今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
MGN金属製名刺入れ!~マグネシウム・チタン・真鍮・ステンレス・アルミ、通販リスト
【今日の夕食】
 今日は、娘(3歳8ヶ月)と2人で鎌倉に行きました。鎌倉駅~八幡宮~荏柄天神社の行程で、帰りはバスを使いました。娘は元気に歩き、お土産に飴を買って帰りました。
DSCF6264.jpg
FUJIFILM X20;EFL40mm,F2.8,SS1/30,ISO250;EV+0.7
★スパゲッティミートソース
 缶詰のミートソースに、キノコを加えたものです。

★みそ汁、キャベツ

★五目炊き込みごはん

★リンゴ(ジョナゴールド)

妻の料理を応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】MGN金属製名刺入れ!~マグネシウム・チタン・真鍮・ステンレス・アルミ、通販リスト
 今回は、「MGN」というメーカーの、金属製の名刺入れを紹介します。


★ステンレスの名刺入れ!
 新しい名刺入れを買いました。これまで、革製のものを使っていたのですが、大量に名刺交換が必要そうな気配があったので、名刺入れを新調しました。

 買ったのは、ステンレス(SUS)製の名刺入れです。機械屋ですので、もう少しメカっぽいものがよいなあ、と思っており、金属製のものを候補にしました。
 ステンレスを選んだのは、アルミよりも堅牢そうなのと、黒色(カラーステンレス)のタイプがあったのが決め手でした(銀色は目立ちすぎる気がして、気がひけます)。チタンも魅力的だったのですが、価格が高いのと、種類が選べないのとで、断念しました。
DSCF6254a.jpg

 こんな風に、パカッと開きます。名刺は15枚くらい入ります。大容量ではないですが、ほとんど名刺交換をする機会のない私には、ちょうど良いです。
DSCF6256a.jpg

 塗装でなく、表面処理で色(構造色)を付けているそうです。このため、表面の美しいヘアライン(研磨目)が残っています。ただ、ステンレスなので手アカが落ちにくく、黒色なのでホコリが目立つのが難点です。
DSCF6257a.jpg

 この名刺入れは、「MGNET(武田金型製作所)」というメーカーの商品です。このメーカー金属製の名刺入れを豊富にそろえています。金属工業が盛んな、新潟県燕市のメーカーのようです[1]。
[1]MGNET;
http://mgnet-office.com/


★材質・外観が豊富! 金属名刺入れを選ぼう!
 この機会に、この「MGNET」の金属名刺入れのリストを作りました。材質は、アルミ、ステンレス、マグネシウム合金、チタン、真鍮と、豊富な種類から選べます。材質だけでなく、表面処理や色などの外観もさまざまなので、選ぶのが楽しいですよ!

 金属製名刺入れをお探しの方の、お役に立てれば幸いです。


◎アルミ合金製
 金属製名刺入れの定番と思われる、アルミ合金製です。まずはオーソドックスな、横開きタイプ「MG-015」です。表面は「サテン加工」という、細かな研磨模様がついています。


 続いて、縦開きのタイプ「MG-025」です。同じアルミでも、表面の仕上げ方法(研磨、表面処理)によって、4タイプがあります。ソリッドは白色アルマイト処理、ダークソリッドは黒色アルマイト処理、ボーダーはヘアライン加工(ごく細い縞模様)、スパイラルは同心円状の研磨模様が付いています。いずれもアルマイト処理なので、キズに強く、表面が劣化しにくい特長がありそうです。


 このほか、高級アルミ合金である「ジュラルミン」製の名刺入れもあります。以下リンクからご覧ください。
http://www.mg-goods.net/meishi/metal/mg-023-01.html


◎ステンレス製
 アルミに次いで一般的であろう、ステンレス製の名刺入れです。最初に、横開きタイプ「MG-015」です。細かな研磨模様の美しい「ヘアライン」は、無色と黒色があります。私が買ったのは、この黒色です。「ミラー」は鏡面仕上げで、鏡のような映り込みがあるようです。


 縦開きタイプ「MG-026」です。こちらも、表面仕上げによって複数の商品があります。ミラーは鏡面仕上げ、ポリッシュはヘアライン加工です。ビンテージはダメージ加工をしたもので、鋳物肌のような風合いだそうです。最後のストーンは、バレル研磨をかけたもので、落ち着いた質感になっているようです。このへんの質感は、現物が見られないネット販売だと、少々分かりにくいのが難点です。


 そしてこちらも素材はステンレスなのですが、なんと! うるしを塗ってしまいました!!「漆黒」と「茜色」の2色です。



◎マグネシウム合金製
 ちょっと変わり種。マグネシウム合金製の「MG-020」という商品です。ノートパソコンやカメラのボディなどでは、お馴染みの素材ですね。カーボンブラック、セピアブラック、ロイヤルパープル、プラム、オリーブドラブ、ホワイトラテと、豊富なカラーバリエーションが魅力です。いずれも、塗装仕上げですので、金属ぽい質感には劣るかもしれません。しかし、金属ならではの剛性感や堅牢感は期待できるはずです。



 このライン、本当に色が豊富です。派手めの色も揃っています。「mg-020 POP」は、イエロー、オレンジ、ピンク、ライムグリーン。(このほか、アクアブルーもあるようです。アマゾンでは見つかりませんでした。)



◎真鍮製
 さらに変わったところで、真ちゅう(ブラス、黄銅)の名刺入れ「MG-024」もあります。使っているうちに徐々に錆びて、独特の色味や質感が現れてくるのが特徴のようです。重量感も楽しめそうです。



◎チタン合金製
 装飾やビジネス関連の小物で、高級金属といえば、やっぱりチタンです。チタニウム合金製の名刺入れとして「MG-023」があります。しかし、残念ながらアマゾンでは見つかりませんでした。以下サイトを参照ください。
http://www.mg-goods.net/meishi/metal/mg-023-02.html

 下は、MGNETではなく、「Daga」というブランドの商品です。チタン合金ではなく、「純チタン」らしい。カッコウイイですが、実用品としては派手すぎる気もします。一番右の商品は真鍮製です。



 材質・外観がさまざまの、金属製名刺入れを紹介しました。お役に立てば幸いです。


この記事が役に立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.