今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
マイクロフォーサーズ・F2.8標準ズーム比較検討ブログ~パナソニック12-35mm vs オリンパス12-40mm
【今日の夕食】
 今日は、所要のため、私の父母に、子供2人の面倒を見てもらいました。夕食は、バイキング風です。
Q9197446.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;EFL.90mm、F1.8、SS1/100、ISO250
★栗ご飯
 実家からの頂きものです。

★焼きそば

★餃子(生協惣菜)

★チャプチェ(昨晩の残り)

★冷奴

妻の料理を応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】マイクロフォーサーズ・F2.8標準ズーム比較検討ブログ~パナソニック12-35mm vs オリンパス12-40mm
 今日は、ミラーレス一眼レフ・マイクロフォーサーズ用の「F2.8通しの標準ズームレンズ」2本を比較します。
 パナソニック12-35mmF2.8と、オリンパス12-40mmF2.8です。



★「F2.8通し」の標準ズームレンズが欲しい!
 初めての一眼レフ(ミラーレス含む)を買ってから、2年近く経ちました。子供撮りばかりです。私は「ライトユーザー」なので、なるべく時間と手間をかけない撮影を楽しんでいます。普段は45mmF1.8という「単焦点レンズ」を使っていて、素晴らしい写りに満足しています。
 Q7126264a640.jpg

 この単焦点レンズ45mmF1.8(2.5万円)は、写りは文句ないのですが、画角が固定なのです。室内など、近距離で動き回る子供を追いながら撮るのには、不便を感じます。部屋撮りならば、単焦点の25mmF1.8(3.1万円)などが良いのでしょうが、そうすると今度は屋外で使いにくそうです。

 また、旅行のときには、風景も撮りたいので、本体付属のキットレンズ、標準ズーム14-42mmF3.5-5.6IIRを持って行きます。しかし、F値が大きいために、室内で子供を撮ると動体ブレしやすい、という問題があります。もっとF値の小さい「明るいレンズ」が必要です。


 それから、レンズ交換が苦手なので、なるべくなら1本のレンズで済ませたい。(購入後2年経ちますが、いまだに、レンズ交換は、室内以外ではしたことがありません。)

 と言うわけで、ずっと欲しいレンズがあります。「F2.8通しの標準ズームレンズ」です。

 マイクロフォーサーズの場合、F2.8通しの標準ズームには、2本の選択肢があります。
・パナソニック:LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH. POWER O.I.S.
・オリンパス:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



 いずれも、価格が9万円もする高級レンズです。私には一生買えないかもしれませんが、この2本について、詳細を比較検討しておきます。(いつか「買いました!」と言いたいです。)


★どちらを選ぶ? パナF2.8 vs オリF2.8
 まずは、スペック比較表です。以下のメーカーのサイトを参考にしています。
[1]パナソニック;LUMIX G X VARIO 12-35mm
http://panasonic.jp/dc/lens/lumix_g_x_vario_12-35/index.html
[2]オリンパス;交換レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/12-40_28pro/index.html

 表で、スペック上、優れる箇所は緑色でウスズミを付けました。
メーカーパナソニックオリンパス
形式LUMIX G X VARIO 12-35mm/
F2.8 ASPH. / POWER O.I.S
H-HS12035
M.ZUIKO DIGITAL ED
12-40mm F2.8 PRO
発売日2012/62013/11
価格91,000円(税込)
(定価119,000円+税)
88,000円(税込)
(定価107,000円+税)
寸法Φ68X74mmΦ70X84mm
重量305g382g
35mm換算
焦点距離
24-70mm24-80mm
F値F2.8通しF2.8通し
35mm換算
最大撮影倍率
0.34倍0.6倍
最短合焦距離撮像素子から
25cm
撮像素子から
20cm
レンズ構成9群14枚
特殊低分散UED×1
超高屈折率UHR×1
非球面ASPH×4
9群14枚
特殊低分散非球面EDA×1
高屈折率高分散HD×1
大偏肉両面非球面DSA×1
高屈折率HR×2
特殊低分散ED×2
非球面ASPH×2
コーティングナノサーフェス
コーティング
ZERO
コーティング
絞り7枚羽根7枚羽根
手ブレ補正光学手ブレ補正
POWER O.I.S.
なし
AF駆動静音高速モータ
インナーフォーカス
リニアモータ
インナーフォーカス
MF電動
無限回転リング
電動
MFクラッチで
無限/有限回転切替可
防塵防滴防塵・防滴防塵・防滴・耐低温度
フィルタ径Φ58mmΦ62mm
付属品フード、ケースフード、ケース
※価格はヨドバシドットコム。2015/9現在、税込、1000円単位丸め。



★選択のポイントは
 この2つのレンズ、マイクロフォーサーズを代表する高性能レンズだけあって、ネット上でたくさんの比較評価がなされています。そして、私の調べた範囲で結論をざっくりまとめると、「どちらも良いレンズ、好きなほうをどうぞ。」ということらしいです。

◎望遠側焦点距離と撮影倍率の違い
 2つのレンズの、比較的大きな違いとして、以下があります。
・オリは画角が24-80mmで、パナの24-70mmより望遠側が広い。
・オリは最大撮影倍率が換算0.6倍で、パナの0.34倍より優れる。
・パナはレンズ側手ブレ補正を搭載している。

 少しでも望遠が長い方がよいとか、マクロ的な使い方も重要視したいならば、オリを選択するのが良さそうです。

◎ボディとの相性
 それから、よく言われていることは、「オリのボディならオリF2.8、パナのボディならパナF2.8の相性が良い」ということです。特にパナのボディの場合、①ボディ側手ブレ補正がない、②パナ独自の機能(空間認識AF:DFD、レンズ+ボディ手ブレ補正Dual I.Sなど)への対応、などの点で、パナのレンズを選んでおくのが正解と思われます。


★私の選択:オリボディだけど、パナ12-35mm!
 私の場合、ボディはオリンパスPEN mini E-PM2ですが、今後もオリンパスを使い続けるかどうか不明です。9万円もするレンズを買ったら、おそらくボディ買い替えの頃まで使い続けると思います。そうすると、今度はAF性能の評判のよいパナ(現状ラインナップだと、GX8などが良さそう)かなあ、と考えてしまいます。

 したがって、レンズ側手ブレ補正を搭載した、パナF2.8が好ましいと思われます。もちろん、子供撮り専門ですと、動体ブレの懸念からシャッタースピードは1/100以上は確保しており、そうするとEFL80mm程度では手ブレ補正がなくてもなんとかなるかもしれません。ただ、それはシッカリ構えられるという前提ですので、「サッと撮る」子供撮りでは、手ブレ補正があったほうが、良い結果が得られると考えています。

 ただ、パナGX8だと、ボディ側手ブレ補正が搭載されています。すると望遠側が少し長いオリ12-40mmも捨てがたい。悩みますね!(それから、私のE-PM2ボディが白いので、シルバーが選べると良いのですが、黒しかないのですね。)


★一眼レフのF2.8通しの価格は?
 と、ここまで、マイクロフォーサーズのF2.8通し・標準ズームを比較してきました。しかし、ネックはやっぱり価格! マイクロフォーサーズのレンズって、ニコンやキャノンの従来型一眼レフ(ミラー付き)と比べて、高いのか、安いのか?
 そこで、私の持っているニコン・APS-Cサイズ(DXフォーマット)について、F2.8通しのレンズを調べてみました。ニコンの場合、純正品と、サードパーティー(レンズ専業メーカー)のレンズがあります。




 一覧表にしました。ニコン純正は発売日が古く、価格も高すぎて手が出ません。これに対してシグマやタムロンは3万円台で、手の届く範囲です。マイクロフォーサーズのF2.8と比べると、価格は1/3程度で、かなり割安に感じます。さらに、シグマには「F1.8通し」という製品まであり、きわめて魅力的です。
メーカー形式手ブレ補正発売日価格
ニコンAF-S DX Zoom-Nikkor
17-55mm f/2.8G IF-ED
なし2004/6178,000円
シグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSMあり2010/734,000円
シグマDC 18-35mm F1.8 HSMなし2013/1092,000円
タムロンSP AF 17-50mm F/2.8
XR Di II LD Aspherical [IF]
なし2008/325,000円
タムロンSP AF 17-50mm F/2.8
XR Di II VC (B005)
あり2009/930,000円
※価格はヨドバシドットコム、2015/9現在、税込、1000円単位丸め。

 そんなわけで、「F2.8通し」にこだわるならば、割高なマイクロフォーサーズはリーズナブルでないかもしれません。ニコンやキヤノンの一眼レフに、サードパーティーのレンズを組み合わせるのが、お買い得な選択肢なのでしょう。
 (でも、従来型(ミラー付き)一眼レフにすると、高速な液晶画面撮影も、タッチシャッター撮影も、諦めないといけないんですよね…。私にとっては、現実的でない選択肢です。)


 私の「F2.8通し」への道は、まだまだ遠そうです。(これを買ってしまったら、当ブログで掲げているところの「ライトユーザー」でなくなってしまうのも、大きな問題です。)



この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する


こんにちは。

APS-C用の17-50mm F2.8はシグマもタムロンも使ったことあります。
個人的には肌色の表現でタムロンが好きだけど(シグマはさっぱりしすぎてるように感じます)、あえてこのクラスで買うならフルサイズ用のタムロン28-75mm F2.8がおススメですね。
ボケの”綺麗さ”は45mm F1.8には敵わないけど、でてくる絵に色気があって、絶妙に柔らかくて、女性や子供にはぴったりだと思うな。
AF-Sで使う分にはマイクロのオリ機と大差ないですね。

価格的に現実的なのはマイクロ用じゃなく、タムロン、シグマの一眼レフ用だろうけど、子供相手でD200の頃の高感度じゃ、はっきりいってかなり厳しいと思いますよ。
ストロボでバウンスが一番ラクチンかつ綺麗です。
高感度って、学校行事とかストロボ禁止の場合に仕方なく使うものであって、一般家庭の自宅内の子供撮りで多用するもんじゃないと思います。

けん | URL | 2015/09/24/Thu 13:43 [編集]
おはようございます!

 毎度コメントありがとうございます。タムロン28-75mmF2.8、良さそうですね! 広角よりも望遠側を使う機会が多いので、望遠が長いのは使いやすそうです。ただ、おっしゃる通り、D200だと屋内では最低F2.0が必要です。カメラも買い替えないといけません。この機会にキャノンも良いかしら。

 それからストロボ撮影については、最近バウンスを試行しているのですが、やっぱりストロボがジャマです。私には向いていないように感じます。

 マイクロのF2.8レンズも、現物を見てきたのですが、思ったより大きいし、何より10万円する品物に見えません。これだけのお金を出すならば、近くにあった高性能コンデジ(キヤノンG7X、6万円)が良さそうです。タッチシャッターも速くて、子供撮りには最適だと感じました。

 いずれにせよ、今はお金もありませんし、しばらくは現状維持ですね。
マツジョン | URL | 2015/09/26/Sat 08:15 [編集]
こんにちは。

あらら、もうストロボ試してたんですか。
それにしてもバッテリグリップ使ってるマツジョンさんがストロボ程度で邪魔?
確かにストロボもフラッグシップモデルはデカいですが。
う~ん、それじゃ厳しいですな。
ストロボ使ってみたら、人物の室内撮影は、高感度とレンズの明るさでクリアされる問題じゃないって理解できると思うんだけどなあ。

けん | URL | 2015/09/26/Sat 12:35 [編集]
> けん さん
 こんにちは。コメントありがとうございます。

 バウンスは、PM2で、付属の小さいストロボに細工して試しました。光量は少ないと思いますが、それでも通常より2~3段ぶんISO感度を低くできて、陰影も自然な感じで撮れました。やっぱり画質重視であれば、最適解はストロボなんでしょうね。

 D200はデカすぎて、一般家庭の室内撮りには使えないでしょう! 外で見せびらかすとき専用です(笑)。
マツジョン | URL | 2015/09/27/Sun 16:34 [編集]
D200、見せびらかすんじゃなく”フツー”に使って下さい。”フツーに”
”フツー”に使ってれば”フツー”のパパママには、なんだか凄えカメラ持ってんな、って思われます。
それでいいじゃないですか。
見せびらかすように使ってれば、フルサイズに高級レンズ付けたカメラオタクがなんとな~く近寄ってきて、何使ってんのかな~って見ていきます。
これは辛いですな。(笑)

一番カッコイイのは、運動会なんかでKISS系のエントリー機にキットのオマケ望遠レンズで静かに撮ってるベテラン。
家に行けばD4Sとかフラッグシップ機あるのに、運動会なんかじゃ持ってこない。
たまに居ますよ、そういう人。
けん | URL | 2015/09/29/Tue 16:49 [編集]
> けん さん
 アドバイスありがとうございます!
 はい、”フツー”に使います。というか、腕も度胸もないので、フツーにしか使えません。寝っ転がってローアングルに構えたり、走り回って追いかけたりしながら撮ったら、カッコよく見えますかねえ?(たまに公園でやってみると、妻がひどく嫌がります。)
 D4Sのロゴ入りストラップを買って、D200に付けて使う、というのは、どうでしょう? たまに居ますか?、そういう人。
マツジョン | URL | 2015/09/30/Wed 22:30 [編集]
あ、そうそう、これらのレンズだけど、AFの速さ、正確さ、追従性などは純正には全く及ばないですよ。シングルAFならまあ、って感じ。
キヤノン用しか知らないけど、まあニコンでも大差ないでしょうね。
そこを割り切って使えるなら、コスパ良いですけどね。
サードパーティーの宿命ですね。
シグマなんか各社のAFシステムについてはリバースエンジニアリングで独自解析してるだけだからね。
画質そのものはよいけれど、レンズそのものの力でいったら、やっぱり値段は正直ですな。

でも、いろいろ書いたけれど、ブログ拝見してると、結局マツジョンさんはマイクロフォーサーズな人のように感じるから、頑張ってお金ためてパナ・オリのF2.8通しズームいったほうがいいんじゃないかなあ。
AFも高速だし、写りも満足できると思いますよ。

レンズが高額なのは当たり前。
それで儲ける商売だから。
カメラにはまったら、そのへんをいつも頭に入れておかないと、フラストレーション溜まってよくないですね。
自分もこれまでいくら散財したやら。
これからも良いカメラライフを送ってください。

けん | URL | 2015/10/05/Mon 17:05 [編集]
> けん さん
 毎度ありがとうございます。

 いろいろと検討したのですが、先日購入したレンズは、パナソニックの12-32mm(中古で2万円弱)でした。とてもコンパクトで、撮るときに相手に威圧感を与えないのが良いです。気軽に使えます。
 マイクロフォーサーズ用のF2.8通しは、やっぱり大きくて高価で、私の使い方には合わないような気がします。一眼レフのほうは、運動会の結果次第で、どう処分するか決めます。

 私の場合、画質よりも使い勝手が重要なようです。今後も、少ないおこづかいの範囲で、気楽に楽しみたいと思います。ありがとうございます。
マツジョン | URL | 2015/10/12/Mon 17:54 [編集]
ありゃりゃ、12-32mmですかあ?
こんだけ比較表まで作成しといて、そうですかあ。
マツジョンさんはかなりの分析好き?
小型パンケーキなら20mmが鉄板だったんですがねえ。
GF1買った時ついてきたけど、なかなか凄いレンズですよ。
写りは好みだけど、お持ちのオリの45mmに全く劣らんです。
AF遅いですが、パナ機ならそこそこ使えますよ。
オリももうちょっとAF速くならないとなあ。
そうですかあ、パンケーキズームですかあ。う~ん。
結局我慢できなくなってF2.8通しズーム欲しくなりそうですねえ。

あ、コンデジのG7Xとか考えられていたけど、一眼用のF2.8通しズームと比べてどうのこうのっていうんじゃないと思いますよ。
私の場合、1インチは初代RX100使ってるけど、あくまでコンデジです。
コンデジとしてはちょっと精細で、ちょっと高感度に強い、その程度です。
パンフォーカスで人物以外のスナップなら良いですけど。
子供撮るなら絵に立体感なさすぎで厳しいと感じると思いますよ。
フォーサーズで単焦点レンズ使っているマツジョンさんなら。

いつもすいません、私の主観だけベラベラ書いちゃって。
それにしてもキヤノンの50mm F1.8とかオリの45mm F1.8っていうのはホント酷い商品ですなあ。
ちょっとの満足と大きな不満を与える絶妙なコンセプト。
撒き餌とはよくいったもんですよね。
けん | URL | 2015/10/17/Sat 16:07 [編集]
> けん さん
 はい。さんざん理屈をこねて検討した挙句、最後に情緒と直感で決めるというのが、私の得意技なのです(と、妻にたびたび指摘されます)。
 でも、この12-32mmは、ほんと良いですよ! 旅先での撮影が目的だったのですが、見た目を地味にできて、人目を気にすることなく使えました。これまで使っていたオリ14-42mmの不満点(ビヨーンと伸びすぎ)が解消できました。

 G7Xは、望遠側も明るくて、表層スペック的にはAPS-C+キットレンズと同等ですね。M43+キットレンズの代わりになるかと思っていたのですが、この12-32mmが手に入ったので、魅力が半減してしまいました。

 それから、現品を見て、F2.8通しはナシだなあ(デカすぎ、高すぎ)、と思っています。F2.0通しなら考えるのですが、F2.8って中途半端だと思いません?(結局単焦点に戻ってしまう気が…)
マツジョン | URL | 2015/10/17/Sat 22:58 [編集]
>F2.8って中途半端だと思いません?(結局単焦点に戻ってしまう気が…)

F2.8が中途半端かどうか、これは人それぞれで何ともいえないでしょう。
単焦点派とF2.8ズーム派がいますからね。
高倍率の便利ズーム派もいるし。
私の場合は完全にF2.8ズーム派です。
高感度とレンズの明るさに頼って暗所で使用するっていう場面では、それはもう明らかにF1.4クラスとは比べられないです。
それは厳しい。
ただ、ひとつ確実に言えることは、これらのズームレンズは各社の看板なわけで、そのどれもが特別に力が入った製品だということですね。
描写だけでなく、シングルAFの速度、コンティニュアスAF時のスムーズな追従性、防塵、防滴仕様の堅牢な造りなど。(純正に限るが)
描写だけに限ってみても、キットのズームレンズとは比較にならず、限りなく単焦点に近いです。
もちろん、単焦点レンズと、そのレンジだけ取り上げてまともに比べれば、微妙に劣ります。
でも、動き回る子供を撮るのに、これほど良い選択はないと思いますけどね。
特にこれから、晩秋~冬~初春頃までは日中屋外でもシャッター速度を稼げない時が多いですからね。

デカすぎ、高すぎ、いや、いいじゃないですか、たまには贅沢しても。
子供なんてあっというまに大きくなってしまいます。
今しか撮れません。今だけです。
普段、仕事頑張ってる自分へのご褒美だと思って奮発したってバチはあたらないですよ。
いつも家族の為にいろいろ節約したり頑張ってるでしょう。
たまに贅沢したっていいと思いますよ。
何より、純正のF2.8通しなんて造りもいいし、所有欲も満たされて撮影そのものがとても楽しくなります。
それでいっぱい素敵な写真撮ってあげれば、かけがえのない家族の宝物になります。
娘さん大きくなったら泣いて喜びますよ。
パパこんなに自分のこと撮ってくれたって。
大きさは慣れです。もちろんフルサイズ用のF2.8なんてのは慣れたってデカいですよ。でも、マイクロフォーサーズ用のレンズなんてすぐに慣れますよ。

って、また好き勝手に書いてしまいました。(笑)
でも、ホントに、パパのお金の使いみちとしては悪くないと思いますけどね。
酒やギャンブルや女に嵌るわけじゃない。
いつも一生懸命頑張ってる自分にぜひともご褒美を。




けん | URL | 2015/10/19/Mon 11:23 [編集]
> けん さん
 毎度ありがとうございます。

 そうなんですよね。子供が大きくなるにつれて写真を撮る機会は減るでしょうから、たぶん今が一番写真を撮る時期だろうね、といつも妻と話しています。

 今回は目的が違い(目立たないことが重要な用途)、諦めたのですが、主目的の「子供撮り」のほうは、F2.8が断然便利ですよね。また度々カメラ屋で現物を見ながら、悩む日が続くかと思います。

 先日の運動会で、D200のほうの使い勝手が芳しくなかったこともあり、いよいよマイクロフォーサーズに投資を集中しようか、と考えています。「たまの贅沢だから」10万円がポンと出る身分ならば良いのですが、ゆっくりと貯金をするしかないのが現状です。
マツジョン | URL | 2015/10/20/Tue 21:26 [編集]



トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.