今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
電子レンジの加熱時間の目安は?~どの食材も100g≒1分
【今日の料理】 2011/6/4 夕食
 妻は,自動車学校で,初めて自動車を運転したそうです.オートマ限定免許ですが,アクセルを踏まなくても進むので,教官がアクセルを踏んでいるのかと思ったそうです.オートマのクリープは,坂道でも後退しないので便利ですが,常にブレーキを踏んでいないと進んでしまうので,慣れるまで怖いです.
 妻へ:信号待ちでの停止中は,サイドブレーキを忘れないように,お願いします.

★米飯

★みそ汁,なす

★豚肉キャベツ
 クックパッドレシピの,ツナキャベツをアレンジして,豚肉で作りました.
 豚肉を蜂蜜・しょうゆのタレに漬けた後,焼いて,ゆでたキャベツと和えました.豆板醤を加えてあります.
 妻の感想:「キャベツのエグみが,気になりました.豚肉は,おいしかったと言えましょう.」妻は,苦いものが苦手なようです.どうも,味覚が子供のようです.(私は,味覚が大人なので,コーヒーをブラックで飲めます.ただし,酸味は苦手です.)

★ほうれん草煮びたし

★トマト


【今日の料理工学】 電子レンジの加熱時間の目安は?~どの食材も100g≒1分
 電子レンジは,とても便利です.
 私の実家に電子レンジが来たのは,今から20年ほど前.平均的な家庭よりかは,やや遅い導入時期だったと記憶しています.導入が遅かったのは,当時,実家の電力契約が20Aほどで,1000W超の電子レンジ(オーブンレンジ)は,荷が重かったためと思われます.電子レンジを買うと同時に,電力契約を増し,新しく,電子レンジ専用のコンセントを設置したことを,覚えています.

 実家の電子レンジは,今や高級なオーブンレンジになりました.しかし,我が家で使用しているのは,安価な電子レンジ(おまけオーブン機能つき)です(下図1).
<図1>
画像

 この電子レンジですが,温めの加減が,いまひとつ,うまくいきません.「自動あたため」機能もあるのですが,熱くなりすぎる傾向があります.このため,いつも,自分で時間を設定しています.

 電子レンジの加熱時間は,どのように設定すればよいのでしょうか.

 説明書[1]を見ると,設定時間の目安が記載されていました.設定時間は,次の3つのカテゴリに分類されています.
 ・あたため       :通常モード(出力500W)
 ・冷凍食品あたため :通常モード(出力500W)
 ・解凍         :解凍モード(出力170W)
[1]松下電器産業(当時);家庭用オーブンレンジNE-TZ15A取扱説明書,(2006)

 具体的な調理時間は,次のように記載されています.
 ●あたため
  ・冷ごはん 1杯(150g) 約1分20秒,
  ・チャーハン 1人分(250g) 約2分40秒,…
 ●冷凍食品あたため
  ・ごはん(固まり) 1杯分(150g) 約2~3分,
  ・ピラフ(パラパラのもの) 1人分(250g) 約4~5分,…
 ●解凍
  ・ひき肉 300g 約6分30秒~8分30秒,
  ・薄切り肉 300g 約5分30秒~7分30秒,…

 調理のたびに,このリストを参照してもよいのですが,それは煩わしい気がします.そこで,上のリストから,設定時間を見積もるための簡単な方法を考えてみます.
 幸い,このリストには,全ての食材について,分量がグラム単位(液体ではミリリットル単位)で記載されています.そこで,食材の重量[g]と設定時間[min]の関係を,調べてみることにしました.

 横軸に食材の重量[g],縦軸に設定時間[min]をとってグラフ化すると,下図2のようになりました.ここで,図2では,あたため,冷凍食品あたため,解凍,のカテゴリごとに,色を変えてプロットしてあります.
 ※分量がミリリットル単位のものについては,1ミリリットル=1グラムとして,プロットしました.
<図2>
画像

 図2を見ると,バラツキはありますが,おおむね,食材の重量と設定時間には,比例関係があると言えます.

 プロットしたデータを最小二乗法で線形近似して,比例定数を求めました.この結果から,調理時間の目安は,以下のようになります.
 ・あたため      :100gにつき,1.0分(1分00秒)
 ・冷凍食品あたため:100gにつき,2.8分(2分50秒)
 ・解凍         :100gにつき,2.3分(2分20秒)

 食材によらず,100gあたりの設定時間がほぼ同じになる理由は,次のように考えられます.
 ・電子レンジでは,主に水を加熱する.
 ・一般的な食材の主成分は水である.
 ・食材中の水分の比率は,食材によって,そう大差はない.
 (とはいえ,水分の比率のバラツキはあるので,図2のプロット点はバラつく.)

 冷凍食品では,氷→水にするときに余計に熱(融解熱)が必要なこと,最初の温度が低いこと,から,より加熱時間が長く必要になっているのだと思われます.また,解凍では,通常モード(出力500W)よりも,出力が低いモード(出力170W)を使うため,同列には比較できません.

 上述の目安値を使えば,あたため時間で悩むことも,少なくなるかもしれません.(そのかわり,重量を計る手間が増えますが.)

(補足)
 電子レンジで加熱できる原理については,文献[2]が詳しいようです.当方,「水分子を振動させる」と記憶していましたが,厳密には正しくないようです.以下,この文献についての,当方の理解です.
 ・水分子は,集団として,極性(プラスとマイナス)を持っている.
 ・電磁波によって,水分子の集団としての極性が,周期的に変化する.
  (個々の分子の極性が一斉に変化するわけではない).
 ・この変化に伴って,熱(誘電熱)が発生する.
 ・この誘電熱によって,水の温度が上がる.
[2]山形大学・冨永研究室HP,水の話,電子レンジで加熱できるわけ
 http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/atom11archive/water/index.html

 温度の定義=分子の振動ですので,結果的には水分子が振動します.しかし,基本原理としては,電磁波が直接的に水分子を振動させるわけではないようです.


【今回の結論】
 電子レンジ(出力500W)での設定時間の目安は,一般的な食材であれば,「100gにつき1分」程度だと,考えられます.


【バックナンバー】
電子レンジ編・前の記事:容器の変形
電子レンジ編・次の記事:電子レンジの効率

電子レンジ編・一覧へ
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.