今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
初めてのミシン!シンガー「モナミピアアルファⅡ」SF-330を買いました。(モナミヌウアルファ同型機)
【今日の夕食】
 今日は、娘(4歳0ヶ月)の幼稚園グッズ(布もの)を、ミシンで作りました。
Q2141181.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;EFL.90mm、F4、SS1/100、ISO800
★米飯

★ブリ漬け焼き、レタス

★フーチャンプルー

妻の料理を応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】初めてのミシン!シンガー「モナミピアアルファⅡ」SF-330を買いました。(モナミヌウアルファ同型機)
 今日は、シンガーのミシン「モナミピアアルファⅡ」SF-330(モナミヌウアルファ同型機)の使用感について書きます。

★はじめてのミシン!「モナミピアアルファⅡ」
 ミシンを買いました!

 私にとっては、はじめて買ったミシンです。
 目的は、娘(4歳)が入園予定の、幼稚園の「布もの」づくりです。作るのは、妻と私です。
Q2050646.jpg

 機種は、シンガーの「モナミピア アルファⅡ(mon ami pia αII)」、SF-330です。近所の手芸店(実店舗)で購入しました。税込で、約6万円でした。
Q2050648.jpg

 同じシンガーの「モナミヌウ アルファ(mon ami nu α)」SC-315/SC-317/SC-350と同型機です。SC-300/SC-307の新型(マイナーチェンジ機種)でもあるようです。かなりややこしい商品構成です。
SC-300SC-315SC-317SC-350

 選定にあたっては、ライバルはJUKIの「エクシード キルトスペシャル HZL-F600JP」でした。こちらもネット実売価格が6.5万円でした。

 最終的にこの機種に決めたのは、「自動糸調子」「文字縫い・模様縫い」です。入手性と価格、メーカーの印象なども考慮しました。選定の経緯は、以前の記事(→こちら)に詳しく書いています。


★準備簡単!はじめてでも問題なし
 ミシンを使うのは、小学生の家庭家の授業以来だと思います。

 ミシンというと、準備が面倒な印象があります。私の実家のミシンが、「足踏み式ミシン」で、出したりしまったりが、とても大変だったのです。(ミシン台が電話台を兼ねていて、上にたくさん物品が乗っていたことも理由。)

 このため、選定に当たっては、「準備が簡単なこと」を念頭におきました。このSF-330は、同じシンガーの旧型機SC-300/SC-307と比べると、次の利点があります。はじめての私でも、とても簡単でした。
1)下糸を巻いている間、手で糸を持っている必要がない。
2)下糸が巻き終わると、自動的に巻きが停止する。
3)下糸を釜にセットした後に、針を操作して糸を引き上げる必要がない。
Q2050650.jpg Q2050653.jpg
 
 上糸の糸通しも、とてもシンプルでした。番号順に糸をかけた後に、「自動糸通し機」で、針に糸が通ります。ネットでの評判は今一つでしたが、私が10回ほど試した限り、100%の確率で糸が通ります。糸と針の種類にもよるのかもしれません。
Q2050654.jpg


★さっそく失敗!「文字縫い」で生地が巻き込まれた!!
 準備はきわめて簡単だったのですが。
 このミシンを買った決め手のひとつ「文字縫い」を試そうとして、トラブルに遭遇しました。

 文字を縫おうとしたら、生地(ハンカチ)が下プレートの穴に沈み込んでしまい、外れなくなってしまったのです。生地を引きちぎって外しましたが、一部がプレートにひっかかって、残ったままです。
Q2050658.jpg

 結局、プレートを外して、ようやく外すことができました。生地が薄いので、穴に落ち込みやすく、うまく送れなくなってしまったのが原因だったようです。それから、私が生地を押さえすぎていたのも、送り不良の原因だったと思います。文字縫いのときは、ミシンに完全に任せてしまえば良いようです。
Q2050659.jpg

 対策は、「下に紙を敷くこと」です。「ハトロン紙」という、薄い紙が良いようですが、今回は「紙カタログ」を使ってみました。ブラザーのミシンのカタログに、シンガーで試し縫いです。
Q2050669.jpg

 紙の上にハンカチを重ねて、さあ出発!
Q2050680.jpg

 できた! できました! 私こと「マツジョン」の「JON」を縫いました。(残念なことに、このミシン、カタカナは縫えないのです。)
Q2050683.jpg

 裏面。紙を巻き込んで、「美しい仕上がり」とは言えません。もうすこし外しやすい、薄手の紙が望ましいようです。
Q2050682.jpg


★これが欲しかった「ワンポイント縫い」
 そして、このミシンの、他社(JUKI エクシード・キルトスペシャル)との決定的な優位点(私にとって)が、「ワンポイント縫い」です。家・花・車などの、「子供が喜びそうな」ワンポイント模様を、たくさん搭載しているのです。

 紙を敷いてミシンをかけると、きれいに仕上がります。使う糸の種類も、もう少しいろいろ試してみようと思います。
Q2070874.jpg

 文字・模様を選ぶ操作は、とっても簡単です。4歳の娘は、あっというまに使い方を覚えてしまいました。JUKIのミシンのカタログに、シンガーで文字縫い。 
Q2070886.jpg


★6万円の投資! ミシンが趣味になるかしら?
 せっかくなので、カメラのストラップに文字を入れてみました。カメラの機種名と、常用レンズ名です。機種名をストラップに入れるのは、ニコン・キヤノンのマネです。
P2140569.jpg

 もちろん、幼稚園グッズも作らないといけません。ようやく、1個目「着替えバッグ」ができました。ミシン以外の行程で、けっこう時間がかかりました。
Q2141186.jpg

 ミシンに、6万円投資しました。それなりの趣味になると良いなあ。


この記事が役に立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.