今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
「落ちないキャップ」付きペットボトルの構造と特許
【今日の夕食】
 今日は、出張でした。帰りが遅くなったので、外食です。JR藤沢駅(神奈川県)近くのラーメン屋「さっぽろラーメン こぐま」です。路地裏の小さい店ですが、金曜日のためか、飲み終わったと思われる客が多く訪れており、にぎやかでした。
120914_2114~01
★味噌バターラーメン
 スープは、濃厚な味噌味です。麺は、のどごしのよい、つるりとした太めの麺。バターが入っていますが、油っこさは感じず、おいしく頂きました。価格は550円で、リーズナブルです。


ランキング参加中:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ


【今日のおじさん】「落ちないキャップ」付きペットボトルの構造と特許
 珍しく、ペットボトルの水を買いました。以前は、娘のミルク作りのために、ペットボトルの水を日常的に買っていました。しかし、娘が離乳してからというもの、水道水以外の水を買ったのは、初めてです。
 買った商品は、「JR東日本ウォータービジネス」の「谷川連峰の天然水 FROM AQUA(フロムアクア)」です。JR駅構内の、自動販売機で買いました。280ml入りで、100円。
[1]JR東日本ウォータービジネス;谷川連峰の天然水 FROM AQUA -商品情報
http://www.fromaqua.net/about/product.html#anc01
20120914z1.jpg

★「落ちないキャップ」の構造
 この水を買ったのは、特別なキャップが目当てです。「落ちないキャップ」を搭載しているのです。このキャップについては、聞いたことはありましたが、実物を見るのは初めてでした。
20120914z2.jpg
 キャップの側面に、切り欠きが入っています。この切り欠き部分に、ツメと、弾性ヒンジがあります。
20120914z3.jpg
 キャップの開け方は、通常と同じです。回すだけで、開きます。しかし、弾性ヒンジのために、キャップがボトル本体から離れません。
20120914z4.jpg
 弾性ヒンジのところを支点にして、キャップを倒します。
20120914z5.jpg
 すると、キャップのツメがボトルの口元に、「カチッ」と引っかかります。
20120914z6.jpg
 この考案によると、キャップを、ボトル本体から外さずに保持できます。キャップを手に持たずに済むので、移動中や、電車内で立ちながら飲む場合に、飲みやすいようです。また、弾性ヒンジ部は薄肉のため、手で簡単に折り取ることができます。このため、分別にも問題ないそうです[1]。
20120914z7.jpg
 サイト[1]には、キャップの開け方が動画で示されています。「カチッととめないと、どうなるでしょうか。(中略)キャップが鼻に当たって、飲みにくくなってしまいます。」という解説が、ユニークです。


★特許・意匠は?
 このキャップの特許(実用新案含む)を調べてみました。
 ・検索方法:サイト[2]、公報テキスト検索
 ・検索条件:要約の語句=キャップ and ペットボトル
 ・検索結果:404件
[2]工業所有権情報・研修館;特許電子図書館
http://www.inpit.go.jp/ipdl/service/

 このキャップの構造に相当する特許または実用新案は、見つけられませんでした。ただ、キャップをボトル本体から外れないように保持するという考え方は、古くからあるようです(例えば、特開2001-072120)。今回買った商品は、最近発売されたばかりのようなので、まだ特許が公開されていないのかもしれません(特許公開は出願から1年半後)。あるいは、探し方が足りないのかもしれません。

 あるいは、意匠として登録されている可能性があります。同様に、調べてみました。
 ・検索方法:サイト[2]、意匠公報テキスト検索
 ・検索条件:意匠に関わる物品=ペットボトル
 ・検索結果:185件
 確かに、落ちないタイプのキャップは、意匠としても登録されていました(例えば、意匠登録1448355)。しかし、今回の商品の形状は、見つかりませんでした。


(追記)
 ネット検索により、このキャップの製造元を調べました。「日本クラウンコルク」らしいです[3]。
[3]ペットボトルキャップ時評;JR東日本の 『FROM AQUA』 に、本邦初となる 「落ちないキャップ」 登場!
http://pbccr.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/jr-from-aqua-32.html
 メーカーが分かると、特許検索が容易になります。以下で検索しました。
 ・検索方法:サイト[2]、公報テキスト検索
 ・検索条件:出願人=日本クラウンコルク
 ・検索結果:839件
 しかし、それらしい特許は、見つけられませんでした。経過観察が必要そうです。


怪しい水ビジネスではありません。応援よろしくお願いします:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する


〆のラーメン
男性は飲んだ後に「〆のラーメン」という慣習があるとか…
先日、夫が職場の人と良く使う「〆のラーメン」屋さんに行きました
特別に美味しいとは思いませんでした(^_-)

キャブの落ちないボトル~便利ですね
まだ見かけたことがありません
見かけたら一度は使ってみたいです

西の魔女ちゃん | URL | 2012/09/15/Sat 14:16 [編集]
> 西の魔女ちゃん さん
 はい、私も「〆のラーメン」を食べに行ったことがあります。〆のラーメンは、味よりも、立地や価格、量(多すぎない)、雰囲気などが重要そうです。
 このキャップが便利かどうかは、意見が分かれそうなところですが(完全に外れたほうが開けやすい・飲みやすい)、人気が出れば、普及するかもしれません。

マツジョン | URL | 2012/09/15/Sat 23:11 [編集]



トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.