxx.jpg

 ともあれ、最終的には、「騎士の証」にたどり着けました。「柵」の向こうに見える海に、癒されます。いやあ、なかなか、すんなりとは行かない。私はあきらめかけたのですが、娘があきらめ悪く、ここまで来られました。
kg.jpg
kg2.jpg

 おめでとう!!
 君は見事「試練の書」の謎を解き、「騎士の証」を手に入れることができた!今や、君こそが「ドラゴンナイト」であることを、証明したのだ!!

 さあ、「意思を継ぐ者」よ、この地を救うため、「救世の箱」を見つけ出せ!



★次回「使命2」に続く
 3歳の娘と2人、たいへん楽しい謎解きでした。エノシマトレジャー、毎年よくできていて、感心します。今回は、「地にありながら島」の存在を初めて知りましたし、「騎士の証」のある場所も、はじめて訪れました。地元なので、何度も来ている江の島ですが、毎回、新しい発見があります。楽しいエノシマトレジャーに、感謝します。これが無料で遊べてしまうなんて、幸せです。ぜひ、ゆっくりとお楽しみください。

 今回の反省点は、手がかりをメモせず、デジカメで撮るだけだった点です。うろ覚えの手がかりで判断してしまって、何度も間違った場所に行くことになりました。やはり、「手書きメモ」が一番です。
 

 「使命1」は終わりましたが、この「最終キーワード」が、「使命2」の手がかりになっています。
 まだ、勇者の冒険は終わりません。

 次回、「使命2」に続きます。
 →こちらの記事

※この記事は、私の個人的な「体験記」で、あくまで当方の推理・推察を示したものです。私は、発見報告書に「発見報告」をしていません。このため、上の記述が正しいかどうか、保証できませんので、ご注意ください。


この記事が役に立ちましたら、ぜひ応援をお願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.