今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
子供撮り最強・1型高級コンデジ!キャノンG7Xの魅力~ソニーRX100と比較
【今日の夕食】
 今日から連休です。今日は、部屋の片づけをしました。
P4303503.jpg
OLYMPUS E-PL6+MZD45mmF1.8;EFL.90mm、F4、SS1/125、ISO2000;EV+0.7
★米飯

★みそ汁、油揚げ・卵・わかめ

★豚肉スタミナ炒め
 ニンニクが効いて、おいしかったです。

妻の料理を応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】子供撮り最強・1型高級コンデジ!キャノンG7Xの魅力~ソニーRX100と比較
 今回は、1インチセンサー搭載の高級コンデジ、キャノン「G7X」について書きます。


★次の子供撮り用品、何を買う?
 2年半ほど前(2013年9月)に、初めての一眼レフ(ミラーレス含む)を買いました。以来、子供撮りをメインに、ほぼ毎日、楽しく撮影をしています。
 最初に買った一眼レフは、ミラーレス(ノンレフ)の「オリンパス・PEN mini E-PM2」でした。このカメラで、一眼レフ系カメラの魅力を知り、従来型の一眼レフ(ミラー付き)の「ニコン・D200」まで買ってしまう始末です。以来、カメラ関係の散財が、飛躍的に増えているのでした。
P1010513a.jpg

 そして現在、10万円レンズ(マイクロフォーサーズのF2.8通しズーム)を目指して、貯金を続けています。しかし、レンズに10万円を払うのが、私にとって最適の選択肢なのだろうか? 撮影の手軽さ・便利さを追求して、他の解もあるのではないか?

 というわけで、ずーーーっと気になっているカメラがあります。それは…


★1型センサーの高級コンデジ「GX7」
 それは、キヤノンの高級コンパクトカメラ(コンデジ)、「POWERSHOT G7X」です。最近(2016年4月)、改良強化型の「G7X Mark II」もリリースされました。


 このG7Xは、コンパクトカメラとしては、飛びぬけて大きい、「1インチサイズ(13.2x8.8mm)」の撮像素子(撮像センサー)を搭載しています。私の愛用するミラーレスのセンサーが4/3インチ(17.3x13.0mm)ですから、一眼レフ系カメラに匹敵するセンサーサイズと言えます。一般に大型センサーは、光を受ける面積が広いため、ノイズが少なく(SN比が高く)、高い画質が得られます。(センサーサイズと許容ISO感度については、→こちらの記事)


★「子供撮り」に最適!~ソニーRX100と比較して
 1インチセンサーのコンデジとしては、ソニー「Cyber-shot RX100」が先行して発売されています。しかし、キヤノン・G7Xのほうが、私の好む「子供撮りカメラ」の方向性に合っていると感じています。その理由は以下です。

(1)4倍ズーム・望遠端F2.8で、子供のアップを撮りやすい。
 F値の小さいF1.8-2.8レンズで、換算焦点距離(EFL;Equivalent Focal Length)は24-100mm(実焦点距離8.8-36.8mm)です。望遠端のレンズ口径13mmとなります。子供の顔をアップにして、背景をボカした写真が撮りやすいです。また、室内のように明るくない場所でも、F2.8なので、ISO感度を上げずに撮れて、画質劣化が少ないはずです。
 一方のRX100(初代)は、F1.8-4.9と望遠端でF値が大きく劣り、最大口径は7.6mmです。ボケが約2倍小さいことになります。室内での望遠撮りも、ISO感度を2段弱高くせねばならず、画質劣化が心配です。
 また、RX100M3はF1.8-F2.8ですが、望遠端が換算70mmと短いです。最大口径は9.2mmで、やはりG7Xに劣ります。
 ちなみに、APS-C一眼レフのセンサーサイズは、22.3x14.9mm(キヤノン)で、1辺が1型の1.7倍です。したがって、1型・F1.8-2.8に相当するボケ量は、APS-Cの3.0-4.8に相当します。APS-C一眼レフ+キットレンズ(F3.5-5.6が一般的)とほぼ同量の、大きなボケ量が期待できます。

(2)タッチシャッター搭載で、子供のチョコマカに強い。
 G7Xは、タッチシャッターを搭載しています。このタッチシャッターが、コンデジとしては非常に軽快です。チョロチョロ動く子供を、狙った構図で撮るのには、タッチシャッターが威力を発揮するはずです。(タッチシャッターがないと、半押し→構図変更→シャッターとなり、時間ロスの間に子供が動いてしまいます。) 残念ながら、マイクロフォーサーズのタッチシャッターには劣りますが、じゅうぶん実用的な速度だと感じました。(子供撮りでのタッチシャッターの抜群の有用性は、→こちらの記事
 RX100には、タッチシャッターはありません。

(3)快適な操作感で、シャッターチャンスを逃さない。
 F値の小さいレンズ(大口径レンズ)を搭載した高級コンデジの中には、動作がモッサリしたものもあります。例えばパナソニックLX100は、4/3型センサー搭載・F1.7-2.8レンズと素晴らしいのですが、電動ズームの速度が非常に遅く、子供撮りには使えない、と感じてしまいました。
 その点、このG7Xは、電動ズームの速度、ピントの合う速さ、撮影間のタイムラグなど、レスポンスがとても速く、おおむね満足できる内容でした。(RX100も、レスポンスという点では満足です。)
 その他、G7Xの操作系で魅力を感じたのが、上面の露出補正ダイヤルです。動き回る子供を相手に、日陰・逆光での撮影など、素早く露出補正をしたいときには、威力を発揮しそうです。


 一方、不満点もなくはありません。以下の通りです。
(1)電動ズームの動作が速くない
 G7Xの電動ズームは速いですが、やはり電動ですので、手動に比べてレスポンスが遅いです。特に、電源ONから鏡胴が伸びるまでの時間は、ミラーレスと併用しているとストレスを感じるかもしれません。
 また、小さい子供がいるので、電動ズームだと、ゴリゴリと触られて、壊れてしまわないか心配です。(過去、別のコンデジで、これが原因と思われる破損事例を経験しています。以来、コンデジはズーム部分の隠れた「防水コンデジ」になりました。)

(2)乱暴な扱いに弱そう
 現有のコンデジは、防水・耐衝撃のコンデジ、オリンパス・TG-630です。このカメラは、手が濡れていてもOK、砂場でもOKと、外での子供撮りに便利です。コンデジを買うのならば、この防水コンデジから置き換えたい。と考えると、G7Xは少々堅牢感に心配があります。精密機械ぽくて、子供が投げたら壊れそうなのです。


★G7X vs RX100 スペック比較
 1型センサー搭載の高級コンデジとして、以下のカメラを比較します。
・キヤノン:Power shot G7X
・キヤノン:Power shot G7X Mark II
・ソニー :Cyber-shot RX100
・ソニー :Cyber-shot RX100M2
・ソニー :Cyber-shot RX100M3



 以下、スペック表です。他より優れる箇所は、緑色でウスズミをつけています。個人的な注目点は以下です。
・望遠端のF値:RX100/RX100M2は劣る。
・ズーム倍率:G7X/G7X M2は光学4倍ズーム。
・タッチ操作の可否:G7X/G7X M2は可能。


 G7XG7X M2RX100RX100M2RX100M3
メーカーキヤノンキヤノンソニーソニーソニー
発売日2014/102016/42012/62013/72014/5
当初価格65,000円76,000円63,000円67,000円85,000円
現在価格50,000円75,000円40,000円59,000円77,000円
センサー1.0型
CMOS
1.0型
CMOS
裏面照射
1.0型
CMOS
1.0型
CMOS
裏面照射
1.0型
CMOS
裏面照射
画素数2020万2010万2020万2020万2010万
換算焦点
距離mm
24-10024-10028-10028-10024-70
開放F値F1.8-2.8F1.8-2.8F1.8-4.9F1.8-4.9F1.8-2.8
マクロ5cm-5cm-5cm-5cm-5cm-
画像処理
エンジン
DIGIC6DIGIC7BIONZBIONZBIONZ X
ISO
感度
125
-12800
125
-12800
125
-6400
125
-12800
125
-12800
手ブレ
補正
光学3段光学4段光学光学光学
液晶画面
画素数
3型
104万
3型
104万
3型
123万
3型
123万
3型
123万
液晶チルト不可
タッチ操作不可不可不可
フラッシュ内蔵内蔵内蔵内蔵内蔵
ファインダ
画素数
なしなしなし別売
40,000円
内蔵
寸法mmW103
H60
T40
W106
H61
T42
W102
H58
T36
W102
H58
T38
W102
H58
T41
重量280g290g210g250g260g
※当初価格は価格ドットコムの初値。1000円単位丸め、税込。
※現在価格はアマゾン。1000円単位丸め、税込。
※寸法は1mm単位丸め、重量は10g単位丸め・電池含まず。

<参考>メーカー商品ページ
・G7X:http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/g7x/spec.html
・G7X Mark II:http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/g7xmk2/
・RX100:http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX100/
・RX100M2:http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX100M2/
・RX100M3:http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX100M3/


★参考:その他の1型コンデジ
 このほかの1型コンデジには、ファインダー付きのG5X、F2.0-4.9のG9Xなどもありますが、G5Xは高価(ファインダーは要らない)、G9XはF値が不足なので対象外としました。また、RX100M4(高速撮影仕様)も、高価すぎるので対象外です。10倍ズームのパナソニックTX1も、F2.8-5.9で対象外です。



★まとめ:G7Xは「子供撮り最強コンデジ」だ!!
 多少の不満はありますが、現時点で、G7Xは、子供撮りに最も適したコンデジだと思っています。以下が理由です。

・F1.8-2.8の望遠端も明るいレンズ⇒背景をボカして撮りやすい。
・換算24-100mmの十分なズーム範囲⇒子供アップも撮りやすい。
・実用速度のタッチシャッター⇒チョコマカ動く子供を撮りやすい。
・十分なレスポンスの電動ズーム⇒思い通りの画角で撮りやすい。


 個人的には、一眼レフ(ミラーレス含む)を購入しても、標準キットレンズだけで、追加レンズを買わないつもりならば、このG7Xを買ったほうが有意義だと思います。(一眼レフを買うのならば、交換レンズも買わないと、G7Xを超えられないでしょう。)

 最近、Mark2が発売されて、初代がお買い得な価格(5万円)になっています。5万円と言えば、ちょっとしたレンズ1本と同じ価格です。ここは高級コンデジを1台、買ってみても良いのではないか?(小さくて手軽で、きっと妻にも使いやすいですよ!)



(補足)
 1インチセンサー搭載コンデジとしては、近くニコン・DLシリーズ(DL18-50、DL24-85)がリリース予定です。こちらは、位相差AF搭載ということで、高いAF速度が期待できそうです。ただ、24-85mmはちょっと望遠端が短いことと、電動ズームやタッチシャッターのレスポンスが気になります。
 ニコンは、ミラーレス一眼レフ・Nikon1で、1インチセンサーの長い経験がありますから、どんなカメラになっているか、楽しみです。



この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する


LX100
今晩は、マツジョンさん。
LX100の4kフォトが凄いらしいですよ。
パナソニックセンターで聞いてきました。
シャッターチャンスという言葉がなくなるのではと思いました。
LUMIXはズーム速度変えられるはずなんですが、LX100はダメでなんでしょうか・・
パパフォトグラファ | URL | 2016/05/03/Tue 00:21 [編集]
> パパフォトグラファ さん
 こんにちは。
 4kフォト、すごいですね。私は通常3Mサイズで撮っているので、4k画質で十分かもしれません。
 LX100ですが、ネット情報と説明書を見る限り、ズーム速度の設定はできそうにありません。(それよりも、私にとっては、タッチシャッターがないことが大問題なのですが…)
 万能カメラやレンズは、なかなかなく、まだまだお金がかかりそうな気がします。
| URL | 2016/05/04/Wed 15:16 [編集]



トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.