今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
千切り・輪切りを1台で!~スピードスライサー「スバヤイサー」買いましたブログ(通販比較リスト付き)
【今日の夕食】
 今日は、妻と子供たちは、お友達と「自炊お泊り会」に出かけています。スライサーを使って、好物のジャガイモをたくさん調理しました。
P3122529.jpg
OLYMPUS E-PL6+LGV12-32mmF3.5-5.6;EFL28mm、F4.0、SS1/125、ISO1600
★米飯

★みそ汁、昨晩の残り野菜

★ハンバーグ、じゃがいも炒め
 たっぷりの細切りジャガイモ炒めに、冷凍のハンバーグを乗せました。ジャガイモの味付けは、塩と、クロアチアの調味料「ベジータ」です。

おじさん料理を応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】千切り・輪切りを1台で!~スピードスライサー「スバヤイサー」買いましたブログ(通販比較リスト付き)
 今回は、新しく購入した調理器具「スピードスライサー『スバヤイサー』」について書きます。ほかのスライサーとの比較、通販リストも記載しています。


★面倒な「千切り」を簡単にしたい!
 料理をしていると、きんぴら、フライドポテトなど、千切りをする機会があります。しかし、包丁を使った千切りって、けっこう難しいです。私は、包丁仕事が不慣れなのと、極度の面倒ぐさがりなので、細く・小さく切るのが苦手です。

 そこで、念願の「スライサー」を購入しました。今回購入したのは「ショップジャパン」の扱う「スピードスライサー『スバヤイサー』」です。もとはドイツ「ゲニウス(Genius)」社の製品(製品名:スピードスライサー(Speed Slicer))を、日本向けパッケージで販売しているようです。
20160313z01.jpg

 スライサーには、実にさまざまな商品があります。今回、選定で重視したのは、次の点です。
1)輪切り・千切りができること。
2)部品が多くないこと。(多いと収納が面倒、紛失しやすい)
3)取扱いが安全なこと。(そそっかしい大人が2人いるため)



★千切り用「シャークカッター」は収納式!
 この「スバヤイサー」の素晴らしい点は、収納式の千切り用カッター(シャークカッター)を備えている点です。下の写真のように、多数の三角形の刃で、千切りが可能です。そして、シャークカッターを収納すれば、輪切りができます。
20160313z02.jpg
 裏面には、2つのダイヤルが付いています。右のダイヤルが、シャークカッターの収納・突出の切り替えダイヤルです。左のダイヤルが、メイン刃(V字カッター)の厚さ調整です。0.25~6.0mmまで、26段階で調整ができます。(千切りの幅の調整は、できません。)
※アマゾンのクチコミを見ると、このダイヤルが固い、壊れやすい、という声が多いようです。私の個体は、ちょうどよい硬さですが、たしかに少しキャシャそうではあります。品質のバラツキがあるのかもしれません。
20160313z03.jpg
 使わないときは、厚さ調整ダイヤルを「収納位置」にします。刃が台座から飛び出さないので、安全です。
20160313z32.jpg


★安全で使いやすい! ハンディグリップ
 そして、購入の決め手となったポイントのひとつが、「安全器」の「ハンディグリップ」です。このハンディグリップ、裏面に3本のピンが突出しています。このピンに、素材を突き刺すことで、確実なホールドが可能です。
20160313z11.jpg 20160313z12.jpg
 ハンディグリップの上部には、押しボタンがあり、このボタンを押すことで、素材をスライサーに押し付けることができます。あっという間に、千切りが進みます。じゃがいも1個、10秒くらいでしょうか。
20160313z13.jpg
 スライサーの設定厚さになるまで、効率的にスライスが可能です。ただ、さすがに最後の1スライスは、包丁で千切りする必要があります。
20160313z14.jpg


★あっと言う間に、千切りが完了!
 そして、見事に、千切りができました。スピードも速いですが、仕上がりも寸法がそろって、たいへん美しいです。
20160313z15.jpg
 じゃがいも5個を、まさに「あっという間に」千切り完了してしまいました。包丁だと、これだけ作るのは大変ですね。
20160313z16.jpg


★細かい素材は「ハンディホッパー」で!
 細かい素材の場合は、「ハンディホッパー」が便利です。ここでは、リンゴのスライスを作ります。角切りしたリンゴをケースの中に投げ込んで、フタをセットします。
R2111826.jpg R2111827.jpg
 あとは、シュッ!と動かすだけ。やはり「あっと言う間」に、均一なスライスが完了するのでした。
R2111828.jpg


★どのスライサーがよい? 通販比較リスト
 このスライサーの購入にあたって、いろいろな商品を検討しました。ここでは、その検討の経緯を記録しておきます。各商品は、アマゾン通販へのリンクも記載しました。


◎一般的なスライサー「貝印」など
 最初に検討したのは、用途に応じて複数のユニットを使い分ける、一般的なスライサーセットです。例えば「貝印」の「SELCT100 調理器セット」などがあります。
 これは、輪切り、細千切り、太千切りなど、用途ごとに別々の調理板を使い分けるタイプです。

[1]貝印:オンラインストア http://www.kai-group.com/store/products/list/140

・利点:比較的安価。各ユニットは構造がシンプルで、使い方が簡単。
・欠点:多数のユニットがあり、使い分けや片づけが面倒。場所をとる。




◎ドイツ・ベルナー社の高級スライサー
 「切れ味」という点で注目の商品が、ドイツ「ベルナー(Boerner)」社の、「Vパワー」です[2]。
 特徴は、大きなV字形状の刃で、切れ味が良さそうです。ボタン操作で、厚み調整ができます。千切りには、アダプタを交換することで対応します。サイズがかなりデカイく、堅牢感があります。

[2]Boerner:http://www.boerner.de/


・利点:切れ味の良さそうなV刃。しっかりした安全器。カラフルなボディ。
・欠点:かなりデカい。パーツが多く、片づけが面倒そう。




◎ドイツ・ゲニウス社の「スバヤイサー」
 私が購入した商品です。「ショップジャパン」が販売する「スバヤイサー」は、ドイツ「ゲニウス(Genius)」社の製品(製品名:スピードスライサー(Speed Slicer))です[3]。交換ユニットがなく、部品の収納や片づけが簡単です。金属ピンを使って素材をしっかり把持できる安全器も、ポイントが高いです。なお、ショップジャパン通販[7]では約7000円ですが、アマゾンならば4000円弱で購入できます。

[3]Genius:Our products http://www.genius-germany.de/en/products.html
[7]ショップジャパン:万能スライサー「スピードスライサー スバヤイサー」 http://www.shopjapan.co.jp/goods/SPS01



・利点:刃の交換が不要で千切りもできる。安全器付き。
・欠点:千切りの幅が調整できない。




◎日本の老舗「ベンリナー」
 日本のスライサーの老舗「ベンリナー」は、昭和25年の創業です。「多機能」なスライサー「ベンリナー」を販売しています[4]。通常サイズの「ベンリナー」と、幅広タイプの「スーパーベンリナー」をラインナップ。
 側面のつまみで、厚さを調整可能。さらに各種の交換刃を脱着することで、いろいろなサイズの千切りが可能になります。調理板を丸ごと交換するタイプに比べると、部品が少なく、省スペースです。

[4]ベンリナー:ベンリナー
http://www.benriner.co.jp/


・利点:本体は1個で済み、省スペース。
・欠点:刃が交換式。収納・片づけが面倒そう。




◎千切り厚さも調整可能!日本製スライサー
 新潟の刃物産地、三条で作られたというスライサー「日本製スライサーSV-3178」です。販売元は「富士パックス」[5]とのことですが、残念ながら、ホームページに商品情報はありません。スライサーの厚さを変える調整つまみ付き。さらに、千切り幅は、つまみの回転だけで、2段階を選べます。懸念点は、安全器が貧弱なことです。イボがついただけのタイプなので、素材が滑りそうです。

[5]富士パックス-商品情報:
http://www.fujipacks.co.jp/product.html



・利点:刃の交換が不要で千切りもできる。千切り幅が2段階可能。
・欠点:安全器が貧弱。




◎ドイツ製スライサー
 ドイツ製「ハウスウェアジャーマニー(HWG、House Ware Germany)」のスライサー「TNS3000」です。上述の日本製スライサーSV-3178と、機能的には類似(厚さ調整可能+千切り幅調整3段階)していますが、ゴツくて堅牢感があります。欠点は、使いにくそうな安全器です(「グレープフルーツ絞り」を兼ねているそうですが…)。

[6]House Ware Germany:TNS3000
http://www.tns3000.com/


・利点:刃の交換が不要で千切りもできる。千切り幅が3段階可能。
・欠点:安全器が使いにくそう。




「千切り」の調理が格段に速く・簡単になる、便利な「スライサー」。お気に入りの1台が、見つかれば幸いです。


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.