今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
私がカメラに使ったお金・2016年9月~初一眼レフ購入から3年、出費はいくら?
【今日の夕食】
 今日もヨシケイ、自分で選んでは買わないような、立派な厚切り肉です。
B9247143.jpg
OLYMPUS E-PL6+LGV12-32mmF3.5-5.6、EFL34mm、F4.0、SS1/125、ISO2500
★米飯

★みそ汁、こまつな・わかめ・麩

★豚肉ステーキ、きのこソース

★キムチ


育休おじさんの料理を、応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】私がカメラに使ったお金・2016年9月~初一眼レフ購入から3年、出費はいくら?
 カメラ関連の出費をチェックしておきます。前回のチェックは、2015年11月でした(→こちらの記事)。

 2013年9月に、初めての一眼レフ(ノンレフ)・オリンパスPEN mini PM2を買ってから、2016年9月で丸3年となります。この間のカメラ出費は、下表の通りです。
出費20160925

 費目ごとの出費は、以下の通りです。
・カメラ本体: 69,000円
・レンズ  : 86,000円
・その他  : 67,000円
◎合計   :223,000円


 10万円レンズ(F2.8通しズーム→こちらの記事)の購入を見送るなど、出費を抑えてきたつもりでした。ところが、前回調査から10ヶ月で、5万円も使っています。この状況を見ると、私はとても「ライトユーザー」とは言えないように思ってしまいます。

 時系列でグラフにすると、以下のようになります。ピコピコとした突出した出費が止まりません。PL6本体(中古1.0万円)、単焦点25mmレンズ(新古1.6万円)、三脚(1.0万円)など、値の張るものを複数個買ってしまったためです。
出費20160925G

 結局、PM2を買ってから3年間、年平均7.4万円の出費です。ペースが落ちていません。

 ただ、必要と思われる機材は、おおむね揃ったようにも感じています。あと試してみたいものといえば、外付けフラッシュ(2.5万円→こちらの記事)と、空間認識AF搭載カメラ(4.5万円→こちらの記事)くらいでしょうか。ああ、高級コンデジもありました(5.0万円→こちらの記事)。あれれ、ぜんぜん出費が減りそうにないではないですか。

 今後も、おこづかいを貯めつつ、ちょっとずつ、試していきたいと思います。
 

おじさんの応援をお願いします:
写真日記


(補足)
 10万円レンズの購入を見送ることで、買えた日用品を列挙しておきます。
・充電式掃除機  :2.6万円
・電動ハブラシ  :1.2万円
・草刈機     :1.0万円
・かき氷器    :0.4万円
・抱き枕2個   :2.2万円
・間取り検討ソフト:0.9万円
◎合計:8.3万円

 限られた費用を、どこに投資するかは、重要ですね。今後の出費マネジメントの、参考のために。



関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する


この表をみて思ったんだけど、

例えば・・・

EOS KISS X7 Wズーム 45,000円
タムロン A16         20,790円
タムロン 60mm F2マクロ   33,300円

             合計   99,090円(価格コムを参考にしました)

液晶画面撮影、タッチシャッターにこだわらず、純正品でなくてもよい、なら新品でも上記のような組み合わせが購入できます。
中古ならさらにリーズナブル。
EF85mm F1.8なんか狙ってもおもしろい。
パンケーキでも買えば機動力もグンとアップ。
ボケや表現力では同じ価格帯で揃えられるマイクロの製品より圧倒的にこれらの機材のほうが上だと私は思う。
限られた費用をどこに投資するのか、ホントに重要なんだけど、マイクロフォーサーズ、やっぱり高いよ、高すぎる。
ライトユーザーにはね。
けん | URL | 2016/09/26/Mon 12:09 [編集]
Re: タイトルなし
> けん さん
 こんにちは。
 先日、中古PL6を1万円で買えたと父に自慢したら、「今カメラがあるのに、1万円も出して買ったのか!?」というような反応をもらいました。。私が「ライトユーザー」ではなく、正常な金銭感覚を失った「カメキチ」なのだ、と認識したエピソードです(笑)。1万円あれば、新型の炊飯器が買えますからねぇ。  さて、今回の出費表を精査すると、マイクロの本体・レンズへの出費は約11.8万円と、想像よりは少ないのです。もし、12-32と45-175をPM2のWズームキットで済ませ、使用頻度の低い25mmF1.7を買わず、タッチシャッター2刀流などと遊ばなかったとすれば、当時価格で、  
・PM2・Wズーム:3.8万円  
・45mmF1.8:2.2万円 と、合計6.0万円で済んでいたのです。「普通の」ライトユーザーであれば、ここまでの出費で「ちょっといいカメラ買っちゃった~♪」という満足感を持てるはずです。私も、ここでやめておければヨカッタのですが…。D200に手を出したのが、ウンの尽きかもしれません。 (ちなみに現状だとPL7が6.6万円。オススメできる価格ではありません。)

 それにしても、カメラ&レンズ以外の出費が、6.7万円と、全体の30%も占めています。予算6万円で、付属品でプラス30%なら、8万円になってしまいます。少しでも節約したい「ライトユーザー」は、こうした出費に、気を配っておく必要がありそうですね。

 それから、「液晶画面をどこまで重視するか?」は、子供撮りカメラ選びにおいて、たいへん重要なテーマだと思っています。これを知らない入門者は多いようで、知らずに一眼レフ(従来型)を買うと痛い目に合う、いわば「ワナ」のようなものです。この点は、今後も、積極的に発信をしていきたいと思っています。

※2年前の記事ですが、一眼レフ含め、本体キット+単焦点の価格一覧を調べています。このときは、ソニー一眼レフ(EVF)が、一番廉価でした。(ライトユーザーは、ここまで調べませんよね…)
http://lglink.blog81.fc2.com/blog-entry-1214.html
マツジョン | URL | 2016/09/26/Mon 16:30 [編集]



トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.