今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
パナソニック音波振動電動ハブラシ「ドルツEW-DE24」買いましたブログ~ソニッケアー・オーラルBとの比較・選び方
【今日の夕食】
 今日は、子供たちと図書館・公園・畑をめぐって、一日のんびりと楽しみました。
C6114433a.jpg
OLYMPUS E-PL6+LG25mmF1.7;EFL.50mm、F2.8、SS1/100、ISO1250

★米飯

★鶏肉焼き、レタス
 にんにくしょうゆ味で、パンチが効いています。

★卵焼き


妻の料理を応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】パナソニック音波振動電動ハブラシ「ドルツEW-DE24」買いましたブログ~ソニッケアー・オーラルBとの比較・選び方
 今回は、初めての電動ハブラシ・パナソニック「音波振動ハブラシ・ドルツ(Doltz)」について書きます。


★電動ハブラシ「ドルツ」を買いました!
 パナソニックの「音波振動ハブラシ」、「ドルツ(Doltz) EW-DE24」を買いました。電動ハブラシ(歯ブラシ)を使うのは、初めてのことです。しかも、1.3万円もする、高級品なのです。ずーっと欲しかったのですが、この度「10万円レンズ」を諦めたことで、ようやく入手できました。
B6074799.jpg

 普通のハブラシに比べると、かなり大ぶりのサイズです。しかし、ブラシの部分に限って言えば、普通のハブラシより小ぶりなくらいで、違和感はありません。
B6074802.jpg


★電動ハブラシは、消耗品も安くないですよ!
 この電動ハブラシを選んだ理由のひとつが、交換ブラシの価格です。競合商品の「ソニッケアー」は、交換ブラシが1本あたり700円~1000円もします。寿命が3ヶ月というので、年間3000~4000円となり、これでは続けられそうにありません。一方のパナソニックは、1本あたり100円~500円と、通常のハブラシと大差ない価格から購入できます。価格の違いは、イオン機能対応有無、毛先形状、などにあります。


 電動ハブラシの場合、手動に比べて、振動回数が非常に多いので、通常の歯磨き粉だと、「歯が削れる」というウワサを聞きました。そこで今回、研磨成分(清掃剤=無水ケイ酸(シリカ、SiO2)など)が少ない、ジェルタイプのものを選びました。まったく研磨成分がないと、歯が茶色くなることもあるようで(液体歯みがきで経験済み)、選択が難しいのです。さらに、歯を強くすると言われる、フッ素成分配合のものが理想です。
 ドラッグストアのハミガキ粉売り場で選ぶこと30分弱、ようやく決めたのが「オキナ」の「トゥービー・ホワイト・薬用ジェル歯みがき」です。だいぶ高級なものになってしまいました。このように、電動ハブラシに合う歯磨き粉が安くないことを考えると、交換ブラシがリーズナブルなことは、とても重要だと感じます。
C6114438.jpg


★短時間で、安定感のある仕上がり!
 さて、磨き心地ですが、最初は、振動が「こそばゆく」感じました。特に、前歯の内側あたりが、くすぐったくて、なかなかよく磨けません。このハブラシは、「NORMAL(通常)」と「SOFT(やわらか)」の2段階の強さが選べるので、慣れないうちは便利です。5~6回の使用で慣れて、今は通常モードで磨いています。

 手で歯磨きをしていると、途中で「くわえたまま別の作業」ということも少なくありません。しかし、電動ハブラシですと、勝手に動きますので、磨いている間は、別の作業をしにくく、歯磨きに集中できると感じました。磨く作業も、ハブラシを歯に沿って動かしていくだけなので、簡単で、短時間で済みます。

 そして肝心の、磨いた後の感じ、歯垢の落ち具合ですが、万全とは言えません。特に歯間に、食べかすが残っている場合が多いです。やはり、歯間ブラシを使わないと、歯間まではきちんと磨けないようです。しかし、平面部分については、歯磨き粉をつけなくても、ツルツルになります。手で磨くよりは、手間が少なく、個人差なく・安定して・ムラなく磨けるのではないでしょうか。


★パナソニックの強み:充電時間
 パナソニックの電動ハブラシを選んだ、魅力的だったポイントが「充電時間」です。他の有名メーカーの製品は、充電に24~48時間(ソニッケアー)、22~24時間(オーラルB)も要して、とても現実的ではないのです。1回の充電で3週間(ソニッケアー)、10日間(オーラルB)使えると言いますが、電池が切れたら、丸一日充電しなければなりません。充電場所の確保も問題です。

 これに対してパナソニックは、なんと1時間で満充電、60分間の使用が可能です。さらに、2分の充電で2分使える、という仕様で、急な電池切れの心配がありません。この急速充電は、従来の電磁誘導に、磁気共振技術を組み合わせて実現した、とのことです[1]。下の写真は充電中の様子。防水のため非接触なので、大電力のやりとりが難しく、短時間の充電が難しいのです。

[1]パナソニック:開発チームが語る ドルツ進化の舞台裏 > Episode06 ライフスタイルをも変える、革新の充電方式。
http://panasonic.jp/teeth/developer/episode06.html
B6074800.jpg

 本体の底面は、充電器と非接触です。ここが接触すると、水アカなど汚れがたまり、掃除が面倒になります。こういった使いやすさへの配慮が、日本メーカーならではと思えて、嬉しいのです。
B6074801.jpg


★各メーカーの比較:使い勝手・経済性はパナソニック!
 電動ハブラシの代表メーカーとブランドには、以下があります。

・パナソニック(Panasonic):ドルツ(Doltz)
 http://panasonic.jp/teeth/

・フィリップス(Philips):ソニッケアー(Sonicare)
 http://www.sonicare.jp/products/

・ブラウン(Braun):オーラルB(Oral-B)
 http://www.oralb.braun.co.jp/

 各メーカーのアピールする内容は、以下の通りです。1.5万円前後の機種のスペックです。

メーカーパナソニックフィリップスブラウン
ブランドドルツソニッケアーオーラルB
型式EW-DE24Healthy White PlusPRO3000
価格1.3万円1.2万円1.2万円
謳い文句日本市場販売台数No.1
日本歯科医師会推薦
歯科専門医の推奨率No.1世界の歯科医の使用数No.1
技術極細毛ブラシ
長手方向振動
音波振動
幅方向振動
音波水流
丸型16°傾斜ブラシ
回転振動+上下振動
振動数31,000回/min (520Hz)31,000回/min (520Hz)回転8,800回/min (150Hz)
上下40,000回/min (670Hz)
充電Li-ion電池
1時間充電
60分使用
Li-ion電池
48時間充電
84分使用
Ni-MH電池
22時間充電
28分使用
寸法 mmL235xW28xT33L250xW30xT31L232xW27xT34
質量105g134g131g
交換
ブラシ
最上級:470円/本
普及型:120円/本
最上級:1,000円/本
普及型:660円/本
最上級:700円/本
普及型:460円/本
※本体価格はアマゾン、2016年6月現在。税込、1000円単位丸め。
※交換ブラシ価格はアマゾン、2016年6月現在。もっとも数量の多いセット品での1本あたり価格。税込、10円単位丸め。

 いずれの製品も、なんらかの「No.1」を謳っています。磨き方の特徴としては、パナソニックが長手方向(バス磨き=歯の並び方向)、ソニッケアーが幅方向(歯の上下方向)、ブラウンが回転方向(ブラシが回転)+上下振動(歯面の垂直方向)と、3社3様です。パナソニックは歯周ポケットに強く、ソニッケアーは歯間に強く、ブラウンは歯周も歯間も短時間で磨ける、という点をウリにしているようです。

 充電時間、重さ、交換ブラシの価格、といった点で、パナソニックはズバ抜けています。歯垢がどれだけ落ちるかは、もちろん重要です。しかし、長く使い続けられることが、もっと重要と考えます。
 毎日ストレスのない「使いやすさ」と「経済性」を重視して、私はパナソニックを選びました。
 


★パナソニック製品・3機種の比較
 パナソニックの上級ラインの電動ハブラシには、DE54、DE44、DE24の3種類があります。DE54のみ、白・黒の2色展開です。以下、スペックを比較します。

型式EW-DE54EW-DE44EW-DE24
黒、白
価格1.7万円1.5万円1.3万円
振動数31,000回/min
(520Hz)
イオン機能あり
運転モードノーマル
ソフト
ガムケア
ノーマル
ソフト
電池残量
表示
ありありなし
充電Li-ion電池
1時間充電・60分使用
2分クイックチャージ
付属
ブラシ
イオン用極細毛
イオン用マルチフィット
ポイント磨き
イオン用2wayシリコン
イオン用極細毛
イオン用マルチフィット
イオン用極細毛
その他
付属品
充電スタンド
ブラシスタンド
携帯ケース
充電スタンド
ブラシスタンド
充電スタンド

 上位機種3機種の違いは、歯ぐき磨き用の「ガムケアモード」の搭載有無、電池残量表示(3段階)の有無、付属ブラシ・携帯ケースの違い、です。基本のブラッシング機能や、充電時間には相違がありません。

 このほか、下位機種として、DL32、DL22、DL12(6000円前後)がありますが、これらは充電時間が17時間と長く、やや魅力に欠ける印象です。


 私は、充電時間が短いものの中で、いちばん安いもの、という点から、「DE24」を選びました。


以上、電動ハブラシの購入時の比較検討、選び方などの参考になれば幸いです。


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記


関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.