今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
エノシマトレジャー2015、江の島地区の攻略ヒント(ネタバレ答え)
【今日の夕食】
 今日は、エノシマトレジャー2015(エノトレ)の、二宮・大磯地区の探索に、娘(4歳1ヶ月)とともに出かけました。坂道が多いコースでしたが、なんとか発見報告まで終えました。
Q3142183.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD14-42mmF3.5-5.6IIR;50mm相当、F4.4、SS1/125、ISO1250;EV+0.7
★米飯

★ポトフ

★焼きサバ

★ほうれん草おひたし

★冷奴

★いちご 

妻の料理を、応援よろしくお願いします:
写真日記


【今日のおじさん】エノシマトレジャー2015、江の島地区の攻略ヒント(ネタバレ答え)
 神奈川県藤沢市では、2015/2/7~3/31の間、「エノシマトレジャー2015 ~竜神の仮面と七曜の神器~」が開催されています[1]。毎年開催されているイベントで、今年も、エノシマトレジャー(通称「エノトレ」)を楽しみました。
 ★2014年の記事は →こちら。
 ★2013年の記事は →こちら
 ★2012年の記事は →こちら

[1]RUSH JAPAN;タカラッシュ エノシマトレジャー
http://www.takarush.jp/promo/fujisawa/


 開催期間があと半月ほどなので、あえてネタばらし記事(寸止め回答集)を書きます。どうしても解けない場合、すぐに終わらせたい場合、小さい子供が「だっこ/おんぶ」を要求して困り果てた場合(昨年の私)、などなど、最後のヒントとしてご活用ください。

 今回のエノトレは、江の島・藤沢市・鎌倉市・寒川町・茅ヶ崎市・大磯町・平塚市・二宮町の8地区での同時開催です。今回は、「江ノ島地区」について書きます。

 ★「藤沢地区」「鎌倉地区」「寒川地区」の記事は →こちら。
 ★「二宮地区」「大磯地区」の記事は →こちら。
 ★「平塚地区」「茅ヶ崎地区」の記事は →こちら。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 これから取り組もうとしている方は、
 見ないように注意してください。
 自力で探したほうが、何倍も楽しめます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 たいへんよくできた宝探しイベントです。内容を味わいつくし、遊びつくすために、この記事を書きました。イベント開催者の皆様に、感謝します。


★江の島地区:「竜神の仮面」を探せ!!
 エノシマトレジャーは、「宝の地図」と呼ばれるパンフレットに記された手がかりをもとに、実際に江の島周辺で宝探しをする、「リアル宝探し」イベントです。参加無料です。

 江の島地区の謎は、壱の謎・弐の謎・参の謎の、3つの謎で構成されます。3つの謎の手がかりを元に、最終目的地を目指します。
02江の島
 今回は、壱の謎→弐の謎→参の謎の順に探すのが、オススメです。結果的に、歩く距離を減らせます。妻に車で送ってもらって、「聖天島公園(しょうてんじまこうえん)」からスタートです。
00地図


★壱の謎:波の下に浮かぶ泡
 江の島は、1964年開催の東京オリンピックの際、ヨット競技の会場となったそうです。その時の会場後が、「江ノ島ヨットハーバー」[2]です。ここにある「ヨットハウス」を遠くから見ると、「波」のような形状の屋根が、特徴的です。奥には、三角形の帆が特徴の、ヨットも見えます。

[2]湘南なぎさパーク;江の島ヨットハーバー
http://enoshima-yacht-harbor.jp/index2.htm
11ヨット

 近くから見ると、壁面には、いくつもの丸い窓が配置されていました。波の形の屋根と合わせると、「泡」のようにも見えます。「三角形」、「波」、「泡」、宝の地図に書かれた内容と、奇妙に一致する気がするような、しないような。
13泡

 周囲を探してみると、「手がかり壱」を見つけることができました。
12泡


★弐の謎:大海を望む
 弐の謎から、江の島のいわゆる「観光エリア」の捜索に入ります。江の島は、アップダウンが激しい土地です。今回は4歳の娘と一緒なので、エスカレーター「エスカー」を使うことにしました。(前回、後半で娘が息切れして、だっこ&おんぶになってしまったことの反省です。)
01地図

 昼時になり、お腹がすいたので、腹ごしらえです。灯台(サムエル・コッキング苑)の近くの売店「あさひ本店」で、イカ焼きその他を買いました。
22食事

 この売店の近くには、レストランもあります。「イル・キャンティ・カフェ」です。池の中に、エビと塔の絵が描かれた看板です。偶然の一致か、今回の「宝の地図」にも、似たような絵がありますね。不思議、不思議。
21水

 そして、この池を越えて(横のほうへ)進むと、木でできた「砦」のようなデッキに登る階段があります。ここから、「大海を望む」ことができます。
 23大海

 そして、こんなところに「手がかり弐」が見つかったのです。
29手がかり


★参の謎:静かなる番人
 江の島といえば、「江島神社」が有名です。この神社は、「辺津宮(へつみや)」、「中津宮(なかつみや)」、「奥津宮(おくつみや)」から成ります[3]。「日本三大弁財天」(三姉妹の女神様=「三人の天女」様)と呼ばれているそうです。
[3]江島神社
http://enoshimajinja.or.jp/
33神社

 この三人の女神様には、それぞれ特徴があるようです。まず、一番下の「辺津宮」です。
31辺津
 ここには、大きな「袋」がありました。言ってみれば、「袋を持った天女様」でしょうか。
32袋

 次に2番目の「中津宮」です。
34中津
 この近くに、「水琴窟(すいきんくつ)」を見つけました。水を使って、「琴(こと)」のような音色を楽しむことができます。いわば、「琴を持った天女様」かもしれません。(写真は、水で字が浮き出るおみくじ「開運 水みくじ」にトライする娘。)
Q2070718.jpg

 そして最後が「奥津宮」です。この天女は、何も持っていないようです。
34奥津

 そして「静かなる番人」探しですが。番人ぽいのは、この龍とか。うーん、静かではなさそうか?
37番人

 この「八方睨みの亀」も、番人と言えなくもなさそうですが。
38番人

 そしてこちらは、山田流琴曲の開祖「山田検校(やまだけんぎょう)」の像だそうです。「江の島曲」などの代表作があるとのこと[4]。これは、「静かなる番人」と、関係があるのでしょうか。謎です。
[4]藤沢市観光協会;山田検校顕彰碑
http://www.fujisawa-kanko.jp/spot/spot01.html
36番人

 ちなみに「裏」から見ると、こんな感じです。
35番人

  そんなこんなで、「手がかり参」に辿り着きました。
 39手がかり


★「竜神の仮面」はどこだ!?
 こうして、手がかり壱~参を、見つけることができました。

 あとは、これらの手がかりを順につなげれば、「竜神の仮面」のありかが分かるはずです。手がかりは以下の通りでした(■はフセ字です。1文字とは限りません)。

 ・謎1:■と■の■の間 ■へ
 ・謎2:の小道を進み 下り■
 ・謎3:■横の■をひらく
  ※■はフセ字です(一文字とは限りません)。

 これらのキーワードをよく読めば、竜神の仮面のありかが、きっと分かるはずです。

 
 それはさておき、江の島観光と参りましょうか。

 江の島の一番のお土産スポットといえば、やはり江の島神社に続く参道ではないでしょうか。ここには、2つの鳥居があります。
 「赤」い「鳥」居と、
42赤

 「青」い「鳥」居、ですね。
41緑  

 この2つの「鳥」居の間に、「小道」を見つけました。どこに続いているのでしょうか。
43間

 進んだ先には「海」が見えました。「小道」は、「海」に続いていたのですね。
44間

 そして、海への「下り階段」の横に、面白い「看板」を見つけました。「ドラゴンに注意!」ですって。江の島はトンビが多く、「とんびに注意」の看板はよく目にしますが、まさか「ドラゴン」とは。本当に、いるんですかねぇ。(ちなみにこの看板、上にヒンジがついていて、カパッと「ひらく」ようにも見えます。どうなんでしょう?)
46注意

NSC_0230a_2015031506031312b.jpg


 そして、ついに! 「竜神の仮面」を見つけました!! 
 49発見
 このボードに書かれたヒントと、手がかり壱~参を使って、「最終キーワード」を得ることができます。

 おめでとう!!
 君は見事「竜神の仮面」を手に入れた!!
 この装備が悪の手に渡るのを防ぎ、世界を災いから救うことができたのだ!



★残り7箇所、どこまでできる?
 4歳の娘と2人、たいへん楽しい謎解きでした。エノシマトレジャー、毎年よくできていて、感心します。今回は8つのエリアを回るということで、1ヶ所1ヶ所の謎は、従来よりも「軽め」のように感じます。しかし、小さい子供を連れた私には、ちょうどよい負荷でした。
 今回は、江の島だけでなく、合計8か所のエリアがあり、今まで知らなかった場所を訪ねる喜びを味わえます。まだ、すべてのエリアには行っていませんが、毎年楽しいエノシマトレジャーに、感謝します。これが無料で遊べてしまうなんて、幸せです。ぜひ、ゆっくりとお楽しみください。
 

※この記事は、私の個人的な「体験記」で、あくまで当方の推理・推察を示したものです。上の記述が本当に真実の正解かどうかは、私には分かりかねますので、ぜひご自身でご体験ください!!


この記事が役に立ちましたら、ぜひ応援をお願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.