今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
年中行事の計画に!「連用日記」通販一覧リスト・比較ブログ~3年日記・5年日記・10年日記
【今日の夕食】
 今日は小雨。いちにち、のんびりと昼寝を楽しむなど、ずっと家で過ごしました。
QC139934.jpg
OLYMPUS E-PM2+LGV12-32mmF3.5-5.6;EFL50mm、F5.1、SS1/100、ISO2000
★米飯

★具だくさんつみれ汁
 あじのすり身(冷凍)を使った、手作りつみれ入りです。

★手作り焼き鳥
 鶏むね肉、豚ロース肉を使った、手作り焼き鳥です。シンプルな塩味で、おいしく頂きました。

妻の料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】年中行事の計画に!「連用日記」通販一覧リスト・比較ブログ~3年日記・5年日記・10年日記
 今回は、3年日記、5年日記、10年日記などの、「連用日記」について、商品リストを紹介・比較します。


★続けて楽しい「5年日記」!
 高橋書店の「5年日記」を、15年ほど使い続けています。2001年から使いはじめて、今年2015年で、3冊目が終了します。
QC139939.jpg

 来年(2016年)からは、新しい日記になります。今回は気分を変えて、青色の表紙のものを買いました。
QC139940.jpg

 中身は、1ページが1日になっており、5年分を記入できるように段分けされています。左が2010年購入品、右が2015年購入品で、レイアウトは同様です。少しリニューアルされて、日曜日が赤色で表示されています。
QC139941.jpg

 1日の欄がコンパクトなので、書くことが少なくても、記入していない日が多くても、あまり気になりません。実際、私の場合、ほとんどのページが空白です。気が向いたときや、特別なイベントのみの、メモ程度です(息子の誕生日すら、書いていなかったりします)。逆に、あまり書いていないので、重要イベントが目立って、過去の振り返りに便利だと思っています。特に、連休の過ごし方や帰省など、年中行事の振り返りや計画に、とても有用です。

 この種の日記は、「5年日記」のほか、「3年日記」「10年日記」などがあり、一般には「連用日記」と呼ばれているようです。日記欄のほか、住所録、覚書欄、地図、歴史年表など、付録も充実しています。生活に必要な情報をひとまとめにしておく手帳・資料集的な機能もあり、たいへん便利です。

 連用日記は、長期にわたり使うものなので、気に入ったものを選びたいところです。そこで今回は、このような「連用日記」の商品リストをまとめました。お気に入りの1冊が、見つかれば幸いです。


<参考サイト>
[1]高橋書店:連用日記
http://www.takahashishoten.co.jp/diary/category_201601nikki03.html
[2]デザインフィル:ミドリオンラインストア - 連用日記(連続日記)
http://www.midori-store.net/SHOP/5293/5326/list.html
[3]博文館新社・博友社:連用日記
http://www.hakubunkan.co.jp/list/jan/years.html


★どれが最適? 選び方のポイント
 連用日記には、たくさんの種類があります。使い方によって、最適な一冊を選びたいところです。選定のポイントは、以下があります。

◎3年・5年・10年
 主要な連用日記の期間は、3年、5年、10年の3種類です(ほかに、2年などもありますが、主流ではありません)。10年日記は長期間を記載できる反面、記載欄が小さくなります。反面、3年日記は、期間は少ないですが、1日1日を書く欄が広くとれます。

◎サイズ
 コンパクトで手元に置きやすいもの、大きくてたくさん書けるもの、使い方によって、最適なサイズは違います。サイズは、以下を目安としています。日記帳によって、多少のバラツキがあります。
 ・B5サイズ:257×182mm
 ・A5サイズ:210×148mm
 ・B6サイズ:182×128mm

◎記入欄の型式
 記入欄は、罫線が引かれたもの、罫線がないボックスタイプのもの、があります。また、年度は固定のものと、自分で記入するものがあります。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「連用日記」は、毎年スタート年が異なるものが発売されています。通販でご購入の際は、「はじまりの年」が合っているかどうか(旧年度版でないか)、十分ご注意ください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



★入学~卒業のタイミング「3年日記」
 1ページが3段に分かれており、1年目・2年目・3年目の同一日の日記を記入できます。また、1ページが3段×2列に分かれていて、1ページにつき2日分を記入するようになっているものもあります。「3年」は、小学生・中学生などの入学~卒業のタイミングに合わせやすく、子供の成長の記録などに使いやすい区切りだと思います。
 以下、サイズ別に紹介します。

◎B5サイズ 3年日記
 日記帳としては大きめの、B5サイズ(257x182mm)です。記入欄も大きめなので、ある程度の分量をしっかりと書きたい、という方に合っていると思います。
 高橋書店「大型3年横線当用新日記 No.15」。


 博文館「横線3年連用日記 No.15」は、1ページに3年分を記載する形式です。対して、「横線3年連用日記 No.17」は、1ページがさらに2列に分かれており、3年分×2日間を記入できます。「3年連用デスクダイアリー No.61」も、1ページに3年分×2日間。


◎A5サイズ 3年日記
 手頃な大きさのA5サイズ(210x148mm)は、もっとも豊富な品揃えです。
 高橋書店「3年横線当用新日記」は、No.13ブルー、No.21レッドの2色があります。「3年当用新日記 No.6」は、罫線がなく、自由記入できるタイプです。


 ミドリ「3年連用日記 洋風」と、和風テイストの「3年連用日記 幾歳月」。いずれも、1ページに3年分を記入する形式です。


 博文館は、ラインナップが豊富です。「3年連用ダイアリー」は、No.35ブルー,No.36ピンク,No.37イエローの選べるカラーバリエーション。「3年連用ダイアリー・ソフト版」は、ソフトカバーのタイプで、No.34ベージュ,No.116ボルドー,No.122ブルー,No.181ピンク,No.183イエロー,No.215ブラックの6色があります。ほかに「横線3年連用日記・A5 No.156」もあります。そして「3年連用当用日記 No.14」は、罫線なしの記入枠。






◎B6サイズ 3年日記
 コンパクトなB6サイズ(182×128mm)です。
 ミドリ「3年連用日記 扉」は、茶と水色があります。1ページに3年分記載するタイプですが、使用年は指定されておらず、自分で年度(2016年など)を記入するようになっています。「3年連用 ウェイオブライフ」は、日付も自分で記入するフリータイプです。和テイストのイラスト入り罫線が特徴の「つづればなし柄」も、日付を自分で記入するフリータイプです。


 博文館「3年連用ダイアリー・ソフト」は、ソフトカバーのタイプ。No.161ミント,No.172ピーチ,No.173ライム,No.216ブラック,No.229ワインと、選べる色が豊富です。1ページが左右2列に分かれていて、3年分×2日間を書く形式です。




★ほどよい区切りの「5年日記」
 私も使っている、5年一区切りの「5年日記」は、短すぎず、長すぎず、過去を見ながら将来を考えるのに、最適な期間だと感じています。3年日記ほど、過去の日記帳が増えすぎないのも利点です。以下、サイズ別に紹介します。

◎B5サイズ 5年日記
 日記としては大きめのB5サイズ(257x182mm)は、毎日しっかりと記入したい方に便利だと思います。
 高橋書店の「大型5年横線当用新日記 No.18」。1ページに5年分を記載できます。


 博文館「大型5年連用日記 No.18」も、1ページに5年分のフォーマット。



◎A5サイズ 5年日記
 手頃なA5サイズ(210x148mm)は、ラインナップが充実しています。
 高橋「5年横線当用新日記 A5」は、No.16ベージュ、No.22ブルーのバリエーション。今回、私が買った商品です。


 ミドリ「5年連用日記」は、洋風、思い出の記、の外観の異なる2種類があります。年代は限定されておらず、自分で年度(2016年など)を記入する書式です。

 
 博文館「5年連用日記 No.16」は、オーソドックスなタイプ。「5年連用セレクトダイアリー」 No.223ボルドー,No.230黒もあります。「5年連用日記」は、No.19ブルー,No.20ピンク,No.21ベージュ,No.182ゴールドの多色カラー展開です。さらに、ソフトカバーの5年連用ダイアリー・ソフト版は、No.101ホワイトグレー,No.115ブルー,No.121ピンク,No.147レモン,No.148ホワイトブルー,No.214ブラックと多彩で、選ぶ楽しみがあります。






◎B6サイズ 5年日記
 コンパクトなB6サイズ(182×128mm)は、ミドリ「5年連用日記 扉」です。赤、黒の2色が選べます。1ページに5年分。年代は限定されておらず、自分で年度(2016年など)を記入する形式です。



★まさに人生の一区切り「10年日記」
 10年間の記録を1冊にまとめられるのが魅力の、10年日記です。日記帳が分厚くなる傾向があるので、使いやすさは劣るかもしれません。3年・5年日記と比べると、ラインナップは少なめです。

◎B5サイズ 10年日記
 大きなB5サイズ(257x182mm)の日記は、10年間を1ページにまとめられて便利です。

 高橋書店「大型10年横線当用新日記 No.19」。1ページが10段に分割され、10年分を記入できます。


 ミドリ「10年連用日記 洋風」も、1ページに10年分を記載する形式です。年代は限定されておらず、自分で記入するようになっています。


 博文館には、「10年連用ダイアリー No.24」は、1ページの10年が罫線なしの5行×2列ブロックに分割されています。「10年連用日記 No.25」は、オーソドックスな10段分割です。


◎A5サイズ 10年日記
 ほどよい大きさのA5サイズ(210x148mm)。博文館の「10年連用ダイアリー・A5」は、2列×5行のブロック分割(罫線なし)タイプです。No.143ゴールド,No.149パールピンク,No.174パールブルーのカラーバリエーションがあります。一方、「10年連用セレクトダイアリー・A5」は、同じく2列×5行の分割ですが罫線付き。こちらも、No.194ボルドー,No.202ゴールド,No.224黒と、選択肢が豊富です。



◎B6サイズ 10年日記
 コンパクトなB6サイズ(182×128mm)。ミドリ「10年連用 扉 紺」は、見開き2ページを使って、10年分を記入する構成です。年代は指定されていないので、自分で記入が必要です。



★まとめ:続けて便利な「連用日記」!
 3年・5年・10年など、複数年の記録ができる「連用日記」。昨年の今日と比べられる楽しみがあります。年中行事の昨年の記録を確認するのにも便利です。また、1日ぶんのスペースが小さいので、無理なく気軽に続けられます。

 日記の楽しさが広がる「連用日記」。お気に入りの1冊が見つかれば幸いです。


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.