今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
運動会に!マイクロフォーサーズ用「望遠ズーム」詳細比較
【今日の夕食】
 今日は、娘(3歳5か月)と市営プールに行きました。1時間ほどでしたが、全身がほどよい疲労感でした。娘は、プール後には公園で遊び、妻と買い物に行き、家では歌って踊り、すこぶる元気でした。水泳は、全身を刺激して、活力を与えるのかもしれません。(大人のほうは、すっかり活力が抜けましたが。)
DSCF4999.jpg
FUJIFILM X20;EFL56mm,F2.5,SS1/60,ISO500
★米飯

★あさり汁
 妻は、アサリが好きです。

★マカロニグラタン風
 ひき肉・ナス・トマトを煮込んだソースをペンネにかけて、チーズを乗せて焼きました。私は、マカロニが大好きです。

★ポテトサラダ

妻の料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】運動会に!マイクロフォーサーズ用「望遠ズーム」詳細比較
 今日は、ミラーレス一眼カメラ(マイクロフォーサーズ)用の「望遠ズーム」を比較検討します。


★いよいよ運動会!「望遠ズーム」を準備しよう!
 いよいよ、運動会が近づいてきました。運動会で、我が子の活躍を撮りたいがために、一眼カメラを新規に購入したお父さん・お母さんも多いのではないでしょうか。
 我が家の場合、娘(3歳5か月)はまだ幼稚園に通っておらず、運動会は早くても来年以降です。しかし、この機会に、「望遠ズーム」の交換レンズを検討することにしました。
 私のカメラはオリンパス「PEN mini E-PM2」、マイクロフォーサーズという規格のデジタル一眼レフ(ノンレフ)です。レンズ1本のキットを買ったので、望遠ズームレンズは、まだ所有していません。
 マイクロフォーサーズの望遠ズームは種類が多いので、以下、一覧して比較します。


★やっぱり本命!「望遠ズーム」
 換算80mm前後~換算300mm程度の望遠ズームレンズには、以下があります。(パナソニックには、35-100mm F2.8通し「LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 POWER O.I.S.」もありますが、これは約10万円するため、割愛しました。)
・オリンパス  40-150mm F4.0-5.6R
・パナソニック 45-150mm F4.0-5.6
・パナソニック 45-175mm F4.0-5.6
・パナソニック 45-200mm F4.0-5.6


◎スペック比較表:望遠ズーム
形式価格発売日EFL
[mm]
F値全長[mm]
重量[g]
OISPZ
オリンパス
M.ZUIKO DIGITAL
ED 40-150mm F4.0-5.6 R
35,0002011/980-3004.0-5.683-140
190g
--
パナソニック
LUMIX G VARIO
45-150mm F4.0-5.6 ASPH.
MEGA O.I.S.
24,0002012/990-3004.0-5.673-110
200g
-
パナソニック
LUMIX G X VARIO PZ
45-175mm F4.0-5.6 ASPH.
POWER O.I.S.
38,0002011/1090-3504.0-5.690不変
210g
パナソニック
LUMIX G VARIO
45-200mm F4.0-5.6
MEGA O.I.S.
35,0002008/1090-4004.0-5.6100-?
380g
-
※価格はヨドバシドットコム、2014/8現在、税込。1000円単位に丸め。
※EFL=35mm換算焦点距離(Equivalent Focal Length)
※全長=収納時:カタログ値、1mm単位に丸め。最大:実測値、5mm単位。
※OIS=手ブレ補正、◎=POWER O.I.S.、○=MEGA O.I.S.
※PZ=電動ズーム


◎詳細スペックの比較検討:望遠ズーム
1.画質、F値、焦点距離
 現代のレンズですから、どれも画質は問題ないだろう、ということで、画質は気にしないことにします。仮に差があっても、私の目では判定不能だと思います。MTFチャートには僅かな差がありそうですが、どれも優秀そうです。
 F値は、すべて4.0-5.6で、同じです。広角・望遠端の画角が、少しずつ異なります。

2.手ブレ補正
 オリンパス40-150mmは、レンズ内に手ブレ補正がありません。私のカメラE-PM2は、ボディ内には手ブレ補正がありますが、液晶画面で手ブレ補正効果を確認できない仕様です(オリンパスでも、OM-DやE-P5では、半押し時に手ブレ補正が反映される)。望遠レンズでは、手ブレが拡大されてしまうので、レンズ内手ブレ補正が欲しいところです。
 パナソニックの3本は、手ブレ補正内蔵です。45-175mmは、手ブレ補正が他より強力な「POWER O.I.S.」です。MEGA O.I.S.に比べて、低周波域のブレ補正が優れるようです。POWERでは、MEGAよりもさらに1~2段分の手ブレ補正効果の改善がなされているようです。実際に試してみると、やはりPOWERのほうが、ブレが生じにくいようです。

3.AF駆動方式
 「子供撮り」「運動会」となると、AF速度はレンズ選びの最重要ポイントかもしれません。そしてAF駆動方式は、AF速度を決定づける重要な要素です。スペックだけ見て高速そうなのは、オリ40-150mmと、パナ45-175mmでしょうか。どちらも駆動レンズ数を少なくすることで、高速AFを狙っています。実際に試したところ、オリ40-150mm、パナ45-150mm、パナ45-175mmの3本は、きわめてAFが高速でした。体感では、キットレンズ14-42mmF3.5-5.6IIRと同レベルです。パナ45-200mmは、試していません。
・オリ40-150mm:MSC機構、RF(2枚駆動)
・パナ45-150mm:スクリュー一体型ステッピングモータ(ギヤレス)、IF
・パナ45-175mm:マルチアクチュエータフローティングシステム(2群2枚独立駆動)、IF
・パナ45-200mm:IF
※IF=インナーフォーカス。RF=リアフォーカス。

4.その他
 望遠レンズは、使用時にレンズ全長が大きく伸びるものがあります。見た目が下品に見えるので、個人的には気になる点です。パナの45-175mmはズームしてもレンズ全長が固定なのが美点だと思います。ただし、電動ズームなので、使用感(ズーム速度、微調整のしやすさ)は実際に試すことをオススメします。(個人的には、慣れれば大丈夫だろう、というレベルでした。)


★総評:レンズ全長不変「パナ45-175mm」が使いやすそう
 個人的には、手ブレ補正・AF駆動方式に長所があり、レンズ全長が不変で使いやすそうな、パナ45-175mmが良さそうに感じました。ただし電動ズームなので、試用してみて使い心地を確かめる必要がありそうです。中古なら3万円くらい(カメラのキタムラ)。
 価格を優先するならば、パナ45-150mmが良いと思います。中古は約2万円。

※高倍率ズームをショールームで実際に比較しました。以下の記事。
・オリンパスプラザ:→こちら
・パナソニックセンター:→こちら

※そして、「パナ45-175mm」を買いました。以下の記事。
・子供撮り作例:→こちら
・お買い得な「白箱」、ナント2.2万円!:→こちら



<参考サイト>
◎オリンパス
・45-150mm 商品情報
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/40-150_40-56_r/index.html
・45-150mm  オンラインショップ
https://shop.olympus-imaging.jp/product-detail/index/proid/1884

◎パナソニック
・手ブレ補正(POWER O.I.S. / MEGA O.I.S.)
http://panasonic.jp/dc/lens/technology/stabilization.html
・45-150mm 商品情報
http://panasonic.jp/dc/lens/lumix_g_vario_45-150.html
・45-175mm 商品情報
http://panasonic.jp/dc/lens/lumix_g_x_vario_pz_45-175.html
・45-200mm 商品情報
http://panasonic.jp/dc/lens/lumix_g_vario_45-200.html


★1本で済ませるなら「高倍率ズーム」
 運動会ですと、競技以外にも、全体の雰囲気を記録する全景写真や、お弁当のときのスナップ写真も欲しいところです。このような写真は、望遠ズームだけだと撮りにくそうです。しかし、ホコリや砂の舞う校庭で、レンズを何度も替えるのは勇気が要ります。
 そこで、レンズ1本で済ませられる「高倍率ズーム」(いわゆる「便利ズーム」、10倍ズーム)の出番となります。運動会では、有力な選択肢となりそうです。
・パナソニック 14-140mm F3.5-5.6
・パナソニック 14-140mm F4.0-5.8
・オリンパス  14-150mm F4.0-5.6
・タムロン   14-150mm F3.5-5.8



◎スペック比較表:高倍率ズーム
形式価格発売日EFL
[mm]
F値全長[mm]
重量[g]
OISPZ
パナソニック
LUMIX G VARIO
14-140mm F3.5-5.6 ASPH.
POWER O.I.S.
76,0002013/528-2803.5-5.675-120
265g
-
パナソニック
LUMIX G VARIO HD
14-140mm F4.0-5.8 ASPH.
MEGA O.I.S.
60,0002009/528-2804.0-5.884-140
460g
-
オリンパス
M.ZUIKO DIGITAL
ED 14-150mm F4.0-5.6
71,0002010/628-3004.0-5.683-140
260g
--
タムロン
14-150mm F/3.5-5.8 Di III
(Model C001)
62,0002014/628-3003.5-5.880-?
285g
--
※価格はヨドバシドットコム、2014/8現在、税込。1000円単位に丸め。
※EFL=35mm換算焦点距離(Equivalent Focal Length)
※全長=収納時:カタログ値、1mm単位に丸め。最大:実測値、5mm単位。
※OIS=手ブレ補正、◎=POWER O.I.S.、○=MEGA O.I.S.
※PZ=電動ズーム


◎詳細スペックの比較検討:高倍率ズーム
1.画質、F値、焦点距離
 やはり画質については、私の能力では差を認識できないでしょうから、無視することにします。
 F値は、多少違いがありますが、大差ありません。望遠端の画角も、少しずつ異なります。

2.手ブレ補正
 レンズ内手ブレ補正を搭載しているのは、パナソニックの2本です。14-140mm F3.5-5.6は、手ブレ補正が他より強力な 「POWER O.I.S.」です。

3.AF駆動方式
 AF駆動方式は、以下のようになっています。どれも高速AFへの配慮がなされているようです。実際に試したところ、体感では、オリ14-150mmは極めて高速(キットレンズ14-42mmF3.5-5.6IIRと同レベル)、パナ14-140mmの2本も同程度と言えそうなくらい高速でした(キットレンズよりも、ごくごく少しラグがあるかと思う程度)。タムロンは不明です。
・パナ14-140mmF3.5-5.6:スクリュー一体型ステッピングモーター(ギアレス)、IF
・パナ14-140mmF4.0-5.8:リニアモーター、IF
・オリ14-150mm:MSC機構、IF(2枚駆動)
・タムロン14-150mm:最適化ステッピングモーター(ギアレス)
※IF=インナーフォーカス。RF=リアフォーカス。

4.その他
 パナソニック14-140mmは、F値の異なる2本があります。F3.5-5.6が新型、F4.0-5.8が旧型です。旧型は寸法・重量とも大きいですが、市場価格は下落気味です。
  やはり、使用時にレンズ全長が大きく伸びるものがあります。現品を手に取って、確認したいところです。


★総評:高倍率ズームは、高くて買えません。
 個人的には、どれも価格が高く(6万円超)、私には手が出せないと感じました。買うとするならば、やはり手ブレ補正を内蔵した、パナソニックが良さそうです。F3.5-5.6とF4.0-5.8の2種類がありますが、発売が新しく、機能的にも優れていそうなF3.5-5.6を選びたいと思います。

※高倍率ズームをショールームで実際に比較しました。以下の記事。
・オリンパスプラザ:→こちら
・パナソニックセンター:→こちら


<参考サイト>
◎パナソニック
・手ブレ補正(POWER O.I.S. / MEGA O.I.S.)
http://panasonic.jp/dc/lens/technology/stabilization.html
・14-140mm  F3.5-5.6 商品情報
http://panasonic.jp/dc/lens/lumix_g_vario_14-140.html
・HD 14-140mm  F4.0-5.8 商品情報
http://panasonic.jp/dc/lens/lumix_g_vario_hd_14-140.html

◎オリンパス
・14-150mm 商品情報
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/14-150_40-56/index.html
・14-150mm オンラインショップ
https://shop.olympus-imaging.jp/product-detail/index/proid/1624

◎タムロン
・14-150mm 商品情報
https://www.tamron.co.jp/lineup/c001/index.html
・14-150mm プレスリリース
https://www.tamron.co.jp/news/release_2014/0619_c001.html



★「高級コンデジ」という選択肢
 ここまで検討を重ねたのですが、望遠ズームは標準ズームからのレンズ交換が面倒そう、高倍率ズームは価格が高い、そしてどちらも大きくて重い、ということで、購入には二の足を踏んでしまいます。
 そこで代替案として浮かぶのが、「高級コンデジ(高級コンパクトカメラ)」です。これは、3~5万円程度の価格で、1/1.7型以上の撮像センサーを搭載(汎用コンデジの1/2.3型よりも一回り大きい)、F値が2前後の「明るいレンズ」を採用している、というカメラです。これまで3倍前後のズームのものが多かったですが、最近になって、ズーム倍率が高いものが揃いつつあります。以下のような製品があります。
・オリンパス STYLUS1
・ニコン P7800
・ソニー RX10
・パナソニック LF1
・パナソニック FZ1000
・カシオ EX-100




◎スペック比較表
形式価格発売日EFL
[mm]
F値撮像素子
サイズ
ファインダー
ドット数
液晶チルト
オリンパス
STYLUS 1
55,0002013/1128-300
10.7倍
2.8通し1/1.7型あり
144万
チルト可
ニコン
P7800
51,0002013/1028-200
7.1倍
2.0-4.01/1.7型あり
92万
バリアングル
ソニー
RX10
124,0002013/1124-200
8.3倍
2.8通し1.0型あり
144万
チルト可
パナソニック
LF1
42,0002013/628-200
7.1倍
2.0-5.91/1.7型あり
20万
不可
パナソニック
FZ1000
89,0002014/725-400
16倍
2.8-4.01.0型あり
236万
バリアングル
カシオ
EX-100
74,0002014/328-300
10.7倍
2.8通し1/1.7型なしチルト可
※価格はヨドバシドットコム、2014/8現在、税込。1000円単位に丸め。
※EFL=35mm換算焦点距離(Equivalent Focal Length)
※全長=1mm単位に丸め。収納時。
※OIS=手ブレ補正、◎=POWER O.I.S.、○=MEGA O.I.S.
※PZ=電動ズーム

◎詳細比較
 ソニーRX10とパナFZ1000は、1型の撮像センサーを使用しています。画質は期待できそうですが、その分サイズが大きくて、ミラーレスと大差ないように見えます。価格も高すぎるのでは。
 望遠撮影には、ファインダーが便利です。カシオEX-100以外は、電子ファインダーを搭載しています。ただし、パナソニックLF1は画素数が見劣りします。また、「子供撮り」「運動会」だとAF速度が重要です。タッチシャッター(STYLUS1)も便利そうです。機種によってはAFが遅いものもありそうなので、実際に店頭で現品を手に取って、比較が必要だと思います。
 ちなみにスペック上は、1/1.7型のセンサーサイズが、マイクロフォーサーズのセンサー(4/3型)の大きさ(幅)の約1/2くらいになります。このため、1/1.7型センサーにF2.8レンズを備えたSTYLUS1と、4/3型センサーにF5.6望遠レンズを備えたマイクロフォーサーズで、センサーの受ける光量およびレンズ有効径は同じになります。したがって、両者の画質(暗所特性、ボケ)に大差はないと思います。コンパクトな分、STYLUS1のほうが優れているとも考えられそうです。


★高級コンデジは値落ち待ち。4万円なら。
  個人的には、まだ価格が高くて、手が届きそうにありません。バランスが良さそうなのは、オリンパスSTYLUS1だと思います。運動会などで必要になった際に、もしも4万円くらいになっていたら、そしてもしも現有のミラーレスが故障中だったりしたら、購入を検討しても良いかもしれません。ただ、我が家は貧乏なので、結局買わずに終わる可能性も濃厚です。


★補足 2015/4/29
 上で紹介した交換レンズ、Panasonicの「LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S(品番H-PS45175)」が、お買い得価格になっています。
 この記事を書いたとき3.5万円した価格が、アマゾンで現在ナント2.2万円です!色がブラックだと2.8万円。)


 ただ、気になる点があります。この2.2万円の商品、いわゆる「白箱」という品物なのです。(「限定セット用レンズ H-PS45175M-Sパナソニック株式会社日本製」と記載されているらしい。)
 白箱とは、本来レンズ単体で売るものではなく、カメラとセットで売られる品物だそうです。つまり、本来はセット売りのところを、カメラとレンズを別個に販売している、ということだと思います。保証書も入っており、メーカー保証も効くらしいのですが、やはり正規品でないので、私のような素人は、少し躊躇してしまいます。(もとのセットがなんだったか定かでありませんが、GX7のダブル電動ズームキットではないかと思われます。)

 ただ、中古品の相場(2万円)と比較しても、お買い得な買い物と言えそうです。いよいよ、買う気が増してしまいます。

※そして、「パナ45-175mm」を買いました。以下の記事。
・子供撮り作例:→こちら
・お買い得な「白箱」、ナント2.2万円!:→こちら


応援をお願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する


こんばんは。
お世話になっております。色んな記事にコメントしてしまってすみません。

マツジョンさんの気になってるパナソニックの
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.
にはズームリングが装備されているので手動ズームが可能みたいです。

また、手ブレ補正切り替えスイッチを搭載していないためオリンパスボディでは
強制的にボディの手ブレ補正が働きPOWER O.I.S.の恩恵を受けられない
という情報がありましたので、お知らせしたいと思いコメントしました。
残念ながら手ブレ補正切り替えスイッチのあるパナレンズでないと
(TAMRONレンズの補正の「ファインダーが張り付く」効果のような)
オリボディで「液晶画面が張り付く」感じの補正は得られないようですね…

以下の記事と
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/longterm/20120705_544771.html
価格.comのクチコミ(メーカー問い合わせの結果)を
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000281875/SortID=13494769/
参考にしております。
唐墨 | URL | 2014/08/16/Sat 23:37 [編集]
すいません
前言撤回させてください。すみません。

気になってもう少し調べてみたのですが、
PL5・PM2の世代からレンズに手ブレ補正のスイッチが無い場合でも
レンズ内補正を優先させることが出来るようになったみたいです。
E-M5では出来ないようですね。申し訳ありません全く正確ではありませんでした。
参考URL http://bbs.kakaku.com/bbs/J0000002794/SortID=15698786/


しかもズームリングでの手動ズームもなんちゃって手動のようで
実際はリングを回したら電動ズームで動くとのことで
いやはや、全て嘘を言ってしまっていました。お恥ずかしいです。
申し訳ありませんでした。
唐墨 | URL | 2014/08/18/Mon 00:49 [編集]
> 唐墨 さん
 おはようございます。
 そうなんです。ネット情報を見ていると、手ブレ補正は効くとか効かないとか、よく分からないんですよね。結局、機種によるという話のようです。一番信用できそうなのはオリンパスのホームページでしょうか。E-PM2「ISスイッチのないOIS機能付きレンズでも、レンズ内手ぶれ補正を優先する設定が可能になりました。」
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/epm2/feature/index5.html

 なんちゃって電動ズームも、説明書によれば「リングを回す速さによって、
ズームスピードが変わります」とのことで、どうなんでしょう。もしかすると、ズーム端でリングが止まらない?電動ピントリングと同じく、慣れていないと、かなり気持ち悪いかもしれません。

 手ブレ補正、電動ズームとも不安要素ですので、実際に試してから決めようと思っています。情報ありがとうございました。
マツジョン | URL | 2014/08/18/Mon 06:50 [編集]



トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.