今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
書込み速度比較実験!~一眼カメラ用SDカードの選び方(SanDisk)
【今日の夕食】
 口内炎(口内ヘルペス?)は、だいぶよくなりましたが、まだ柔らかい食べ物です。今日からしばらく、借り物カメラで撮影します。
DSCF4650.jpg
FUJIFILM X20;EFL47mm,F4.0,SS1/40,ISO400
★おかゆ、卵入り

★海鮮シューマイ(スーパー惣菜)

口内炎のおじさんを、応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】書込み速度比較実験!~一眼カメラ用SDカードの選び方(SanDisk)
 今日は、一眼カメラ用SDカードの選び方と、オススメ製品について書きます。

★YOUはショック! SDカードが「あわびゅ!」
 しょしょしょショックです。

 デジタルカメラ(ミラーレスE-PM2)用の、SDカードが壊れてしまいました。写真のごとく、パックリと割れました。落ちている部品は、上書き防止用のツメ(プロテクトスイッチ)です。
miniP8050076.jpg

 仕方がないので、新しいSDカードを買いました。ちょっと良いヤツ(Sandisk「Extreme Pro」)を選んだので、2000円もしました! びびび貧乏なのに~!!
miniP7174321.jpg

 でも、このカード、価格のわりに性能がズバ抜けていて、お勧めのSDカードなんです!実機でのテストを、後述しています。ぜひ、ご参考ください。


★SDカードは「容量」と「速度」で選ぶ
 SDカードには、なにやらたくさんの規格があり、選ぶのが簡単ではないと感じました。そこで、SDカードを選ぶときに注目すべき、2つのポイントをまとめました。(有名メーカーのサイト[1][2]を参考にしています。)

◎ポイント1:容量
 SDカードには、「8GB」とか「16GB」とか記載されています。これが「容量」で、大きいほどたくさんの画像を記録できます。容量によって、次のように3種類の規格があります。規格に対応していない機器(カメラ、リーダーなど)は、使用できません。
・SDカード  :容量2GB以下
・SDHCカード:容量2GB超~32GB以下
・SDXCカード:容量32GB超

 容量が大きいカードは便利ですが、価格が高く、紛失・故障のときのダメージが大きいです。容量が小さいカードは安価ですが、1GBあたりの単価では大容量カードに劣ります。用途・好みに応じて、容量を選ぶのが吉です。
 個人的には、貧乏なのと、データはすぐにPCに写す使い方なので、8GBもあれば十分だと思っています。

◎ポイント2:速度
 SDカードをカメラで使う場合に重要なのが、データ転送の「速度」です。データ転送が遅いと、連写できる枚数が制限されたり、動画がうまく記録できなかったりするようです。このスピード表示には、従来の「SDスピードクラス(Class表示)」と新規格「UHSスピードクラス」があります。そのほか、各メーカーが記載している「最高転送速度」もあります。以下にまとめました。
速度の表示表示例意味
SDスピードクラスClass 10
Class 6 など
Class10:10MB/s以上
Class 6:6MB/s以上 など
UHSスピードクラスUHS Speed Class 1 などClass 1:10MB/s以上
最高転送速度95MB/s など最高速度95MB/s など
 サイト[1]によると、動画には「SDスピードクラス」または「UHSスピードクラス」が重要だそうです。スピードクラスは「最低保証速度」を示すものなので、これが遅いと動画のコマ落ちが生じてしまうのでしょう。
 一方、写真では、スピードクラスは関係なく、「最高転送速度」が重要だそうです。これは、実際のSDカードは、例えばClass10と言っていても10MB/sより転送速度が速く、速ければ速いほど、記録に要する時間が短縮できる、ということだと思います。静止画カメラ用SDカードは、スピードクラスでなく、最高転送速度で選ぶ、と覚えておきましょう。
 なお、UHSスピードクラスは、「UHS対応機器」を使った場合の転送速度を示すものです。UHSとは、新しい「高速転送規格」で、UHS-IとUHS-IIがあります。従来のSDカードが最大25MB/sの転送速度だったのに対して、UHS-Iは最大104MB/s、UHS-IIは312MB/sまで、高速化が可能だそうです。どこまで高速かは、カードによって異なります。

[1]サンディスク;メモリーカード研究所
http://www.sandisk.co.jp/lab/
[2]東芝;SDメモリカード基本情報
http://www.toshiba.co.jp/p-media/overview/index_j.htm


★一番早いのはどれ? SDカード選手権!
 このSDカードは、最高転送速度95MB/s、SDスピードクラス10(Class10)、UHSスピードクラス1、という、「超高速」な商品です。試しに、これまで持っていたSDカードと、転送速度を比較してみました。

◎比較したカード
a)KINGMAX 2GB、Class記載なし
b)TDK 4GB、Class10、UHS非対応
c)今回購入 Sandisk 8GB、Class10、UHSスピードクラス1
miniP8050074a.jpg

◎調査項目
その1.パソコンへの転送速度
 約1.6GBのデータを、パソコンからSDカードに移動した場合(書き込み)、逆にSDカードからパソコンに移動した場合(読み取り)について、データの転送速度を調べました。いずれも、Windows8の画面に表示される転送速度の数字を読み取りました。下はSandisk 8GBでの例です。書き込み21MB/s、読み取り34MB/s程度でした。なお、SDカードのリード/ライトには、USB2.0接続でUHS対応(UHS-I)のUSBカードリーダを使っています。
write1_20M.jpg read1_1p6G_34M.jpg
左:PC→SDカード(書き込み)、右:SDカード→PC(読み取り)

その2.カメラからの転送速度
 私のカメラ、オリンパスE-PM2(ミラーレス一眼)で、各SDカードを使ったときの、連写時の画像保存の速度を調べました。10枚を連写したのち、電源を落とそうとしますが、SDカードへの書き込みが完了するまで電源はOFFになりません。1枚目の撮影開始から、電源OFFまでの時間を測定しました。10枚の画像(形式:RAW+JPG)の合計容量は、約150MBです。
 下の動画は、Sandisk 8GBでの例です。1枚目の撮影から電源OFFまで、約13秒でした。なお、このカメラは、UHS規格(UHS-I)に対応しています。


◎調査結果
 結果をまとめます。
 PC・SDカード間の転送速度は、スペック通りの順番になりました。ただ、Sandisk については、スペックほどの速度は出ていないようです。これは、PCカードリーダがUSB2.0対応のため、SDカードの性能に追いついていないためかもしれません。もっと高速な読み書きをするには、USB3.0が必要なのでしょうか。
 また、カメラ→SDカードの転送は、スペックに対して、かなりゆっくりです。この原因は、カメラの画像データをSDカードに転送するには、前準備(画質調整、JPEG化など)が必要で、データ転送+αの時間が必要になるためかもしれません。しかし、高スペックのカードほど、転送が速い結果になっています。
カードスペックPC→SDカードSDカード→PCカメラ→SDカード
a)KINGMAX 2GB7MB/s20MB/s150MB/43s
≒4MB/s
b)TDK 4GBClass10
(min.10MB/s)
9MB/s16MB/s150MB/22s
≒7MB/s
c)Sandisk 8GBmax.95MB/s
Class10
UHS:1
(min.10MB/s)
20MB/s34MB/s150MB/13s
≒12MB/s

 以上から、高速なスペックのSDカードを使うと、以下の恩恵が得られそうです。
1)写真をPCとやりとりするときの、データ移動時間を短縮できる。
2)写真撮影後の、データ転送待ち時間を短縮できる。

 安価なカードと高性能なカードでは、3倍近い差があります。カメラを使っていると、データ転送が完了するまで画像確認や電源OFFができないので、イライラすることがあります。しかし高速カードを使えば、この問題を解消できるはずです。
 特に一眼レフ(ミラーレス含む)の場合は、JPEGでなく、「RAW形式」で保存する場合が多いです。RAW形式は、PCで後加工が可能で便利ですが、ファイルサイズが大きいです(例:1枚=15MB)。一眼カメラなど、RAW形式で撮影する場合には、高速なSDカードの有用性が、特に高いと思います。


★私のオススメ! SDカード
 SDカードは、意外と簡単に壊れるようなので、信頼性の高いメーカーのものを選びたいところです。
 「サンディスク」は、SDカードのシェア(日本、米国、欧州、アジア)がトップ[1]のメーカーです。ネットでの評判も悪くなく、第一の選択肢に挙げたいメーカーだと思います。

 このメーカーの中で、私のオススメは、以下の2点です。低容量派は8GB、大容量派は64GBを。


 オススメのポイントは、
・最高速度が読込95MB/s、書込90GB/sと、とても速い。
・Amazon限定のためか、価格がとってもリーズナブル。下位シリーズよりも安い。


 これからSDカードの購入を考えている方、今のSDカードのレスポンスに不満がある方、ぜひ、お勧めです。
※私が購入したのは、この8GBの製品です。上述の実機テストの通り、優秀な成績でした。


★SanDisk(サンディスク)製品一覧
 下は、主な商品の価格表です(価格はアマゾン、2014/8現在)。商品情報はサイト[2]を参照しました。商品の詳細&アマゾン通販へのリンクを、後にまとめてあります。高速・高容量ほど価格が高いのですが、部分的に、価格が前後している個所があります。そこが、お買い得ポイントなんです。
シリーズ最高速度8GB16GB32GB64GB
Extreme PRO UHS-II
読込:280GB/s
書込:250GB/s
---9,300円15,000円25,000円
Extreme PRO UHS-I
読込:95GB/s
書込:90GB/s
2,200円8,000円14,000円13,000円
Extreme PLUS
読込:80GB/s
書込:60GB/s
2,600円3,700円8,600円15,600円
Extreme
読込:45GB/s
書込:45GB/s
1,500円3,100円4,200円9,500円
Ultra PLUS
読込:40GB/s
書込:40GB/s
1,800円3,000円6,600円14,300円

[2]サンディスク;SDカード
http://www.sandisk.co.jp/products/memory-cards/sd/


 以下、詳細な製品リストです。

◎Extreme PRO UHS-II
 SanDisk製SDカードの最高峰です。UHS-II規格に対応し、UHSスピードクラス:3です。読込・書込速度が非常に速いですが、価格も飛びぬけています。アマゾンのリンクは、「海外版パッケージ」しか見つかりませんでした。
スペックSDHC
16GB
SDHC
32GB
SDHC
64GB
◎UHS:3

◎Class:―

◎最高速度
読込280GB/s
書込250MB/s

◎Extreme PRO UHS-I
 超高速タイプです。UHS-I規格に対応。アマゾンのリンクは、「国内正規品」を選んであります。8GBのものは、旧仕様ですが「Amazon限定品」で、下位クラスよりも安価で、お買い得です。私が購入したのは、この8GBの商品です。
スペックオススメ!
SDHC
8GB
SDHC
16GB
SDHC
32GB
◎UHS:1

◎Class 10

◎最高速度
読込95GB/s
書込90MB/s

 予算があり、大容量が好みでしたら、旧仕様の64GBもお買い得です。新仕様の32GBと変わらない価格で、同スペックの64GBが入手できます。
スペックオススメ!
SDXC
64GB
◎UHS:1

◎Class 10

◎最高速度
読込95GB/s
書込90MB/s

◎Extreme PLUS
 やや速度の落ちるシリーズです。16GB以上だと上位シリーズの約半額になり、値ごろ感が増します。
スペックSDHC
8GB
SDHC
16GB
SDHC
32GB
◎UHS:1

◎Class 10

◎最高速度
読込80GB/s
書込60MB/s

※8GBのみ
書込30MB/s

◎Extreme
 Extreme PLUSから、速度が半分程度に落ちます。価格も半額程度になっています。(16GBは価格があまり変わらず、不思議です。)
スペックSDHC
8GB
SDHC
16GB
SDHC
32GB
◎UHS:1

◎Class 10

◎最高速度
読込45GB/s
書込45MB/s

※8GBのみ
書込30MB/s

◎Ultra PLUS
 「UHSスピードクラス1」としては、最安値の部類です。Extremeとほぼ同様のスペックで、価格も大差ありません。
スペックSDHC
8GB
SDHC
16GB
SDHC
32GB
◎UHS:1

◎Class 10

◎最高速度
読込40GB/s
書込40MB/s



応援をお願いします:
写真日記
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.