今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
パナソニック望遠ズーム45-175mm、子供撮り作例!(ミラーレス一眼レフ・マイクロフォーサーズ用)
【今日の夕食】
 今日は、外食です。
150523_1847.jpg
★喜多方ラーメン「坂内(ばんない)」
 横浜、石川町のラーメン店です。どうしても喜多方ラーメンを食べたくなって行きました。麺、スープ、チャーシューとも、これぞ喜多方!というイメージ通りで、たいへん満足できました。

妻の料理を応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】パナソニック望遠ズーム45-175mm、子供撮り作例!(ミラーレス一眼レフ・マイクロフォーサーズ用)
 今回は、パナソニック・マイクロフォーサーズ一眼カメラ用の望遠ズームレンズ「LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S.」の、子供撮りへの適用について書きます。


★とうとう買いました! 念願の望遠ズームレンズ!
 私のずっと欲しかった交換レンズ、パナソニック(Panasonic)の「LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S(品番H-PS45175)」が、お買い得価格になっています。マクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼レフ(ノンレフレックス)用の、望遠ズームレンズです。

 このレンズ、娘(4歳2ヶ月)の運動会用に、ずっと購入を検討していたものです。昨年、パナソニックセンターに行って、他のレンズと試用比較した結果、このレンズが良い、という結論に至っています(→こちらの記事)。

 そして先日、とうとう買ってしまいました。私の買ったのは、いわゆる「白箱」で、2.2万円でした(白箱について、詳しくは→こちらの記事)。
N5A_0193.jpg


★さあ、子供を撮ろう!
 以下、作例を示しながら、このレンズでの撮影の楽しみを述べます。<画像はクリックで拡大します>

・使用カメラ:オリンパス PEN mini E-PM2
 (PEN E-P5,PEN Lite E-PL6,PL5;OM-D E-M1,E-M5,E-M10などと同世代のカメラ)

・使用レンズ:パナソニック LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S


※オリンパスカメラ+このレンズの組み合わせ時の動作については、→こちらにまとめました。私の場合、ファインダーを使っていませんが、手ブレ補正が良く効いて、ストレスなく撮れます。(半押ししなくても手ブレ補正が効くので、タッチシャッター撮影にも好適です。)


 最初は、条件の良い、「屋外・晴天」で撮影しました。

 望遠レンズといえば、やはり「遠くから撮れる」がメリットだと思います。離れていても、子供(息子0歳)を大きく写せます。このレンズは、換算焦点距離(EFL)90-350mmです。下の写真は、中間の換算160mmでの撮影。レンズ口径は80mm÷F5.0=16mmとなるので、背景がかなりボケて、子供が引き立ちます。(盛大にボケるための条件は、レンズ口径≧20mmが目安です。もっと望遠で撮れば、もっとボカすことができます。最大口径は175mm÷F5.6=31mm。)
Q5164816.jpg
EFL160mm,F5.0,SS1/200,ISO800;EV+0.7

 もっと大きく写すこともできます。この写真は、上と焦点距離は同じですが、近づいて撮っています。いつものレンズ45mmF1.8では、あまりアップで撮ることはなかったのですが、望遠だと同じ距離からでも大きく撮れます。アップで撮ると、表情がはっきりして、迫力があって良いです。
Q5164864.jpg
EFL156mm,F5.0,SS1/250,ISO800;EV+0.7


★「離れて遊ぶ4歳児」を撮るのに有用!
 広角端と望遠端で、どれくらい大きさが変わるかを比較しました。まずは、広角端の換算90mmから。離れたところで遊ぶ娘(4歳)を狙います。
Q5164892.jpg
EFL90mm,F4.0,SS1/400,ISO800;EV+0.3

 同じ位置から、望遠端(換算350mm)までズームします。ズーム率は3.9倍です(換算28mmを基準とすれば12.5倍)。金網を越えて、娘の姿を捉えることができました。もっと金網に寄れば、「金網が無いかのような撮影」もできそうです。最近、親から離れて遊ぶことも増えた4歳児を撮るのには、なかなか活用できそうです。それからこのレンズ、広角~望遠までレンズの長さが変化しないところが、堅牢感があって良いです(ビヨーンと伸びるタイプだと、子供に乱暴に扱われたときに壊れそうで心配)。また、ズームリングを使った電動ズームも、指1本で軽い力でサッと調整できるので、良い感じです。
Q5164891.jpg
EFL350mm,F5.6,SS1/320,ISO800;EV+0.3


★走っている子供も問題なし! 高速オートフォーカス
 もともとこのレンズ、「運動会」のために検討したものです。結局、「徒競走には旧来型一眼レフ(ミラー付き)」と結論を出したのですが(→こちらの記事)、ミラーレス+このレンズではどうでしょうか。タッチシャッターで撮ってみました。結果、走っている子供を正面から撮っても、「まったく問題ない」写真が撮れました。このレンズ、オートフォーカス(AF)もとても早いと感じます(2組のフォーカス用レンズを同時制御する技術を取り入れているそうです)。
 なお、人によっては、「顔にピントがきていない」と言うかもしれませんが、私の腕ですと、旧来型一眼レフ(ニコンD200)でも同レベルの写真しか撮れません。運動会には、このミラーレスと一眼レフの両方を持って、撮り比べたいところです。
Q5094580a.jpg
EFL166mm,F5.0,SS1/160,ISO200;EV+0.3


★「部屋撮り」でも使える! マクロもOK
 「望遠レンズ」なので、部屋の中で撮るのには向かないのでは、と感じるかもしれません。ただ、私の場合、常用レンズが45mmF1.8なので、広角側の換算90mmは「使い慣れた画角」であります。
Q5174906.jpg
EFL90mm,F4.0,SS1/125,ISO500

 そして、望遠端は換算350mmです。部屋撮りには不要か、と思いますが、そうでもありません。少し離れていても、表情をアップにできるのが、使いやすい点です。常用レンズ45mmF1.8では、「もう一歩踏み込みたい」ということが良くありました。このレンズならば、その「一歩」を解消してくれます。
Q5174907.jpg
EFL350mm,F5.6,SS1/160,ISO3200

 さらにこのレンズの素晴らしい点は、「接写が強い」ことです。寄れるのは90cmまでなのですが、撮影倍率にすると「換算0.4倍」で、いわゆる「マクロ」風の写真を撮れます。つまり、36mm÷0.4=90mmのものを、画面いっぱいに写すことができる、ということです。「子供の手のアップ」は、成長の記録として撮っておきたい定番でもあります。こうしたマクロ撮影では手ブレが心配ですが、優秀な手ブレ補正のおかげで、キチンと撮れています。(ファインダーなし、タッチシャッターで撮影しています。)
Q5174909.jpg
EFL326mm,F5.6,SS1/250,ISO3200

 日中の部屋撮りでは、逆光になる場合も少なくありません。このレンズは、「ナノサーフェスコーティング」の効果で、逆光にも強いようです。この写真では、レンズにプロテクター(1000円の安価なもの)を付けていますが、それでも逆光は気になりません。
Q5174927.jpg
EFL124mm,F4.5,SS1/160,ISO1250;EV+0.7


★「レンズが暗い」問題は、フラッシュで解決か!?
  このレンズの問題点は、「F4.0~5.6」と、レンズが暗いことです。部屋撮りですと、シャッタースピードが遅くなって、動く子供が相手だと「動体ブレ」してしまいます。具体的には、我が家の場合、日没後ではISO感度3200に設定すると、F4.0でシャッタースピードが1/60程度まで落ちてしまいます。ISO感度をこれ以上上げると、ノイズが増して、いわゆる「塗り絵画質」になるので、あまり好もしくありません。

 そこで対策として、「フラッシュ」を試しました。E-PM2に同梱されていた、小さいフラッシュです。確かに、シャッタースピードは確保できます。しかし、陰影が強くなってしまい、子供があまりかわいく写りません。床にハッキリと落ちた影も気になります。これでは、容認できません。
Q5185013.jpg
EFL90mm,F4.0,SS1/100,ISO400;フラッシュ

 そこで、フラッシュの周囲をアルミホイルで覆う、手製の「リフレクタ」(ディフューザー、レフ板と言うべきか?)を作ってみました。
N5A_0256.jpg

 結果、なかなか良好でした。やわらかい感じで写っていて、シャッター速度も1/100を確保できました。しばらくこれで、様子を見たいと思います。
Q5185012.jpg
EFL90mm,F4.0,SS1/100,ISO800;フラッシュ+手製リフレクタ


★まとめ
 パナソニックの望遠ズームレンズ「45-175mm」で、子供撮りの作例を示しました。以下の点が便利に感じます。
・手ブレ補正が強力で、ファインダーがなくてもシッカリ撮れる。
・便利な「タッチシャッター」でも撮影OK。
・AFが高速なので、走っている子供にもピントが合う。
・子供の顔をアップにして、イキイキした表情が撮れる。
・親から離れて遊ぶ子供も、大きく撮れる。
・撮影倍率が大きいので、マクロ風の写真が撮れる。


 いまひとつの点は、以下です。
・F値が大きい。部屋撮りでは、フラッシュなどの工夫が必要そう。


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.