今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
ベビーラックを分解してみると~ばねでなく,振り子!
【今日の料理】 2011/5/19 夕食
 今日は,娘(3.2ヶ月)と妻と,近くの公園までドライブをしました.最近,自動車が活躍しています.娘も,おでかけが大分慣れてきたようです.
 夏が近づいていますが,熊谷の夏は,日差しも暑さも半端ではありません.おでかけ向きの陽気が続くうちに,いろいろ出かけたいと思います.


★米飯,十穀入り

★みそ汁,かぶ葉・えのき・大根

★豚しゃぶ
 見切り品の,豚もも薄切りです.100g=138円が,30%OFFで,約96円でした.豚ももは,脂が少ないので,しゃぶしゃぶには向かないかも,と思っていました.しかし,そんなことはなく,なかなか美味でした.

★蒸し野菜,もやし・キャベツ・人参
 ビタクラフトで無水調理の蒸し野菜.今回は,焦がさずうまくいきました.

★浅漬け,かぶ・きゅうり・塩昆布

★お助け惣菜
・おかか昆布

【今日の育児工学】 ベビーラックを分解してみると~ばねでなく,振り子!
 前回は,ベビーラックを,ばねと質量を使ったモデルと仮定し,振動状態の検討を行いました.しかし,このモデルでは,赤ちゃんの体重が変化したときに,振動数が変わってしまうという,問題がありました.

 実際のベビーラックでは,赤ちゃんの体重が変化しても,振動数が一定に保たれます.では,ベビーラックは,どのような構造をしているのでしょうか.
 今回は,実際のベビーラックを分解して,構造を確認しました.

 用いたベビーラックは,以下のものです.外観を,図1に示します.
 ・コンビ,ハイ&ロースイングラック レミニスS
<図1>
z20110519z1.jpg
 このベビーラックの,ベッドとベースを切り離した状態を,図2に示します.
<図2>
z20110519z2.jpg
 ベース部分は,下図3のようになっています.前回のモデルで仮定した「ばね」は,どこにも見当たりませんでした.
<図3>
z20110519z3.jpg
 実際のベビーラックには,ばねではなく,図4のような金属棒が2本,付いていました.金属棒はコの字形をしています.そして,両端が,ベースに設けられた軸受(樹脂性すべり軸受)で,回転自在に固定されています.金属棒は,軸受を中心にして,揺動することができます.
<図4>
z20110519z4.jpg
 再び,ベビーラックを組み立てた状態を,下図5に示します.これは,ベビーラックを下から見た写真です.ベッドは,金属棒の上に乗せてあります.金属棒の乗る部分は,軸受を兼ねていて,ベッドに対して金属棒が回転自在になっています.
<図5>
z20110519z5.jpg
 以上の構成を,模式図で表すと,下図6,図7のようになります.
<図6>
z20110519z6.jpg
<図7>
z20110519z7.jpg
 図7に示した通り,金属棒の軸受間の長さをL[m],金属棒の傾きをθ[rad]とします.そうすると,下側(ベッド側)の軸受の運動の軌跡と,ベッドの重心の運動の軌跡が,同じことが分かります.つまり,ベッドは,長さLの棒で吊り下げられた,振り子のような運動をすると,考えられます.

 ベビーラックの構造が分かったところで,次回は,ベビーラックのベッドの運動方程式を立ててみたいと思います.
 

【今回の結論】
 ベビーラックでは,ばねを用いるのでなく,重力を利用することで,ベッドの揺動(振り子のような運動)を可能にしています.


お気に召しましたら
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村


【バックナンバー】
育児グッズ編・前の記事:ばね-質量モデル
育児グッズ編・次の記事:振り子モデル

育児グッズ編・一覧
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.