今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
「ロボット掃除機」比較~ルンバ、COCOROBO、Smarbo、クレモン
【今日の夕食】
 今日から連休です。今日は妻と娘(3歳2か月)と「メーデー」に行ってきました。メーデーに行くのは初めてでしたが、式典のほかにアトラクション(ヒーローショーなど)があったり、たくさんの屋台が出たり、大勢の人でにぎわっていました。良い経験をしました。
 夕食は、作り置きおかず大会です。作り置きがあるととても便利です、と妻が言っています。
N4260905.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;90mm相当、F3.2、SS1/100、ISO400
★米飯

★肉じゃが(作りおきおかず)

★さんま缶詰

★4点盛りプレート
・トマト
・ひじき煮
・もやしナムル風
・こまつな煮びたし

★いちご

妻の料理を応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】「ロボット掃除機」比較~ルンバ、COCOROBO、Smarbo、クレモン
 先日、自動掃除機「ルンバ」を買いました。妊婦の妻が、掃除をするのが難しくなったためです。
N4200768_20140426221929305.jpg

 今回は、ルンバその他「ロボット掃除機」について、各社の製品を比較します。


★各社「ロボット掃除機」
 「ルンバ」に代表される「ロボット掃除機(自動掃除機、ロボットクリーナー、お掃除ロボット)」は、現在各社から商品化されています[1]-[4]。代表的なメーカーと製品を、下表に示します。
メーカー名称商品名価格帯
アイロボット
iRobot
ロボット掃除機ルンバ
Roomba
4~8万円
シャープ
SHARP
ロボット家電ココロボ
COCOROBO
5~13万円
東芝
TOSHIBA
スマートロボットクリーナースマーボ
Smarbo
5~7万円
モニュエル(韓国)
MONEUAL
ロボットクリーナークレモン
Clemon
4~5万円
※価格帯はヨドバシドットコム、アマゾンなどを参考にした価格。

[1]セールス・オンデマンド;ルンバについて
http://www.irobot-jp.com/roomba/index.html
[2]シャープ;ロボット家電ココロボ
http://www.sharp.co.jp/cocorobo/
[3]東芝;スマーボ
http://www.toshiba.co.jp/torneo/smarbo/index_j.htm
[4]モニュエルジャパン;ロボットクリーナー クレモン
http://clemon.smile-mon.jp/clemon

 各社とも、機能や価格の異なる数台をラインナップしているようです。今回は、各社の中級モデル(6万円前後)で、機能を比較してみます。比較するのは、次の4台です。(当方は、ルンバ770のみ所有しています。)
・アイロボット:ルンバ 770
・シャープ  :COCOROBO RX-V90
・東芝    :Smarbo V VC-RB7000
・モニュエル :クレモン 7780J



★ロボット掃除機を比較する
 各社ロボット掃除機について、主要スペックを一覧表にしました。
メーカーアイロボットシャープ東芝モニュエル
商品名ルンバCOCOROBOSmarbo Vクレモン
機種ルンバ770RX-V90VC-RB70007780J
価格59,440円75,380円59,890円50,560円
発売日2011/102013/62012/92013/1
ピンク
サイズ幅353x高92mm幅304x高99mm幅350x高80mm幅320x高80mm
重量3.85kg2.6kg3.2kg3.2kg
掃除部エッジブラシ1
メインブラシ2
吸引モーター
モップなし
エッジブラシ2
メインブラシ1
吸引モーター
モップなし
エッジブラシ2
メインブラシ1
吸引モーター
脱着式モップ
エッジブラシ2
メインブラシ1
吸引モーター
脱着式モップ
運転機能進入制限x2
部屋割り不可
自動充電
スケジュール
進入制限(別売)
部屋割り不可
自動充電
スケジュール
進入制限x1
部屋割り不可
自動充電
スケジュール
進入制限x1
部屋割り可
自動充電
スケジュール
電池Ni-MH
寿命1.5年
Li-ion
寿命3年
Li-ion
寿命1.5年
Li-ion
寿命2.8年
ゴミ容器ゴミ容量?ccゴミ容量100ccゴミ容量400ccゴミ容量800cc
フィルターHEPA
水洗い不可
HEPA
水洗い可
プリーツ
水洗い可
高性能フィルタ
水洗い可
※価格、発売日はヨドバシドットコム。


 今回は、次の3項目に注目して、各社製品の比較をします。
a)掃除部の構造 :ブラシ配置など
b)運転機能   :運転パターン、便利機能など
c)メンテナンス性:電池、フィルターなど


★やっぱり掃除能力が大事!~掃除部の構造
 下の写真は、「ルンバ770」を裏返した外観です。左上隅には壁際の掃除用の「エッジブラシ」、中央部にはゴミを掻き取るための「メインブラシ」があります。メインブラシで掻き取られたゴミは、吸引モーターで吸い込まれて、ゴミ容器に回収されます。
N4190680.jpg

 製品によって、ブラシの数や配置に違いがあります。下表は、各製品の構造をまとめたものです。(吸引モーターの配置や吸引路などの内部構造については、当方の推定が入っています。)
アイロボット ルンバ, ルンバ770シャープ COCOROBO, RXーV90
20140426z1roomba.jpg20140426z2sharp.jpg
・エッジブラシ:1個
・メインブラシ:2個(ゴム、毛)
・モーター:DCモーター?
・モップ装着:不可
・エッジブラシ:2個
・メインブラシ:1個
・モーター:大風量ターボファンモーター
・モップ装着 :不可

東芝 Smarbo V, VC-RB7000モニュエル クレモン, 7780J
20140426z3toshiba.jpg20140426z5korea.jpg
・エッジブラシ:2個
・メインブラシ:1個
・モーター:強力ファンモーター
・モップ装着:可
・エッジブラシ:2個
・メインブラシ:1個(ゴム・毛混合)
・モーター:ブラシレスDC
・モップ装着:可

 構造の大きな違いは、次の点です。
・ルンバのみ、エッジブラシが1個だけ。
・ルンバのみ、メインブラシが2個ある。
・モーターについて、COCOROBOとSmarboは吸引力の強さをカタログでアピールしている。クレモンは、主にモーターの長寿命を謳っている。ルンバは、モーターについて詳細な記述がない。
・Smarboとクレモンは、モップがけ機能がある。裏面に専用モップを装着して、拭き掃除(カラ拭き)ができる。

 ルンバはブラシでの掻き取りに重点を、COCOROBOとSmarboはモーターによる吸引に重点を置いた設計のように見えます。


★「ロボット掃除機」ならでは!~多彩な運転機能
 この種の自動掃除機の特徴のひとつは、「ロボット掃除機」の呼称の通り、「自分で考えているかのような運転パターン」です。障害物を検知したり、掃除が終わると自分で充電場所に戻ったり、多彩な運転機能を搭載しています。
 各社ロボット掃除機について、主な運転機能を下表に比較します。
商品名ルンバCOCOROBOSmarbo Vクレモン
機種ルンバ770RX-V90VC-RB70007780J
人工知能高速応答iAdapt
人工知能AWARE
スマートお掃除ダブルブレイン自動マップ機能
1ヶ所の通過回数
(自動モード)  
平均4回?回4回?回
運転モード自動
スポット
自動
スポット
壁際
念入り
自動
スポット
節電
自動
スポット
壁際
進入制限付属×2別売付属×1付属×1
部屋割り不可不可不可
乗越え可能段差20mm以下15mm以下15mm以下10mm以下
落下防止ありあり
(50mm以上)
あり
(50mm以上)
あり
自動充電ありありありあり
スケジュールありありありあり
リモコン付属付属付属付属


 「自動充電」は、掃除を終えると、またはバッテリーが減ると、自分で充電場所に戻る機能です。留守中に掃除をさせておけば、帰ったときには充電場所に戻っているので、とても便利です。
N4190714.jpg

 「侵入制限(バーチャルウォール、センサーフェンス、バーチャルガード、インジケーター)」は、専用の「子機」を置いておくと、その場所よりも先には進まないようにできる機能です。玄関や階段など落下が心配な場所に設置すると便利です(部屋の構造によっては、必須と思われます)。さらに「部屋割り(ライトハウス、ルームインジケーター)」機能を搭載した機種では、部屋と部屋の間に子機を置いておくことで、ひと部屋ずつ順番に掃除をするようにできます。部屋ごとの「掃除ムラ」を減らせます。
N4200773.jpg
 そのほか、所定の時間になると自動的に運転を開始する「スケジュール」や、自分で操作できる「リモコン」など、便利な機能が搭載されています。


★長く快適に使いたい!~メンテナンス性
 ロボット掃除機のネックと思えるのが、「メンテナンス性」です。メンテナンスには、次のようなものがあります。
1)バッテリー関連:使用後の充電、寿命時のバッテリー交換
2)ゴミ関連   :ゴミ捨て、ゴミ容器の掃除
3)フィルター関連:フィルターの清掃、交換

◎バッテリー関連
 ルンバ購入の際に気になったのが、バッテリー寿命です。メーカーによって公称のバッテリー寿命は異なりますが、ルンバ770の場合1.5年(ルンバ800シリーズは3年)と、あまり長く感じません。交換用バッテリーは1万円ほどしますので、それなりのランニングコストがかかりそうです。最近は、バッテリー寿命が3年ある機種もありますので、この点も選択時の注目点かもしれません。
 また、部屋が広い場合など、1日に何度も運転させたい使い方では、充電時間も注目ポイントです。

商品名ルンバCOCOROBOSmarbo Vクレモン
機種ルンバ770RX-V90VC-RB70007780J
電池種類Ni-MHLi-ionLi-ionLi-ion
充電時間3hr4hr3hr1hr
電池寿命1.5年3年1.5年2.8年
電池価格1万円1.5万円1万円7000円
※交換部品の価格はカタログ価格(税別)。

◎ゴミ関連
  ゴミ関連については、ゴミ容器の容量、手入れのしやすさ(水洗いの可否)が、ポイントになりそうです。
商品名ルンバCOCOROBOSmarbo Vクレモン
機種ルンバ770RX-V90VC-RB70007780J
ゴミ容器形式ケース式ケース式ケース式ケース式
ゴミ容器容量ゴミ容量?ccゴミ容量100ccゴミ容量400ccゴミ容量800cc
ゴミ容器水洗い不可

 下の写真はルンバ770のゴミ容器です。一般的な掃除機と違って、「ケース式」になっていて、紙パックがありません。このため、ゴミ容器は、ホコリでかなり汚れます。
N4190678.jpg

◎フィルター関連
 ゴミ容器には、ホコリが外に漏れるのを防ぐための「フィルター」が取り付けられています。このフィルターが目詰まりすると、吸引力が落ちます。このため、何回か掃除するために、フィルターのゴミを取り除く必要があります。
商品名ルンバCOCOROBOSmarbo Vクレモン
機種ルンバ770RX-V90VC-RB70007780J
フィルターHEPAHEPAプリーツ高性能フィルタ
フィルター水洗い不可
フィルター寿命3~4ヶ月??6ヶ月
フィルター価格3000円/2set2500円600円2500円
※交換部品の価格はカタログ価格(税別)。

 下の写真では、「普通の掃除機」を使って、ホコリを取り除いている様子です。フィルターも消耗品のため、定期的な交換が必要です。水洗いできるものと、できないものがあり、水洗いできたほうが交換サイクルは長いようです。
N4190699.jpg


★各機の動作紹介動画
 アイロボットの「ルンバ(Roomba)」です。

 シャープの「ココロボ(COCOROBO)」です。

 東芝の「スマーボ(Smarbo)」です。

 モニュエル(韓国)の「クレモン(Clemon)」です。



★結局、どれを買うか?
 結局、どれを買うかですが、まずは店頭で、実際の製品を見て、触るのが最善です。さらに運転デモが見られれば、なお望ましいです。

 私の所有している「ルンバ770」はオススメできる機種です。メーカーのイメージ、価格、現品の堅牢感、ネットのクチコミなどを参考に、この機種に決めました。


 実際に使ってみて、ルンバ770の良い点・悪い点をまとめておきます。購入検討の際に、参考になれば幸いです。

◎良い点
・留守中、放っておけば勝手に掃除を完了してくれる。
・狭いところもガンガンぶつかっていって、念入りに掃除してくれる。

◎悪い点
・運転時間が長く(約1時間)、それなりに動作音がうるさいので、留守中以外は使用しにくい。
・電池寿命が1.5年と、最新機種(ルンバ800シリーズ:3年)に比べて見劣りする。
・ゴミ容器やフィルターが水洗いできない。(逆に言うと水洗い不要なので、これはこれで良いかも。)


この記事が役に立ちましたら、ぜひ応援をお願いします:
写真日記
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.