今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
操作系の色は,どう決めるか?~赤色の2つの意味
【今日の料理】 2011/5/26 夕食
 今日はスポーツジムは,定休日です.また,冷蔵庫の在庫もいっぱいです.
 ジムにも買い物にも行かないと,時間が余ります.余った時間を有効に使おうと,近所の図書館に行ってきました.育児休暇中の私に合いそうな本[1]があったので,借りてみました.
[1]渥美;イクメンで行こう!,日本経済新聞出版社,2010

 この図書館で,本を借りるのは初めてです.中身を読まずに借りましたので,どんな内容か,楽しみです.図書館は無料ですので,内容を検討せずに勢いだけで借りられるところが,とても良いと思います.


★米飯,黒米入り

★豆乳シチュー
 圧力鍋,加圧3分.前に作ったときと同様に,ブールマニエもどき(オリーブ油+小麦粉)を使ったのですが,うまくとろみが付きませんでした.うまくできたらクックパッドに載せたかったのに,残念です.

★豚軟骨煮
 妻が作ってくれました.圧力鍋で茹で,洗い,また圧力鍋で煮込む,という,手の込んだ料理です.今日作ったので,明日になると,味がなじんで一層おいしくなると思います.
 軟骨は,近所のスーパーには売っていません.そこで,いつも,「マミーマート」(角上魚類のある店)の肉屋で買います.1kg=680円は,とんでもない安さだと思います.自動車でないと行けないので,たまにしか買えませんが.

★大根の含め煮
 昨日の刺身のツマの大根を,だし汁で煮てみました.切干大根風にしたつもりですが,妻には不評でした.(妻に不評なツマです.)

【今日の料理工学】 操作系の色は,どう決めるか?~赤色の2つの意味
 前回まで,つまみやスイッチの向きについて,考察してきました.
 操作系においては,操作の向きも重要ですが,もうひとつ,忘れてはならない要素があると思います.

 それは,「色」です.

 図1は,ガス給湯器の操作盤です.この操作盤は親切で,温度設定のスイッチが色分けされています.すなわち,
 ・温度を上げる=赤色,
 ・温度を下げる=青色,
となっています.
<図1>
画像

 赤色=温かい,青色=冷たい,というのが,一般的で直感的なイメージです.この給湯器のスイッチは,分かりやすいと言えそうです.

 図2は,蛇口です.この蛇口には,湯と水の,2つのつまみが付いており,色分けされています.
 ・湯(高温)=赤色,
 ・水(低温)=青色.
 やはり,赤色=温かい,青色=冷たい,のイメージ通りです.
<図2>
画像

 赤色が高温,青色が低温というのは,サーモグラフィ(温度の高低を色分けして示す装置)にも使われています.そう考えると,この色分けは,かなり広い人々に自然に受け入れられるものと,推察されます.

 ただ,赤色=高温,青色=低温が,正しくないことがあります.すなわち,炎の色です.炎の色は,赤色→青色になるにつれて,温度が高くなります.ろうそくの赤い炎よりも,ガスの青い炎のほうが,温度は高いのです.理屈では分かっていても,「青い炎」には冷たいイメージを持ってしまいますから,不思議です.


 さて,「色」には,温度の高低以外にも,意味が付与されることがあります.

 図3は,信号機です.信号機の色は,よく知られている通り,次の意味があります.
 ・赤=止まれ
 ・黄=止まれ
 ・緑(青)=進んでよい
 黄を「注意」,緑を「進め」と覚えている方は,危険ですので,上のように覚え直すことを,お勧めします.(教習所では,そう習いました.)
<図3>
画像

 信号の例に見られるように,赤と緑には,次のような意味を持たせることがあります.これは,ヨーロッパ圏では,特に顕著なようです.
 ・赤=危険,停止
 ・緑=安全,正常

 私は,育児休業前は,機械部品メーカーで働いていました.この工場には,多くの生産設備が置いてあります.これらの生産設備では,例えば,以下のような色分けがなされていました.
 ・状態表示ランプ:緑=正常運転ランプ,赤=異常停止ランプ
 ・操作スイッチ:緑=運転開始ボタン,赤=停止ボタン
 このような色分けを,工場内で統一しておけば,①誰が見ても異常を発見できる,②操作ミスを起こしにくい,といったメリットが得られます.

 しかし,反面,色分けで混乱させられることも,少なくありません.

 図4の上は,トイレの鍵の表示窓です.下は,自動車の鍵(ドアロック)です.
<図4>
画像

 トイレの鍵では,色は,次のことを示します.
 ・赤色=鍵がかかっている(人がいる)
 ・青色=鍵がかかっていない(人がいない)

 これに対して,自動車の鍵では,色は,次を示します.
 ・赤色=鍵がかかっていない
 ・無色=鍵がかかっている

 つまり,同じ赤色でも,「鍵がかかっているかどうか」について,逆の状態を示しているのです.
 よくよく考えると,次のような理屈が成り立ちそうです.
 ・トイレ:赤=危険=人がいるよ!
 ・自動車:赤=危険=ロック忘れてるよ!

 しかし,育児休業中のヒマ人でない限り,いちいちそんな理屈をこねくり回すヒマは,ありません.

 色分けが混乱を招く例として,「株価の色表示」も挙げられます.
 いくつかの日本の株価サイトでは,以下の色分けがなされます[2].
 ・赤色=前日よりも,株価が上がった.
 ・青色=前日よりも,株価が下がった.
[2]BIGLOBEマネー
 http://money.biglobe.ne.jp/

 これに対して,海外(欧米)の株価サイトでは,以下のような色分けがあります[3].
 ・緑色=前日よりも,株価が上がった.
 ・赤色=前日よりも,株価が下がった.
[3]Google finance
 http://www.google.com/finance

 日本では,温度とのアナロジーから,赤=高い,青=低い,としているのでしょう.
 一方の海外(欧米)では,緑=安全,赤=危険,というイメージから,色分けをしたのかもしれません.

 最後に,色の持つ,もうひとつの役割を紹介します.図5をご覧ください.洗濯機のパネルです.
<図5>
画像

 カラフルで,とてもきれいですね.色には,特に意味づけはされていません.しかし,「きれい」という役割を果たしています.意味のない色も,良いものだと思います.

(補足)
 日本では,赤色=赤丸急上昇,寿,などのように,赤色に好ましいイメージを結びつけることがあります.しかし,欧米では,赤色=危険,警告,と結びつける向きがあるので,注意が必要です.
 日本の製品カタログでは,自社他社の性能の数値比較をする場合,自社を赤で示し,他社を青にする例が,珍しくないように思います.しかし,海外でも売りたい製品で,このような製品カタログを作るのは,望ましくなさそうです.欧米の方から,「赤色=危険である.自社の製品が劣っているように見える.」と,クレームを受けるハメになるかも知れませんので.

(補足2) 2011/6/10
 私の勤めていた会社は,群馬県前橋市でした.前橋周辺の自動車は,概して乱暴なイメージがあります.この地では,信号の意味は,以下のようになっているようです(憶測).
 ・青色:止まらず進め
 ・黄色:急いで進め
 ・赤色:止まってもよい
 ところ変われば何とやら,ということでしょうか.私は,前橋で運転する自信は,ありません.

【今回の結論】
 操作系の色は,次のような意味を持つことがあります.
 a)赤色=高温,青色=低温.
 b)赤色=危険,緑色=安全.
 c)特に意味はない(デザインの一部).
 色だけを見ても,どの意味で使われているのかは,判断が困難です.操作系の色は,操作方法を補足する程度の役割に,留めるべきかもしれません.


お気に召しましたら
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

【バックナンバー】
インターフェース編・前の記事:テレビゲームの向き

インターフェース編・一覧へ
旧住所(BIGLOBE)で頂いたコメントです.

----------
マツジョンさん おはよう

>妻に不評なツマ
笑えます。切り干し大根と刺身のつまは似ているようですが、大きく異なります。私のお勧めはさっと水洗いして、蕎麦と一緒に茹でる「大根蕎麦」です。栃木県ではわりとポピュラーなメニューです。

豚バラ軟骨は私も好物です。冷凍庫に1.3kgほど在庫しています。前橋の角上では58円/100gです。安くて本当に美味しいですね。
271828
2011/05/29 04:37

----------
>271828さん
 「大根蕎麦」,おいしそうですね.是非一度,試してみたいと思います.
 豚バラ軟骨は,野菜と煮ても良し,ご飯にかけても蕎麦に載せても良しと,とても重宝しています.
マツジョン
2011/05/29 23:24
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.