今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
1歳~2歳でも楽しめる本格的な楽器!~鉄琴・木琴・ハンドベル(クリスマス・誕生日プレゼント)
【今日の夕食】
 今日は、家族4人で私の実家に行きました。夕食のおかずをもらって、帰ってきましたよ。
QC059885.jpg
OLYMPUS E-PM2+LGV12-32mmF3.5-5.6;EFL52mm、F5.3、SS1/100、ISO3200;EV+0.7
★米飯

★実家からの頂きものおかず
・おでん
・荒巻鮭焼き
・ゆで野菜

応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】1歳~2歳でも楽しめる本格的な楽器!~鉄琴・木琴・ハンドベル(クリスマス・誕生日プレゼント)
 今回は、息子(1歳)への「楽器」プレゼントとして、「音板が取り外し可能な鉄琴・木琴」や「単音ずつを独立して演奏できる楽器」を検討します。


★どれが最適? 1~2歳への「楽器」プレゼント
 息子は現在、1歳6ヶ月です。クリスマスプレゼントあるいは今後の誕生日プレゼントを見据えて、1~2歳でも楽しめる「楽器」を検討することにしました。

 ひとくちに「楽器」といっても、いろいろあります。1歳~2歳程度となると、ガラガラやシンバルなど、打楽器系もよさそうです。しかし今回は、せっかくなので長く使えそうなもの、あまりおもちゃっぽくないものが良い、という観点から、ドレミの音階がある楽器を選ぶことにしました。

 しかし、「ピアノ」などは複雑すぎます。敷居が低いのは、叩けば必ず音がなる、「鉄琴(グロッケンシュピール、メタロフォン)」や「木琴(ザイロフォン、シロフォン)」だと考えました。


★音板が取り外し可能! 鉄琴&木琴
 鉄琴や木琴にも、いろいろなタイプがあります。その中で、子供向けに柔軟性があるタイプとして、音板を取り外せるものがあることを知りました。「オルフ楽器」などのカテゴリに分類されるものです。音板を外すことで、「ペンタトニック(5音音階;レミソラシ、ドレミソラなど)」の鍵盤に変化させることができます。

 まず、「スズキ(鈴木楽器製作所)」[1]の「ミニグロッケン」。木製の本体に、1個ずつ脱着可能なスチール製の音板がセットされています。例えば、ド・ミ・ファ・ソ・シの音板を残せば、沖縄風の雰囲気になるそうです。1歳~2歳ですと、いきなりたくさんの鍵盤があっても混乱してしまうので、音板を減らせるのは便利そうです。
[1]鈴木楽器製作所
https://www.suzuki-music.co.jp/


 「ゴールドン(Goldon Marketing)」[2]は、ドイツの子供向け楽器の有名メーカーのようです。「メタロフォンサウンドチャンパ―」は、木製本体にスチールのシンプルな構成。「カラーメタロフォンブック」は、鉄琴と楽譜の本がセットになった楽しそうな商品です。「ファミリーカラーメタロフォン」も、カラフルで楽しげな印象です。「ソプラノグロッケンシュピール」は、高価ですが、ワンランク上の作りです(音板はアルミ製)。
[2]Goldon Market
http://goldon.eu/


 「スタジオ49(Studio 49)」[3]は、ドイツの打楽器の一流メーカーです。「モデルグロッケン」にはソプラノ11音とアルト13音の2種類があります。「卓上メタロフォン」は、しっかりした共鳴箱がついた本格的なタイプです(価格も本格的です)。そして木琴系の「卓上シロフォン」もあります。
[3]studio49;
http://www.studio49.de/english/index1.htm


 同じくドイツ「ゾノア」社[4]も、この種の鉄琴・木琴の有名メーカーのようです。「メタロフォン」や「ソプラノグロッケン」など、豊富にラインナップされています。
[4]Sonor;Orff
http://www.sonor.com/instruments/orff/



★1音ずつ独立!「チャイムバー」
 さらに鉄琴・木琴を調べると、面白い商品が見つかりました。1音ごとに、音板と共鳴箱がセットになり、独立しているタイプです。この種の鉄琴・木琴は、「チャイムバー(chime bars)」または「バーチャイム」、「レゾネーターベル(resonator bells)」、「レゾネーターバー(resonator bars)」、などと呼ばれているそうです。
 
 一音ずつをバラバラに配置できるので、下のムービーのような楽しみ方ができます。画面左方は「Dマイナー(D,F,A)」の和音、右には「Eマイナー(E,G,B)」の和音を構成するように、バーをバラバラに置いています。そして上方に「C」。これらをランダムに叩いていくと、コード進行に沿ってアドリブ演奏ができる、という仕組みです。


 最初は「スズキ」[1]の「サウンドブロック」。13音セットの「SB-13」は、共鳴箱がプラスチック製の廉価版です。半音(シャープ鍵盤)もセットになった「SB-25」は、共鳴箱が木製のデラックス版です。このほか、1オクターブ(8音セット、共鳴箱はプラスチック)の「SB-8」、定価9600円(税抜)がありますが、アマゾンでは見つかりませんでした。
[1]鈴木楽器製作所
https://www.suzuki-music.co.jp/


 「キョーリツコーポレーション(KC)」[5]の「プラスチック・レゾネーター・ベル(ミニ鉄琴)」は、比較的安価な部類です。1オクターブ(8音)セットで、カラフルです。
[5]キョーリツコーポレーション;製品情報
http://kyoritsu-group.com/products/detail.php?product_id=606


 「Rhythm band」の「デラックス8 ダイアトニック・ベルセット」は、1オクターブ8音のカラフルなセットです。共鳴箱が丸い円筒形状になっており、ユニークです。
[6]Rhythm band;
http://rhythmband.com/


 そしてドイツ「ゴールドン」[2]の「バーチャイム」は、木製共鳴箱にアルミ音板を使用した本格的な作りです。10音セット。
[2]Goldon Market
http://goldon.eu/




★押して鳴らすタイプの「卓上ハンドベル」
 チャイムバーのように「1音1音をバラバラに鳴らす楽器」といえば、「ハンドベル」が連想できます。メーカーによって、「ハンドベル」「ベルハーモニー」「ミュージックベル」「メロディーベル」「ベルコーラス」など、さまざまな呼び名があるようです。

 「ゼンオン」の「ミュージックベル」は、通常の振って鳴らす「ハンド式」(MB9500-8K)のほかに、「タッチ式」(CBR-8T) を用意しています。こちらのタッチ式は、通常の「振って鳴らす」使い方に加えて、柄の部分を押しても音がなります。ただ、柄の先端を押す必要があるので、1~2歳には押しにくいかもしれません。なお、「キョーリツコーポレーション」の「ベルコーラス」も、同一製品と思われます。
[7]全音楽譜出版社;楽器
http://www.zen-on.co.jp/music/



 次は「スズキ」[1]の「ベルハーモニー」。こちらも、通常の「ハンドタイプ」のほか、卓上に置いて上部ボタンを押して鳴らす「デスクタイプ」があります。この「デスクタイプ」は、1歳~2歳の幼児でも、ボタンが押しやすそうです。個人的にはイチオシ。
 それぞれ1オクターブ8音セットのほかに、単音売りもあるので、後から音を増やしたいときに、融通が利きます。
[1]鈴木楽器製作所
https://www.suzuki-music.co.jp/


 同じくデスクタイプのハンドベルには、「アポロ社」の「レインボウミュージックデスクベル」などがあります。



★まだまだあります、単音独立タイプの楽器
 単音だけを独立して演奏できるタイプの楽器には、ほかにも色々あります。

 「スズキ」[1]の「トーンチャイム」は、「クワイアチャイム(マルマーク社が有名)」に類する楽器です。「音あそび向けセットHB-100」は、1オクターブ8音+F#3、B♭3の、合計10音セットです。アルミ合金の本体に、ゴム製のヘッドが取り付けられており、ハンドベル同様に、振ると音が鳴る楽器です。
[1]鈴木楽器製作所
https://www.suzuki-music.co.jp/


 同じく「スズキ」の「クワイヤーホーン」は、ラッパ状の楽器です。吹っても吸っても音が鳴りますが、吸うときは吹くときよりも1オクターブ高い音が出る、という点がユニークです。


 次は、アメリカ発祥の「ブームワッカー(Boomwhackers)」[8]という楽器です。「チューンド・パーカッション・チューブ」と称されて、ヒザや机などをポコポコ叩いて音を出すことができます。日本では「ドレミパイプ」とも呼ばれているようです。
[8]Rhythmband;boomwhackers!
http://boomwhackers.com/


 「ゼンオン」[7]の「ドレミパイプ(ブームワッカー)」。1オクターブ8本セットの「ダイアトニックセット」、キャリーバックもセットになった「キッズセット」など、いろいろな商品構成があります。
[7]全音楽譜出版社;楽器
http://www.zen-on.co.jp/music/



 誕生日に、クリスマスに、入学祝いに。普通の楽器と違った楽しみが広がる「音板が外せる鉄琴・木琴」や「単音だけ独立した楽器」は、いかがでしょうか?


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記


関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.