今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
噴水「虹の妖精」と「大つり橋」~宮ヶ瀬湖畔園地
【今日の料理】 2011/12/8 夕食
 娘(9.9ヶ月)のやけどと熱は,ひと段落した様子です.今日も,元気に家中をハイハイして,本棚の本を落としたり,物入れの引き出しを開けたりと,大活躍でした.またケガをさせてしまわないよう,危険なものを置かないように,注意しています.「引き出しの中の小物を誤飲するかもしれない」,「閉じかけた扉に指を挟むかもしれない」など,職場で学んだ「KY(Kiken Yochi;危険予知)」が役立ちます.
CIMG7266.jpg
★米飯

★ビーフシチュー
 具は,牛すね肉(100g=98円)・玉ねぎ・人参・じゃがいもです.圧力鍋,加圧5分.ルウは,ハウス「完熟トマトのハヤシライスソース」です.
 牛肉は,まだ少し固かったです.先に牛肉だけ,圧力鍋で数分煮てから,ほかの材料を加えるべきだったかもしれません.

★いももち
 北海道土産のいももちの粉「いもっ子だんごっこ」[1]を使用して,妻が作りました.
[1]JA摩周湖;特産物-加工品
http://www.ja-mashuuko.or.jp/kakoh.php

★ヨーグルト

「今日の料理」へのコメント,お待ちしております.
→こちら

↓↓↓ポチッと応援,ポチ子ちゃん!↓↓↓
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村


【今週の散歩】 噴水「虹の妖精」と「大つり橋」~宮ヶ瀬湖畔園地
 毎週木曜日は,「今週の散歩」です.
 とはいえ,最近は急に寒くなり,外出がおっくうです.宮古島で長期滞在したため,お金がありません.そこで今回は,少し以前の話です.今年(2011年)10月に訪れた,「宮ヶ瀬湖」を紹介します.


★宮ヶ瀬湖と宮ヶ瀬ダム
 「宮ヶ瀬湖」は,神奈川県の相模原市と愛甲郡の境界にあります.2001年に完成した「宮ヶ瀬ダム」の,ダム湖です.宮ヶ瀬ダムは,首都圏最大級のダムです.「重力式コンクリートダム」で,貯水量は約2億立方メートルとのことです[1].
 下の写真は,現地で入手したパンフレット[2]の「宮ヶ瀬湖周辺ガイド」です.
[1]国土交通省 関東地方整備局 相模川水系広域ダム管理事務所;宮ヶ瀬ダム
http://www.ktr.mlit.go.jp/sagami/index.htm
[2]宮ヶ瀬ダム周辺振興財団;宮ヶ瀬湖周辺3エリアマップ,(2010)
20111208z01.jpg 
 宮ヶ瀬湖は,湖面の面積が4.6平方キロ(東京ドーム100個分)もある,巨大な湖です[1].このガイドを見ると,宮ヶ瀬湖の湖畔には,「宮ヶ瀬湖畔エリア」,「鳥居原エリア」,「ダムサイト・県立あいかわ公園エリア」の3つの園地があることが分かります.3つのエリアは,かなり離れているので,徒歩で回るのは大変です.(各エリアを結ぶシャトルバスや,遊覧船があるようです.)

 今回訪れたのは,「宮ヶ瀬湖畔園地」です.芝生の広場が広がり,池やつり橋などがあります.
20111208z02.jpg 
20111208z03.jpg 
 園地内の「水の郷交流館」近くから見た,宮ヶ瀬湖です.土日には,湖内をめぐる遊覧船も運航するそうです.
20111208z04.jpg 
 宮ヶ瀬湖には,カヌー場もあります.この日は,カヌーやカヤックは見当たりませんでした.いつか,娘とともにカヤックをしたいものです
20111208z23.jpg
 宮ヶ瀬ダムでは,「観光放流」が行われるそうです.写真は,その予定表です(写真は10月のもの).しかしダムの放流を見るには,「ダムサイト・県立あいかわ公園エリア」まで行かないとなりません.また,12月~2月は,観光放流は行われないそうです[1].
20111208z05.jpg 


★虹を観察できる「虹の妖精」
 園地には池があり,「宮ヶ瀬水の郷 大噴水『虹の妖精』」があります.この噴水は,虹の見える時間帯になると,横向きに水を放出します.特定の場所(商店街から広場に降りる階段の頂上あたり)から見ると,虹を観察できるそうです.
20111208z22.jpg 
20111208z24.jpg
 虹の見える時間帯は,以下の通りです(現地看板の記載より).
 ・春分・秋分:14:30~15:15
 ・夏至   :15:10~15:40
 ・冬至の前後:観察できない.
 ウィキペディアによると,今年(2011年)の冬至は,12月22日前後です.今は,ちょうど虹を観察できない時期のようです.


★水の郷大つり橋
 この「宮ヶ瀬湖畔園地」の目玉建造物といえそうなのが,「水の郷大つり橋」です.約300メートルの,つり橋です.
20111208z31a.jpg 
20111208z30.jpg
 橋の幅は,大人一人がちょうど歩けるくらいです.基本的には,一方通行のようです.では,帰りはどうするかというと,橋の下に遊歩道がありますので,そちらを歩いて帰ります.「じゃあ,橋は不要では?」と言いたいところですが,ツッコミは不要です.予算が余っていたので,仕方なく作ったのかもしれません.
20111208z32.jpg
 この橋はつり橋ですので,橋の本体は,上下のワイヤーが支えています.上のワイヤーは,橋の重みを支持して,下のワイヤーは横揺れを防いでいるのだと思います.
20111208z32b.jpg 
 ワイヤーの固定部を,近くで見ることができます.写真左が上ワイヤーの固定部.右が下ワイヤーの固定部です.ねじでテンションをかけられる構造になっているようです.しかし,ねじのストロークが数十センチしかありません.300メートルもある橋に渡したワイヤーなのに,これだけの調整しろで済むことに,感心しました.設計技術と工作技術の高さを感じます.(あるいは,ねじ以外の方法で調整しているのかもしれません.)どうやって建造したのでしょうか,見当もつきません.
20111208z33a.jpg20111208z33b.jpg

 いろいろな楽しみのある,宮ヶ瀬湖です.しかし今の時期(12月),①ダム放流はやらない,②噴水の虹は見えない,③カヤックは寒い,ということで,あまり意味のない記事だったかもしれません.記事にするタイミングが,遅かったですね.
 でも,12月中は,クリスマスツリーや噴水のライトアップが楽しめるそうです.詳しくは,こちら[3].
[3]宮ヶ瀬ダム周辺振興財団;宮ヶ瀬湖-宮ヶ瀬湖畔エリア
http://www.miyagase.or.jp/area/lakearea/points/


寒くなりました.鼻水が止まらない育休おじさんを,応援よろしくお願いします.
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.