今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
一眼カメラ交換レンズ、「白箱」はなぜ安い?保証は受けられる?(パナソニックLUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S.)
【今日の夕食】
 豚しゃぶの季節になりました。
Q5084480.jpg
OLYMPUS E-PM2+LUMIX GX45-175mmF4-5.6;EFL192mm、F5.6、SS1/80、ISO3200;EV+0.7
★米飯

★みそ汁

★豚しゃぶ、トマト・レタス、ごまだれ
 自家製ごまだれです。さっぱりとしていて、良いです。

★いももち
 手作りいももちです。ほっくりして、おいしいです。

★こんにゃく

妻の料理を応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】一眼カメラ交換レンズ、「白箱」はなぜ安い?保証は受けられる?(パナソニックLUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S.)
 パナソニックの望遠ズーム「LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S.」の「白箱」を買いました。通常品より約1万円も安い、激安価格の秘密に迫ります。


★とうとう買いました! 念願の望遠ズームレンズ!
 私のずっと欲しかった交換レンズ、パナソニック(Panasonic)の「LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S(品番H-PS45175)」が、お買い得価格になっています。マクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼レフ(ノンレフレックス)用の、望遠ズームレンズです。

 このレンズ、娘(4歳2ヶ月)の運動会用に、購入を検討しているものです。昨年、パナソニックセンターに行って、他のレンズと試用比較した結果、このレンズが良い、という結論に至っています(→こちらの記事)。特に手ブレ補正が優秀で、画面がピタッと止まった感じになります。半押ししなくても手ブレ補正が効くので、私のような「タッチシャッターマニア」にも好適そうです。

 当時(2014年8月)、3.5万円した価格が、アマゾンで現在ナント2.1万円です!ただしこれは「白箱」という品物。化粧箱入りは、銀・黒とも3.0万円。ちなみに中古はキタムラで2.2~3.2万円で、中古価格と逆転しています。)

 そして先日、とうとう買ってしまいました。私の買ったタイミングでは、2.2万円でした。

 この2.1万円の商品は、いわゆる「白箱」という品物でした。白箱とは、本来レンズ単体で売るものではなく、カメラとセットで売られる品物だそうです。つまり、本来はセット売りのところを、カメラとレンズを別個に販売している、ということらしいです。確かに白い箱で、「限定セット用レンズ H-PS45175M-S パナソニック株式会社 日本製」と記載されていました。化粧箱ではないですが、いちおうはメーカーの正規の箱のようです。
N5A_0189.jpg

 同梱品です。レンズ本体のほか、フード、収納袋、保証書が付属します。この購入業者(ラクデン)の場合、メーカー保証書(緑色の封筒)に店舗印はなく、保証書貼り付け用の店名シール(日付欄未記入)が荷箱に同梱されていました。
N5A_0191.jpg

 取り付けたところ。フードを付けると、思ったよりも大きく感じます。でも、マイクロフォーサーズ用の望遠ズームとしては、もっとも短いのです(収納時はもっと短いものもあるが、ズームすると全長が伸びる。一方、このレンズはズーム時も全長が不変)。
N5A_0193.jpg

※このレンズを使った「子供撮り作例」をまとめました。→こちら

 なお、アマゾンでなく、この通販業者「ラクデン(楽電、東京都豊島区)」の直営サイト[1]から購入すれば、価格はさらに安く1.9万円です(本日時点)。しかも+1000円~1500円で、延長保証がつけられるとのことです。(私は保有ポイントの都合から、アマゾンで購入しました。)
[1]ラクデン;
http://www.raku-den.net/


★1年間のメーカー保証付き! だけど… 
 この「白箱」を買う上で、気になった点があります。それは、「故障した時の保証がどうなるか?」という点です。私が購入した通販業者「ラクデン」[1]では、次のような取扱いでした。この保証内容は、通販サイトではなく、商品に同梱されていた説明書きによるものです。

◎商品到着後3日以内に発生した不良(初期不良)の場合:
 メーカーサポートへ不具合症状を連絡、相談。
 サポートの回答内容をラクデンにメールで連絡(電話不可)。
 条件:保証書が未記入、箱を含む付属品がすべてそろっていること。
 (条件外の場合、メーカーに直接連絡をとる。)

◎商品到着後3日以降に発生した不良の場合:
 メーカーに直接連絡をとる(ラクデンでは対応しない)。
 メーカー持ち込み、配送、出張修理のいずれかとなる。
 保証内容は、メーカー保証書による。(このレンズでは1年間)

 つまり、メーカーの保証は受けられますが、基本的には店舗では対応しない、というスタンスのようです。つまり、直接メーカーとやりとりしてください、ということですね(説明書きには各メーカーの連絡先一覧表があり、この点は気が利いています)。一方、大手家電量販店であれば、故障があればいつでも窓口で対応してくれますので、安心感があります。しかし量販店とは価格差が1万円近くありますから、安心感をとるか価格をとるか、ということで判断することになりそうです。

 私の場合、パナソニックの家電製品をいくつも所有しており、信頼感がありますので、メーカー保証だけあれば十分と判断しました(しかもこのレンズは、最近では珍しい「日本製」です)。それで1万円も安いのは、魅力的に感じました。


★「白箱」の激安価格の秘密は?
 それにしてもこの「白箱」、どうしてこんなに安いのでしょうか? この安さが妥当なのかどうか、検討してみました。

 そもそも白箱とは、本来レンズ単体で売るものではなく、カメラとセットで売られる品物です。つまり、本来はセット売りのところを、カメラとレンズを別個に販売している、ということらしいです。では、元のセットは何だったのか?

 定かではありませんが、この白箱の売り出しのタイミングから、白箱=カメラのキタムラ限定販売のパナソニック「GM1S」のWズームセット品ではないか、と推察しています。

 このセット品、異常なほどお買い得で、当初は「通常のレンズキット(標準ズーム1本付き)を買うと、望遠レンズがオマケで付いてくる」というセット品だったようです(ネット情報より)。実際、キタムラのネットショップ[2]では、通常キットもWズームキットも、同じ価格5.3万円で販売されています。なんじゃこりゃ、という印象です。
[2]カメラのキタムラ;ネットショップ-ミラーレス一眼-パナソニック
http://shop.kitamura.jp/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF/ct/C002001005/


 そして、キタムラでなく、アマゾンなどの通販実売価格となりますと。GM1Sレンズキット(望遠なし)が4.4万円、そして45-175mm望遠ズームが2.1万円です。合計すると、6.5万円になります。つまり、キタムラのセット価格だと、バラバラに買うよりも、1.2万円も安くなります!!


 要するに、「白箱」を取り扱う通販業者は、キタムラのセット品(5.3万円)を買い、カメラ(4.4万円)と望遠レンズ(2.1万円)をバラして売って、利ザヤを稼いでいる、と推定されます。儲けは1.2万円ですから、購入価格5.3万円の23%です。必要経費のほか、在庫リスクや値落ちリスクを考えると、20%程度の粗利は確保したいでしょうから、望遠レンズ2.1万円というのは、まずまず妥当な値段になっていると言えそうです。(実際、近所のカメラのキタムラ実店舗では、望遠なしのキットが3.5万円まで値下がりしていました。こうなると、「バラし売り」の旨みは少なくなってきます(0.3万円)。)

 そして一方、私たち消費者から見ると。通常品ならば3.0万円する望遠ズームを、2.1万円で入手できるのです。つまり、0.9万円オトクです。

 まとめると、キタムラのセットをバラして売ると、現時点の価格では、
・通販業者:1.2万円、利益が出る
・消費者 :0.9万円、安く買える


 つまり、通販業者も私たちも、ほぼ等しく嬉しい、ということになります。これ以上安いと通販業者の旨みが少ないし、これ以上高いと消費者の利益が減る。「白箱」望遠ズームの価格設定2.1万円というのは、このバランスをうまくとった価格だと言えます。

 今後、望遠なしのGM1Sキットは値落ちが必定でしょうから、こちらでの利益は期待できません。したがって、利益の期待できる望遠ズームのほうが値下がりすることは、あまり考えにくいと思います。すなわち、この「白箱」望遠ズーム、今が買い時です!! ここで買わなきゃ、いつ買うの!?

 …と、現有の一眼レフと画角が「丸カブリ」の望遠ズームを買ってしまったことを、自己弁護してみた次第です。

※このレンズを使った「子供撮り作例」をまとめました。→こちら


★オマケ:レンズガードも買いました。
 レンズガード(レンズプロテクター、レンズプロテクト)「ハクバ MCレンズガード φ46mm」も買いました。こちらはヨドバシドットコムで、約1000円でした。小さい子供がいる家庭では、必須だと思います。だってこの人たち、構わずベタベタ触りますから。(かじる人もいます。)
N5A_0197.jpg

 レンズガードの選び方については、以前に書きました(→こちらの記事)。惜しげなく使える安価なものと、ゴースト耐性が高い高価なものまで、いろいろあります。私は扱いが荒いのと、過去にコーティングがはがれた経験から、「いちばん安いやつ(約1000円)」を使っています。



※このレンズを使った「子供撮り作例」をまとめました。→こちら


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する


いつも楽しみに拝見していますPM2ユーザです。
一眼レフとの望遠レンズ対決レポートを楽しみにしています。
子供の運動会用途では、やっぱりでかくて重いやつですかね?
ひで | URL | 2015/05/09/Sat 09:33 [編集]
> ひで さん
 コメントありがとうございます。
 望遠レンズ対決! ぜひとも、やってみたいですね!

 運動会だと、たぶん徒競走だけ一眼レフ、それ以外はミラーレスが良さそう、ということで、カメラ2台体制になりそうです。重くてかさばって大変そうですが、今から練習しておこうと思います。(そこまで熱心に撮る必要があるか、という疑問もありますが。)
マツジョン | URL | 2015/05/10/Sun 06:21 [編集]



トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.