今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
メガネの破損モード:コーティングのはがれ
【今日の夕食】
 今日は、久しぶりに私の料理です。私の料理なので、いつもより丁寧に、写真を撮りました。
CIMG9936.jpg
★米飯

★みそ汁、豆腐・いんげん・小ネギ

★鮭の酒蒸し
 もやし・人参の上に生酒を乗せて、酒を振って蒸しました。脂の乗った鮭で、おいしかったです。

★煮豆
 私の得意料理、煮豆です。具は、水煮大豆・人参・大根・じゃがいも・昆布。

★モロヘイヤ納豆
 「らでぃっしゅぼーや」のモロヘイヤを刻んで、納豆と和えました。茎は、細かく刻んだので、違和感なく食べられました。


ランキング参加中:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ


【今日のおじさん】 メガネの破損モード:コーティングのはがれ
 妻は、近眼のため、メガネをかけています。それにしても、妻は、メガネをよく破損します。1年に1本のペースで、買い換えています。

 妻のメガネの破損モードは、大きく次の2つがあります。
 a)レンズのコーティングが剥げる。
 b)フレームが曲がる、折れる。

 以前の記事で、b)の破損事例について、紹介しました(→こちら)。娘(当時1歳4ヶ月)のイタズラによる、破損でした。
 今回は、a)の破損事例です。

★レンズのコーティングのはがれ 
 このメガネは、3年ほど前に、購入したものです。フレームとレンズを合わせて、3万円くらいだったと記憶しています。このころ、フレームが頻繁に折れていたので、踏んでも大丈夫なものをと、「形状記憶合金」のフレームを買いました。ツルの部分に、「T-NT」と書いてあります。これは、テンプル(ツル)に、「ニッケルチタン合金」を使用していることを、示しているようです(ネット情報による)。
20120714z1.jpg
 このメガネ、フレームには、目立った損傷はありません。問題なのは、レンズです。表面のコーティングが、はがれてしまっています。光にかざすと、表面にムラが現れます。写真で白く見える部分が、コーティングがはがれてしまった部分です。
20120714z2.jpg
 1年ちょっとの使用で、この状態です。妻によると、このメガネをかけると、視界が悪く、たいへんイライラするそうです。このメガネをかけている場合には、妻には近づかないのが良さそうです。(こんなメガネをまだ保管してあるのは、今のメガネが破損したときの、非常用のためです。)

 なお、コーティングは、次のような目的で、行われるようです[1]。これまでの経験からすると、たいていのレンズ(特にプラスチックレンズ)には、コーティングがなされているようです。
 ・反射を防止する。
 ・ゴミ・汚れを付着しにくくする。
 ・傷を付きにくくする。
 ・強い光の透過を軽減する。
[1]HOYA;メガネレンズを選ぶ
http://www.vc.hoya.co.jp/lens/option_list/coat.html


★コーティングの修理は可能か?
 妻の場合、メガネの扱いが、あまり丁寧ではありません。寝るときなど、外したメガネを、そのまま床に放置しています。このため、レンズが床と摩擦して、コーティングがはがれてしまうのだと思います。また、メガネをしたまま風呂に入ることも、コーティングのはがれ寿命を短くする原因かもしれません。
 結局、妻の場合、コーティングの寿命は、1~2年程度のようです。ネットでいくつか検索してみましたが、コーティングだけ修理することは、難しいようです。新しいレンズを買ったほうが、安価だということです。さらに、最近では、メガネを丸ごと新調したほうが、安価かもしれません。(妻の最新のメガネは、5990円でした。)

 そんなわけで、妻の場合、メガネは消耗品と割り切ることにしました。壊れたメガネは元に戻りません。新しいのを買えば良いさ。


とはいえ、あまりメガネを壊さないよう、お願いします。応援よろしくお願いします。

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.