今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
デジカメ「子供撮り」は望遠で!~初心者でも簡単に子供を撮る方法
【今日の夕食】
 今日は、近くのショッピングモール(湘南テラスモール)まで、走ってきました。マラソン大会が近いためです。ショッピングモールは、驚くほどの人出でした。世の中、3連休だったのですね。
N3213643.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;90mm相当、F2.8、SS1/100、ISO640
★米飯&豆ごはん

★常備菜バイキング
・自家製キムチ
・ほうれん草ごまあえ
・ひじき煮豆
・牛肉ごぼうれんこん煮

★キャベツ盛り

妻の料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】デジカメ「子供撮り」は望遠で!~初心者でも簡単に子供を撮る方法
 昨年(2013年)9月に、初めての一眼レフ(ミラーレス)を買いました。主に娘(3歳1か月)の撮影を、楽しんでいます。

 今日は、「子供を撮るには望遠レンズが便利」という話です。


★広角で撮るか、望遠で撮るか?
 一眼レフ(ミラーレス含む)は、レンズ交換ができるカメラです。一眼レフの場合、カメラ本体とセットで、ズームのできるキットレンズ(ズームレンズ)が付いてくることが多いです。また、コンデジ(コンパクトカメラ)でも、ズームレンズが一般的です。

 ズームレンズは、広角から望遠まで、写る範囲を調整できるので、とても便利です。

 しかし、ズームレンズを使う場合に、初心者が困ることがあります。同じ大きさで被写体を写す場合に、広角で近づいて撮るべきか、望遠で離れてとるべきか、という悩みです。

 私の娘は、いま3歳です。この年頃の子供の特徴は、言うことをきかず、ちょこまかと動き回る点です。それほど動きが激しいわけではありませんが、左のほうにいたと思ったら右に行ったり、落ち着きがないのです。(もちろん、子供の性格にもよりますが。)

 では、動き回る子供を、思った通りの構図で撮るためには、広角と望遠と、どちらが使いやすいのでしょうか?

 私のような素人の場合、広角レンズのほうが、広い範囲が写るので、動き回る子供を撮り逃さない、と思ってしまいがちです。ところが実際には、望遠レンズのほうが、ずっと子供を撮りやすいのです。

 なぜでしょうか?


★動く子供をとらえるには
 同じ被写体(子供)を同じ大きさで写したい場合、広角と望遠では、カメラから被写体までの距離が変わります。すなわち、下図1のように、広角では子供に近づき、望遠では子供から離れる必要があります。
<図1>左:広角、右:望遠
20140321z01.jpg

 上のように、広角と望遠ではカメラから子供の距離が違うことを念頭において、子供が動いたときに写りがどう変わるか、考えてみます。


◎左右の写る範囲は同じ
 まず、子供が左右に(画面を横切る方向に)動く場合を考えます。下図2のように、子供の写る大きさが同じ場合、広角でも望遠でも、左右方向の写る範囲は、同じになります。たとえば広角で幅3mの範囲が写るとすれば、望遠でも3mの範囲が写ります。子供が動くエリアがこの範囲の外にでなければ、子供を画面内に収められます。
<図2>左:広角、右:望遠
20140321z02.jpg
 広角は、広い「角度(画角)」が写りますが、子供に近づいたぶんだけ左右の幅がせばまって、望遠と同じ範囲しか写りません。つまり、左右の動きに対しては、広角でも望遠でも、有利・不利はないと考えられます。


◎前後の移動は要注意!
 次に、子供が前後に(カメラに近づく・遠ざかる方向に)動く場合を考えます。下図3のように、例えば子供が1mだけ前後に動いたとします。すると、広角と望遠では、写りかたに大きな違いが現れます。
<図3>左:広角、右:望遠
20140321z03.jpg
 広角では、もともと子供との距離が近いです。このため、少し子供が近づいてきただけで、子供の写る大きさが極端に大きくなります。逆に、少し子供が遠ざかると、急に小さくなってしまいます。広角レンズでは、遠近感が強調される(パースペクティブが強い)のです。
 一方の望遠では、子供との距離が離れています。このため、望遠を使えば、少しくらい子供が前後に動いても、子供の写る大きさは変わりません。子供の動きによる構図の変化が少なくなって、イメージ通りの写真を撮りやすいです。


★望遠レンズは子供を追いやすい
 もうひとつ、子供撮りにおいて、広角よりも望遠が優れる点があります。

 上図1では、広角でも望遠でも、左右方向の写る範囲に違いはない、と書きました。しかし、左右に動く子供を、画面から外れないように追うためには、望遠が有利です。

 下図4のように、カメラを構えていて、子供が画面の左はじに行ってしまったときを考えます。この場合、カメラを左方向に回転させて(向きを変えて)、子供を追うことになります。子供を画面中央にとらえ直すためには、広角では大きくカメラを回転させなければいけません。一方の望遠では、少しカメラを傾けるだけで、子供をとらえることができます。
<図4>左:広角、右:望遠
20140321z04.jpg20140321z05.jpg
 以上のように、望遠を使えば、子供が画面から外れないように追うのが簡単です。望遠は、動きに強いと言えます。


★広角レンズの「ゆがみ」に注意!
 同じ大きさで子供を写す場合でも、広角と望遠での、写り方の違いに注意が必要です。

 下の写真(図5)は、広角と望遠で、同じ被写体が同じサイズで写るように撮影したものです。
<図5>左:広角(28mm相当)、右:望遠(84mm相当)
3922_7PM_f14F35S80I640_2014032206463676d.jpg3922_6PM_f42F56S100I2500_201403220646371f8.jpg
 このように、被写体を大写しで撮る場合、広角ではパースが強調されてしまい、ゆがんだような印象を受けます。一方の望遠では、自然な感じに写せています。(もちろん、広角のゆがみを活用すれば、おもしろい写真が撮れます。子供はどんなふうにとってもかわいいと思います。)

 また、上の比較では分かりにくいですが、望遠だとレンズ直径(=実焦点距離÷F値)を大きくできるので、背景をボカした写真を撮りやすいです。背景がボケると、主役が引き立ちます。背景が写る範囲が狭く、ゴチャゴチャしないのも、望遠の利点です。広角だと、余計なものが写りやすいです。


★私の娘、写真集(3歳)
 以上を踏まえて、広角と望遠での、子供撮り作例を紹介します。初心者の写真ですので、技術的なところはご容赦ください。でも、私の「子供への愛情」は、伝わってほしいなあ。

 カメラは、オリンパスのE-PM2(ミラーレス一眼レフ)。使用レンズは広角:キットレンズ(14-42mm F3.5-5.6IIR)、望遠:単焦点レンズ(45mm F1.8)です。
 


◎広角で撮る
 健脚な娘は、山道を歩くのが得意。広角は、周囲の雰囲気も写せるのが利点。
N1111476a_201403220658229cd.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD14-42mmF3.5-5.6IIR;34mm相当、F3.8、SS1/60、ISO320

 妻と娘と、家族旅行。空の広がりは、広角ならでは。
N1312019a.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD14-42mmF3.5-5.6IIR;28mm相当、F3.5、SS1/4000、ISO200、RAW補正

 チョコチョコと、よく動く娘。広角だったので、アッという間にこんなに小さくなって、シャッターチャンスを逃してしまいました。
N2012307.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD14-42mmF3.5-5.6IIR;42mm相当、F5.6、SS1/400、ISO200


◎望遠で撮る
 望遠なら、少しくらい距離が変わっても、構図が大きく狂いません。
MC010005.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8+ND4;90mm相当、F1.8、SS1/1600、ISO200

 離れて撮ることで、自然な表情を写しやすいメリットも。
MB091561a.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8+ND4;90mm相当、F5.6、SS1/100、ISO500

 右へ左へ、落ち着かない娘。望遠なら、少しカメラの向きを変えるだけで、構図を修正できます。
H1200_MA250988_20140322071850c5e.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;90mm相当、F1.8、SS1/160、ISO200

 気がつけば、娘ばかりしか撮っていない。たまには広角で、風景も撮りますか。
N2092559.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8+ND4;90mm相当、F2.8、SS1/4000、ISO200


★まとめ
 子供を撮るときには、望遠レンズを使うと、次のようなメリットがあります。
 ・子供が前後に動いても、子供のサイズの変化が小さい。よって、構図が狂いにくい。
 ・構図が狂った場合でも、少しカメラの向きを変えるだけで、構図を修正できる。

 初心者の場合、よく動く子供は、望遠で離れて撮ると、失敗が少ないと思います。


 ※もちろん、デメリットもあります。
 ・子供からかなり離れる必要がある。(例:換算90mmで全身を写す→3m離れる)
 ・人ごみの中など、子供とカメラの間に人が入りやすく、撮影タイミングが難しい。
 ・周囲の景色を撮影しにくい。子供ばかりになってしまう。


子供撮りカメラに夢中なおじさんを、応援お願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.