今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
自転車チャイルドシート取付時の注意~破損事例から
【今日の夕食】
 今日は、妻と娘(1歳3ヶ月)と、近所のショッピングモール「テラスモール湘南」に行きました。午前中、開店とほぼ同時に到着したので、比較的、空いていました。妻のメガネを作ったり、娘の歯磨き用品を買ったりと、目的は果たせました。
 今日は土曜日ですが、私が夕食を作ることにしました。(普段は、日曜日が、私の料理の日です。)
CIMG9511.jpg
★米飯、黒米入り

★みそ汁、大根・ブロッコリー茎・しめじ

★ブリ照り焼き
 1切れ=100円と、格安でした。照り焼き(焼いたもの)も、同価格で売っていました。しかし、試食したところ、味が濃いような気がしたので、自分で焼くことにしました。結果、薄味にできたのですが、薄味すぎました。一味足りません。レシピ[1]通りなのですが、「減塩しょうゆ」を使ったのが、原因かもしれません。減塩しょうゆは、塩辛くなくて良いですが、料理に使うと、味のバランスが崩れてしまう難点があります。
[1]浅田;基本の台所、グラフ社、(2002)

★トマト卵炒め
 以前、よく作った、トマト卵炒めを、久しぶりに作りました。今日は、セロリ入りです。セロリの風味と、トマトの酸味がよく合っていて、妻にほめられました。

★レタスおひたし
 レンジでチンしたレタスに、しょうゆとかつお節を加えたものです。きゅうりも入れました。


ランキング参加中:

子育てパパ ブログランキングへ


【今日のおじさん】 自転車チャイルドシート取付時の注意~破損事例から
 先日、子供乗せ自転車(アサヒサイクル「プチママンDX」)の後ろの荷台に、買い物カゴを取り付けました(→こちらの記事)。
20120526z4.jpg
 この荷台をよく見ると、「最大積載量27kg」とありました。
20120527z1.jpg

★荷台にチャイルドシートを付けるための条件
 この子供乗せ自転車は、前カゴの位置に、チャイルドシートが付いています。しかし、後部の荷台にも、チャイルドシートを取り付け可能のようです。(例えば、下の製品)
OGK ヘッドレスト付デラックス後ろ子供のせ RBC-007DXS アイボリーOGK ヘッドレスト付デラックス後ろ子供のせ RBC-007DXS アイボリー
(2012/05/10)
OGK

商品詳細を見る


 調べて見ると、後部の荷台にチャイルドシートを取り付けるためには、次の規定があるそうです[3]。
[3]自動車産業振興協会;幼児座席をご使用になる利用者の皆様へ
http://www.jbpi.or.jp/childseat/
「お子様を幼児座席にお乗せになる場合は、最大積載質量が27kg又は25kgの荷台を標準装備し、幼児座席が取付けられると表示された自転車をご使用下さい。」
「最大積載質量が18kgの荷台には幼児座席を取付けることができなくなりました。」

 私の自転車は、最大積載量27kgの荷台が標準装備(購入時に、最初から取り付け済み)されていましたから、後部の荷台にも、チャイルドシートの取り付けが可能です。


★積載量の小さい荷台の危険性
 最大積載量の小さい荷台に、チャイルドシートを取り付けると、どうなってしまうのでしょうか。
 後部座席に取り付けるタイプのチャイルドシートで、耐久試験を行った事例を見つけました。
[2]国民生活センター;自転車の荷台の強度-幼児座席を安全に使用するために-
http://www.kokusen.go.jp/test/data/s_test/n-20090604_1.html

 上のサイトには、実際の試験の動画もありました。繰り返し荷重を加え続けると、荷台が破損します。そして、荷台ごとチャイルドシートが、自転車から落下しています。動画では、ダミー人形が乗っていますが、これが本当の子供だと考えると、ゾッとしてしまいます。
 また、このサイトでは、何種類かの自転車で、荷台の耐久試験を行っています。その結果を見ると、すべての例で、破損箇所は、荷台と自転車の接続部付近であることが分かります。具体的には、次のような箇所です。
 a)荷台の上の棒の先端の、厚さが薄くなった部分。
 b)荷台の下の棒の下端の、厚さが薄くなった部分。
 c)荷台の上の棒を接続する、自転車のフレームに溶接された板片(ダボ)。

 実際の自転車で、確認してみました。
 まず、a)です。荷台の上の棒は、丸棒です。しかし、先端は、自転車のフレームに固定するために、平板状になっています。ここに、穴があいており、ボルトでフレームに固定されます。この部分は、①肉が薄く、②穴があいているので、強度的に劣ると考えられます。また、棒の固定部は、荷台に荷重がかかったときに、大きな応力を受ける場所です。このため、破損が生じやすいと考えられます。
20120527z2.jpg
 次に、b)の箇所です。荷台の下の棒は、後輪の軸と同軸の位置に、固定されています。この箇所は、荷台の荷重を直接受ける場所です。計算上は、もっとも大きな荷重を受ける箇所だと思います。この箇所も、固定のために肉が薄くなっているので、破損が生じやすそうです。
20120527z3.jpg
 最後に、c)です。私の自転車では、a)のように、荷台の上の棒は、フレーム本体の貫通穴に、固定されていました。しかし、自転車によっては、下の写真のように、フレームに溶接で取り付けられた部品(ダボ)で、荷台を固定しています。この場合には、ダボの溶接部が、強度的に最も不安のある箇所になりそうです。こうした構造の自転車では、荷台だけ立派なものに交換しても、耐荷重性能を向上できそうにありません。
20120527z4.jpg


★見た目がゴツければよい、というわけではない
 最近の自転車を見ると、荷台の棒材が、非常に太いものもあります。しかし、実際に荷台が破損するときには、棒部分でなく、根元の薄肉の部分が破損します。太い棒材を使っている荷台は、いっけん頑丈そうに見えます。しかし、チェックするべきは、棒の太さでなく、フレームへの取り付け部分の構造です。ここの厚みが一般的な荷台と同程度ならば、その荷台は、ただ重くて高いだけで、耐荷重性能は優れていないかもしれません(要は、設計のバランスだと思います)。また、棒が太くても、ムク材なのか、パイプ材(中空)なのかで、強度は違ってきます。
20120527z5.jpg


★結論:荷台にチャイルドシートを取り付けるときの注意点
 まとめです。自転車の後部の荷台にチャイルドシートを取り付けるときには、次の注意が必要です。
 ・荷台の最大積載量が、25kg以上であること。(製品に表示されている。)
 ・荷台が、その自転車の「標準装備」であること。
  (荷台だけ交換しても、フレーム側の強度が不足することがある。)
 ・荷台の外見だけでは、強度は判断できないこと。
 以上を踏まえた上で、安全運転をして、楽しいサイクリングをしたいと思います。


ランキング参加中:

子育てパパ ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する


ぶりの照り焼きと黒米は好きですね
自転車も色々規定があって大変ですね
xx | URL | 2012/05/27/Sun 22:52 [編集]
> xx さん
 こんばんは。
 黒米を入れると、ご飯がもちもちするように感じて、おいしいです。ぶり照り焼きも、よく作っています。
マツジョン | URL | 2012/05/28/Mon 21:52 [編集]



トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.