今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
1歳の娘と泊まった「ザ・ビーチタワー沖縄」
【今日の夕食】
 今日は午前中は私が外出、午後は妻が外出で、落ち着かない一日でした。娘(1歳9ヶ月)の世話は、交互に。娘も落ち着かなかったのか、珍しく昼寝をしませんでした。夕食は、私の料理です。
CIMG2289.jpg
★米飯

★豚肉と白菜の蒸し煮
 先週の私の料理も、豚肉と白菜の蒸し煮(水晶鍋)でした。今週は、豚肉をさっと茹でてから使って、脂っこさを解消しました。味付けは、しょうゆ少しだけです。妻は、しょうゆをガバガバっとかけて食べていました。(妻が濃い口好みなのではなく、私の味付けが限度を超えて薄いためです。)

★いももち
 奥薗レシピ[1]です。じゃがいもと残りご飯(白米+じゅーしぃ)を混ぜて焼いたものです。片面にチーズを乗せています。表面が香ばしく、中がもっちりとして、おいしかったです。娘も気に入った様子。
[1]奥薗壽子;超ムダなし!食べきりレシピ,家の光協会,(2009)


私の料理も応援して下さい:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ


【今日のおじさん】 1歳の娘と泊まった「ザ・ビーチタワー沖縄」
 先月半ば、沖縄に旅行しました(2012/11/16~11/19)。メンバーは、私・妻・娘(1歳9ヶ月)・父・母の5名です。今回は、沖縄で利用したホテル「ザ・ビーチタワー沖縄」の、いわゆる「クチコミ情報」です。


★「ザ・ビーチタワー沖縄」に宿泊
 3泊4日の旅程でしたが、うち2泊目と3泊目は、沖縄中南部、北谷(ちゃたん)のホテル「ザ・ビーチタワー沖縄」[1]に泊まりました。ビジネスホテルの「ドーミーイン」と同じ系列のホテルのようです。
[1]共立メンテナンス;ザ・ビーチタワー沖縄
http://www.hotespa.net/hotels/okinawa/
20121201z01.jpg
 建物は、24階建て。中央部分が吹き抜けになっていて、空が見えます。面白い構造です。私たちが泊まったのは、17階の部屋。
20121201z02.jpg20121201z02a.jpg
 

★畳が便利な「ファミリースイート」
 今回は、「ファミリースイート」という部屋に泊まりました。私と妻と娘(1歳9ヶ月)で、一部屋です(父と母も、同じタイプの部屋に宿泊)。最大5名まで宿泊できる部屋なので、ゆとりがあります。このホテルでは、もっとも一般的なタイプの部屋のようです。ファミリー向けのホテルなのでしょう。
20121201z12.jpg
 ベッドと、畳があります。娘は寝相が悪いので、ベッドだと落下の心配があります。このため、1日目は布団で寝ました。2日目は娘が爆睡していたため、ベッドで寝ました。このような使い分けができると、とても便利です。また、畳があると、オムツ替えにも重宝します。
20121201z11a.jpg20121201z12a.jpg
 沖縄も3日目となると、外食にも飽きてきます。そんなわけで、3日目の夕食は、近隣のスーパー(イオン)で買った食品を、部屋で食べることにしました。スペースが広いので、5人一緒でも問題ありません。外食だと、娘が落ち着かないのですが、部屋であれば自由に動いても大丈夫なので(しつけの面では大丈夫でないですが)、安心して、ゆっくりと食事ができました。
20121201z13.jpg


★赤ちゃん連れに嬉しい「らくらくマミーパック」
 このホテルには、赤ちゃん連れに嬉しいオプションがあります。「らくらくマミーパック」です。赤ちゃん連れには欠かせない、紙おむつ・粉ミルク・ベビーフードなどのアイテムを、無料で提供しています。紙オムツや粉ミルクは、各メーカーの各サイズが用意されているので、普段と同じものを使用できて、とても便利です。また、絵本コーナーもあり、好きな絵本を借りられるようです。
20121201z05.jpg20121201z05a.jpg
 娘(1歳9ヶ月)は、離乳食は終わりましたが、まだオムツです。紙オムツは、1日5~6枚は必要です。3泊4日ともなると、スーツケースに占めるオムツ率が、かなり高くなってしまいます。しかし今回は、このサービスがあったので、オムツの数を減らせて、荷物にゆとりができました。
 また、宅配サービス(佐川急便)があるので、土産物などの増えた荷物も安心です。娘の着替えの一部なども、一緒に送ってしまえます。
20121201z06.jpg


★種類が豊富な朝食バイキング
 朝食は、ホテルのバイキングです。このバイキングでも、子供連れに嬉しい工夫があります。「キッズバイキング」です。離乳食(おかゆなど)や、子供向けの料理(ハッシュドポテトなど)が並んでいます。今回、夕食バイキングの機会はありませんでしたが、夕食にはソフトクリームやわたあめのサーバーが用意されているようです[1]。
20121201z22.jpg
 料理の種類も豊富です。1泊目と2泊目では似た料理でしたが、少しずつ内容が異なっていました。例えば、沖縄そばは1泊目はテビチ(豚足)、2泊目はラフテー(豚角煮)のトッピング。炒め物や汁物も、違った品が用意されていました。連泊しても飽きないように配慮されていて、嬉しいです。
20121201z21.jpg20121201z21b.jpg


★「サンセットビーチ」で砂遊び
 ホテル前には、「サンセットビーチ」という砂浜があります。天気に恵まれて、沖縄ならではの、きれいな色の海を見ることができました。
20121201z51.jpg
 沖縄の砂浜は、海水もきれいですが、砂もきれいです。サンゴの細かいかけらなのでしょうか、手にこびりつかず、簡単にパラパラと落ちます。ゴミなどの異物も少ないので、娘にも安心して遊ばせることができます。
20121201z51b.jpg20121201z57.jpg 
 海を眺めて、娘と至福のひと時。(娘は、砂遊びに夢中です。)
20121201z57b.jpg


★周辺施設も充実
 ビーチタワー沖縄の周辺は、ショッピングなどの施設も充実しています。
20121201z80.jpg
 スーパー「イオン」までは、徒歩5分程度です。ここで、大量に土産を買い込みました。写真左は、山積みされたシーチキン(箱買いもできる)。沖縄ならではの光景です。
20121201z91.jpg20121201z92.jpg
 少し歩くと、ショッピング街や、観覧車などもあります。地元の若者に人気のスポットだそうです(タクシーの運転手さんの話)。遅くまで賑わうようですが、ホテルの部屋では夜中に騒がしいようなことはなく、まったく気になりませんでした。 
20121201z80a.jpg
 部屋から外を見ると、海。手前に見える建物が、温泉施設「ちゅらーゆ」です。2階はレストラン「北谷ダイニング」です。ホテルの大浴場と、夕食処を兼ねています。
20121201z80d.jpg

 陸側を見ると、夜景が見えます。北谷から那覇まで、灯りが途切れず続いています。那覇は、今も広がりつつある街だそうです(タクシーの運転手さんの話)。
20121201z85.jpg


★まとめ:子供に優しい「ザ・ビーチタワー沖縄」
 ザ・ビーチタワー沖縄は、子供連れに向けて、たくさんの配慮がされていました。1歳9ヶ月の幼子連れでしたが、快適に過ごすことができました。とても、よいホテルでした。


このホテルを選んだ妻に、応援をよろしくお願いします:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.