今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
そっくりスナック比較~じゃがポックルとじゃがビー
【今日の料理】 2011/9/3 夕食
 今日は,久しぶりにスポーツジムに行きました.8月は小樽で過ごしたため,1ヶ月間,休会していました.北海道マラソンからは1週間が経ち,筋肉痛はなく,普通に歩けるようになっていたのですが,いざ走ってみると,膝に少し違和感がありました.今日は,大事をとって,ウォーキングと自転車こぎだけにしておきました.

CIMG4568.jpg
★米飯

★みそ汁,大根・人参

★鮭マリネ蒸し
 生鮭をオリーブオイル・玉ねぎ・レモン汁と一緒に漬け置いたものを,ビタクラフトのフライパンで蒸し焼きにしました.淡白な味わいです.ポン酢しょうゆで頂きました.

★カレイ煮つけ
 昨晩の残り.

★奈良漬け


料理の応援,お願いします→人気ブログランキングへ(男の料理)
人気ブログランキングへ

育児の応援,お願いします→(パパ育児)
FC2 Blog Ranking


【今日の料理工学】 そっくりスナック比較~じゃがポックルとじゃがビー
 カルビーの「じゃがポックル」は,北海道の土産として,定番商品になっています.いまや,あの「白い恋人」に並ぶ,人気の土産菓子だそうです(小樽の「運河ターミナル」の売店に掲示されていた土産物ランキングより).

 この「じゃがポックル」ですが,私は,これまで,一度も食べたことがありませんでした.先月の小樽滞在で,初めて食べたのですが,同じカルビーの「じゃがビー」に,そっくりです.
 じゃがビーもじゃがポックルも,外観はフライドポテトのようです.しかし,中はホクホクではなく,中まで水気が抜けて,カリッとしています.ストリングタイプのポテトチップスとも違った味わいで,もっと「じゃがいも」の味と香りを強く感じます.私は,あまりスナック菓子は食べませんが,このじゃがポックルとじゃがビーは,とても好きです.

 ネットで検索してみると,じゃがビーは,じゃがポックルの品質を少し妥協して,全国展開したもののようです.一方のじゃがポックルは,素材や製造方法にこだわり,大量生産に不向きなようです.

 今回は,「じゃがポックル(JagaPokkuru)」と「じゃがビー(Jagabee)」の違いを明らかにするために,詳細な比較をしてみます.図1に,両者のパッケージの写真を示します.

<図1>
20110903z2.jpg
20110903z3.jpg


★比較内容
 比較項目は,次の通りです.

 ●商品概要
 ・商品名の英語表記
 ・商品名の由来
 ・キャラクターの名前
 ・味の種類
 ・容量
 ・価格
 ・販売地域
 ・販売開始年

 ●原材料,製造方法,栄養成分
 ・原材料
 ・製造方法
 ・栄養成分

 ●現品調査
 ・外観
 ・色
 ・1袋に入っている本数
 ・寸法(断面寸法,長さ)
 ・香り・味・食感

 比較調査にあたっては,製品パッケージの記載内容,および,以下の文献を参照しました.
[1]カルビー;じゃがポックルHP
 http://www.calbee.co.jp/potatofarm/jaga_pokkuru/ 
[2]カルビー;じゃがビーHP
 http://www.calbee.co.jp/jagabee/
[3]カルビー;お客様相談室-よくいただく質問にお答えします
 http://www.calbee.co.jp/soudanshitsu/faq/detail.php?gid=2
 http://www.calbee.co.jp/soudanshitsu/faq/detail.php?gid=64&mcid=5

 また,比較調査にあたって,入手した製品の素性は,下表1の通りです.
<表1>
20110903t1.jpg


★比較結果

●商品概要
 商品概要は,下表2の通りです[1][2][3].
<表2>
20110903t2.jpg
 じゃがポックルは,北海道限定の販売です.これに対して,じゃがビーは全国販売しています.価格は,じゃがポックルがじゃがビーの約1.6倍です.じゃがポックルは,素材や製造方法にこだわった,高級品の位置づけのようです.
 なお,じゃがビーには「BOXタイプ」と「カップタイプ」の2種類のパッケージ形態があります[2]が,今回はBOXタイプのみを取り扱います.


●原材料,製造方法,栄養成分 
 パッケージに記載されている原材料の比較を,下表3に示します.
<表3>
20110903t3.jpg
 じゃがポックルの方が,じゃがビーよりも,添加される調味料が多いようです.素材の味を活かすために,じゃがポックルの方がシンプルな原材料だろうと想像していたのですが,実際には,じゃがビーのほうがシンプルでした.
 また,下表4に示すように,じゃがポックルでは,原料の産地などが限定されています.さらに,じゃがポックルは,より手作りに近い生産方法をとっているそうです[3].
<表4>
20110903t4.jpg
 パッケージに記載されている栄養成分は,下表5の通りです.これは,1袋=18gあたりの値です.
<表5>
20110903t5.jpg
 両者の栄養成分は大差ありません.あえて言えば,じゃがポックルの方が僅かにたんぱく質が少なく,僅かに脂質が多く,なっています.


●現品調査
 パッケージから取り出した現品の外観を,図2に示します.外観は,非常に似通っています.並べてみると,じゃがポックル(左)のほうが,僅かに色が濃いようです.
<図2>
20110903z4.jpg
 各商品から,任意の1袋を抜き取り,比較調査した結果を,下表6にまとめます.
<表6>
20110903t6.jpg
 表6から,両者の寸法は,非常に似通っていることが分かります.
 香りは,原材料の「昆布エキス」のためか,じゃがポックルでは,ダシのような香りがします.一方のじゃがビーは,油の香りが少し鼻につきます.
 味は,比較してみると,じゃがポックルは,あっさりしていて,上品な味です.一方のじゃがビーは,後味に少しだけ油の匂いが残るように感じます.しかし,表5から,実際には,じゃがポックルの方が,油分は多いようです.油の質が違うのか,揚げ方に起因するのか,分かりません.
 食感は,どちらも適度な固さでカリっとしていて,違いは良く分かりませんでした.ネット検索すると,「じゃがポックルはサクサク,じゃがビーはカリカリ」などの記述が見られますが,私には分かりませんでした.

 参考まで,長さの度数分布を,下図3に示します.球形のじゃがいもから棒状の素材を切り出すとなると,長さが短いものが多くなると推測されます.しかし,実際には,短いものから長いものまで,ほぼ均等に分布しているようです.色々な大きさのじゃがいもを使ったり,短すぎるものを間引くなどして,長さの分布が一様になるように保っているのかもしれません.(たった12本のサンプルなので,たまたまかもしれません.)
<図3>
20110903z5.jpg20110903z6.jpg


★総評
 外観や寸法は,じゃがポックルとじゃがビーで,大きな違いはありません.
 味は,じゃがポックルのほうが上品な味で,じゃがビーは多少の油っぽさを感じます.しかし,価格が1.6倍であることを考えると,価格ほどの大きな違いとは,私には思えませんでした.自分で食べるならば,じゃがビーで十分な気がします.じゃがポックルは,お土産用にしたいと思います.


【今回の結論】
 「じゃがビー」と「じゃがポックル」は,非常によく似ています.
 自分用ならば,価格が高くない「じゃがビー」で十分な気がします.
 人にあげるならば,上品な味の「じゃがポックル」が良いでしょう.(北海道土産に「じゃがビー」を買う方は,いないと思いますが.)


「じゃがビー」の発売当初は品薄で,スーパーで何箱も買い占めたものです.でも,上品な育休おじさんには,上品な「じゃがポックル」が向いているかもしれません.
応援よろしくお願いします.
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.