FC2ブログ
今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
子供撮り!広角単焦点レンズ一覧比較リスト~マイクロフォーサーズ・オリンパス&パナソニック、ミラーレス一眼レフ
【今日の夕食】
 今日は、妻の手作り肉まんです。妻は、「蒸し器が欲しい」と言っています。
r20170104_20180105025017473.jpg
★手作り肉まん
 蒸したものと、焼いたものがあります。

妻の料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】子供撮り!広角単焦点レンズ一覧比較リスト~マイクロフォーサーズ・オリンパス&パナソニック、ミラーレス一眼レフ
 今回は、ミラーレス一眼レフ・マイクロフォーサーズ規格の広角~標準域の単焦点交換レンズのリスト(通販リンク付)を作りました。


★標準ズーム買い替え?もうひとつの選択肢
 最近、愛用しているレンズ「パナ12-32mm(LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.)」の調子がよくありません。手ブレ補正が誤動作しているようで、電源ON後しばらくすると、ガクンと画面が大きく揺れます。大きく揺れる前の手ブレ補正は、補正の方向がおかしく、揺れが増大しているように見えます。また、大きく揺れた後は、手ブレ補正が切れてしまっているように思えます。ただ、写りは問題ないようです。
 中古で購入し、リング外れの修理(→こちらの記事)も経た、愛着のあるレンズなのですが、今後症状が悪化しそうな気配があります。そろそろ買い替えを検討しなければならないように思います。

 このような背景から、前回は、マイクロフォーサーズの標準ズームレンズのリストを作り、検討しました(→こちらの記事)。そして今回は、別の選択肢として、広角~標準域の単焦点レンズを検討します。

 標準ズームに代えて、単焦点レンズを導入するメリットとして、以下を期待しています。
A1.コンパクトで持ち運びやすい(サイズが小さい)
A2.暗い場所でも精細な写真が撮れる(F値が小さい→ISO感度を低くできる)
A3.壊れにくい(ズームや手ブレ補正がなく、可動部が少ない)


 反面、懸念点として、以下があります。
B1.思ったほどコンパクトでない製品も多い(太さ・長さ)
B2.F値が小さいものは、全体に価格が高め
B3.ズーム機能がないので、画角の選択を誤ると使わなくなるかも
B4.選択を誤ると、AF速度が遅くて、子供撮りに使えない


 メリットを活かし、懸念点を覆すような単焦点レンズは、見つかるのでしょうか。


(追記)2018/9/4
 さんざん悩んだ末に、オリンパスの17mmF1.8レンズを買いました。子供撮りレビューは、→こちらの記事。
20180902z02.jpg


★どれを買う?標準ズームのリスト
 以下、標準ズームのリストをまとめました。次の4カテゴリに分類しました。
・広角~標準域の単焦点レンズ・一般型:開放絞りF1.8前後のもの
・広角~標準域の単焦点レンズ・普及型:開放絞りF2.8前後のもの
・広角~標準域の単焦点レンズ・高級型:10万円以上の高級タイプ
・単焦点レンズ・魚眼:歪んで写る魚眼レンズ

◎広角~標準域の単焦点レンズ・一般型
 開放F1.8前後の、もっとも一般的なタイプです。8製品が並びます。
メーカ形式AF
手ブレ
補正
収納
サイズ
mm
質量
g
発売
価格
オリン
パス
M.ZUIKO DIGITAL
ED 12mm F2.0
MSC
ねじ
なしΦ56
x43
1302011
/7
64000円
(52000円)
パナソ
ニック
LEICA DG
SUMMILUX
15mm F1.7 ASPH.
240fps
ねじ
なしΦ58
x36
1152014
/5
41000円
(39000円)
シグマSIGMA
16mm F1.4 DC DN
STMなしΦ72
x92
4052017
/11
44000円
(41000円)
オリン
パス
M.ZUIKO DIGITAL
17mm F1.8
MSC
ねじ
なしΦ58
x36
1202012
/12
43000円
(36000円)
パナソ
ニック
LUMIX G
20mm F1.7 II ASPH.
なしΦ63
x26
872013
/7
26000円
(24000円)
パナソ
ニック
LEICA DG
SUMMILUX
25mm F1.4 ASPH.
なしΦ63
x55
2002011
/7
44000円
(38000円)
パナソ
ニック
LUMIX G
25mm F1.7 ASPH.
240fpsなしΦ61
x52
1252015
/10
24000円
(17000円)
オリン
パス
M.ZUIKO DIGITAL
25mm F1.8
MSCなしΦ58
x42
1372014
/2
29000円
(27000円)
※価格はアマゾン、税込、1000円単位丸め。()内の価格は、中古価格(2番目に安い価格を採用)。

 まずは、焦点距離12-17mm(35mm換算24~34mm)の商品から。オリンパスの12mmF2.0と17mmF1.8は、コントラストAFに適したMSC機構を採用しているので、安定した高速AF動作が期待できて、タッチシャッターでの子供撮りにも安心そうです。パナ15mmF1.7も、240fps対応なので、パナカメラとの組合せなら、高速なAFが可能と思われます。
 一方、シグマ16mmF1.4は、APS-C兼用レンズということもあり、図体がデカく、AF速度にも不安があります。この4本は、17mmが6万円台、他は4万円台です。うーん、お高い。流通量が少ないのか、中古でも、あまり安くならないのですね。


 画角が標準域に入ってくる、20~25mmレンズです。パナ20mmF1.7は、写りが良いと評判なのですが、AF速度が遅いとも評判で、子供撮りには厳しそう。
 標準画角50mmとなる25mmレンズは3種類がありますが、すでにパナ25mmF1.7を所有しているため、大きな魅力は感じません。とはいえ、25mmF1.8はサイズが小さいのと、オリンパスボディでのAF性能が優れそうな点で、やや気になっている存在です。パナライカ25mmF1.4はAF速度に難がありそうで除外。パナライカ以外は2万円台と、手が届きそうな価格。



◎広角~標準域の単焦点レンズ・普及型
 F値がやや劣る、F2.8前後の機種です。厚さが薄いのがウリの、いわゆる「パンケーキタイプ」が2種あります。
メーカ形式AF
手ブレ
補正
収納
サイズ
mm
質量
g
発売
価格
パナソ
ニック
LUMIX G
14mm F2.5 II ASPH.
STMなしΦ56
x21
552014
/10
30000円
(25000円)
オリン
パス
M.ZUIKO DIGITAL
17mm F2.8
なしΦ57
x22
71電動沈胴
※旧製品
2009
/7
26000円
(12000円)
シグマSIGMA
19mm F2.8 DN Art
リニアなしΦ61
x46
1502013
/3
15000円
(14000円)
※価格はアマゾン、税込、1000円単位丸め。()内の価格は、中古価格(2番目に安い価格を採用)。

 パナ14mmF2.5と、オリ17mmF2.8(生産終了)は、いわゆる「パンケーキレンズ」です。薄いので、子供撮りには扱いやすそうなのですが、AF速度に不安があります。シグマ19mmF2.8は、APS-Cにも対応するミラーレス用レンズで、やはりAF速度が未知数。このカテゴリは、安価なのが魅力ですが、タッチシャッターでの子供撮りには、避けたほうが良さそうな気配です。



◎広角~標準域の単焦点レンズ・高級型
 10万円を超える、高級製品です。手が届かないのは承知なのですが、比較対象として、参考まで掲載しました。
メーカ形式AF
手ブレ
補正
収納
サイズ
mm
質量
g
発売
価格
パナソ
ニック
LEICA DG
SUMMILUX
12mm F1.4 ASPH.
240fpsなしΦ70
x70
335防塵防滴2016
/7
129000円
(126000円)
オリン
パス
M.ZUIKO DIGITAL
ED 17mm F1.2 PRO
MSC
ねじ
なしΦ68
x87
390防塵防滴2018
/1
128000円
(―円)
オリン
パス
M.ZUIKO DIGITAL
ED 25mm F1.2 PRO
MSC
ねじ
なしΦ70
x87
410防塵防滴2016
/11
128000円
(102000円)
※価格はアマゾン、税込、1000円単位丸め。()内の価格は、中古価格(2番目に安い価格を採用)。

 このカテゴリは、パナライカ12mmF1.4と、オリンパスPROシリーズの17mmF1.2、25mmF1.2があります。いずれも防塵防滴で、実売価格10万円を超える高級レンズです。



◎単焦点レンズ・魚眼
 本記事の主旨からは外れますが、参考まで、単焦点の魚眼レンズもリストにしておきます。
メーカ形式AF
手ブレ
補正
収納
サイズ
mm
質量
g
発売
価格
オリン
パス
M.ZUIKO DIGITAL
ED 8mm F1.8
Fisheye PRO
MSCなしΦ62
x80
315防塵防滴2015
/6
99000円
(90000円)
パナソ
ニック
LUMIX G FISHEYE
8mm F3.5
なしΦ61
x52
1652010
/6
58000円
(48000円)
※価格はアマゾン、税込、1000円単位丸め。()内の価格は、中古価格(2番目に安い価格を採用)。

 魚眼レンズは、オリンパスPROの8mmF1.8と、パナ8mmF3.5。デフォルメ風の写真が撮れて、子供撮りにも活用の機会はあるようですが、撮影頻度を考えると、贅沢すぎる選択です。



★高すぎる!見送り!
 単焦点レンズは、全体的に価格が高いこともあり、これだ!という1本は、見つかりそうにありません。あえて、気になるレンズを挙げるとすれば…
1.オリ17mmF1.8:広角の中では価格が低め。中古3.6万円。
2.パナ15mmF1.7:広角でコンパクト。中古3.9万円。
3.オリ25mmF1.8:パナ25mmは持っているけど、コンパクトさが魅力。中古2.7万円。


 この種のレンズは、おそらく需要が少ないのと、外観にこだわっている部分もあるようで、どうしても価格が高くなってしまうのでしょうか。4万円を払うとなると、もう一息頑張って、高級標準ズーム(F2.8通し、6~8万円)を選ぶのが効率的に思えます(サイズが気にならないのであれば、という条件が付きますが)。AF速度が問題なければ、パナ20mmF1.7(中古2.4万円)が一番の候補になるのですが、残念です。

 せっかく検討したものの、今回は見送りとなりそうです。小さくて・AFが速くて・安いレンズを、出してくれないでしょうか。従来のパンケーキのAFを改善するだけでよいのですが…


 当面の対処として、手持ちの25mmF1.7を、しばらく付けっ放しにしてみます。


(追記)2018/9/4
 さんざん悩んだ末に、オリンパスの17mmF1.8レンズを買いました。子供撮りレビューは、→こちらの記事。
20180902z02.jpg


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する


F2.8通しの標準ズームはストロボを使わない人にはお勧めできないかな。
パナライカの15mmで決まりでしょう。
これとオリの40-150mm F2.8の2本だけで、キットレンズプラスアルファから次のステップの子供撮りマイクロシステムは完成すると思いますよ。
結局、素人でも一番写りの差を感じやすいのは望遠域。
望遠レンズはお金かける価値ありますよ。
40-150mm F2.8は銘玉です。老舗の光学機器メーカー、オリンパスの凄さを感じられますよ。

子供撮りのベストな時期を逃さぬよう、レンズへの投資してみてください。
後悔はしないはずです。

新年早々物欲をあおりまくって申し訳ないですが・・・。
では。




けん | URL | 2018/01/09/Tue 14:48 [編集]
AF速度に関して
不安があるとかかれている中で使ったことのある範囲でですが、

●14mm F2.5(旧I型)
GM1sと組み合わせた場合、25mm F1.8 + PL5 に比べて遅いと感じたことはないです。(GM1sはほぼこれ付けっぱなし) PL5 と組み合わせた場合も 特に違和感なく遅いと感じたことがないです。

●16mm F1.4
使用回数はすくないのですが、P5に組み合わせた場合こちらも特に遅くはなかったです。S-AFでは特に違和感なく遅いと感じず、C-AFで連射していると、25mm F1.8より少し遅いのに気づくくらいでした。

14mm F2.5 は旧型ならば一万数千円で中古が買えるので、(新型も外装の違いだけで、映りもAF速度も変わりないらしい)、少し暗いのが気にならなければ、なかなかお買い得なレンズだと思います。
21143pc | URL | 2018/01/12/Fri 13:09 [編集]
> けん さん
 おはようございます。
 現物を見てきました。パナライカ15mm、コンパクトで良いですね。AF速度が心配なので、いつかパナソニックセンターで確認したいと思います。40-150mmは、聞かなかったことにしておきます。
 子供がそれぞれ、いろいろな興味を持つようになってきて、カメラ以外にも、物欲を刺激されることが多い最近です。カメラ・ライフバランスに配慮しながら、システム拡充を検討したいと思っています。
マツジョン | URL | 2018/01/16/Tue 06:17 [編集]
> 21143pc さん
おはようございます。

 14mmF2.5は、コンパクトで、価格も妥当で、私の要望に合っている気がします。25mmF1.8と同等というと、かなり期待できそうです。今度、パナソニックセンターに行ったとき、試してみたいと思います。

 情報ありがとうございました。
マツジョン | URL | 2018/01/16/Tue 06:22 [編集]
いいレンズ欲しいですよねぇ。
マツジョンさん、いつも研究熱心ですね。とても参考になります。
マツジョンさんは25mmと45mmはお持ちなので、
LUMIXG14mmF2.5→旧型の中古が安い。私も室内撮影用に使っています。
SIGMA19mmF2.8→新品も安い
LUMIXG20mm→旧型の中古が安く、明るく評判はいい。
あたりがコスパ的にはいいんじゃないでしょうか?
ズームでしたら、もう一度LUMIX12ー32でしょう。
私はすこぶるオリの12ー100mmが欲しいです。家にある売れるものを売っても、費用は捻出できそうにないんですが。

4kフォトが気になったgx7mk2 ですが、フォーカスセレクトがなかなかべんりですよ。選ぶのは面倒ですが。AFも速くなってます。旧GX7とiPad miniを売って、こっそり、旧gx7と同じ色のものに買い換えたのですが、今のところ妻には全くバレていません。(笑)
パパフォトグラファ | URL | 2018/01/27/Sat 00:31 [編集]
14mmF2.5、いいですよ。
画質悪くない。AFは小気味よい。
なんつっても小さい。薄い。
この薄さは正義ですな。

20mmF1.7は全群繰り出しなんでAFは遅い。
が、そのぶん写りは素晴らしい。
小さいのに高画質っていうマイクロのコンセプトを考えたら、このレンズがナンバー1に選ばれてもいいんじゃないなかな。

でかくて高いものばかり勧めてる私ですが、現実的な選択肢として、両レンズ所有経験あるものでコメントしてみました。

AFの遅さに耐えられるなら20mmですが、AFについていろいろ書かれているマツジョンさんの場合、絶対に我慢できなくなるでしょう。
(パナ機に慣れると、オリ機のAFに我慢できなくなりそうなものですけどよく不満がでないな、と思ってます。)
45mmや25mmとの使い分けも想定するとやっぱり14mmかなあ。
ただし、子供撮りで広角単焦点って用途が限られますから、とりあえずのレンズキャップ替わり、くらいの認識でいればいいかと。中古ならめちゃ安いし、そのわりにちゃんと写り、とんでもなく薄い。
面白いレンズですよ。

それでは。
けん | URL | 2018/01/29/Mon 12:37 [編集]
> パパフォトグラファ さん
おはようございます。

 ブログを見ましたが、YouTubeのポリシー変更は、悲しいことです。年間100円くらいでしたが、楽しみにしていましたので。

 レンズは、パナ14mmF2.5が気になっています。AF速度が懸案なので、実機で試す機会をうかがっています。費用をどこから捻出するかは、悩ましいところです。
マツジョン | URL | 2018/02/07/Wed 06:22 [編集]
> けん さん
おはようございます。
 14mmF2.5、良さそうですね。換算28mmは、やや広すぎる気もしますが、許容範囲のようにも思えます。AF速度については、私の使い方が特殊すぎるのか、巷の書き込みは、あまりアテにならないと思っています。自分で試してみる予定です。

 「レンズキャップ替わり」というのは、良い発想です。レンズ交換が億劫なので、「とりあえず付けておくレンズ」という位置付けを考えています。(この点、12-32mmは素晴らしかった。)
マツジョン | URL | 2018/02/07/Wed 06:28 [編集]



トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.