今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
「おやすみ、ロジャー」買いましたブログ~子供がすぐ寝る魔法の絵本
【今日の夕食】
 今日はヨシケイ、フリーセット食材です。
C6284495.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;EFL.90mm、F3.2、SS1/125、ISO640
★米飯

★焼き鮭

★豆腐ステーキ、野菜あんかけ
 片栗粉をまぶして焼いた豆腐が、たいへんおいしかったです。

★いんげん

妻の料理を応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】「おやすみ、ロジャー」買いましたブログ~子供がすぐ寝る魔法の絵本
 読むと子供が寝てしまうという、巷で大人気の絵本、「おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本」を買いました。カール・ヨハン・エリーン(Carl-Johan Forssen Ehrlin)著、飛鳥新社の出版です。英題「The Rabbit who Wants to Fall Asleep」。原著は、スウェーデンの自費出版だそうです。
C6284494a.jpg

 読むだけでお子さんがすぐ眠くなる、というフレコミです。本当でしょうか。


 この本は、「絵本」とありますが、あまり絵は入っていません。文字だけのページもあります。挿絵が少しだけ多めの本、というところでしょうか。本書の最初にある「読み方の手引き」によれば、絵を見せずに、話だけ聞かせるのが良いようです。文字は、ところどころ太字や青字になっていて、それぞれ強調したり、ゆっくり読んだりするのが良いとのこと。
C6284493a.jpg C6284492a.jpg

 巻末の著者メッセージ「日本のみなさんへ」を見ると、本書の主旨は、「眠りたいけれど眠れないで困っている子供の、眠るための手助けをすること」にあります。「子供をさっさと寝かせて、ラクをしよう。」というのは、ちょっとスジが違うようです。(困ったことに、本書の訳者あとがきには、「すぐに子どもが眠ってくれたら、どんなに助かることか…」というのが、親の「切なる願い」とされています。子供の意思に関わらず、とにかく寝かせてしまえば良いということ? それは違うでしょう。)


 で、肝心の効き目ですが、我が家では以下の通りでした。

 娘、5歳:読んでいると、10分ほどで、スーッと寝てしまいました。しかし、もともと寝つきのよい子なので、本書の効果かどうか、判然としません。しかし、寝た後も話を続けてやると、気持ちが良さそうです。(本書には、リラクゼーションの効果があるそうです。)

 息子、2歳:読んでいる間、遊んでいると思ってか、ずっとはしゃぎ続けています。まったく寝る気配がありません。と、思っていると、読み終わった後に寝ました。息子については、読まないほうが効果があるようです。

 本書は、「眠りを手助けするフレーズ」を随所にちりばめることで、眠りやすくなる効果を狙っているようです。したがって、基本的に、言葉を覚えていない/覚えたての2歳くらいまでの子供には、効果がないと感じました。

 逆に、言葉が分かる子で、もう少しで眠れそうなのだけど寝付けない、という場合には、この本を読むと、夢と現実があいまいになって、うまく眠れそうな気がします。まさに「眠りの手助け」です。話のスジが行ったり来たり、脈絡も起伏もなく、あまり面白くないのも、眠くなるポイントでしょう。

 あくまで「眠りの手助け」ですから、「夜、早く寝て欲しい」という親の都合を押し付けるために読んでも、効果は期待できません。子供が寝たがっているのに、なかなか寝られないで困っている。そんなときに役立つ本だと思います。


 なお、この絵本、ぜんぶ通しで読むと30分くらいかかります。ゆっくり読むと効果が高いそうです。何度も読んだので、だんだん上手になってきた気がします。読み聞かせの練習にも、ちょうど良いかもしれません。 


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.