今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
入園準備!ミシンで「コップ入れ」&「お弁当袋」(シンガー・モナミピアアルファSF-330/ヌウアルファSC315/SC317/SC350)
【今日の夕食】
 今日は、花見に行きましたが、あいにくの天気で、寒く、娘(4歳1ヶ月)のくちびるが紫色になってしまったため、早々に引きあげました。
 夕食は、マーボー豆腐のつもりだったそうですが、味噌の在庫が切れており、メニュー変更となりました。
  Q4043702.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD14-42mmF3.5-5.6IIR;EFL74mm、F5.3、SS1/125、ISO3200;EV+0.7
★米飯、玄米入り

★豚肉つくね
 豆腐、麩が入って、ふっくらと仕上がっています。味付けもほどよく、美味でした。

★トマトサラダ
 実家でもらった、葉ものです。

★枝豆

★チンジャオロースー(昨日の残り)

妻の料理を応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】入園準備!ミシンで「コップ入れ」&「お弁当袋」(シンガー・モナミピアアルファSF-330/ヌウアルファSC315/SC317/SC350)
 今回は、ミシンで園児用「コップ入れ(歯ブラシ対応)」と「お弁当袋」を作った経緯を書きます。


★「文字縫いミシン」で入園グッズを作る 
 先日、はじめてのミシンを買いました。シンガーのコンピュータミシン「モナミ・ヌウ ピアアルファⅡ」SF-330です(モナミヌウアルファSC-315/SC-317/SC-350の同型機)。近所の手芸店で、約6万円でした。「文字縫い」ができるのが特徴のミシンです。
Q2050648.jpg
SC315SC317SC350


 このミシンを買ったのは、娘(4歳0ヶ月)が4月から幼稚園に通うので、「布ものグッズ」を作るためです。製作予定の品物は、バッグ、着替え袋、上履き入れ、コップ入れ、などです。今回は、「コップ入れ」と「お弁当袋」に挑戦しました。

 ★最初の挑戦:「着替え袋」は、→こちらの記事。
 ★「通園バッグ」は、→こちらの記事。


 まだまだ不慣れなので、ミシンの入門書籍[1]を参考にしています。
[1]かわい きみ子; イチバン親切なソーイングの教科書、新星出版社、(2011)



★両側ひも・片側ひもの2タイプ「コップ入れ」
 「コップ入れ」のレシピは、サイト[2]を参考にしました。できあがりサイズは19cm×18cm×5cm。コップと歯ブラシが入るサイズです。

[2]後悔したくないママのための子育て充実サイト;【ベビー用マグ入れ・入園グッズのコップ袋の作り方】
http://happy-ikuji.net/?p=1936
cop01.jpg まずは「コップ入れ」2点です。幼稚園では、「飲料用」と「うがい用」の2つのコップを使うそうです。「うがい用」には、歯ブラシを入れるため、大きめの袋が必要です。
 今回は、2つとも同じ生地・同じサイズで作りました。口の部分だけ、片側ひもタイプと、両側ひもタイプの、2種類にしてみました。
 生地は、やや厚みのある「キャンバス地」を使いました。
cop21.jpg マチは、「折りマチ」です。「中表」に折った布の、折り目の部分を3cmほど折り返して、そのまま両端を縫うだけです。
 これで、マチになるのか疑問ですが、言われるままに縫ってみました。
cop22.jpg あら不思議!きれいにマチが完成しました。
 ミシン作品は、裏返した状態で縫って、最後に表に返すので、完成を予想するのが難しいです。頭の体操になりますね。
cop82.jpg レシピ通りに作ると、片側だけ引っ張る「片引きひも」タイプになります。
 このレシピのサイト[2]によると、両側から引っ張る「両引きひも」に比べて、開ける力が少なくて済み、入れ口が開けやすいのが特徴だそうです。
 ただ、実際に娘(4歳1ヶ月)に比較してもらうと、両引きのほうが開け閉めがしやすく、しっかり閉まるので、両引きが好評でした。
cop85.jpg ひも通し部分の縫い方は、以前に作った「体操着入れ」と同じです。しかし、細かい作業が必要で、仕上がりがなかなか安定しません。
 「片引き」のよいところは、この難しい作業が、1ヶ所だけで済むことです。
cop84.jpg こちらは「両引きひも」タイプです。上述の書籍[1]を参考にして、レシピ[2]にアレンジしたものです。
cop87.jpg ひもを通す部分は「片引きひも」と同じでも良いのですが、今回は練習のため、違った方法を試してみました。
 この方法では、ひもを通すところだけを縫わず、両端も縫います。両端を縫わない方法と比べると、縁がビラビラせず、安定感があります。
cop86.jpg ひもを通したところ。この方法だと、「あきどまり」部分にかかる力も小さくて済みそうで、耐久性が優れるように感じます。
 ただ、縫い方は、チョット難しく感じました。
cop81.jpg 無事、完成しました。上出来、上出来。この生地は、思ったよりもかわいらしく仕上がり、良かったと思います。
 「文字縫い」で名前を入れてあります。名札は、布を縫う前、最初に縫い付けないとならないので、位置の調整が難しいです。イメージより、ちょっと上になってしまったような気がします。


★はじめての裏地付き! 「弁当袋」を作る
 「弁当袋」のレシピは、サイト[2]を参考にしました。できあがりサイズは19cm×18cm×10cm。結論からいうと、娘の弁当箱には、少し大きかったようです。

[2]ブラザー工業;手作り★入園入学準備2 ☆お弁当袋
http://sewco.brother.co.jp/article/recipes
ben19.jpg 生地は、「コップ入れ」と同じものを使いました。これまで同様、まずは「中表」に折り、袋状に縫います。 
 縁の部分は、ひも通し用に、縫わずに残します。
ben20.jpg 「マチ」の部分は、後で切り落とします。そこで、切り落とし後に縁になる部分(写真のチャコペン部分)には、あらかじめ「返し縫い」をしておきました。これで、ほどけにくくなるはずです。
ben21.jpg 「マチ」を縫います。これは、「通園バッグ」のとき同様です。
ben22.jpg 余分な部分を切ります。マチが大きいので、切り落とさないと、袋にしたときに仕上がりが悪い(デコボコが残る)ようです。
ben23.jpg 切った部分には、「縁かがり」を入れておくと良いそうです。
ben24.jpg 今回の「弁当袋」は、「裏地」が付きますので、2つの袋(同一サイズ、同一生地)を使います。一方は表側、他方は裏側(裏地)になります。
ben02.jpg 2つの袋を「中表」に重ねて、縁の部分にミシンをかけます。
 (実は最初、間違えて、「中裏」に重ねて縫ってしまいました。ミシン作品は裏返しで縫っていくので、自分が何をやろうとしているのか、混乱してしまいがちです。難しいですね。)
ben03.jpg 縫い終わったところ。裏返しの袋が、2つつながった状態です。
ben04.jpg ひもを通す部分から、中身を引き出します。こうやって、全体を「裏返し」にするそうです。
 頭で考えても、想像が難しいですが、やってみましょう。
ben05.jpg ある程度、中身が出てくると、今度は穴の中に外身を入れていく操作になります。内側を外に出していたはずなのに、いつのまにか外側を中に入れている。なんだかとっても「トポロジー」な感覚です。たいへん面白いです。
ben06.jpg 2つの生地が、合わさりました。これを袋状にします。
ben07.jpg 袋にして、縁の部分を縫い合わせます(「端ミシン(縁ミシン)」と呼ぶようです)。
 しかし、ここで問題発生!
 「返し縫い」で、ミシンが縫い進まず、同じところばかり縫い続けます。仕方がないので、「針上下ボタン」で1針ずつ縫うことにしました。送りは、押えを上げながら、手で送りました。(こうした融通が利くのが、このミシンの便利な点です。)
 うまく送れない原因ですが、この部分は2つ折りになった生地が、さらに2つ重なって、厚みが急激に変化しているためだと思われます。押え板の形状から、返し縫いのときに段差を超えるのは、苦手に見えます。
ben08.jpg こちら側の縁は、問題なく縫い進めました。返し縫いもOK。
 段差の大きさは、スタート位置と同じはずですが、向きが逆です。やはり、段差の方向と、押えの相性の問題のようです。
 (この問題は、新しく買った「上送り押さえ」で解消することを期待しています。)
ben09.jpg 最後に、ひもを通して、無事に完成しました。名札の位置も、予定通りです。
ben12.jpg 裏地を付けた袋を作ったのは、はじめてです。
 やはり裏地があると、美しさが増して、グッと完成度があがる気がします。裏地は、別の生地にしたほうが良かったかもしれませんが、それはまた次の課題とします。
ben81.jpg 「マチ」の部分。コップ入れの「折りマチ」と比べると、シッカリと仕上がっています。
ben10.jpg きんちゃくの「開け口」の部分ですが。良く見ると、ちょっとおかしい気がします。
ben83.jpg ひもを通す部分を、間違えていました。左の写真が、本来の位置です。上の写真では、もう1列上の、縁の部分にひもを通してしまっていました。
 ひもを結び直したので、ちょっと先端がほどけてしまいました。これは、後で直せればと思います。
ben82.jpg 正しい位置にひもを通すと、縁の部分に「ひだ」が寄って、「きんちゃく」らしくなりました。
ben84.jpg 完成です。娘の弁当箱には、少し大きい気がしますが、箸なども入るので、ゆとりがあって良いかと思います。
 あとは、実際に使ってみてどうか、といったところです。



★完成!「幼稚園グッズ」たち
 ようやく、作る予定だった「幼稚園グッズ」が、ひととおり完成しました。
・体操着入れ
・バッグ
・上履き入れ
・コップ入れ(2個)
・弁当袋
・目隠し(幼稚園指示による、何に使うのか不明)
 Q3242769a.jpg

 ミシンが6万円したので、1点につき約1万円の計算です!
 もっと作らないと、元がとれません。通園グッズ以外も、いろいろ作ってみたいと思います。


おじさんミシンに、応援をお願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する


ミシン
お子さんのためにミシン掛けをなさるお母さん、ステキですね。
昨日は月食の夜桜。
あいにく曇り空で、月は初めからありませんでしたが。
ご訪問ありがとうございます。
むく | URL | 2015/04/05/Sun 08:42 [編集]
> むく さん
 こんばんは。
 こちらも、桜が咲いてから、なかなか晴天に恵まれません。花の季節は、あっという間に終わってしまいますね。
 ご訪問ありがとうございます。
マツジョン | URL | 2015/04/06/Mon 21:53 [編集]



トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.