今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
3拍子揃った子供撮りフラッシュ!~廉価・コンパクト・バウンスできるオリンパス「FL-LM3」
【今日の夕食】
 今日は、娘7歳と2人で、上野の「国立科学博物館(かはく)」まで出かけました。とても遠く、混雑していましたが、楽しい時間を過ごせました。
A5040251.jpg
★焼きそば

★唐揚げ(市販品)

妻の料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】3拍子揃った子供撮りフラッシュ!~廉価・コンパクト・バウンスできるオリンパス「FL-LM3」
 今回は、オリンパス・ミラーレス一眼用の、バウンスができるコンパクトなフラッシュ「FL-LM3」について書きます。


★ついに購入!念願の「バウンスできるフラッシュ」
 先日、オリンパスのミラーレス一眼レフ(ノンレフ)、「OM-D E-M10 mark3」を買いました(→こちらの記事)。コンパクトで、タッチシャッターが軽快なカメラです。ファインダーも付いていて、楽しみが広がります。


 このカメラには、内蔵フラッシュ(ストロボ、スピードライト)が付いています。しかし、「バウンス撮影」ができないのが問題です。子供に直接光を当てると、陰影が強調されすぎてしまい、かわいく写らないのです。バウンス撮影できるフラッシュは、市販されていますが、①サイズが大きすぎる、②価格が高すぎる、の問題があります。さんざん検討したのですが(→こちらの記事)、購入には至りませんでした。フラッシュに2万円も出せるかッ! しかも、カメラと同じくらいデカイッ!


 しかし、このカメラ「M10mk3」を購入して、事情が変わりました。バウンスができて、コンパクトで、価格が高くないフラッシュが存在するのです。それが、オリンパスの型式「FL-LM3」というフラッシュです。サイズは50mm角と、たいへんコンパクト。本来は、E-M1mk2、E-M5mk2、PEN Fなどの付属品なのですが、E-M10のmark2と3にも対応。単品で購入することもできます。アマゾン・中古で、約5000円でした。定価は7560円(税込)[1]。
[1]オリンパス:オンラインショップ-アクセサリー-フラッシュ
https://shop.olympus-imaging.jp/product-detail/index/proid/657622
20180504z01.jpg


★縦位置でも、下向きでもバウンス撮影ができる!!
 さっそく、M10mk3に取り付けてみました。5センチ角のコンパクトサイズとはいえ、それなりに「ジャマ感」はあります。そもそも内蔵フラッシュあるじゃん、という「ムダ感」もあります。しかし、大型のエレクトロフラッシュに比べれば、許容できる範囲です。存在感も大きくないので「ガッツリ撮ってる感」も少なく、子供や周囲の親を圧迫しにくいでしょう。ガイドナンバーは、M10mk3内蔵が5.8に対して、LM3は9.1(ISO100)。約1.5倍遠くまで届く、あるいは、約1段低いISO値で撮れる、ということです。
20180504z11.jpg

 後面には、フラッシュON/OFFスイッチと、脱着用ボタンがあります。カメラ側のフラッシュ設定を「強制」にしておけば、スイッチのON/OFFだけでフラッシュON/OFFを切り替えられて、便利です。
20180504z12.jpg

 そして本品の購入の決め手、自由に向きを変えられる「バウンス機能」です。このサイズで、上下だけでなくて、横にも首を振れるんですよ! これならば、私の好きな子供撮りポジション・「縦位置」でも、バウンス・フラッシュを焚くことができます!!
20180504z15.jpg

 さらにさらに。このフラッシュ、180°後方まで、首を振ることができます。真後ろに向けて、少し上に向ければ…。カメラを下に向けた状態でも、天井向きバウンス撮影ができます! これなら、小さな子供を見下ろす構図でも、適切なバウンス撮影が可能です。
20180504z39.jpg


★自然な光で撮れる、バウンス撮影の威力!
 バウンス撮影が、どれだけ「子供撮り」に効果があるのか。室内撮りで試してみました。
・使用カメラ:オリンパス OM-D E-M10 markIII
・使用レンズ:オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 IIR
・設定:Aモード(絞り優先オート)、ISOオート(max.ISO1600)、WBオート

<写真はクリックで拡大します。3Mサイズ>

 まずは、フラッシュなし。自然な感じで撮れますが、シャッタースピードが1/15まで落ちています。子供が相手ですと、動体ブレが心配です。ISOも、当方設定の限界値:1600まで上がり、高画質は望めません。
20180504zc_noFL.jpg
OLYMPUS M10mk3+14-42mmF3.5-5.6IIR;EFL=84mm,F5.6,SS1/15,ISO1600

 次に、内蔵フラッシュを使用した写真です。シャッタースピード1/125で、動体ブレを防ぐのに良好な値を確保できています。ISOも200で、画質も問題なしです。ただ、フラッシュの光が強く、影が強く出て、顔の陰影が強調されてしまっています。これでは、あまりかわいくありません。
20180504zb_FL.jpg
OLYMPUS M10mk3+14-42mmF3.5-5.6IIR;EFL=84mm,F5.6,SS1/125,ISO200;内蔵FL

 最後に、本フラッシュ「FL-LM3」を天井に向けてバウンス・フラッシュ撮影したもの。内蔵フラッシュに比べて、光の当たり方が自然で、陰影がソフトです。これなら「かわいく」撮れそうです。シャッタースピードは1/125と良好。ISO1000と、やや高めですが、まずまずの結果だと思います。チョット暗いので、設定の検討が必要かもしれません。
20180504za_bFL.jpg
OLYMPUS M10mk3+14-42mmF3.5-5.6IIR;EFL=84mm,F5.6,SS1/125,ISO1000;FL-LM3

 難点は、チャージまでに少し時間がかかる(電源ONから5秒くらい)ことです。日常の子供撮りは、タイミングがなにより重要だと思っていますので、この点は運用上の工夫が必要かと思います。


★ぐるり360°、首振りのシアワセ
 そんなわけで、首振りフラッシュの威力を、実感したのでした。上下には、真正面から真上まで、非均等5段階で調整できます(0°、45°、60°、75°、90°と思われる)。ほどよいクリック感があり、しっかりとした動作です。
20180504z31.jpg 20180504z32.jpg 20180504z33.jpg
 左右には、180°後方まで、30°ごとに調整できます(12段階)。360°グルグルとは回転しませんが、正面を基準に±180°左右に首を振れるので、360°をカバーできます。こちらも、小気味よいクリック感です。
20180504z36.jpg 20180504z37.jpg 20180504z38.jpg


★対応機種に注意:E-M5mk2以降
 このフラッシュ「FL-LM3」は、本来はE-M1mk2、E-M5mk2、PEN Fなどの付属品です。対応機種が限られています。2018/5時点での対応機種は、以下となっています[2]。
・OM-D E-M1 mark2
・OM-D E-M5 mark2
・OM-D E-M10 mark2
・OM-D E-M10 mark3
・PEN F
[2]オリンパス:アクセサリーの仕様・対応表 ( OM-D / PEN シリーズ ) - フラッシュ
http://cs.olympus-imaging.jp/jp/support/cs/pen/acce/pen_flash.html

 フラッシュのコネクタ(ホットシュー)の形状が、微妙に違っているのです。E-M10 mark3のコネクタは、小さな接点が4箇所あります。LM3にも、4箇所のピンがあります。
20180504z92.jpg

 一方、旧機種のコネクタ形状がこちら。写真は2012年発売の「PEN mini E-PM2」です。小さな接点は、3箇所しかありません。PM2にFL3を取り付けても、FL3を奥まで差し込めず、ロックできません。当然ながら、動作もしないのでした。残念。
20180504z96.jpg20180504z97.jpg


★まとめ:コンパクトでバウンス可能、子供撮りに便利な「FL-LM3」
 オリンパス・ミラーレス一眼用のフラッシュ「FL-LM3」を買いました。以下が便利なポイントです。
・コンパクトで大げさにならず、子供や周囲の親に圧迫感を与えない!
・左右に首振りできるので、「縦位置」撮影でもバウンスできる!
・カメラを下に向けた状態でも、天井向きのバウンスが可能!
・大型のフラッシュに比べて、1/3程度の値段で買える!


 いつもの気軽な子供撮りに、少しスパイスを加えたい、そんなあなたに、ピッタリのアイテムですよ!
20180504z01.jpg


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記


関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する


中華フラッシュ
私も安くてバウンスとTTL調光できるフラッシュをさがしています。
下記のものが5999円送料込みでアマゾンにありました。
(もうマツジョンさんはオリンパス製のを購入済みですので、余計な情報ですみません)
安すぎて少し不安も有りますが、中国製も侮れないかなと考えています。

Neewer MK320 TTL LCDディスプレイ LEDプレビューフォーカスフラッシュスピードライト、 パナソニック
ひで | URL | 2018/05/05/Sat 16:55 [編集]
> ひで さん
 今回購入したLM3はタイ製ですが、十分満足できる性能でした。チャージに時間がかかるのと、電池の消耗が激しいのが、少々不満です。
 ご紹介の中国製は、電池式で光量も多そうですね。確かに、あまりに安いと心配ですが。
マツジョン | URL | 2018/05/10/Thu 06:03 [編集]
ああ、これ単品で売ってるんだ。
E-M1mark2に付いてきてたやつだね。
おもちゃみたいで可愛いよね、これ。
子供撮り用途でならハイスピードシンクロできないのが難点だから、本当はしっかりしたストロボ一つあったほうがいいいんだけれどね。
チャージ時間から光量から別物だから。
カメラ本体のレスポンスが良いとサクサク撮れて撮影が楽しいでしょう。
ストロボも同じです。
チャージ時間が短いとテンポ良く撮れて気持ちいいんですよ、撮ってて。

ま、光の重要性に気付かせてくれる良い小物だから楽しんでくださいね。

けん | URL | 2018/05/10/Thu 15:41 [編集]
> けん さん
おはようございます。ストロボでの撮影、良いですね。チャージ時間は不満ですが、大きさはここまでが限界かな、と思っています。しばらく、これで楽しみます。
マツジョン | URL | 2018/05/15/Tue 05:54 [編集]



トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.