今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
仮粧坂切通から源氏山公園へ~鎌倉「七切通し(七口)」巡り
【今日の夕食】
 今日は、妻と娘(3歳5か月)と息子(0歳1か月)と一緒に、近くの大きな公園に行きました。小雨が降る天候だったのでしたが、人が少なく、静かに過ごすことができました。
 夕食は、ダブルサラダです。
P7194517.jpg
OLYMPUS TG-630;EFL62mm、F5.4、SS1/30、ISO800
★米飯

★ブリ照り焼き
 以前に焼いて、冷凍していたものです。

★かに大根サラダ
 本物のカニ入り。

★ツナきゅうりトマトサラダ

★ポテトチーズ焼き
 せんぎりのジャガイモに、とろけるチーズを乗せて焼きました。

妻の料理を応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】仮粧坂切通から源氏山公園へ~鎌倉「七切通し(七口)」巡り
 育休を利用して、鎌倉の「七切通(ななきりどおし、ななきりとおし、鎌倉七口)」を巡っています。

 今回は、「仮粧坂切通(けわいざかきりどおし)」です。


★鎌倉の「七切通し」
 切通としては、「七切通し(鎌倉七口)」が有名なようです[1]。以下の7か所があります。
1.朝夷奈切通(あさひなきりどおし、あさいなきりどおし)
2.亀ヶ谷坂切通(かめがやつざかきりどおし) →こちらの記事
3.仮粧坂切通(けわいざかきりどおし) →今回の記事
4.極楽寺切通(ごくらくじきりどおし) →こちらの記事
5.巨福呂切通(こぶくろきりどおし) →こちらの記事
6.大仏切通(だいぶつきりどおし) →こちらの記事
7.名越切通(なごえきりどおし) →こちらの記事
[1]鎌倉市;かまくら観光-鎌倉名数-七切通し
http://guide.city.kamakura.kanagawa.jp/?p=111


★仮粧坂切通
 JR鎌倉駅と北鎌倉駅の中間、源氏山公園に登る道の途中に、「仮粧坂切通(けわいざかきりどおし、けはいざかきりどおし)」はあります。(※「化粧坂」ではありません。)
 今回は、鎌倉駅から線路沿いを歩いて行きました。
N7154255.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD14-42mmF3.5-5.6IIR;EFL44mm、F6.3、SS1/640、ISO200

 寿福寺、英勝寺を過ぎて、海蔵寺に向かう道の途中を、左に折れます。案内板が豊富に設けられているので、迷わずに進めました。
N7154257.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD14-42mmF3.5-5.6IIR;EFL40mm、F6.3、SS1/320、ISO200

 細い舗装道路をしばらく進むと、「仮粧坂」の石碑が見えました。そして、山道のような急坂が、唐突に現れます。これが「仮粧坂切通」のようです。
N7154280.jpg N7154260.jpg
上)OLYMPUS E-PM2+MZD14-42mmF3.5-5.6IIR;EFL28mm、F4.5、SS1/100、ISO200
下)OLYMPUS E-PM2+MZD14-42mmF3.5-5.6IIR;EFL28mm、F6.5、SS1/125、ISO1250

 かなり急な坂になっています。この日は晴れでしたが、地面が水で濡れていて滑りやすく、足元に注意が必要でした。写真の大石(巨石)は、防衛のために人工的に設置されたものでしょうか。
N7154264aa.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD14-42mmF3.5-5.6IIR;EFL28mm、F6.3、SS1/125、ISO800

 切通らしい、見ごたえのある景観です。
N7154270a.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD14-42mmF3.5-5.6IIR;EFL58mm、F6.3、SS1/100、ISO500

 岩が削られて、階段のようになっています。
N7154273a.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD14-42mmF3.5-5.6IIR;EFL44mm、F6.3、SS1/100、ISO640

 現地の立札(源氏山公園内)には、以下のような記述がありました。(鎌倉市教育委員会)
「国指定史跡 仮粧坂(けはいざか)
 仮粧坂は、鎌倉の北西から武蔵方面に抜ける『鎌倉往還上ノ道(かみのみち)』(武蔵路)の出入り口に当たります。鎌倉の交通の要衝であったことから、元弘3年(1333)の新田義貞の鎌倉攻めでも戦場となっています。
 『吾妻鏡(あづまかがみ)』建長3年(1251)12月3日条には、鎌倉の中で小町屋及び売買所を構えても良い場所の一つとして『気和飛坂山上(仮粧坂の山上)』と書かれています。坂頂上部は葛原岡(くずはらがおか)とも呼ばれ、元弘2年(1332)後醍醐天皇の討幕計画に関わった日野俊基(ひのとしもと)が斬首された刑場でもありました。指定地内北部には地蔵像や五輪塔などの浮彫りをもつ特徴的なやぐら群(瓜ヶ谷(うりがやつ)やぐら群)があります。また周辺の発掘調査では多数の火葬跡が発見されており、仮粧坂が交通の要衝であると同時に、都市鎌倉の境界に位置する葬送の地であったことが明らかになっています。」



 源氏山公園には、「源頼朝」の像がありました。お弁当を食べるのにも好適な、広場になっています。
N7154284aa.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD14-42mmF3.5-5.6IIR;EFL32mm、F5.6、SS1/800、ISO200

 源氏山公園から戻るには、下り坂になります。登りより下りのほうが滑りやすく、注意が必要です。安全確認ヨシ!
N7154291.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD14-42mmF3.5-5.6IIR;EFL28mm、F8.0、SS1/100、ISO1250

 源氏山公園や、銭洗弁財天(銭洗弁天)に続く道であることもあってか、この切通は、とても人通りが多いようです。私が来た時も、小学生の団体や、個人の観光客が、とぎれなく上り下りしていました。それでも、切通しらしい景観が保たれています。景観保全のために、努力されている方々のおかげかと思います。


 地図で場所を確認しておきます。



※今回の写真は、オリンパスのミラーレス一眼レフE-PM2(キットレンズ)で撮影しました。しかし残念ながら、意図したような、陰影を伴う雰囲気のある画を、撮ることができませんでした。光と影のバランスが悪かったようです。露出補正が不適切だったのと、「階調オート」で撮影してしまったことも、失敗原因かもしれません。いくつかRAW補正してみましたが、イメージ通りにはできませんでした。風景撮りの難しさを知りました。次回にチャレンジ。

応援をお願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.