今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
夏休み特別企画!【今日の玩具工学】はじめます
【今日の料理】 2011/7/12 夕食
 エアコン(クーラー)を常時ONにしてからというもの,娘の発熱はピタリと治まりました.「クーラーは人類の至宝,まさに科学の勝利ね」と言う人がいるのも,うなずけます.
 一方,妻の歯痛は,おおむね治まってきたようです.しかし,固いものを食べると,再発が心配です.用心して,しばらくは柔らかいメニューを続けます.
CIMG2715.jpg
★米飯

★みそ汁,わかめ

★マグロあらの漬け焼き,ねぎ
 見切り品,148円で山ほど入ったマグロあらです.マグロあらは,初めて買ったので,調理方法がよく分かりません.今回は,ヤマサ昆布つゆと酒に漬けた後,フライパンで両面を焼いてから,蒸し煮にしました.普段,鶏肉でやっているのと,同じ調理方法です.少し塩辛くなってしまいましたが,妻の評判は上々でした.

★煮物,鶏もも肉・じゃがいも・大根・人参
 昨晩の残りです.

★トマト

★桃

料理の応援,お願いします→人気ブログランキングへ(男の料理)
人気ブログランキングへ

育児の応援,お願いします→(パパ育児)
FC2 Blog Ranking


夏休み特別企画!【今日の玩具工学】はじめます
 もうすぐ,夏休みです.
 そこで,夏休み前の特別企画として,しばらく「玩具工学」をやります.ちびっこ読者の皆さん,夏休みの自由研究のご参考に,いかがでしょうか.

 今回は,導入ということで,私の身の回りにある玩具(オモチャ)を紹介します.
 先日,実家に帰ったとき,昔の玩具を確認してきました(図1).
<図1>
20110712z5.jpg
 いわゆる「ロボット」系の玩具が,ほとんどです.これらは,次の2種類に分類されます.
 a)1980年前後に,子供時代に兄や私が,買ってもらったもの.
 b)2000年前後に,大人時代の兄や私が,自腹で買ったもの.

 a)子供時代のもの,の中で,状態が良いのが「ガンダム合体セット」です(図2). 
<図2>
20110712z7.jpg
 この時代のロボット玩具は,発泡スチロールをくり抜いた箱に収まっているのが,定番でした.最近のロボット玩具では,ブリスターパック(薄い透明プラスチックで収納と展示を兼ねる形式)や,成形ダンボールに収まっているのが,多いようです.時代の流れを感じます.
 合体ロボット玩具の記事は、こちら。

 b)2000年前後,は,兄と私がいわゆる「独身貴族」だった時期です.止める人がいないので,ついつい玩具を「大人買い」してしまったものです(特に兄が).当時,熱心だったのが,「デカレンジャー」と「仮面ライダーファイズ」,「ミクロマン」です.これらの玩具は,ほとんど未使用のまま,保管されています.
 これらの中でも,よくできているのが「トランスフォーマー」シリーズです.下図3は,ミニカーに見えますが,驚くべきことに,ロボット形態に変形するのです.
<図3>
20110712z2.jpg
20110712z8.jpg
 ロボット形態でも,各関節が可動して,「アクションポーズも思いのまま」です.最近の玩具は,3次元CADを活用して設計されているようです.部品と部品の隙間に,別の部品がピッタリと収容されるさまは,まさに3次元CADがあってこそ,実現されたものと想像されます.
 変形ロボット玩具の記事は、こちら。

 プラモデルの製作に,熱中した時期がありました.1990年代の後半から,同じく3次元CADを活用した,精密なプラモデルが増えてきたのです.子供の頃,いわゆる「ガンプラ」(巨大ロボットが活躍するTVアニメーション「ガンダム」のプラスチック模型)に熱中した我々世代は,新しくて精密なプラモデルを買い求めたものです.図6は,その一例です.左から,「ガンダムMk-Ⅱ」,「オージェ」,「ダンバイン系オリジナルロボット」です.これらは,結婚を期に廃棄しましたので,今では写真しか残っていません.
<図6>
20110712z9.jpg
 ガンプラについての記事は、こちら。

 フィギュアも,あります.図5は,往年の人気テレビゲーム「ゼルダの伝説 時のオカリナ」の登場キャラクターです.敵ボス「ガノンドロフ(ガノンドルフ)」と,主人公「リンク」の決戦の様子を再現しました.当時,ガチャガチャだったか食玩だったかで販売されていたフィギュアのポーズを変更し,彩色したものです.2000年前後に作成したと記憶しています.あの頃は,根気がありました.
<図5>
 20110712z3a.jpg

 本ブログのテイストに近い玩具と言えば,下の2つがあります.
 下図6は,「地球ゴマ」です.いわゆる「コリオリの力」を利用した玩具です.この玩具で遊ぶと,「ジャイロモーメント」の何たるかが,なんとなく理解できます.しかし,なぜ「地球」ゴマと呼ぶのかは,よく分かりません.
<図6>
20110712z6.jpg
 地球ゴマを使った工作を、こちらの記事に書きました。


 さらに下図7は,磁気浮上ゴマ「U-CAS(ユーカス)」です.「Earnshaw(アーンショウ)の定理」によると,静的な磁場(永久磁石の磁場)だけでは,物体を安定に浮上させることはできないとされています.しかし,このコマは,永久磁石だけを用いて,安定な浮上を実現しているのです(ただし,浮上はコマが勢いよく回っているときだけで,時間が経つと落ちてしまいます).
<図7>

 磁気浮上ゴマは、こちらの記事。


【今回の結論】
 私の身の回りにある,色々な玩具を紹介しました.
 夏休みは,玩具で遊んで,ついでに自由研究のネタにしてしまいましょう.


ちびっこ読者の皆さんへ:次回までに,微分と運動方程式をマスターしておいて下さい.
ついでに応援も,よろしくお願いします.
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.