今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
SIKU・1/32トラクターは、ドイツの「合体ロボット」だ!~CLAAS ARES 697ATZフロントローダー付き
【今日の夕食】
 今日はニック・ジャグワです。牛肉ですよ、ギュウ・ニック!
r20170609.jpg
★米飯

★肉じゃが

★ツナきゅうりサラダ

妻の料理を応援して下さい:
写真日記



【今日のおじさん】SIKU・1/32トラクターは、ドイツの「合体ロボット」だ!~CLAAS ARES 697ATZフロントローダー付き
 今回は、ドイツ発のミニカー「SIKU FARMER」の、1/32トラクター「CLAAS ARES 697ATZ」を紹介します。


◎SIKUの関連記事
・SIKU FARMER 1/32 トラクター&インプリ一覧 →こちら
・SIKU FARMER 1/50 トラクター&インプリ一覧 →こちらの記事
・SIKU SUPER(1/72) トラクター&インプリ一覧 →こちらの記事
・SIKU FARMER 1/87 トラクター&インプリ一覧 →こちらの記事



★ついに購入!SIKU 1/32トラクター
 とうとう買ってしまいました! ドイツ・Sieper社の「SIKU FARMER」シリーズの、1:32スケールのトラクターです! これまで買った1/72(SIKU SUPER)や1/50に比べて、かなり大型の商品です。
20170609z01.jpg

 購入したのは、商品No.3656。CLAAS社のARES 697ATZという形式です。やや旧式のトラクター(2007年頃?)のためか、安価に購入することができました。SIKUの1/32トラクターは、最新製品が定価6500円(税込)程度するのに対して、こちらは定価5200円程度、アマゾン通販で3800円で購入できました。「Levidaトイズ」というイギリス(UK)の業者で、航空便で送られてきました。納期は10日ほど。
20170609z14.jpg

 3歳長男とのサイズ比較。本体がダイキャスト製で、ずっしりと重く、存在感があります。これで約4000円であれば、妥当な価格であると思います。(ミニカーにしては高級ですが。)
20170609z21.jpg

 実機のサイズのイメージが、こちら。たまたまあった1/30スケールの建築物(一戸建て住宅)との比較です。
20170609z33a.jpg

 タイヤは、人の背たけほどもあるのです。それはそれは、でっかいトラクターなのです。(なんとも、「太陽の牙」っぽいイメージです。)
20170609z33b.jpg

↓↓↓ほかにもあります、我が家のおもちゃ!↓↓↓
omocha201612.jpg


★大型サイズならでは! 多彩なギミック
 この1/32トラクターは、小スケールのものと比べて、可動部分が多いです。やはり一番の見どころは、フロントローダーでしょう。2ヶ所が可動します。油圧シリンダー部品が連動するので、リアル感があります。
20170609z40.jpg

 アップ~ダウンで、荷物の積み下ろし作業をシミュレーション(ごっこ遊び)できます。
20170609z41.jpg 20170609z42.jpg

 フロントローダーの先端は、取り外しが可能です。別売りパーツと付け替えることができます。ただ、この部分が外れやすくて、フロントローダーの操作中に取れてしまいます。取付部のフックも薄く・細くて、乱暴に使うと折れそうな不安があります。少々ストレスが溜まりますので、固定してしまおうかと考えています。
20170609z58.jpg 20170609z59a.jpg

 他スケール同様、キャノピーが取り外せます。乗組員も、販売されています。
20170609z53.jpg

 さらに、ボンネットが開きます。中には、エンジンが見えました。
20170609z52.jpg

 1/32ならではのギミックとして、ハンドルを回すと、ステアリングが切れます。また、屋根の上にあるつまみを回しても、同様にステアリングを切ることができます。ハンドルおよび屋根つまみと前輪は、それぞれ独立したラックアンドピニオン機構で、連結されています。(カッコウイイのですが、動かすのに少々力が必要なので、3歳児には難しいようでした。)
20170609z54.jpg 20170609z57.jpg


★フロントローダーを取り外せるか?
 この商品の購入前に、最も興味があったのが、「フロントローダーを脱着できるか?」という点でした。現品を見ると、フロントローダーは、シャーシに2本のねじで固定されています。一見、簡単に外せそうですが…
20170609z80.jpg

 2本のねじを外すだけでは、前輪と干渉して、外すことができません。
20170609z81.jpg

 シャーシのねじも外してみましたが、ダメでした。前輪は、シャーシ下のねじで固定されており、ドライバーが届きません。おそらく、製造工程では、フロントローダーの基部を取り付けた後に、フロントローダー本体をカシメ固定しているのだと思います。残念ながら、気軽に脱着はできそうにありません。(頑張れば外れそうではありますが、外した後に子供に「また付けて」と言われることが目に見えていますので、外さないことにしました。)
20170609z82.jpg


★SIKUの他サイズとの比較
 今回の1/32購入で、SIKUのトラクターの、ひと通りのスケールが集まりました。写真は左から、1/32・CLAAS(今回購入)、1/50・John Deere、1/72(SIKU SUPER)・Fendt、1/87・JCBです。
20170609z31.jpg



 スケール感はこんな感じです。いちばん右の1/87が、いわゆる「トミカサイズ」に近いです。いちばん安価なのは右から2番目のSIKU SUPER(1/72)で、約500円。ほかはSIKU FARMERシリーズで、1/32:約5000円、1/50:約3000円、1/87:約900円となります(いずれもトラクター単品での価格例)。
20170609z32.jpg

 1/50用のトレーラーを、組み合わせてみました。一応ながら、取り付けることはできます。
20170609z61.jpg

 ただ、取り付け部分のガタ(上下方向)が大きいため、すぐに外れてしまいます。やはり、ガシガシ遊びたい場合は、1/32用のトレーラー(インプリメント=農機具)が好適でしょう。でも、1/32農機具は、すこぶる高価なのです(トラクター本体より高いものも多い)。
20170609z62.jpg

 そんなわけで、手持ちインプリメントを組み合わせて遊ぶのでした。これは1/87用。いろいろ組み合わせて遊んでいると、まるで「合体ロボット」みたい!
20170609z63.jpg

 大きいトラクターで、小さいトラクターを運ぶこともできますよ! じゃあ、ひと仕事、行ってきます!
20170609z35.jpg


(補足)
 CLAAS社の本物のトラクターの動画です。カッックイィィーーー!
◎CLAAS: Celtis / Ares / Atles 2003


◎CLAAS: Arion 2014



◎SIKUの関連記事
・SIKU FARMER 1/32 トラクター&インプリ一覧 →こちら
・SIKU FARMER 1/50 トラクター&インプリ一覧 →こちらの記事
・SIKU SUPER(1/72) トラクター&インプリ一覧 →こちらの記事
・SIKU FARMER 1/87 トラクター&インプリ一覧 →こちらの記事



この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.