今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
9ヶ月の娘と宮古島で過ごした2週間
【今日の料理】 2011/11/27 夕食
 今日は,私の母が,はるばる神奈川県から訪れました.娘(9.5ヶ月)は,まったく人見知りをしませんでした.むしろ,いつもより機嫌が良く,よく笑い,母を歓迎しているようでした.妻によると,先日の産院の同期会でも,娘は人見知りをせず,他のママたちに積極的に近づいたりしていたそうです.人を怖がったり,歓迎したり,ちょっとの間なのに,変わっていくものです.
 今日は,妻の料理です.宮古島風の料理です.
CIMG7134.jpg
★米飯

★みそ汁,アーサ
 宮古島で買った宮古みそと,アーサを使用しました.

★フーチャンプルー
 宮古島で買った麩を使用.麩を水で戻した後,しぼり,卵にひたして炒めます.これを,野菜炒めに投入して,味付けして,完成です.麩の軟らかい食感がおいしく,クセになる味です.

★京イモ煮
 母の料理です.里芋の一種のようです.ほっこりとしていて,おいしいです.

★うりずん納豆
 うりずん豆と納豆(ひきわり)を,和えたものです.

↓↓↓ポチッと応援,ポチ子ちゃん!↓↓↓
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村


【今週の育児】 9ヶ月の娘と宮古島で過ごした2週間
 毎週日曜日は,「今週の育児」です.
 今回は,娘(当時8.9ヶ月~9.4ヶ月)を連れて,宮古島で2週間を過ごしたことについて,書きます.2011/11/10~2011/11/24まで,14泊15日でした.


★宮古島のウィークリーマンション
 宮古島では,「ウィークリーマンション広公路」[1]を借りました.妻と私と娘,14泊15日で,家賃は8万3千円でした.1泊約6000円です.安くはありませんが,水道光熱費込み,駐車場付きなので,まずまずの価格だと思います.
[1]ウィークリーマンション広公路;
 http://hirokouji.org/
 部屋の様子です.部屋はワンルーム,台所と浴室付きです.テーブル・ベッド・ソファ・テレビ・パソコンと,家財道具は一式そろっていました.赤ちゃん連れでなければ,スーツケースだけで来ても大丈夫かもしれません.私たちの場合,娘の衣服やおもちゃなど,かさばる荷物がありましたので,これらを宅急便で送っておきました(ダンボール1箱).
20111127z11.jpg20111127z12.jpg
 台所です.こじんまりとしていますが,日常的な料理をするには十分です.炊飯器・湯沸しポット・電子レンジ・冷蔵庫も完備です.鍋や食器のほか,調味料まで用意されていました.ほぼ毎日,朝ごはんと晩ごはんは,ここで調理しました.
20111127z13.jpg
 水回りです.洗濯機は全自動で,乾燥もできるタイプです.浴室とトイレが分かれているのが,嬉しいところでした.
20111127z15.jpg20111127z14.jpg
 窓からの眺め.海は見えませんが,近くに小売店や飲食店が多く,生活には便利な場所でした.特に,徒歩5分ほどのスーパー「かねひで」は,食材の調達に重宝しました.
20111127z16.jpg

 今回は,滞在期間中ずっと,レンタカーを借りました.業者は,「フジレンタカー」[2]です.料金は,2週間で3万3千円でした.走行距離9万キロ,かなりくたびれた,キズも多い軽自動車です.宮古島の道は,細い農道も多く,左右からサトウキビなどが垂れ下がってきたりしています.これくらい痛んだ自動車だと,多少キズがついても問題なく思えるので,気が楽です.運転は,妻と私と,日替わりでした.
[2]フジレンタカー;宮古島営業所
http://arasaki.net/
20111127z17.jpg20111127z18.jpg


★娘の生活リズム
 娘の生活リズム(ご飯・ミルク・風呂・就寝などの時間)は,基本的には,普段の生活と変わりありませんでした.
 写真は,宮古島名物「あちこうこう豆腐」を食べ散らかす娘と,お気に入りのアロエと眠る娘.
20111127z22.jpg20111127z23.jpg
 ただ,到着後2~3日は,すぐにグズグズして,妻に抱っこを求める状態が続きました.私ではダメなのです.環境の変化が大きかったためと思います.グズグズがひどかったときには,妻が娘をおんぶしながら,家事をしていました.でも,帰る数日前には,すっかり落ち着いて,笑顔もよく見られるようになりました.
 写真は,妻におんぶされる娘と,土産に買った沖縄名物「アオサ」を検品する娘.
20111127z21.jpg20111127z24.jpg


★娘との遊び
 娘を連れて,いろいろなところを訪れました.
 一番のお気に入りは,「与那覇前浜(よなはまえはま,よなはまいばま)」でした.砂も海もきれいで,「これぞ宮古島!」という雰囲気です.砂浜で娘をハイハイさせたり,時には海に入れたりして,娘と遊びました.
20111127z44.jpg20111127z45.jpg
 このビーチの良いところは,砂の粒が細かく,サンゴや貝殻のような異物が少ないことです.娘は,なんでも口に入れてしまうので,サンゴや貝殻のような小さいものがあると,目が離せないのです.しかし,安心していると,葉っぱを食べようとするので,やはり気が抜けません.
20111127z46.jpg20111127z47.jpg

 観光施設としては,個人的なイチオシが,水中観光船の「シースカイ博愛」です.水中の客室の側面が窓になっており,赤ちゃん連れでも,宮古島の美しいサンゴ礁を,存分に堪能できます.この船は,かわいそうなドイツ村と同じ,「博愛国際交流センター」が運営します.博愛の精神を持って,彼らを応援したいところです.
20111127z60.jpg20111127z61.jpg


★私たちの遊び
 せっかくの宮古島ですので,私たちも遊びたい.
 そんなわけで,妻は「シュノーケル」のツアーを申し込みました.宮古島の場合は,ボートを使わずとも,地上からすぐの場所に,素晴らしいサンゴ礁が広がっています.このため,私と娘は,妻がシュノーケルに出かける姿を見送ることができます.ボートでポイントまで移動,となると,妻と娘が離れ離れになってしまい,少し心配があります.この点で,宮古島のシュノーケルは,赤ちゃん連れにも安心です.
20111127z69.jpg20111127z68.jpg
 一方の私は「第2回エコアイランド宮古島マラソン」(ハーフマラソン≒21km)を楽しみました.正確には,前半がんばりすぎて,後半息切れしてしまい,あまり楽しくなかったのですが,良い思い出になりました.
20111127z67.jpg


★宮古島までの交通手段
 宮古島へは,羽田から沖縄経由で,飛行機で行きました.
 私は,熊谷に住んでいますので,羽田までの交通手段が問題になります.バスか電車を選べますが,今回はバスを使いました.バスを使うことのメリットとデメリットは,
●メリット :
 ・確実に座れる.
 ・乗り換えがない.
 ・大きな荷物を手元に置かなくてよい(下部トランクに収納).
 ・混雑した駅構内を歩かなくてよい.
 ・自分で運転しなくてよい.
●デメリット:
 ・娘にトラブルがあっても,途中で降りられない.
 ・約3時間座り放しなので,体に負担がかかる.
 ・出発時間が制限される(1時間に一本程度).
 ・到着時間が読みにくい(渋滞,事故の影響).

 今回は,娘は,かなりの時間寝ていて,あまり手がかかりませんでした.結果的に,バスを選んで正解でした.
20111127z91.jpg20111127z92.jpg


 宮古島での2週間,とても楽しかったです.



ブログもいいけど,育児もネ.応援よろしくお願いします.
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.