FC2ブログ
今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
磁石ブロック・マグフォーマー、2018年最新商品リスト~ボーネルンド正規品&安価な類似品
【今日のおじさん】
 今回は、磁石ブロック「マグフォーマー」の、2018年・最新情報です。最近の新製品に加え、価格の安い廉価版の情報もまとめました。


★磁石ブロック「マグフォーマー」!
 「マグフォーマー」は、多角形のピースを、磁力で組み立てていく、ブロックのような玩具(3Dマグネットブロック)です。辺の部分に、強力な磁石(ネオジム磁石)が入っています。ピースの形は、正三角形・正方形・正五角形・台形・ひし形・二等辺三角形、などがあります(セットにより内容が異なります)。
 パチパチとくっつけていくだけで、簡単に、立体的な形状ができます。磁石は、辺の中で回転するようになっているので、いつも反発することなく、キッチリとくっつくきます。これは、おもしろい。
N5A_0111.jpg Q5034329.jpg
20170812z62.jpg 20170812z53.jpg

 いきなり立体的に組んでいくだけでなく、別の遊び方もあります。最初に展開図の形からスタートして、持ち上げながら組み立てる方法です。逆に、組み立てた立体を分解することで、「展開図」の勉強の教材にも、使えそうです。


 立体的な組み立ては、3~4歳くらいから(我が家の長男の場合)。平面的にも組めるので、2~3歳から遊べます。そして遊んだあとは、これまたパチパチとくっつけて、コンパクトに収納できます。楽しく遊んで、キチンと片付けもできる、たいへん楽しいおもちゃです。
Q5034321.jpg

↓↓↓ほかにもあります、我が家のおもちゃ!↓↓↓
omocha201612.jpg


★2018年、最新商品リスト!
 そんな「マグフォーマー」は、日本では「ボーネルンド」が正規代理店となっているようです。ここ数年、大幅にラインナップが充実してきました。以前は海外でしか入手できなかったバージョンも、比較的容易に購入できるようになっています。


 以下、ボーネルンドの取扱い商品[1]です。それぞれ()内に、税込定価を示しました。2018年8月現在。
[1]ボーネルンド:ボーネルンドオンラインショップ
http://ec.bornelund.co.jp/shop/

◎基本的なセット
 正三角形や正方形など、基本的な形がセットになったセットです。
・ベーシックセット 14ピース(2916円)
・ベーシックセット 30ピース(7128円)
・ベーシックセット 62ピース(12960円)


 曲面ピースや大型ピースなど、特徴的な形状のセットです。
・カーブセット 50ピース(12960円)
・スーパーサイズセット 30ピース(12960円)



◎テーマ別セット
 テーマに沿って、車輪や木などのピースが入ったセットです。自動車、恐竜、おうち、観覧車など、バラエティーに富みます。女の子、男の子、年齢など、各人の好みに合わせて選べます。
・乗り物セット 16ピース(4212円)
・ダイナソーセット 40ピース(8424円)
・マイハウスセット 42ピース(7128円)
・カーニバルセット 46ピース(10584円)



 電動パーツを含む、豪華なセットもあります。
・LEDライトセット 55ピース(12960円)
・リモート乗り物セット 20ピース(10584円)



◎多人数向けセット
 ピース数の多いセットは、多人数で遊ぶのにも適しそうです。
・クリエイティブセット 90ピース(19440円)
・算数セット 87ピース(23760円)
・プレスクールセット 180ピース(58320円)



◎バラのピース
 バラのピースもあります。12ピースセットで、ピース単価は200円~300円となっています。

 車輪パーツは、組み立て遊びの楽しみを広げます。きょうだいで遊ぶ場合の、買い増しにも便利ですね。
・車輪パーツセット 2ピース(1620円)


 もっとも基本的なパーツ、三角形と四角形。
・正三角形 12ピース(2376円)
・正方形 12ピース(2808円)


 やや大型のパーツ群です。
・二等辺三角形 12ピース(3888円)
・ひし形 12ピース(2808円)
・台形 12ピース(3888円)
・長方形 12ピース(4536円)


 大型パーツの、五角形と六角形。5角形は12個あるので、正12面体が作れます。
・五角形 12ピース(3888円)
・六角形 12ピース(4536円)



★廉価な類似品は、磁力が劣る!?
 この「マグフォーマー(MAGFORMERS)」の難点は、価格が高いことです。1ピース200円~300円もして、たくさん揃えるのが難しいのです。しかし、数量が少ないと、本来の「組立遊び」の幅が制限されてしまいますし、兄弟で一緒に遊ぶのも困難になります。
 マグフォーマーには類似品・名称変更品と思われる商品が多数存在します。類似品はさまざまですが、大きくわけて、次の4種類があります。d)の商品は、特に価格が安く、魅力的に感じます。
a)正規品・ボーネルンド (ピース単価≒200~300円)
b)正規品・並行輸入 (ピース単価≒150~250円)
c)同レベル価格の類似品 (ピース単価≒100~200円) 商品リスト→こちら
d)廉価な類似品 (ピース単価≒50~100円) 商品リスト→こちら



 廉価版の多くは、正規品と互換性があり、混合して使えます。少し試すだけだと、両製品に差はないように見えるのですが、しばらく遊んでいると、廉価品は磁石が少々弱く、崩れやすい気がします。特に、車輪パーツの固定で顕著です。下の動画をご覧ください。


 やはり廉価品は廉価品、多少ながら磁力が劣るようです。小さい子供の場合は、あまり器用でないので、シッカリと吸着する正規品のほうが、使いやすいと思います。

 磁力の違いは、磁石の強さ、サイズに起因します。左3個が廉価品、右3個が正規品の磁石です。正規品の磁石サイズが、ひとまわり大きいことが分かります。寸法は、以下の通りです(ノギスで測定)。正規品の磁石は、廉価品よりひとまわり大きいので、磁力が強いと推察されます。
・廉価品:直径Φ3.6mm×長さ8.5mm
・正規品:直径Φ4.3mm×長さ9.0mm
20180306z41.jpg

 なお、今回比較したのは、あくまで廉価版の製品のひとつであり、すべての廉価版の磁力が劣るとは言い切れません。ただ、どの廉価版が大丈夫で、どの廉価版が磁力が弱いか、確証の持てる情報がありません。安いには安いなりの理由がある、ということを、踏まえておく必要があります。
 ですので、例えば、3歳~4歳の子供に、入園祝いや誕生日プレゼント・クリスマスプレゼントなどで贈るのであれば、正規品が間違いありません。
(反面、自宅用に購入する場合や、ピース数を増やしたい場合などには、価格が2~3倍することを考えると、安価でオトク感のある廉価品を選ぶのも、有力な選択肢です。)


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.