今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
富士宮やきそばを作りました。
【今日の夕食】
 今日は、午後から雨でした。傘を会社に置いてあるつもりだったのですが、傘がなく、濡れて帰りました。小雨だったので、大丈夫でした。しかし、夜には、風が強くなり、大荒れの模様です。
CIMG9785.jpg
★米飯

★みそ汁、わかめ・豆腐

★さんま南蛮風
 さんまが、1尾=68円と、安かったそうです。ブツ切りにして粉をまぶして焼き、甘酢風のタレをからめたようです。少し、濃い口ですが、さんまがおいしいです。

★4点盛りプレート 「グリーン、アクセントはオレンジ」
 ・こまつな
 ・キャベツ塩昆布
 ・ポテトサラダ
 ・オレンジ

ランキング参加中:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ


【今日のおじさん】 富士宮やきそばを作りました。
 先日の日曜日、実家で、「富士宮やきそば」セットをもらいました。頂き物のようです。たくさん頂いたそうで、少し分けてもらえました。
 「マルモ食品工業」の、「むしやきそばめん5食セット」です。麺と、各種具材がセットになっています。本来は5食セットですが、3食分をもらいました。内容は、次の通りです。
 ・むし麺
 ・焼きそばの友
 ・ソース
 ・ふりかけ(だし粉)
 ・紅ショウガ
20120619z2.jpg
 「富士宮やきそば」と言えば、「B級グルメ」として、有名です。富士宮焼きそばは、以前に、どこかの屋台で1度食べたきりです。自分で作るのは、初めてです。
 袋の裏には、富士宮やきそばの能書きが書いてありました。以下の通りです。

 「戦後の食糧難の時代に創業者の望月晟敏が戦地で食したビーフンを再現しようと試みた過程でこの蒸し麺が生まれました。
 この麺の特徴は、水分が少なく、調理する際に水を加えたり、キャベツの水気でお好みの硬さで食することができます。肉かす(豚の背脂を絞って残った物)を利用して、香ばしい味を出し、だし粉を加えることで富士宮の味となりました。」

 能書きの通り、固めの麺と、「肉かす」(焼きそばの友)が特徴です。
 こちらが、「焼きそばの友」です。私は、初めて見ました。そのままだと、大きな塊です。この写真は、細かく刻んだものです。これを、フライパンで最初に炒めてから、肉や野菜を投入します。背脂のかすだけあって、炒めると、脂が多量に出てきました。食用油は必要ありません。
20120619z3.jpg

 今回、具は、豚肉・玉ねぎ・人参・パプリカ・しめじ・キャベツを使いました。
20120619z1.jpg
 固めの麺で、歯ごたえがあって、おいしいです。ソースは、少し酸味のある、甘口です。最後にかけた「だし粉」(いわし粉・さば粉・青海苔のブレンド)が、良い風味を加えています。妻も私も、好きな味です。
 肉かすの脂が大量に入ったのですが、脂っこさは感じず、さっぱりと食べられました。3人前ですが、妻と私と娘(1歳4ヶ月)とで、ペロリと平らげました。

 また食べたい味です。



ランキング参加中:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.