今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
オリンパス&ニコン一眼レフ、私の作例写真集:2015年7月(E-PM2+45mmF1.8、D200+35mm単焦点)
【今日の夕食】
 今日は、会社は休みです。家族で、不動産巡りしました。
Q7316460.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD25mmF4.4(V-FFL);EFL50mm、F4.4、SS1/100、ISO1250;EV+0.7
★スッパゲッティ、ナスとバター醤油

★チキンカツ

★トマト

★冷奴

妻の料理を応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】 オリンパス&ニコン一眼レフ、私の作例写真集:2015年7月(E-PM2+45mmF1.8、D200+35mm単焦点)
 2年前(2013年)の9月に初めての一眼レフ(ミラーレス=ノンレフ)を買ってから、ほぼ毎日、写真を撮っています。

 今回は、2015年7月の「よく撮れたと思う写真」を並べます。自分の思った通りに撮れたと思う写真や、何らかの新しい知見を得られた写真などを、選んでいます。7月の撮影枚数は500枚(整理一巡後)です。月初に山梨旅行に行ったこともあり、枚数が多めです。整理がたいへんになってしまいました。


◎使用機材
・カメラ:オリンパス ミラーレス一眼レフ PEN mini E-PM2
     ニコン   ミラー付き一眼レフ D200
     オリンパス 防水コンパクトカメラ TG-630
・レンズ:①M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R
     ②LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S
     ③AF-S Nikkor DX 35mm f/4.5 (V-FFL;DX 18-105mm f/3.5-5.6 VR)
     ④AF-S Nikkor DX 55-200mm f/4-5.6 VR

★これまでの「私の作例写真集」は、→こちら


★1.家族で桃狩り! 山梨旅行へ
 7月の初旬に、山梨旅行に行きました。目的は、「桃狩り」です。今回の旅行は、雨予報だったので、いつものミラーレスE-PM2に加えて、防水カメラTG-630を持って行きました。(旅行日記は、→こちら→こちら

 毎回、旅行にはE-PM2+キットレンズ14-42mmの組み合わせだったのですが、部屋での写真がうまく撮れないのが悩みでした。そこで今回は、常用レンズ45mmF1.8を持参しました。レンズ交換が苦手なので、旅行中は45mmF1.8一本です。
 この45mmF1.8のおかげで、毎回うまく撮れずにいた、娘(4歳5ヶ月)の「浴衣姿」を、写真に収めることができました。キットレンズだと動体ブレが著しいのですが、さすがF1.8、ブレが気にならないレベルです。レンズの選択の重要性を感じる一枚でした。<写真はクリックで拡大します。>
Q7046142.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;EFL.90mm、F1.8、SS1/125、ISO400

 ただ、45mmF1.8一本だと、どうしても全景が撮れません。せっかくの旅行なので、風景を撮りこんだ写真にしないと、モッタイナイ。下の写真は、展望台に登って、「輪投げ」遊びに興じる家族を撮ったものです。これだけ離れれば、なんとか写りますが、やはり撮影状況が制限されてしまいます。
Q7046080_201508010547540ab.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;EFL.90mm、F4、SS1/500、ISO200

 そんなわけで、一緒に持参した防水カメラTG-630が役立ちました。雨が降ったり止んだりだったのですが、防水カメラなので、何も気にせずに使えるのがメリットです。屋外での撮影ならば、私にとっては画質も十分です。一眼カメラと違って、ポケットに入るのも便利です。性格の異なるカメラ2台ですので、併用すると、たいへん便利です。
P7041104a.jpg
OLYMPUS TG-630;EFL28mm、F3.9、SS1/320、ISO200



★2.息子の成長
 最近の傾向として、娘(4歳5ヶ月)の写真が減り、息子(1歳2ヶ月)の写真が増えつつあります。その理由は、①娘は一緒にいるとハードな遊びを要求するので撮りにくい、②息子の動きが活発になり写真を撮っていて面白い、という点にあります。
 
 この1ヶ月で、息子は完全に「2足歩行」する生き物になりました。興味のあるものがあると、驚くほど速いスピードで、トッコトコと歩いていきます。特に外遊びでは、自由に歩けるのが楽しくてたまらない!といった様子です。
 表情も豊かで、写真を撮っていて、とても楽しいです。下の写真では、大はしゃぎの息子を、カラーコーンとの配置バランスを考えて撮りました。顔、手、足、それぞれに、豊かな表情があります。
Q7046009.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;EFL.90mm、F1.8、SS1/4000、ISO200

 下の写真では、珍しく息子がカメラ目線で、「ポーズ」を決めました。E-PM2のタッチシャッターは、構図とピントが同時に決まるので、撮影がきわめて快適です。シャッターチャンスに強いカメラですね。
Q7126264a.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;EFL.90mm、F1.8、SS1/2000、ISO200;EV+0.7、トリム


★3.ニコンD200の活用
 ミラーレスE-PM2の使用頻度に比べると、ミラー付き一眼カメラ・ニコンD200の出番が少ないのが、少し悩ましい点です。

 これまで、D200の活用場面というと、「晴天屋外での娘のひとり遊び」に限られていました。あるていど離れて遊ぶ娘(4歳5ヶ月)を、カメラをガッツリ構えて望遠レンズで狙い、AF-Cで撮る、というスタイルです。
 下の写真のように、動き回る娘を、高確率でとらえることができるのが、ミラーレスに対するメリットだと感じています。この写真は、ロープを持って走る娘を連写で撮って、表情と動きの良い1枚を選んだものです。D200は、最低ISO感度を設定できるので、絞り指定でシャッタースピードを落としたくないときに便利に感じます。
N5A_0494.jpg
Nikon D200+DX55-200mmF4-5.6VR;EFL83mm、F4、SS1/1600、ISO400;EV+0.3

 ただ、「ひとり遊びする子供を遠くから狙って撮る場面」というのは稀有です。やはり、近くで遊ぶことが、圧倒的に多い。せっかく大きくて重いD200を持って行っても、その利点を活かせる機会がないことも多いです。
 そんなわけで、D200の別の活用方法を検討中です。最近は、ズームレンズのズームを固定した「標準画角レンズ(V-FFLレンズ)」を試しています。(V-FFLについては、→こちら
 下の写真は、35mm固定ズームレンズでの撮影。ズーム固定だと、ズーム調整が不要のぶん、撮影設定に注意を向ける余裕が生まれる気がします。ここでは、絞りと露出補正を調整して撮りました。近所の公園なのですが、写真だけ見ると、まるで旅行にでも行ったかのように見えるので、不思議です。
N5A_0672_20150801054740b9f.jpg
Nikon D200+DX35mmF4.5(V-FFL);EFL53mm、F11、SS1/100、ISO220;EV+0.3

 妻が撮った一枚。息子と娘の配置バランスが、素敵です。
N5A_0559a.jpg
Nikon D200+DX35mmF4.5(V-FFL);EFL51mm、F4.2、SS1/400、ISO200;photo by 妻、トリム


 私は間違いなく「ライトユーザー」なのですが、いつの間にやらカメラが3台に増えてしまいました。カメラごとに性格が異なるので、どのカメラにも魅力があって、廃止・集約はできそうにありません。場面場面に合わせて、有用に活用していければ、と考えています。


おじさん写真に、応援をお願いします:
写真日記
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.