今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
比較検証!ルンバは「財布に優しい」か?~ロボット掃除機vs一般掃除機
【今日の夕食】
 今日は、妻の妊婦健診(36週)に、娘(3歳2か月)と一緒に行きました。今月に産まれる予定です。
 やや遅い昼食を回転寿司でとりました。夕食は、うどんだけです。
N5101753.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;90mm相当、F3.5、SS1/100、ISO640
★うどん
 シマダヤの「流水麺」です。茹で不要で便利ですが、コシがありませんでした。
 つゆは、キッコーマンの「削りたて ざるそばつゆ ストレート」です。

妻の料理を応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】比較検証!ルンバは「財布に優しい」か?~ロボット掃除機vs一般掃除機
 先日、ロボット掃除機「ルンバ(Roomba、形式:ルンバ770)」を買いました。留守の間に勝手に掃除をしてくれる、役に立つ製品です。妊婦の妻は、その便利さを大絶賛しています。
N4200768_20140426221929305.jpg

 今回は「ルンバは財布に優しい」かどうか、検証してみます。


★ルンバの費用、掃除機と比較!
 「ルンバ」は、代表的な「ロボット掃除機(自動掃除機)」です。ルンバの商品紹介ページ[1]を見ると、「ルンバは毎日使えるエコ家電」として、次のような記述があります。

◎「省エネ」と題して、
・「ルンバの消費電力は、一般掃除機の約20分の1。(※1) ルンバにすれば、節電にも、エコにもなります。」
・「※1 消費電力1000Wの掃除機との比較」

◎「経済的」と題して、
・「気になる電気代は、1時間でわずか約1円。(※2) 経済的だから毎日使えます。」
・「※2 単位電気代1kWh=22円。実際の使用方法や環境によって異なります。」

[1]セールス・オンデマンド;ルンバについて-エコ家電・お手入れ簡単
http://www.irobot-jp.com/roomba/eco.html

 我が家では、今まで廉価な「一般掃除機」を使っていました。5年以上前の購入ですが、1.5万円程度でした。対するルンバは、5万円以上する高級品です。
 N5091717mini.jpg

 実際にルンバを使ってみると、次の点が気になります。
 ・一般掃除機は15分程度しか使わないが、ルンバは1時間くらい延々と掃除している。
 ・ルンバの充電池には寿命(機種により1.5年または3年)があり、交換コストが高い(1万円)。
 ・ルンバは、そもそも本体の価格が高い。

 以上の点を考えると、本当にルンバは「省エネ」で「経済的」なのか、疑問があります。

 そこで今回、ルンバと一般掃除機で、どちらが省エネか、経済的か、比較しました。本当に財布に優しいのは、どちらでしょうか。


★ルンバの費用、掃除機と比較!
 比較するのは、以下の5種類です(ロボット掃除機2種、一般掃除機3種)。
a)ルンバ870:ルンバのハイエンドモデル。
b)ルンバ770:ルンバの中級機種。(私の所有機種)
c)パナソニックMC-SS330G :一般掃除機、サイクロン式。
d)パナソニックMC-PA330GX:一般掃除機、紙パック式、高級機。
e)パナソニックMC-PKL15A :一般掃除機、紙パック式、廉価機。




 比較項目は、次の通りです。
1)本体価格:購入時の費用。
 アマゾンの新品価格(千円未満は四捨五入)。2014/5調べ。

2)ランニングコスト:5年間の費用。
2-1)電気代
 以下で消費電力量[Wh]を計算後、電気代を25[円/kWh]として算出します。
 ・ルンバ  :充電時間3[hr]×充電消費電力30[W]
 ・一般掃除機:使用時間0.25[hr]×使用時消費電力1000[W]
 ※ルンバは、毎回充電するとしました。
 ※一般掃除機の使用時間は、15分=0.25hrとしました。
 ※年間の掃除機使用回数は、300回とします。

2-2)消耗品費用
◎電池
 ・ルンバ870:電池寿命=3年 →5年間で1個購入要。
 ・ルンバ770:電池寿命=1.5年→5年間で2個購入要。
 ・一般掃除機:電池交換不要(電池なし)
 ※ルンバの電池は、1個10000円です。
 ※ルンバ770は電池寿命1.5年ですが、3個で5年間持たせるとします。
◎フィルター
 ・ルンバ  :3000円/2set。交換3~4か月に1回。
  →5年間で15set必要。(うち3setが本体に付属)
 ・一般掃除機:交換不要とした。
◎紙パック
 ・ルンバ      :交換不要(紙パックなし)
 ・サイクロン式掃除機:交換不要(紙パックなし)
 ・紙パック式掃除機 :600円/5枚。交換1か月に1回。
  →5年間で60枚必要。(本体に付属なしとした。)

 製品スペックは、以下サイト[2][3]を参照しました。
[2セールス・オン・デマンド;製品ラインナップ
http://www.irobot-jp.com/product/index.html
[3]パナソニック;掃除機
http://panasonic.jp/soji/


★ルンバは本体も消耗品も高価!
 本体価格および消耗品費用(5年間)の比較結果を、下表に示します。

機種a)ルンバ870b)ルンバ770
c)サイクロン
MC-SS330G
d)紙パック
MC-PA330GX
e)紙パック
MC-PKL15A
本体価格72,000円49,000円42,000円40,000円12,000円
1回の
電気代
充電30W×3hr
×25円/kWh=
2.25円
充電30W×3hr
×25円/kWh=
2.25円
1000W×0.25hr
×25円/kWh=
6.25円
1000W×0.25hr
×25円/kWh=
6.25円
1000W×0.25hr
×25円/kWh=
6.25円
5年間の
電気代
2.25円×300回
×5年=
3,375円
2.25円×300回
×5年=
3,375円
6.25円×300回
×5年=
9,375円
6.25円×300回
×5年=
9,375円
6.25円×300回
×5年=
9,375円
5年間の
電池代
10,000円
×1個=
10,000円
10,000円
×2個=
20,000円
0円0円0円
5年間の
フィルタ
費用
1,500円/set
×12set=
18,000円
1,500円/set
×12set=
18,000円
0円0円0円
5年間の
紙パック
費用
0円0円0円120円/個
×60個=
7,200円
120円/個
×60個=
7,200円
消耗品
合計
28,000円38,000円0円7,200円7,200円
5年間の
ランニング
コスト
31,000円41,000円9,000円17,000円17,000円
5年間の
総費用
103,000円90,000円51,000円57,000円29,000円
※費用は百円の位で四捨五入。

 結果は、次の通りでした。

・本体価格  :ルンバ(5~7万円) > 一般掃除機(1~4万円)
・5年間電気代:ルンバ(3000円)   < 一般掃除機(9000円)
・5年間消耗品:ルンバ(3~4万円) > 一般掃除機(1~2万円)

・5年間総費用:ルンバ(9~10万円)> 一般掃除機(3~5万円)


 ルンバは、電気代は多少安い(5年間で6000円オトク)ので、この点では「省エネ」と言えるかもしれません。しかし、充電池や交換部品などの消耗品が必要なので、この点では省エネではありません(消耗品の製造・輸送・販売に、エネルギーを要しています)。
 「経済的」については、やはり本体や消耗品が高価なのがネックです。5年間の総費用を比較すると、紙パックの安い掃除機が、もっとも有利なようです。5年間で約6~7万円、ルンバよりもオトクです。

(追記)2015/5/14
 朗報があります。最近、「ルンバ800シリーズ」と共通の長寿命電池「XLifeバッテリー」が、アイロボット社の標準バッテリーとなったようで、ほぼ同じ価格で、寿命が2~3年の純正品を入手できるようになりました。
 詳しくは、→こちらの記事。


★掃除の労働を「人件費」と考えてみると
 上では、単純に本体、電気代、消耗品など「見えるコスト」だけを比較しました。しかし実際には、「掃除にかける労働力」という、見えないコストが存在します。そしてルンバのメリットは、「自分で掃除しなくてよい」ことですので、掃除労働のコストの削減が期待できます。
 
 ただ、「自分で掃除する」のが苦痛の人も、楽しい人もいるでしょうから、掃除にかかる労働力を一律コストとするのは簡単ではありません。しかしここでは、掃除する手間を単純に「人件費」として、ルンバと一般掃除機で比較してみます。時給は1000円としました。

 掃除に要する労働時間は、部屋や丁寧さによってまちまちですが、1回あたり15分(0.25hr)としました。
 一方のルンバは、掃除はしてくれますが、定期的な手入れが必要です(4~5回に一度≒週1回)。この手入れに必要な時間も、人件費として組み込むことにしました。(ルンバの手入れの詳細は、→こちらの記事。まじめにやると、けっこう手間がかかります。)
 一般の掃除機でも、サイクロン掃除機は定期掃除(月1回と仮定)、紙パック掃除機は紙パック交換(月1回程度)が必要です。これらも人件費として比較します。


★ルンバは人件費を大幅に削減!
 人件費の比較結果を、下表に示します。ルンバは、手入れに手間がかかるものの、一般掃除機と比べると、大幅に労働時間を削減できます。本表では時給1000円で計算しましたが、その差は5年間で30万円(労働時間300時間)になります。掃除の労働時間の節約にどれだけの価値を見出すかは、もちろん人それぞれですが、300時間というのは、かなり魅力的な数字に感じます。特に小さな子供がいたり、動くのが辛い方(妊婦、お年寄りなど)には、たいへん貴重ではないでしょうか。

機種a)ルンバ870b)ルンバ770
c)サイクロン
MC-SS330G
d)紙パック
MC-PA330GX
e)紙パック
MC-PKL15A
1回の
掃除の
労働時間
0hr0hr0.25hr
(15分)
0.25hr
(15分)
0.25hr
(15分)
1年間の
掃除の
人件費
0円0円0.25hr×300回
×1000円=
75,000円
0.25hr×300回
×1000円=
75,000円
0.25hr×300回
×1000円=
75,000円
5年間の
掃除の
人件費
0円0円75,000円
×5年=
375,000円
75,000円
×5年=
375,000円
75,000円
×5年=
375,000円
手入れ
頻度
週1回
手入れ
(年50回)
週1回
手入れ
(年50回)
月1回
手入れ
(年12回)
月1回
パック交換
(年12回)
月1回
パック交換
(年12回)
1回の
手入れ
労働時間
0.33hr
(20分)
0.33hr
(20分)
0.25hr
(15分)
0.05hr
(3分)
0.05hr
(3分)
1年間の
手入れ
人件費
0.33hr×50回
×1000円=
16,500円
0.33hr×50回
×1000円=
16,500円
0.25hr×12回
×1000円=
3,000円
0.05hr×12回
×1000円=
600円
0.05hr×12回
×1000円=
600円
5年間の
手入れ
人件費
16,500円
×5年=
83,000円
16,500円
×5年=
83,000円
3,000円
×5年=
15,000円
600円
×5年=
3,000円
600円
×5年=
3,000円
5年間の
人件費
総計
83,000円83,000円390,000円378,000円378,000円


★まとめ
 本体価格、消耗品費用、人件費に分けて、5年間での費用を下にまとめました。
機種a)ルンバ870b)ルンバ770
c)サイクロン
MC-SS330G
d)紙パック
MC-PA330GX
e)紙パック
MC-PKL15A
本体価格72,000円49,000円42,000円40,000円12,000円
5年間電気代3,000円3,000円9,000円9,000円9,000円
5年間消耗品28,000円38,000円0円7,000円7,000円
5年間出費
見えるコスト
103,000円90,000円51,000円57,000円29,000円
5年間人件費
見えないコスト
83,000円83,000円390,000円378,000円378,000円
5年間総計186,000円173,000円441,000円435,000円407,000円

 ルンバは本体、消耗品とも高いですが、人件費を大幅に削減できるのが魅力です。毎日15分でも、5年間つもりつもれば、約300時間の掃除時間になります。この時間が貴重と感じるのならば、ルンバの選択は十分な価値があります。
 妊婦の妻は、自分で掃除できず、掃除できないのがストレスでした。このストレスを解消できるので、ルンバには十分な価値があると言っています。

 逆に、自分で掃除することを人件費と感じないのであれば、一般掃除機を買ったほうが「お財布に優しい」と言えます。

結論:
・人件費を考慮すれば、ルンバは「お財布に優しい」と言える。
 =5年間で約30万円オトク(労働時間300時間削減)。

・人件費をゼロとすれば、ルンバは「お財布に優しくない。」
 =5年間で約4~6万円の損。


 言い換えると、年60時間の自由をとるか、1万円の節約をとるか、という選択になります。自分の労働費用が、1万円÷60時間≒時給170円以上であると考えるのならば、ルンバの選択が魅力的です。




この記事が楽しめましたら、ぜひ応援をお願いします:
写真日記


(追記)2015/5/14
 朗報があります。最近、「ルンバ800シリーズ」と共通の長寿命電池「XLifeバッテリー」が、アイロボット社の標準バッテリーとなったようで、ほぼ同じ価格で、寿命が2~3年の純正品を入手できるようになりました。
 詳しくは、→こちらの記事。


関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.