今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
亀ヶ谷坂、巨福呂坂~「七切通し(七口)」巡り・北鎌倉編
【今日の夕食】
 今日は、サッカーワールドカップ(フランスvsドイツ、ブラジルvsコロンビア)を見る予定です。したがいまして、22時になったら、自動的に寝ます。
N7043902.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD14-42mmF3.5-5.6IIR;EFL50mm、F4.4、SS1/125、ISO2500
★パエリア

★きゅうり

★さつまいものポテトサラダ

★4点盛りプレート
・豆腐
・塩キャベツ
・マヨいんげん
・アメリカンチェリー

妻の料理を応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】亀ヶ谷坂、巨福呂坂~「七切通し(七口)」巡り・北鎌倉編
 育休を利用して、鎌倉の「七切通(ななきりどおし、ななきりとおし、鎌倉七口)」を巡っています。

 今回は、「亀ヶ谷坂切通(かめがやつざかきりどおし)」と、「巨福呂切通(こぶくろきりどおし)」です。


★鎌倉の「七切通し」
 切通としては、「七切通し(鎌倉七口)」が有名なようです[1]。以下の7か所があります。
1.朝夷奈切通(あさひなきりどおし、あさいなきりどおし)
2.亀ヶ谷坂切通(かめがやつざかきりどおし) →今回の記事
3.仮粧坂切通(けわいざかきりどおし)
4.極楽寺切通(ごくらくじきりどおし)
5.巨福呂切通(こぶくろきりどおし) →今回の記事
6.大仏切通(だいぶつきりどおし)
7.名越切通(なごえきりどおし) →こちらの記事
[1]鎌倉市;かまくら観光-鎌倉名数-七切通し
http://guide.city.kamakura.kanagawa.jp/?p=111


★亀ヶ谷坂切通
 JR北鎌倉駅から建長寺に向かって歩き、建長寺の手前あたりで、右の細い道を入った先が、「亀ヶ谷坂切通(かめがやつざかきりどおし)」です。現在は、舗装された道路になっています。かなりの急坂で、道幅は狭く、自動車の通行は禁止されています。
N6303778.jpg N6303783.jpg
左)OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;EFL.90mm、F8、SS1/125、ISO500
右)OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;EFL.90mm、F8、SS1/125、ISO500

 切通らしい、岩壁です。
N6303779.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;EFL.90mm、F8、SS1/125、ISO3200

N6303786.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;EFL.90mm、F2.2、SS1/4000、ISO200

 現地の看板には、以下のように書かれていました。(鎌倉市教育委員会)
「国指定史跡 亀ヶ谷坂(かめがやつざか)
 この道は、扇ガ谷と山ノ内とを結ぶ、亀ヶ谷坂と呼ばれる切通です。切通とは、山を切り開いて造られた道のことで、交通を容易にするとともに、防御の拠点ともなっていました。
  亀ヶ谷坂が造られた正確な時期はわかりませんが、13世紀の中ごろには切通として整備されていたようです。『吾妻鏡』によれば、幕府が鎌倉市中の7箇所の 商業区域の1つとして『亀谷辻』を指定しており、建長寺や円覚寺などの大寺院が建立された山ノ内と、鎌倉市中を結ぶ亀ヶ谷坂は、経済的にも、軍事的にも、 重要な場所だったことがわかります。
 江戸時代には『鎌倉七口』の1つに数えられるようになり、現在も生活道路として利用されています。」


★巨福呂切通
 建長寺から南下して、鶴岡八幡宮の西側を通る道を、西に入っていくと、「巨福呂切通(こぶくろきりどおし)」があります。「巨福呂坂(こぶくろざか)」、「小袋坂」とも呼ばれているようです。

 説明書きの看板などはなく、かすれた字で「史跡 巨福呂坂」と書かれた棒が立っているのみです。トンネルのように見えるのは、送水施設(送水管路ずい道)のようです。立ち入りはできません。
N6303798.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;EFL.90mm、F8、SS1/125、ISO3200

 横の坂道を進んでいくと、道祖神があり、古い道であることが推察できます。
N6303797.jpg

N6303796.jpg
上)OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;EFL.90mm、F8、SS1/320、ISO200
下)OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;EFL.90mm、F8、SS1/320、ISO200

 さらに先に進むと、民家になってしまいました。これ以上は、進めないようです。切通の実感は乏しく、少々残念でした。
N6303795.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;EFL.90mm、F8、SS1/200、ISO200

 近くには、「巨福呂坂洞門(こぶくろざかどうもん)」と呼ばれるトンネルがあります。現地説明書きによれば、「切通しを歩いている実感が損なわれないよう、アーチ状の梁、大きな六角形の天井開口部、などの工夫」がなされているとのことです。確かにこちらのほうが、「切通」ぽくはあります。
N6303794.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;EFL.90mm、F5.6、SS1/125、ISO200


※今回も45mmF1.8という、景観撮影にすこぶる不向きなレンズを持って行ってしまいました。次回こそはキットレンズ(14-42mmF3.5-5.6IIR)を持っていこうと思います。


応援をお願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.